青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

夢の木 原作:木根尚登(青春アドベンチャー)

作品:夢の木
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:幻想(日本)
初出:1993年4月5日~4月16日(全10回)
原作:木根尚登
脚色:岡本螢
演出:千葉守
主演:玉置篤規

小諸市立第三中学校の寛一、悦子、猛の3人組が神沼にやってきたのは、修学旅行の夜の怪談が沼の話しに及んだときに、担任の島崎先生がなぜか不自然に口ごもったからだ。
何か秘密が隠されていると感じた3人は、怪談話の延長という軽い気持ちでやってきたのだが、岸部の大きな木の元で実際に不思議な出来事を体験してしまう。
しかもそれ以降、普段から3人の身の回りで少しずつ不思議なことが起きるようになってしまった。
心配した3人は、原因を探るために新月の夜に再び大木のもとに向かうのだが…

―――――――――――――――――――

TM NETWORKのギタリスト木根直登さんが執筆した3作目の小説「夢の木」を原作とするラジオドラマです。
NHK-FMにおける木根さん原作作品のラジオドラマ化は、1991年1月の「キャロル」(全2回)に始まり、同年4月に「サウンド夢工房」で放送された「ユンカース・カム・ヒア」、と8月に放送された「ユンカース・カム・ヒア2」、1993年に青春アドベンチャーで放送された「武蔵野蹴球団」と集中して行われました。
このブログではすでに青春アドベンチャーでラジオドラマ化された「P」を紹介済みです。

それにしても木根さんはなぜ長野県小諸市を舞台にしたのでしょうか。
本作品の時代設定は1973年であり、概ね1957年生まれの木根さんの少年時代に合わせた時代設定になっています。
しかし、木根さんは東京都立川市のご出身のハズですので、子供時代に過ごした土地を舞台にしたわけでもないようです。
私などは小山田いくさんの漫画「すくらっぷ・ブック」の影響で、小諸というだけで特別な印象があるのですが、まさかそんな理由でもないでしょう。
一つ考えられるのは、小説家・島崎藤村の影響です。
小諸は藤村のゆかりの地でもあります。
具体的には、藤村は代表作「破戒」を書く少し前の時期に英語教師として小諸に赴任しており、「小諸なる古城のほとり」は後に歌曲の詩として大変に有名になりました。
この「夢の木」の先生が「島崎先生」であることから考えるとこっちが本命かもしれませんね。

さて、本作品は、冒頭の紹介のとおり、中学生3人組が、ある木のもとで不思議な体験をするのですが、このように書くと最近の青春アドベンチャーに多い「日常生活にちょっと不思議な様相が混じる」作品かと思われるかもしれません。
しかし、第2話の最後で話は急展開。
何と舞台は英仏百年戦争の時代(すなわちジャンヌ・ダルクの時代)へ。
「これはタイムスリップものなのか?」と思う間もなく、第4話以降も1話ごとに舞台は大きく変わっていきます。
この様々な舞台も(ネタバレを避けるため詳細説明は省略しますが)なかなかバリエーションに富んでおり楽しめる作品でした、
また、この作品の舞台はいったいどこなのか?
現実世界の原沢教頭が役どころを変えて随所に現れるあたり(このパターンは「二分間の冒険」にもありましたね)で、何となく想像はできるのですが、ただ単に「不思議な世界」で終わらせず、最後はユング的な説明まで持ちだしてきれいに着地させるあたりも、なかなか好感が持てます。
全般的に子供だましのファンタジーものといえばそれまでですが、島崎先生の過去が絡む世界あたりから意外と大人っぽい話にもなり、大人の鑑賞にも耐える作品だと思います。
この辺、脚本家の岡本螢さんの本領発揮と言ったところでしょうか。

さて、メインの出演者は、主役である寛一を演じる玉置篤規さんと、ヒロインの悦子を演じる皆口裕子さん、そして猛を演じる藤田一夫の3人。
この中学生役3人に、島崎先生を演じるNHK-FMではおなじみの宮川一朗太さんを併せた4人がメインキャストになります。
3人組のうち玉置さんと藤田さんは恐らく子役の方なのではないかと思いますが、「夢源氏剣祭文」や「14歳のエンゲージ」にも出演されている皆口さんはアニメ「YAWARA!」に主演されたれっきとした声優さん。
このほか終盤で冬馬由美さん(「世界でたったひとりの子」、「魔弾の射手」)や永井一郎さん(不思議屋シリーズ、「夏の魔術」)なども登場し、意外とアニメ色の濃い配役でもあります。
ちなみに私は気づかなかったのですが、NHKクロニクルを拝見すると「妖精作戦」で主演された長谷有洋さんも出演しているようです。
長谷さんが亡くなられたのは本作品放送から約3年後の31歳の時。
悲しい話ですね。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

渇きの海 原作:アーサー・C・クラーク(FMアドベンチャー)

作品:渇きの海
番組:FMアドベンチャー
格付:AA+
分類:SF(宇宙)
初出:1984年9月24日~10月12日(全15回)
原作:アーサー・C・クラーク
脚色:瀧沢ふじお
演出:花房実
主演:中尾隆聖

極めて粒子の細かい砂が堆積し、あたかも水のように流れている“渇きの海”。
そこは月面を代表する観光地だ。
セレーネ号は、この危険だが極めて安定した“渇きの海”で運行されている遊覧船である。
乗客22人を乗せたその日の遊覧も、月面を熟知したパット船長の操縦のもと、何事もなく進んでいた。
そのためパット船長も乗客達も全く想像していなかった。
その日、かつて“渇きの海”で観測されたことのない“海面”の陥没が発生することを。
そして、奇跡的な確率でセレーネ号がその事故に遭遇してしまうことを。

―――――――――――――――――――

本作品「渇きの海」は、1980年代の中盤にNHK-FMで1年間だけ放送されてい番組「FMアドベンチャー」で放送されたラジオドラマです。
当時は、月曜日から金曜日まで10分ずつの枠で放送されていた「FMアドベンチャー」と、土曜日に約1時間弱の枠で放送されていた「FMシアター」の2番組が、丁度、対になるタイトルで放送されていました。
前者はその後、「アドベンチャーロード」→「サウンド夢工房」→「青春アドベンチャー」とタイトルが変わり(ついでの放送枠も15分に変わり)、今に至っています。
正直、今でも「青春アドベンチャー」というやや気恥ずかい番組名ではなく、「FMアドベンチャー」という番組名で良いのではないか、とも思ったりします。

さて、本作品は「幼年期の終わり」や「2001年宇宙の旅」で有名なアーサー・C・クラーク、すなわちSF界のビッグスリーのひとりと呼ばれた超大物小説家の小説を原作とするラジオドラマです。
ちなみにビッグスリーの残りの2者は、アイザック・アシモフとロバート・A・ハインライン。
ハインラインは随分後に代表作の「夏への扉」が青春アドベンチャー化されていますね。
3人の中では、クラークが最も科学考証に重きを置いたハードSF指向であり、本作品「渇きの海」もハードSFに分類される作品です。
具体的な内容としては、月の砂漠で起きた事故をテーマとする事故パニックSFともいうべき作品です。
青春アドベンチャー系列で放送された似た傾向の作品としては、ハードSFという面では「太陽の簒奪者」、パニックものという面では「スフィア」や「ジュラシック・パーク」が、その両者を兼ねるものとしては「小惑星2162DSの謎」があります。
本作品は、これらの中でも最良の作品の中のひとつと言っても過言ではないかと思います。

それでは具体的に本作品の内容を紹介します。
本作品で発生する事故は単純明快。
地中のガスが抜けたことによる陥没にたまたま遭遇したセレーネ号が“水深”15mの地点まで潜ってしまうのです。
全く身動きが出来ず遭難場所すら知らせることができなくなってしまったセレーネ号。
内部の乗客乗員24名と、外部の関係者による必死の脱出(救出)作戦が始まります。
温度上昇、酸素不足など危機が次々と発生しますが、内外の関係者の必死の努力で希望をつないでいく様は、パニックモノの典型的な展開と言えるでしょう。
そして、主人公であるパット船長にとって幸運だったのは、乗客の中に老人ながらとても頼りになる人物がいたこと。
ハンスティーン提督はかつて冥王星探査を指揮した経験のある老練な人物で、宇宙船乗りらしい肝の太さとユーモアのセンスを併せ持つ傑物です。
このハンスティーン提督は、ムーミンパパ役でおなじみだった高木均さん(2004年没)が演じています。
高木さんと言えば独特な抑揚のある声が印象的で、NHK-FMのラジオドラマでも「封神演義」、「小惑星美術館」、「マージナル」などでとても幻想的な(気味の悪い?)役を演じていましたが、本作品のハンスティーン提督はとても理知的で穏やか。
こういう役も意外と高木さんの声にあっていますね。
また、もうひとりの“お助け老人”が八木光生さんが演じるマッケンジー博士。
科学的な知見を生かして危機を事前に察知したりもしますが、基本的にはひょうひょうとした味わい深いじいさんです。
八木さんは東京放送劇団(当時のNHKの専属劇団)の方でしたので、この時期の多くの作品に出演されていますが、比較的アクの強い役が多い中、この作品ではとても楽しそうに演技をしているのが印象的です。
楽しそうと言えば、本作品は役名と出演者名を出演者さんご自身が言う形式なのですが、12話の出演者紹介の際には、八木さんは同じ東京放送劇団の関根信昭さんと一緒に、その回の内容を反映して、ゴホゴホ言いながら(なぜゴホゴホかはネタバレ防止のため秘密です)自己紹介したりしてなかなか楽しい趣向です。
その他、スクープを狙って実況中継を続ける大木民夫さん演じるスペンサー記者や、なぜか声だけで宇宙的なイメージが喚起されてしまう矢島正明さんのナレーション(なぜってカーク船長だからに決まってますが。そういえば「オペレーション太陽」も矢島さんのナレーションでしたね)なども印象的です。
そのため、主人公のパット船長やヒロインのスーが相対的に印象が薄いのですが、調べてみると、この二人を演じている中尾隆聖さんと鵜飼るみ子さんだって、「アンパンマン」のばいきんまんと、「機動戦士ガンダム」のフラウ・ボゥな訳で、結構、凝った配役だったりもします。

そうそう、上記のスペンサー記者の実況中継ですが、これもナレーションの補助的な役割を果たしています。
また、序盤に作中でパンフレットを読むシーンがあるのですが、これも上手くナレーション的に利用されています。
SFのラジオドラマは、どうしても状況説明的なナレーションが多くなりがちで、例えば「小惑星2162DSの謎」などでは主人公の台詞の中で「例え」を連発させることで上手く状況説明をしていました。
本作品の脚色は滝沢藤男さんという方ですが、SFのラジオドラマではこういった脚色上の工夫が必要不可欠だと思います。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad