青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

交響詩・うるんだ美女~四万十川をさかのぼる  作;川崎洋(FMシアター)

作品:交響詩・うるんだ美女~四万十川をさかのぼる
番組:FMシアター
格付:C+
分類:日常
初出:1987年12月19日(全1回)
作 :川崎洋
演出:平畑克巳
主演:日下武史

先日、「日本の川を旅する~カヌー野郎のロンリーツアー」を聴いて興が乗ったので、今回は四万十川つながりと言うことで、「交響詩・うるんだ美女~四万十川をさかのぼる」を紹介します。

本作品は1987年にFMシアターで全1回(60分)放送された作品です。
制作したのは、NHKはNHKでも他にはあまり例を見ない地方局の松山局(「風になった男」の岡山局などの例はありますが)。
そのためか、通常、ラジオドラマが放送される「FMシアター」で放送されながら、本作品はかなり異色な作品になっています。
一応、日下武史さん演じる主人公が四万十川をさかのぼる、という筋はあるものの、日下さん以外のプロの役者の出演者としては芦田容子さんがいる程度で、ドラマと言うより、随筆、紀行文、あるいはナレーターの独り言に近い内容です。
それに加えて、随所に、四万十川流域に住む一般の方々の話し(インタビューに答えているような内容)が挟まります。
この一般の方々、作品冒頭の出演者紹介では「高知県四万十川流域の人々」とまとめられていますが、実際の作品中では、「毎日、魚市場に行く朝比奈さん」、「アカメ釣りの名人の高山さん」、「船大工の中脇さん」などの地元の人が(数えていませんが)10人以上出演するのです。
中には訛りが強い人もいて、日下さんが翻訳することもあります。
本作品の脚本を書かれた川崎洋さん(2004年没)は、詩人で放送作家でもあったのですが、全国各地の方言収集にも力を注いでいたそうですので、まさに適任といえます。

それはさておき、この「一般の出演者の皆さん」に話を戻しますと、これらの方々の職業で最も多いのは、四万十川で漁をして生計を立てている川魚漁師。
そのため、彼らの語りは、豊かな漁場としての四万十川についてのものが中心となるのですが、終盤になるにつれ、川の変化、すなわち四万十川においてさえ自然が失われ、魚が減りつつある様子が語られるようになります。
この点で「日本の川を旅する~カヌー野郎のロンリーツアー」も同様であったのですが、「日本の川を旅する」では著者の主張として明確にこれが語られるのに対し、本作品では、流域に住んでいる方々の語りや、女性に例えられた四万十川の様子を通して、やや間接的・幻想的に語られます。
幻想的と言えば、本作品のタイトルである「うるんだ美女」ですが、これを標準語で聴くと少し艶めかしいイメージを覚えられるかも知れません。
もちろんダブルミーニングで、そういう意味もあるのですが、実は高知の方言で「うるんだ」には別の意味があり、本タイトルはそちらを主な意味として使っています。
これについてはネタバレになってしまうので、これ以上は書きませんが、ちょっと興味をひかれる内容でした。

なお、この作品中で「最近では四万十川を「守ろう」から「取り戻そう」になった」と環境の悪化が嘆かれています。
私の中の四万十川のイメージと言えば「釣りキチ三平」のアカメ編であり、変わらない清流のイメージなのですが、本作品の放送から30年近く経ったその後の四万十川を巡る環境がどうかわったのか、気になるところです。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

「日本の川を旅する」から カヌー野郎のロンリーツアー 原作:野田知佑(ふたりの部屋)

作品:「日本の川を旅する」から カヌー野郎のロンリーツアー
番組:ふたりの部屋
格付:AA
分類:冒険(秘境漂流)
初出:1982年7月12日~7月23日(推定、全10回)
原作:野田知佑
構成:倉内均
演出:(不明)
主演:草野大悟

本作品「『日本の川を旅する』から カヌー野郎のロンリーツアー」は、日本のリバーカヤックツーリングのパイオニア・野田知佑さんの代表作「日本の川を旅する」をラジオドラマ風に構成した作品です。
野田さんは椎名誠さんやC・W・ニコルさんとも親しく、カヌーなどに関する著作も多い、その筋では有名な方なのだそうです。
なお、本作品も「ラジオドラマ風の構成」といっても、ノンフェクションである野田さんの原作本の雰囲気を生かし、過度な演出はしていません。
本作品は「脚色」のクレジットがなく、「くらうちひとし」さん(恐らく倉内均さん)が「構成」として紹介されているのですが、それが頷ける作品です。

さて、本作品は、NHK-FMのノンフェクション的なドラマの中でも出色の出来の作品だと思います。
というのも、本作品のような紀行文的な要素が強い作品はやはり読者・リスナーに「行ってみたい! やってみたい!」と思わせてこそ、出来が良い作品といえると思うのですが、その点で、本作品はすばらしい。
私のようなインドア派の人間ですら、「カヌーで川下りっていいんじゃない?」と思わせられる魅力のある作品です。
組み立て式のカヌーとわずかな道具だけを持ち込んで川を下る。
時には川に潜って魚を取り、時には鳥の声に耳を澄ませる。
行きあった田舎の人々と自然な交流が生まれ、そして時には自然と人間との関係についての深い思索に沈む。
川ごとに違う景色、違う人情。
こちらのページ(外部リンク)によれば、NHKはこの作品のためにカヌーのロール音や川の音を録音したそうな。
気合が入っている。
特に第8回の球磨川、第10回の四万十川などは切実に行ってみたいと思いました。
まあ実際にはカヌーで漕ぎ出すことはできないのでしょうけど。

さて、本作品は1回ごとに一つの川を下っていく様子が描かれます。
各回で取り上げた川とそれについての一言は以下のとおりです。
概ね北から南に移っていきます。

1. 釧路川
北海道の大自然とともに川下り。
船を下りて牛乳を買いに行き釧路湿原を横断。
現実の荒野はまずかゆいところ、といった発言が生々しい。

2. 北上川
北上川は鳥が多く水が美しい川。
北上川流域が夜這いの本家というのは本当か?
エスキモーロール、いも煮などの話題もあり。

3. 雄物川
東北編第二弾。
野田さんは7・8回もテントの水没を経験しているらしい。
この辺は十分にサバイバルなので、このブログでのジャンルは「冒険(秘境漂流)」にしてみた。

4. 信濃川
日本最長の川で途中で何度も名前が変わる。
千曲川も信濃川の一部であることは知らなかった。
カヌーでは、鳥を見たり水にもぐったりといった寄り道をしながら毎日20~30kmをゆっくりと下るらしい。

5. 多摩川
野田さん曰く「多摩川は日本で一番危険な川」。
コメディ的な要素が強い異色の回で結構笑ってしまったが、実は風刺色が強い回でもある。
「多摩川名物、釣り人との楽しき交流」。

6. 長良川
日本で最も豪快な鮎釣りができる川。
この回で取り上げられている長良川河口堰は結局、1994年に竣工。
でも様々な議論を呼び、環境問題の進歩の大きなきっかけとなったよう。

7. 吉井川
本作で「下水のような」とまで酷評されている。
さらに「日本の川を行くのは悲しい。それは失われたものの挽歌をきくようなものだから」と、日本の川のある種の象徴とまでされている。
本作から30年経った今では少しは綺麗になっているのだろうか。

8. 球磨川
野田さんの郷里の急流の川。
魚は手づかみで採るのが一番スリリングな採り方らしい。すごい。
球磨川の川下りが一番で、それに次ぐのが天竜川・木曽川とのこと。

9. 川内川
カヌーイストと雨との関係に関する話題が面白い。
九州の男尊女卑とは女性が男性を操るための手段らしい。
それにしてもこの回の薩摩弁はさっぱりわからない。

10. 四万十川
待ってました!「日本最後の清流」。
四万十川の水は海に出るまで澄んでいる。
「よさこい」とは「今夜のみに来い」という意味らしい。
「老人ばかりの桃源郷」とは今となっていは洒落にもならないかも。
なお、四万十川つながりでFMシアター枠で放送された「交響詩・うるんだ美女~四万十川をさかのぼる」も紹介しています。


いずれの回も、川下りの途中で出会った地元の人々との交流が描かれ、彼らは当然ながら各々の方言で語りかけてきます。
この辺も雰囲気がでて、とても良いつくりです。

なお、作中、特に中盤(要は日本の中心に近い位置の川の回)で、川の汚染やダム問題がしきりに取り上げられます。
考えてみれば、本作品の原作が出版され、ラジオドラマ作品が放送された1980年代初頭は、日本の川が最も汚れ、一方で生態系の保存にはまだ関心が低かった時代だったと思います。
今は少しは水質も良くなったのではないかと思いますが、本質的な問題はあまり解決していないようにも感じます。
2015年現在77歳の野田さんが、今、同じ川を下ったらどんな紀行文を書いてくれるのでしょうか。

最後に、出演者を紹介すると、本作品で野田さんを演じるのは早世された俳優の草野大悟さん(「世紀の大冒険レース」「脱獄山脈」)。
その他、今福将雄さん(「ぼくは勉強ができない」)、山谷初男さん、今井和子さん、千石 規子さんなど、実に渋い面々です。
ふたりの部屋」は以前紹介した「さらば国分寺書店のオババ」などエッセイ風の作品も多かったようですが、この種の作品、わたしはあまり得意ではありません。
ただ本作品は俳優陣の落ち着いた演技といい、本格的な効果音といい、パッと目を(耳と?)引く派手さはありませんが、なかなかの良作だと思います。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad