青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ニコルの塔 原作:小森香折(青春アドベンチャー)

作品:ニコルの塔
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:幻想(その他)
初出:2015年2月16日~2月27日(全10回)
原作:小森香折
脚色:大河内聡
演出:木村明広
主演:能登麻美子

「すべてを受け入れよ。疑問を抱くのをやめよ。考えることより従うことが、私たちの勤め…」
少女ニコルは、毎日、寄宿舎から自転車に乗って塔へと向かう。
塔で「地球のマント」に刺繍するため。
ただ黙って、指定図どおりの図柄を刺繍するため。
しかし、何かが起こり始める。
刺繍の図柄の猫が語り掛けてくる。
今まで見えなかった景色が見えてくる。
不思議な男の子が現れる。
そして何かを知っていたと思われる友人が行方不明に。
ここはどこ?私は本当は誰なの?

―――――――――――――――――――

スペイン生まれの画家レメディオス・バロの3枚の絵「塔へ向かう」「地球のマントに刺繍して」「逃亡」に触発されて書いたという、小森香折さんの児童文学作品「ニコルの塔」を原作とするラジオドラマです。
レメディオス・バロはミステリアスな作風を特徴とするシュルレアリスムの画家ですので、当ラジオドラマも、アニメで活躍されている人気声優さんを起用したり、山本清香さんのファンタジックでありながら重厚なオリジナル音楽を採用することによって、全体がどこか謎めいた雰囲気で演出されています。

さて、早速ですが、本ラジオドラマ「ニコルの塔」の最大の特徴は、冒頭に書いたようにアニメファンから見るとかなり豪華に人気声優さんを採用している(らしい)ことです。
正直、私はたまたま川澄綾子さんを知っていたくらいなのですが、主役のニコルを演じる能登麻美子さんのほか、真相究明のカギを握る友人シオンを演じる白石涼子さんや、終盤2話で主演に近い扱いとなる小林沙苗さんは、人気のある声優さんだそうですし、他にも日笠山亜美さんなども声優メインで活動されている方だそうです。
本作品を演出している木村明広さんは、今までも「二分間の冒険」(田村睦心さん)、「世界の終りの魔法使い」(野中藍さんなど)、「やけっぱちのマリア」(竹内順子さん)、「エイレーネーの瞳」(斎賀みつきさん)といった作品で、積極的にアニメ声優さんを起用していますが、本作品では「いまはむかし~竹取異聞~」に続き、能登さんをメインキャラクター役に抜擢しています。
私は能登さんについてよく知らなかったのですが、とても透明感のあるきれいな声の方ですね。
FM向きの声、というのは変な表現でしょうか。
ちなみに、本作品では、修道院の寄宿舎(とされている場所)で生活する少女たちを、これらの声優さんたちが演じているのですが、みなさん大体30代半ばであり、この寄宿舎を管理するオジマ先生役を演じる長澤奈央さんより、多少ですがむしろ年長です。
私のように作品だけ聴いていて人間に、この辺の不自然さを全く感じさせないのは、さすがにプロの声優さんだと思います。

また、冒頭に挙げたとおり、もうひとつの本作品の特徴は、映画、テレビなどで多くの主題歌や劇伴を作曲している山本清香さんが作曲したオリジナル音楽。
ラジオドラマには(当然ですが)映像がないので、特に本作品のような舞台設定が定かでない作品において音楽の占める位置づけはとても大きい。
そのため、山本さんの、繊細でありながらスケール感のある音楽が、本作品のイメージアップに寄与しているところもまた大きいと思います。
青春アドベンチャーは(恐らく作品数が多いことから)、作品ごとのオリジナル音楽は作らないことが多いのですが、「白狐魔記 洛中の火」(日高哲英さん)、「ニコイナ食堂」(澁江夏奈さん)と本作品を含めて3作品連続でオリジナル音楽の作品です。
その前の「予言村の転校生」は既存曲を利用した番組でしたが、(恐らくの選曲の黒田賢一さんだと思いますが)作中歌をきちんとつくっていました。
なかなか頑張っています。

(外部サイト:山本さんブログ)http://ameblo.jp/382tune/entry-11989966512.html

さて、本作品の概ねのストーリーは冒頭に紹介したとおりですが、ニコルが何かを気づき始めたことにより、一見、平穏に見える、箱庭のような世界のところどころにほころびが生じてきます。
先生を始めとする大人たちは何を隠しているのか、「向うの世界」とは何なのか、シオンの双子の姉妹は実在するのか。
山本さんの幻想的な音楽と相まって、どこか底の方に恐怖感を秘めたような雰囲気でストーリーは進行していきますが、前半は結局、謎の方向性すらわからない状況で終わりました。
正直、「どこか不自然な世界。記憶が改ざんされている?」というのは割と良くある話ですし、前半は同じような展開を繰り返す平板な内容でした。
ここで溜まったマグマのようなエネルギーが後半どのようにはじけていくのか、それとも「小惑星美術館」や「永遠の森・博物館惑星」のようなよくわからない展開のまま終わってしまうのか、楽しみなような怖いような気持ちで後半戦を迎えたのですが、第8話で話は思いも寄らない方向に急展開します。
実際、冒頭の作品紹介で書いている作品ジャンルを変えようかと思うほどの唐突さだったわけですが、思えば、修道院創立の伝説に出てくるのが「聖レメディオス」だったり、途中で登場するピンと伸びたひげが特徴の猫の名前が「サルバトーレ」だったりするのが伏線といえば伏線ではあったのでしょうか。
実はストーリーはほぼこの第8話までで終わっており、残りの2話はニコルとは別の登場人物から見た種明かし?の回なのですが、あまりに大胆な種明かしなので、人を選ぶ展開であることは間違いないと思います。
個人的には、前半のあまりに平板な展開の印象が強いことと、結局、舞台となった世界を取り巻く謎、例えば、黒幕は誰だったのか(そもそも黒幕などという存在はいたのか)、少女に刺繍をさせていたことにどんな意味があったのか、などいまいち釈然としない部分が残り、あまり高い格付けにはしませんでした(ファンの皆様、すみません)。
でも、最後に2話は、番組名をコールする担当者を変えたり、第8回のエンディングを他の回とちょっと変えたり、今までとは雰囲気の違った蜩の淋しい鳴き声を効果的に使ったり、細かいところで凝った演出がなされており、結構、気にいっていたりします。
それにしても蜩の声って何であんなに切ないのですかね。
実は本作品とほぼ並行して、次の放送作品「know~知っている」にあわせて「アルファベットで始まる作品つながり」で紹介する「G戦場ヘヴンズドア」を聴いていたのですが、こちらでも蜩の声が印象的な回があるんですよね。
と思っていたら、たまたま約1か月後に、その名も「蜩ノ記」という作品の再放送が発表されたことは、個人的にちょっとした驚きでした。
私以外にはどうでも良い、というか、単なるこじつけ的な話ではありますが。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

カラマーゾフの森 作:岩松了、高橋陽一郎(青春アドベンチャー)

作品:カラマーゾフの森
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:SF(日本)
初出:2002年10月7日~10月18日(全10回)
作 :岩松了、高橋陽一郎
演出:高橋陽一郎
主演:草野康太

その森は空から見ると何の変哲もない森だった...
原子力研究所の事故から5年。
放射能汚染により今後50年は人が住むことを禁じられたその森では、ごく少数の人間による不思議なコミュニティーができていた。
森に残った人間。
森に無断で住みついた人間。
トヨタケンジはその森に水質調査にやってきた研究者である。
ヤブシタという案内人とともに、一見、豊かな自然と静謐な雰囲気とが支配する深い森に分け入ったケンジだが、禁止区域に入った途端、一発の銃声が轟いた...

―――――――――――――――――――

劇作家で俳優でもある岩松了さんと、NHKエンタープライズ所属のテレビドラマ演出家である高橋陽一郎さんの2人による共同名義によるオリジナル脚本のラジオドラマです。
ちなみに、お二人のうち岩松さんは、ヒロイン・アスカの父親役で出演もされています。
青春アドベンチャーでは、丸尾聡さんの「カラフル」などのように脚本家ご自身が出演される作品もあります。
しかし、大抵は端役でのカメオ出演であり、本作品のような主要な役での出演はレアケースです。
また、もうひと方である高橋さんは本作品の演出家も兼ねています。
同一人物が脚色と演出を兼ねるのも、「ふたり」の吉田浩樹さんや「女たちは泥棒」の安江進さんなど青春アドベンチャー系の番組ではわずかな先例しかない、異例なことです。

さて、本作品について、どうしても言及しておかなければならないのは、1999年の東海村JCO臨界事故と2011年の福島第一原子力発電所事故との関係です。
本作品に登場する「森」は、「東京からヘリコプターで2時間」という設定になっており、福島や東海村だと近すぎるとも思いますが、原子力事故といえばこの二つを意識せずにはいられません。
この二つの事故のうち、本作品で事故を起こしたのが「原子力研究所」とされていること、そして何より本作品が制作された時期からして、制作側としてはJCOの方を念頭に制作したのだと思います。
しかし、描かれている事故の被害レベルは明らかに福島レベルです。
本作品は2002年に制作された作品であり、2011年の原発事故前の作品ですので、決して原発事故に便乗した作品ではありません。
しかし、「警戒区域」ならぬ「禁止区域」という表現や、「30マイクロシーベルト」とされる状況は、2011年以降に聴くと福島を意識して制作したのではないかと錯覚してしまうほどです。
特に、この30マイクロシーベルトという数値、これが1時間当たりの空間線量(線量当量。単位をきちんと把握する重要性は伊東乾さんの指摘するところ)だとすれば、原発事故の約2カ月後(5月2日)の福島第1原子力発電所正門付近の数値である45マイクロシーベルト/時や、帰還困難区域の基準である9.5マイクロシーベルト/時と比較しても、きちんとバランスが取れた数字であり、妙なリアリティがあります。
この「30マイクロシーベルト」に敬意を表して、このブログでは本作品を「SF(日本)」にジャンル区分しました(どのジャンルにも分類しがたいというのが本音ではありますが)。
ただし、本作品でもリアリティをやや欠く部分もあります。
例えば、水が全ての健康被害の原因になっているかのような表現や、汚染された森から鳥や動物たちが姿を消していくというのは、やや正確性を欠くのではないかと思います。
しかし、作中で「(森には)政治組織も科学も宗教もない」との台詞があるとおり、本作品が提示しているのは、原子力事故の危険性に関する科学的な知見や、政治的なメッセージ、SFで良く扱われる科学と人間とのあり方などではないようですので、科学的な正確さはあまり作品の質には関係ないと思います。
ただし、政治的な意図はないといっても、上記の表現の正確性の問題に加えて、作中で「子どもは無事に生まれるのか」などの原発事故の被害者に対しては特にセンシティブにならざるを得ない問題も本作品は扱っています。
偶然にも震災の直前に放送された災害ものである「サバイバル」が、その後、一度も再放送されていないことからも、この作品が今後、再放送されることは恐らくないと思います。

さて、それでは、この作品で脚本家が伝えたかったメッセージとは何なのか?
実は、即物的で感受性の摩滅した私としては正直、よくわかりませんでした。
自然と人間の対立を声高に叫ぶエコロジカルな雰囲気もありませんし、人間どおしの関係性をヒューマニスティックに描いている感も受けません。
ただ、BGMを使用せず、水の音や虫の声といった静かな効果音を多用して静謐な雰囲気を作り上げている演出(効果を含む)はとても印象的です。
静謐というと眠気を誘う作品を想像しますが、その静謐な中に、時々、銃声が響く独特のストーリーは、途中で舞台が森を離れたり、主要人物が死んだりと多様な展開をみせることもあり、なかなか飽きさせません。
また、先ほどBGMを使用しないと書きましたが、実は本作品には妙に耳に残る「テーマ曲」があります。
それは、岩松了さんが演じるアスカの父親がところどころで歌う劇中歌「カラマーゾフの森の歌」(正式名称不明)です。
「森~は知っているぅ~。森~だけが、す~べ~て~を知~っている~」
本作品を初めて聴いたときは1日中、このフレーズが頭の中でリフレインしていました。

本作品、正直、テーマはさっぱりわかりませんし、ラストが持つ寓意もわかったようなわからないような作品ですが、311後の放射能汚染という現実が身に染みていることもあるからか、不思議と印象深い作品でした。

さて、本作品の出演については、まず主役のケンジ役を草野康太さんが演じています。
草野さんは「鏡の偽乙女~薄紅雪華文様」や「オーデュボンの祈り」にも主演されていますが、時系列的にみると本作品が青春アドベンチャー初主演です。
本作品はとても静謐な作品であり、淡々と話す草野さんの“普通な”演技が、本作品にとてもマッチしています。
また、第2のヒロイン的な位置づけのレイコ役を演じているのは声優の宮村優子さん。
「あんたバカァ?」で有名な「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカ役でとても有名な人気声優さんです。
でも、本作品では役柄に併せて、草野さんと同様、とても抑えめの演技をされており、とても宮村さんとは思えません。
青春アドベンチャーでアニメ中心で活躍されている声優さんを使うことはあまり多くないのですが、敢えて起用する場合は、極端に抑えた演技をさせる場合(「二分間の冒険」の桑島法子さんや「ツングース特命隊」の坂本真綾さんなど)と、ほとんどアニメのノリのはっちゃけた演技させる場合(「タイムスリップシリーズ」の田村ゆかりさん、「やけっぱちのマリア」の竹内順子さんなど)に分かれます。
個人的には、後者の起用の方が印象的な出演が多いと感じますが、本作品の宮村さんの演技はなかなか作品の雰囲気にマッチしており芸域の広さを感じます。
なお、エヴァンゲリオンで「アスカ」役を演じたのは宮村さんですが、本作品のメインヒロインである「アスカ」を演じたのは三輪明日美さん。
微妙にわかりづらいですね。
ちなみに本作品のダブルヒロインである「アスカ」と「レイコ」は二人とも(そしてエヴァンゲリオンの「アスカ」も)終盤はやや病んだ展開を迎えます。
鬱展開になる覚悟は必要ですが、全体に静謐で平穏な雰囲気が支配した作品ですので、極度にダークは雰囲気にはなっていないのが救いです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad