青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2014年の当ブログを振り返って

皆さまこんばんは。
1月3日の「タイムスリップ戦国時代」で始まった当ブログのラジオドラマ紹介も、12月26日の「迷えるお未年」で1年間のアップが終わりました。
恒例のとおり、本年最後は、この1年のブログの歩みを振り返る記事で終わりにしたいと思います。

まず、当年度の特徴はいくつもの「○○年」制覇を成し遂げたこと。
このブログでは、ある年の青春アドベンチャーで放送された作品(のうち視聴したことがあるもの)をすべて紹介し終えると、「特集「各年ごとの作品一覧」」のカテゴリーに、各年の総括記事(インデックス頁)をアップしています。
本年は、1月7日の「タイムスリップ大坂の陣」でコンプリートした2011年を始めとして、2010年2008年2007年、そして2014年の青春アドベンチャー作品が全紹介に至りました。

また、青春アドベンチャーを代表する大長編作品の紹介もかなり進みました。
2013年に紹介をスタートしていた「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズと「タイムスリップ」シリーズに加え、「少年探偵団」シリーズ(「魔人復活 第1部 青銅の魔神」など)、「封神演義」シリーズなどです。
「封神演義」シリーズは「第3部 易姓革命」を積み残していますが、近日中にアップ予定です。
また、残された数少ない大長編作品である「ランドオーヴァー」シリーズ(「魔法の王国売ります」など)も2015年1月には紹介をスタートする予定です。

さらに、昨年のこの記事でお約束していたジャンルの再編も無事に実施することが出来ました。
私以外は誰も気にしていなかったかも知れず、自己満足かも知れませんが、結構すっきりしました。
でも、再編後のジャンルでも「幻想(日本)」がやたらと増えつつあります。
どうしたもんでしょうか。

一方、残念だったのは、ブログの更新を週3回から週2回にペースダウンしたこと。
公私ともに多忙になりどうしても少なくせざるを得ませんでした。
今後も、一時的に多めにアップできることはありそうですが、基本的なペースとしてはこのまま行かざるを得ないと思います。
未紹介作品のストックも随分と減ってきましたしね。

さらに今年は、「ドラゴン・ジェット・ファイター」の補足記事で、原作者さんに質問してみるという初めての体験をしました。
快く回答していただいた原作者の白木さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
このブログでは、最初から作品の内容から脱線していくこと自体を目的にしており、以前にも「妖精作戦」の原作だけを取り上げた別記事を作成していました。
今年は上記の「ドラゴン・ジェット・ファイター」の補足記事以外でも、「冷凍人間の復活」で妄想爆発の補足記事を作成したりもしました。
読んでいただいている皆様に楽しんでいただけたかはわからないのですが、今後も補足を書きたくなるような良作品に出合えるとうれしいですね。

その他のトピックとしては、今年もなぜか急に新規にアップした記事がインデックスされなくなる事件が起きました。
その後、一応、解決しましたが、現在でもインデックスされるまでの時間はやや不安定です。
今のところFC2ブログから引っ越すつもりはありませんが、あまりこのようなことが続くと考えてしまいますね。
また、なぜか1記事が突然なくなる事件もありました。
自分では特に削除したつもりはなく、原因は今でもわかりません。
これもその後起こっていないから良いものの、続くようでしたら考えねばなりませんね。

何はともあれ、1年間、ご覧いただきありがとうございました。来年もこれまでのどおりのペースで更新していきたいと思いますので、今後ともご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。
では良いお年を。

*********************************************
次の特集は青アドポーカー「兄弟・親子出演者」です。
*********************************************

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

迷えるお未年 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

品:迷えるお未年
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:コメディ
初出:2002年12月16日~12月20日(全5回)
作 :藤井青銅
演出:吉田努
主演:東地宏樹、川村ひかる

「宇宙のお荷物」、「銀河系のみっそかす」、「ビックバン以来最大の失敗作」と呼ばれる未開の惑星・地球。
銀河連保は監視員を派遣し、この星の文明が成熟するまで交代で見守っていた。
今日は監視員が交代する日。
この1年間、馬に扮して地球を見守ってきた監視員から、来年、ヒツジに扮して地球を監視する新たな監視員への引継ぎが行われている。
この2002年の日本は、宇宙人からはどのように見えていたのであろうか。

―――――――――――――――――――

本作品「迷えるお未年」は、青春アドベンチャーに最も多くオリジナルラジオドラマを書き下ろしている藤井青銅さんの人気シリーズ「年忘れ年末アドベンチャー 干支シリーズ」の一作です。
干支シリーズの概要については「俵のねずみがマウスでチュー!」の記事にも書きましたが、毎年、12月最後の放送枠を使って放送されていたコント作品でした。
今回は2014年の最後の紹介作品として、ちょうど12年前2002年の、同じ丑年から未年への移り変わる時期に放送された作品をご紹介します。
本作品で取り上げている主な2002年の出来事は以下のとおりです。

------------------

第1回:スポーツ
「日韓共催ワールドカップ」「ゴジラ松井のメジャーリーグ移籍」
日韓共催ワールドカップからもう3回もワールドカップが開催されたんですね。
ゴジラ松井ももうとっくに引退。
時が経つのは早いものです。
この頃はいまいち人気がなかった冬季オリンピックですが、女子フィギュアなどのおかげで今では結構盛り上がるようになったように思います。

第2回:文化
「田中耕一さんノーベル賞受賞」「カフェブーム」「『声に出して読みたい日本語』のヒット」
この年は小柴名誉教授と田中耕一さんのダブル受賞だったノーベル賞。
その後も日本人のノーベル賞受賞は続くことになります。
この辺の事情は伊東乾さんの「日本にノーベル賞が来る理由」が参考になります。
それはともかく「声に出して~」の一節は、藤井青銅さんが川村ひかるさんにラジオで怪しい小説を読ませたいだけだったのではないかと邪推してしまいました。

第3回:政治経済
「ワークシェアリング」「宗男と真紀子と清美」「飛行機の割引運賃」
相変わらず藤井さんは政治には辛口です。
なお、この年に北朝鮮から拉致被害者が帰国したとのこと。
さらに12年前には日朝国交正常化交渉が決裂していたとも言っており、この問題の解決の難しさが感じられます。

第4回:芸能関係
「ハリーポッター」「和泉元彌のダブルブッキング騒動」「大きなのっぽの古時計」
この記事を書いている2014年には、大阪のユニバーサルスタジオジャパンに「ハリーポッター」のアトラクションがオープンしました。
考えてみると息の長い人気です。
ちなみに2002年に結婚した宇多田ヒカルは、2007年には離婚。
そして本2014年に再婚しています。

第5回:社会的に話題になった出来事
「たまちゃん(あざらし)ブーム」「アニータ事件」
いたなあ、アニータ・アルバラードさん。
税金から貢がせた14億円はどこに消えたのでしょう。
ちなみにこの2002年のさらに12年前はベルリンの壁の崩壊直後。
一回りで随分と世界は変わったものです。

------------------

メインの出演者は、前年担当(馬)が声優の東地宏樹さん(スピリット・リング文学少年と運命の書)、次年担当(ヒツジ)がグラビアアイドルの川村ひかるさんです。
川村ひかるさんの起用は意外に思えるかも知れませんが、この記事のとおり、青春アドベンチャーって意外とこういった柔らかな配役もするんですよね。

【年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズの一覧】
干支一巡を大きく上回る17年間も続いた、青春アドベンチャーの年末の風物詩「干支シリーズ」の一覧はこちらです。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。
こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad