青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

さっきまで優しかった人 原作:片岡義男(カフェテラスのふたり)

作品:さっきまで優しかった人
番組:カフェテラスのふたり
格付:C+
分類:恋愛
初出:1986年12月15日~12月19日(全5回)
原作:片岡義男
脚色:(不明)
演出:(不明)
主演:山田康雄、山村美智子

小説家でエッセイストの片岡義男さん原作のショートストーリー5編を集めたラジオドラマです。
片岡さんはハワイ出身で、サーフィンやバイクといったアメリカ文化の伝道師的な印象の方でした。
印象といえば、本作品が放送された1986年12月は、まさにバブル景気が始まったとされる時期であり、片岡さんも喜多嶋隆さんなどと並んでバブル時代の象徴のようなイメージがありました。
しかし、改めて考えると片岡さんの代表作「スローなブギにしてくれ」が発表されたのが1976年であり、バブル期に限ってというより、広く昭和末期全般の若者文化の象徴なのかも知れません。

さて、勝手なイメージですが、アメリカ文化といえば切っても切り離せないのは、海と風。
そういえば、一方の喜多嶋隆さん原作のラジオドラマ作品、「CF愚連隊」や「天使のリール」もそんな要素が満載の作品でした。
本作品「さっきまで優しかった人」も第1話から海沿いをドライブする話であり、まさにコテコテの展開ですが、しゃれた会話と、情景・雑貨・メカなどのディテールの表現で巧みさで気持ちよく聞くことができる作品でした。
そしてこの作品に良く合っているのが、山田康雄さんと山村美智子さんのお二人の出演者。
山田さんといえば今では初代ルパン三世声優として有名ですが、当時は「お笑いスター誕生!!」の司会などもしていたマルチタレントでした。
ご自身が洒脱な方であり、語り口も軽妙で、本作品でも山田節が絶好調です。
また、一方の山村美智子さん(現芸名:山村美智さん)は、元フジテレビのアナウンサーで、ビートたけしや明石家さんまが出演していた伝説のお笑い番組「オレたちひょうきん族」を担当されていた方でもありました。
大変失礼な言い方をすれば、お二人ともNHKらしくないチャラいキャスティングですが、本作品にあったキャスティングであることも事実です。
こういうこともできるのがラジオドラマの強みなのでしょう。

なお、ストーリーは男女二人の会話をベースに進みます。
総じて淡白な内容で、ヤマがあるような、ないような...という感じです。
まあ、バブル期の大人の恋愛?を素直に楽しむのが吉、といったところでしょうか。
ちなみに、各回のタイトルは以下のとおり。
「カフェテラスのふたり」は10分番組でしたので、本作品の全部をあわせても50分足らずで終わってしまう小品です。

1.さっきまで優しかった人
2.きみはただ淋しいだけ
3.電話
4.雨の香り
5.振り返るあなた

すべての回のすべての出演者を山田さんと山村さんが演じる...というよりは、そもそもすべての回で登場人物がほとんどふたりだけです。
この辺、同じ「カフェテラスのふたり」で、大量の登場人物を山田さんが演じ分けていた「星へ行く舟」とはかなり雰囲気が違います。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

風の谷のナウシカ出演者つながり

【特集:青アド・ポーカー11】風の谷のナウシカ出演者つながり

2014年9月30日に、吹き替え・ラジオドラマ・アニメで多くの味のある悪役の声を担当されてきた俳優・声優の家弓家正さんがお亡くなりになられました。
ラジオドラマ作品を紹介する当ブログでも、何度も家弓さんの登場作品を取り上げた来たところであり、この度も追悼企画として家弓さんの出演作品を取り上げたいと思ったのですが、なかなか適当な作品が見当たりません。
そこでイレギュラーではありますが、「青春アドベンチャー」の各作品の出演者の中から、宮崎駿監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」の出演者を探してくる、この特集をもって家弓さんの追悼記事としたいと思います。
もちろん家弓さんも「風の谷のナウシカ」に出演されています。
なお、この青アドポーカー、NHK-FMのラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」の各作品間のゆるいつながりを調べようというトリビアルなコーナーなのですが、実は以前から、この「風の谷のナウシカ出演者つながり」をやりたいとは思ってきました。
ただ、クシャナ殿下役の榊原良子さんが出演する作品がなかなか紹介できず先送りになっていました。
榊原さんの出演作をご存じで、かつお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お聞かせください。

●ナウシカ役「島本須美」さん:「小惑星美術館」、「ブルータスは死なず」、「ソフィーの世界」ほか
めぞん一刻出演者つながり」や「ルパン三世出演者つながり」でも登場した島本さん。
なぜかこの青アドポーカーの常連です。
「小惑星美術館」はナレーション、「ブルータスは死なず」ではヒロインを演じられていました。
また、森博嗣さん原作の百年シリーズの2作品(「女王の百年密室」・「迷宮百年の睡魔」)にも出演されています。

●アスベル役「松田洋治」さん:「アルバイト探偵」、「オルガニスト」、「645~大化の改新・青春記」など
アスベル役の松田洋治さんは、とても多くのNHK-FMのラジオドラマに出演されていた常連出演者さんでした。
上記の作品のほかにも、「アクアリウムの夜」、「ふたつの剣」、「西風の戦記」、「シュナの旅」、「盟友」、「サラマンダー殲滅」など松田さん出演作品は枚挙にいとまがなく、そのせいか、2015年に放送された「今日は一日ラジオドラマ三昧」のMCも務められました。
特に「シュナの旅」はナウシカと同じ宮崎駿さん原作の作品で、その他、松田さんは「もののけ姫」でも主演されるなど何かと宮崎アニメとは縁が深い方です。

●ユパ役「納谷悟朗」さん:「ロスト・ワールド」、「虹を操る少年」、「王の眠る丘」など
ユパさま役の納谷さんは、宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長、ルパン三世の銭形警部などで有名です。
青春アドベンチャー系の番組でも多くのラジオドラマにご出演されています。
納谷さんが大物すぎるので、多くの場合はチョイ役ですが、「ロスト・ワールド」は(実質的な)主役です。

●大ババ役「京田尚子」さん:「砂漠の王子とタンムズの樹
「その者、青き衣をまといて金色(こんじき)の野に降り立つべし」と、しわがれた声で語っていたのが印象的な大ババさまを演じたのが京田さんです。
「砂漠の王子とタンムズの樹」では、ほとんど同じような雰囲気の役を演じられました。
これについては「砂漠の王子とタンムズの樹」の脚色をされたオカモト國ヒコさんも大興奮。
詳しくはそちらの記事をご参照ください。

●クロトア役「家弓家正」さん:「遠い海から来たCOO」、「海賊モア船長の遍歴」、「暗殺のソロ
「風の谷のナウシカ」では、侵略者の一員ながら、どこかひょうきんなクロトアを演じた家弓さん。
「遠い海から来たCOO」の狂気を帯びた悪役ノルベール大佐や、「暗殺のソロ」の部下の暴走に振り回されるファーガスン准将もなかなか味のある演技でした。
ちなみに「海賊モア船長の遍歴」ではナレーション。
それにしてももう家弓さんの声が聴けないなんて信じられない。
ご冥福を祈ります。合掌。

●ミト役「永井一郎」さん:「不思議屋シリーズ」(不思議屋料理店など)、「夏の魔術」シリーズ、「幽霊海戦」など
サザエさんの磯野波平など多くの役で知られる永井さんも2014年に亡くなられたばかり。
永井さんといい、納谷さんといい、そして家弓さんといい、この特集には亡くなられた方が多いのが残念です。

●ゴル役「宮内幸平」さん:「サハラの涙
●ギックリ役「八奈見乗児」さん:「封神演義
ミトとともにナウシカの初陣に駆り出された3老人のうち、ゴルとギックリを演じたお二方です。
宮内さんといえば「ドラゴンボール」の亀仙人、八奈見さんといえば「巨人の星」の伴宙太でしょうか。
こうなったら3老人の最後の一人ニガを演じた矢田稔さんも探したところです。
矢田さんの公式ホームページによれば「FMアドベンチャー」の何らかの作品にご出演らしいのですが。

●ラステル役「冨永み~な」さん:「ブラックホール
アステルの妹ラステルは、ナウシカの劇中でほとんどセリフらしいセリフはありませんでしたが、一応、冨永み~なさんが配薬されています。
冨永さんは上記の「ブラックホール」への出演のほか、「妖怪博士と少年探偵団」では主題歌を歌っていらっしゃいました(出演なし)。

それにして、この「あるアニメ作品の出演者を探せ」的なシリーズ、すでに4回目(ルパン三世、機動戦士ガンダム、めぞん一刻、本記事)なのですが、登場する声優さんがかなりかぶってきました。
そろそろこの企画も打ち止めかも知れませんね。

****************************************
次の特集は「300作品紹介記念記事」です。
****************************************
次の青アドポーカーは「兄弟・親子で出演つながり」です。
****************************************




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad