青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

アリアドニの遁走曲 原作:コニー・ウィリス&シンシア・フェリス(青春アドベンチャー)

作品:アリアドニの遁走曲(フーガ)
番組:青春アドベンチャー
格付:B+
分類:SF(その他)
初出:1994年9月26日~10月7日(全10回)
原作:コニー・ウィリス&シンシア・フェリス
脚色:樽谷春緒
演出:川口泰典
主演:華村りこ

干ばつにより荒廃した近未来のカナダは、西部合衆国とケベックの二つの勢力に分断され戦争状態にあった。
アリアドニは、西部合衆国に属するデンヴァー・スプリングズに住む16歳の女の子。
両親ともに科学者で、アリアドニ自身も科学者の卵だ。
しかし、ケベックによるレーザー空襲で家が破壊されてしまっただけでなく、母親のメディアが国家反逆罪で逮捕されてしまった。
父親のデアリーズは、いじけて飲んだくれてしまって役に立たない。
こうなったらアリアドニ自身がメディアの身の潔白を証明するしかない。
そんな中、同盟国である連邦国の皇太子エセックスの横やりや、そのお付きの武官ジョスとの恋、そしてレーザー空襲を防ぐための軍事機密ジェムアメーバーの所在も絡んで、事態は様々な様相を見せ始める。

―――――――――――――――――――

アメリカのSF小説作家コニー・ウィリスとシンシア・フェリスの共著によるSF小説を原作とするラジオドラマです。
コニー・ウィリスはヒューゴー賞やネビュラ賞を何度も受賞している有名な女流作家ですが、シンシア・フェリスの方は検索してもあまり情報がありません。
本作品は、女子が主人公の、ティーンエイジャーの軽めの作品で、日本でいえばジュブナイルとかライトノベル的な作品です。
ひょっとしてこの独特の軽さは共著のシンシア・フェリスの影響なのかも知れません。
なお、本作品が放送された1994年は、とにかく川口泰典さん演出作品の多い年でした。
芦田健さんとの共同名義を含めると、新作全15作品のうち12作品が川口さんの関連作品。
特に本作品が放送された時期は、「ウォッチャーズ」から「レディ・スティンガー」まで続く8作品連続(うち5作品は海外原作)で川口泰典さんが新作の演出をしていた時期でした。
ちなみに、そのうち本作品を含めた新作連続3作品「あの夜が知っている」、「アナスタシア・シンドローム」、「アリアドニの遁走曲」はなぜかすべて「あ」から始まるタイトルの作品でした。どうでも良い話ですが。

さて、前に述べたとおり本作品は主人公である少女アリアドニの恋と冒険を描いたちょっとライトな作品です。
タイトルから想像されるほど「遁走」はしないのですが、出会ったばかりの敵か味方かわからない男性とたちまち恋に落ちてしまったりするところや、アリアドニが割と安っぽい色仕掛けで事の真相に迫ろうとするところなど、正直、ちょっと安易な展開です。
まあそのストレートさがこの手の作品の魅力でもあるのですが。
とにかく、全体のトーンはSFというよりサスペンス調であり、しかもシリアスなサスペンスというよりドタバタ劇であり、コメディー調でもあります。
原作の作品紹介を読むとアリアドニは少女ながら科学者でもあるようですが、本作品ではその要素は抑え気味であることも、このラジオドラマのSF要素が抑え気味になった一因かも知れません。
ちなみに、国内作家原作による女の子が主人公の似たようなイメージの作品としては、新井素子さん原作の一連の作品(「いつか猫になる日まで」など)、森脇道さん原作の「少女探偵に明日はない」、折原みとさん原作の「夢みるよう愛したい」などを紹介済みです。
この手の作品の定番として主人公の女の子の1人称は「私」ではなく「あたし」なのですが、こういった作品は主に1990年代までの「アドベンチャーロード」や「サウンド夢工房」といった番組名だった頃に放送されました。
この頃、日本には「少女小説」とも呼べる一群の作品群があったのですが、その後、ライトノベルや、その後の携帯小説に吸収されるような形で下火になったように思います。
それに併せて青春アドベンチャーでこのジャンルの作品がラジオドラマ化されることも減りました。
その中で本作品はやや遅れてきた、しかも「海外原作」というやや特異な位置づけの作品でした。
しかし、このジャンルの作品を楽しむためには、登場人物たちの時代にぴったりとあった台詞回しと、その時代のその場所を知っていればこその空気感の共有が重要な気がします。
そのため、海外原作作品である本作品は、どうしても文体が翻訳調になってしまいますし、かつ海外の少女の持つ空気を知らない私のような視聴者は、ややぴんとこない作品になってしまっていると感じました。
ただ、この感想には大きな弱点があります。
私、本作品の最終話の大部分の聴いたことがないのです(ちなみに第1話も聴いたことがない)。
一応、この記事を書く前に原作小説で結末は確認しましたが、ラジオドラマとしては全体を把握しているとはいえません。
第1話と最終話の音源をお持ちの方がいらっしゃいましたら聴かせて頂ければ嬉しいです。

さて、出演者は、川口泰典さん演出作品らしく、宝塚歌劇団出身の女優さん中心であり、他の青春アドベンチャー作品にも多く出演されている方々が揃っています。
主人公のアリアドニを演じた華村りこさんが「愛のふりかけ」や「哲猫七つの冒険」などにも出演されているほか、アリアドニの母親メディア役の仁科有理さんは「あたしの嫌いな私の声」や「五番目のサリー」など多くの作品に出演されています。
事件の鍵を握る謎の女性であるクレア役の毬藻えりさんは、「アナスタシア・シンドローム」に主演されたのに続いて2作品連続のご出演です。
その他、アリアドニの相手役のジョス役は本作品の二つ前の「あの夜が知っている」で主演された松本保典さんですし、エセックスル王子役は「星の感触」などの古澤徹さん。
父親のデアリーズ役も「サンタクロースが歌ってくれた」や「西風の戦記」など多くの作品にご出演されている田山涼成さんです。
そういえば古澤さんは上記の「あ」で始まる3作品すべての出演されています。
全般に安定感のある配役ではありますが、いささかワンパターンともいえると思います。
いつもの演出家、いつもの出演者である中で、脚本家の樽谷春緒さんだけは、他の青春アドベンチャー作品ではお見かけしない方です。
どのような経緯で、この方に脚色が依頼されたのか興味深いところです。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

アナスタシア・シンドローム 原作:メアリ・H・クラーク(青春アドベンチャー)

作品:アナスタシア・シンドローム
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:幻想(海外)
初出:1994年8月29日~9月9日(全10回)
原作:メアリ・H・クラーク
脚色:香取真理
演出:川口泰典
主演:前田悠衣

「アナスタシア症候群(シンドローム)」とは、ロシア革命のさなかに謀殺されたロシア皇女アナスタシアが、現代の人間に憑依し人格を乗っ取ったとされた現象である。
アナスタシアシンドローム提唱者である精神科医のパテール博士は、軽い薬と催眠術で、患者の過去だけではなく前世をも探ることが出来ると発表し、世間から多くの賞賛と同じくらい多くの非難を得た。

ロンドンに滞在する歴史小説家のジュディス・チェースは幸せの絶頂にあった。
仕事では美貌の女流作家という名声を手にし、プライベートでは内務大臣スティーブン・ハレットから求婚されたのだ。
しかし、戦災孤児であるジュディスには、自分の出生を知りたいという昔からの悩みがあった。
しかも、最近になって頻繁に、養女になる前の断片的な記憶が蘇るようになった。
大きな爆発音、そして、幼い女の子の泣き声...
我慢できなくなったジュディスは、パテール博士のもとを訪れ、催眠療法により過去の記憶を探ろうとする。
しかし、それこそがジュディスの身に不思議な記憶喪失現象が起きる始まりだったのだ。

―――――――――――――――――――

本作品「アナスタシア・シンドローム」(原題:The Anastasia syndrome and other stories)は、メアリ・H・クラーク原作の同名の小説をラジオドラマ化した作品です。
ちなみに、原題からわかるとおり、原作は表題作「アナスタシア・シンドローム」を始めとする5編の中・短編で構成された作品集です。
このラジオドラマは、そのうちメインの中編だけをラジオドラマにしたものです。
青春アドベンチャーでラジオドラマ化された作品は、15分×10回という枠に収めるために駆け足の展開になってしまうことが多いのですが、本作品は短めの作品が原作(とはいえ文庫で238頁ありますが)であるからか、丁度、青春アドベンチャーの枠にあった作品であると感じました。

さて、本作品が放送されたのは、上記のとおり1994年8月ですが、実は本作品の一つ前の8月15日から8月26日の期間に放送された作品が、当ブログでは既に紹介済みの「あの夜が知っている」です。
両作品は、主人公が戦災を原因として過去の記憶を失っていること、精神科医のもとで催眠療法により自分の過去を探ること、という二つの点で筋立てがとてもよく似た作品です。
作品の舞台がロンドンとドイツ、主人公の性別が女性と男性という点で異なるほか、本作品にオカルト的な要素があるのに対して「あの夜が知っている」にはその要素はないなど、異なる点もありますが、連続で放送する作品としては、かなり似ていると言ってもよいと思います。
ちなみに演出も同じ川口泰典さんです。
川口さんといえば、本作品の前年に放送された川口さん演出の「五番目のサリー」も、多重人格的な要素の面で、本作品と類似しています。
さらに言うと、本作品と「五番目のサリー」の双方で主演している前田悠衣さんは、「あの夜が知っている」では脚色を担当しています。
単に川口さんがサイコミステリーや前田悠衣さんが好きなだけかも知れませんが、こんなにも似ている作品を敢えて続けて制作したのには何らかの意図があったのかも知れません。
興味深いところです。

さて、主人公のジュディスは自分の過去を知るためにパテール博士のもとを訪れるのですが、パテール博士が頑張りすぎ?てしまい、単なる過去探し以上のところまで踏み込んでしまいます。
その結果、丁度、ジュディスが小説の題材としていた清教徒革命時代に関連する数々の事件が引き起こされてしまいます。
そして、恋人のスティーブンが首相へと近づくための総選挙が近づく中、様々な出来事が同時に進行していきます。
本作品の現代の科学的常識を飛び越えた要素があるのは好き嫌いが分かれるところかと思います。
個人的には超常的要素はあまり好きではないのですが、ジュディスが書いている小説の完成、引き起こされた事件の捜査、パテール博士によるジュディスの治療?、ジュディスによる家族捜し等の様々な様相が、総選挙の投票日という1点に向けてすべて収斂していく様はなかなか見事です。
後味の悪さが、逆に印象の強さにつながっているエンディングを含めて、なかなか展開が読めない良作だと感じました。
しかし、改めて考えてみると、結局、事件を引き起こした原因も、それが拡大してしまったのも全てパテール博士の無責任さのため、という気もしなくはありませんが。

さて、本作品の出演者に話を移しますと、まず主役のジュディス役が、初期の青春アドベンチャーでは超お馴染みの常連出演者だった前田悠衣さん(わたしは真悟悲しみの時計少女)です。
幼女の役と40歳前後の落ち着いた大人の女性の役を両方演じ分けているのは前田さんならではでしょう。
そのほか、恋人のハレット役の海津義孝さん(ジュラシック・パークカルパチア綺想曲)、パテール博士役の吉田鋼太郎さん(ブラジルから来た少年、平成トムソーヤー)、16世紀の人物・レディー・マーガレット・カルー役に毬藻えりさん(愛のふりかけアリアドニの遁走曲)といった、川口泰典さん演出作品の常連出演者がずらりと揃っています。
安心して聴けますが、正直言っていささか常連出演者が固定しすぎている観がないとはいえませんね。

脚色は「ジュラシック・パーク」や「踊る黄金像」などの香取真理さん。
内容や出演者には類似要素の多い3作品ですが、脚色の面では「五番目のサリー」の「じんのひろあき」さん、「あの夜が知っている」の前田悠衣さん、本作品の香取真理さんと、ここだけはきちんと棲み分けされています。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad