青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

闇の中の子供 原作:小松左京(FMアドベンチャー)

作品:闇の中の子供
番組:FMアドベンチャー
格付:B-
分類:ホラー
初出:1984年5月7日~5月18日(全10回)
原作:小松左京
脚色:大石隆一
演出:峯岸透
主演:宮部昭夫

大杉は妻との不和と子供達の教育に悩む普通の中年男。
ある嵐の晩に、彼は自宅の扉を叩く音を耳にする。
扉を開けると、そこに立っていたのは時代がかった髪型に紋付き袴を着た、ひとりの少年。
「私は大人に殺される」という少年を、やむを得ず家の中に招き入れた大杉だが、再び家の扉が叩かれる。
「夜分、誠に失礼ながら、ちと物をお尋ね申す...」

―――――――――――――――――――

日本SF界の重鎮であった小松左京さんの短編小説を原作とするラジオドラマです。
放送されたのは1984年4月から1年間だけ放送された「FMアドベンチャー」なる番組。
この番組は、その後「アドベンチャーロード」、「サウンド夢工房」と引き継がれて、現在の「青春アドベンチャー」につながっている番組です(番組の歴史はこちら)。
後継番組と異なるのは、後継番組が毎日15分の番組であるのに対して、FMアドベンチャーが10分番組であったこと。
10分というとボリュームは3分の2なのですが、実はFMアドベンチャーの番組には15回連続の作品が意外と多く、10回連続が大部分を占めるアドベンチャーロードなどの後継番組と1作品あたりの放送時間はそれほど違いはありませんでした(10分×15回=15分×10回)。
ところで、このブログでFMアドベンチャーの作品を取り上げるのは初めてです。
放送時期でいっても今まで紹介した中では1983年放送の「二分割幽霊綺譚」(番組は「ふたりの部屋」)に次いで2番目に古い作品です。
FMアドベンチャーの放送作品ライナップを見ると、なかなか興味をそそられるタイトルが並んでいます。
しかし、番組の放送期間が短く17作品しかないことと、そもそも放送時期がかなり古いことから、一部の作品を除き、今では聴くことは難しい、というよりほとんど不可能な状態です。
残念ですね。
是非、NHKに残っている音源だけでも公開して欲しいものです。

さて、上記のとおりFMアドベンチャーは15回連続の作品が多いのですが、残念ながら本作品「闇の中の子供」は連続10回の作品です。
ただし、原作小説自体が短編のようですので、丁度良いサイズだと感じました。
ストーリーは歌舞伎の「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」の四段目切、いわゆる「寺子屋」を下敷きにして進みます。
「寺子屋」は忠義と家族愛による悲劇を描いた作品らしいのですが、本作品の中で主人公の大杉は、この作品を「大人の身勝手に付き合わされて子供が殺される、無茶で残酷でグロテスクな話し」に過ぎないと一刀両断しています。
そして大杉は、この作品のタイトルの一部になっている「闇」の世界に辿り着き、そこで我々の社会が犯している「子殺し」の実態に気が付いていきます。
一般的にはSF小説で知られる小松左京さんですが、本作品にSF的要素は殆どありません。
しかし、現代社会に対する問題提起的な要素が含まれているのは他の小松作品と同様です。
やはり子供を殺さないですむ社会を創っていきたいものだとは素直に思いますね。

主人公の大杉を演じるのは2006年に他界された俳優の宮部昭夫さん。
カーク・ダグラスやスティーブ・マックイーンの吹き替えも担当された方だそうです。
10分番組ですので、オープニング、エンディングも簡素で、音楽も過度に凝っておらず、俳優の台詞と控えめな効果音で魅せるシンプルな作品です。
実際聞いていると登場人物の台詞回しなど、そこはかとなく「ちょっと昔のラジオドラマ感」が漂っています。
しかし、控えめな演出だからこそ不気味な雰囲気が感じられますし、題材が題材だけあって(さっぱりわかりませんでしたが)第5話のかなりの部分が歌舞伎だったりするなど視聴者が一定の教養を持っていることが前提の大人向きの作品になっています。
最近のお子様向けの作品が多い青春アドベンチャーを聴いていると、たまにはこういう大人向きの作品を作って欲しいものだと感じます。
ただ、延々と歌舞伎の一場面が続いたりする場面もあり、正直、単純に楽しめる作品かどうかは微妙なところでもありました(私の教養レベルの問題かもしれませんが)。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

マドモアゼル・モーツァルト 原作:福山庸治(青春アドベンチャー)

作品:マドモアゼル・モーツァルト
番組:青春アドベンチャー(特集コミックアドベンチャー)
格付:AA
分類:歴史時代
初出:1992年10月26日~11月6日(全10回)
原作:福山庸治
脚色:内田史子
演出:斎明寺以玖子
主演:土居裕子

高校で音楽教師をしている裕子のもとに、先輩の勤が、200年前のアメリカで音楽教師をしていたエリザベスという女性が書いたというオペラの譜面を持って現れた。
オペラのタイトルは「マドモアゼル・モーツァルト」。
それは、モーツァルトが女性であったという驚くべき物語だった。
少女エリーザはなぜウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと名乗ることとなるのか、どのような気持ちで音楽を作り、そしてどのような恋をしたのか。
物語はこのオペラで語られている彼女の人生へと移っていく。

―――――――――――――――――――

「コミックモー二ング」(後の週刊モーニング)で連載された福山庸治さん原作の漫画をラジオドラマ化した作品です。
原作である「マドモアゼルモーツァルト」が連載されたのは1989年から1990年。
翌年の1991年には「音楽座ミュージカル」によりミュージカルとして上演されました。
さらにその翌年の1992年にNHKの手により青春アドベンチャー枠でラジオドラマ化されたのが本作品です。
実はこのラジオドラマは音楽座のミュージカルの影響を色濃く受けた作品です。
影響を受けたと言うより、もはや姉妹作品と行っても過言ではありません。
主役のエリーザ(モーツァルト)を演じたのはミュージカルと同じ音楽座の土居裕子さん、モーツァルトの妻コンスタンツェも同じ音楽座の福島桂子さんです。
音楽も小室哲哉さんがミュージカル用に作曲した作品を使っていますし、何より作中で登場人物(ほとんどモーツァルトだけですが)がいきなり歌い出すというミュージカル風の異色の演出になっています。
青春アドベンチャーでも「砂漠の歌姫」や「僕たちの宇宙船」など、一部には作品中に歌を取り込んだ作品もあります。
しかし、本作品のようにミュージカル調になっている作品は、「少年漂流伝」などごく少数で、とても珍しい作品です。
正直、ミュージカル調であるというだけで拒否反応を示される方もいらっしゃるとは思いますが、基本的にストレートプレイに近い作品(モーツァルトの心情だけが一部歌で語られる場合がある)ですので、それほどは気にならないと思います。

ちなみに本作品は「青春アドベンチャー」の枠で放送されましたが、番組コール上は「特集コミックアドベンチャー」と題されていました。
青春アドベンチャーでは、漫画原作の作品はあまり多くありません
しかし、本作品の初回放送の際には、直前に楳図かずおさん原作の「わたしは真悟」の再放送を、直後には池田理代子さん原作の「ベルサイユのばら外伝」を放送しており、漫画原作の作品が3作品連続した時期でした。
ちなみに、本作品は好評だったらしく、僅か3カ月後の1993年2月に再放送されているのですが、その際には本作品の直後に、やはり漫画原作の「オズ」(OZ)が放送されており、NHKの番組編成上の工夫が窺われます。

さて、本作品はまず、現代日本の高校の放課後を舞台として、音楽教師の「裕子先生」と、その先輩である「勤先輩」の会話からスタートします。
このふたりの役名、よくみると「裕子先生」は主役のエリーザを演じる土居裕子さんから、そして「勤先輩」はサリエリを演じる磯部勤さんから取っているんですね。
細かいお遊びです。
そして、すぐに舞台は18世紀末のオーストリアに変わり、主にエリーザがウォルフガングになり、ウィーンで作曲家として活躍していく様が描かれます。
時々、舞台は現代日本に戻り、裕子と勤が「マドモアゼル・モーツァルト」について感想や今後の展開を予想しながら進んでいき、最後は劇中劇である「マドモアゼル・モーツァルト」と、現代の裕子・勤の物語が結びついてエンディングを迎えます。
予想通りと言えば予想通りですが、なかなか良くできた構成でした。

なお、劇中のモーツァルトは陽気で気まぐれな天才として描かれていますし、終盤で意外と重要な役になるシカネーダなど、世慣れた陽気な人物も登場します。
また、ミュージカル調でいきなり歌が挟まる構成はどこかユーモラスでもあるので、基本的には明るい雰囲気の作品なのですが、描かれている人間関係は意外とドロドロとしています。
磯部勤さんが演じるサリエリのモーツァルトに対する二律背反する思いや、福島桂子さん演じる妻・コンスタンツェの懊悩。
特に序盤に浮かれ気味だったコンスタンツェが、段々憔悴していく様子は妙にリアルです。
また、映画アマデウスで一躍有名になった「モーツァルト毒殺説」も大きく取り上げられており、終盤は結構ハードな展開です。
でも、結末は決してダークなものではなく、気持ちの良い作品でした。
考えてみると、この作品、いわゆる「悪人」はひとりも登場していない気がします。
もちろん原作が元々そういう作品だということが大きいと思いますが、作品チョイスを含めて、脚色:内田史子さん、演出:斎明寺以玖子さんという青春アドベンチャーでは珍しい女性コンビの作品であることが影響しているのかも知れませんね(偏見かな?ご不快になられた方にはご容赦を)。






★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad