青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ゼンダ城の虜~完結編~ヘンツォ伯爵 原作:アンソニー・ホープ(青春アドベンチャー)

作品:ゼンダ城の虜~完結編~ヘンツォ伯爵
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:活劇
初出:2010年11月22日~12月3日(10回)
原作:アンソニー・ホープ
脚色:花房朋香
演出:江澤俊彦

ルリタニア王国の戴冠式を巡る事件から3年。
イギリス貴族ルドルフ・ラッセンディルを愛してしまったフラビア姫は、遠く離れたルドルフへの思いを心に秘め、ルリタニア王と愛のない生活を続けていた。
しかし、その生活に耐えきれなくなったフラビアは、一度だけと心に決めてルドルフに愛の手紙を書く.
そして、その手紙はルドルフの手に届く前に、陰謀家達の生き残りであるルパート・ヘンツォ伯爵の手に渡ってしまうのだった。
事の次第を知ったルドルフは、フラビアの窮地を救うために再びルリタニア王国へと向かうのだが...

―――――――――――――――――――

原作は、イギリスの作家アンソニー・ホープが19世紀末に発表した「ゼンダ城の虜」の続編です。
青春アドベンチャーでは、2008年に前作の「ゼンダ城の虜」がラジオドラマ化されたのに続いて、2010年に本作品「ゼンダ城の虜~完結編~ヘンツォ伯爵」がラジオドラマ化されました。
基本的に同一のスタッフで制作されていますが、脚色が棚瀬美幸さんから花房朋香さんに変わっています。
これに伴ってかどうか分かりませんが、前作は主人公ルドルフによる一人称のナレーションであった(当然ナレーターはルドルフ役の蟹江一平さん)のに対して、本作品では専属のナレーター(高橋和也さん)が立てられて三人称でナレーションする形式に変更されています。

一方、キャストは、主人公ルドルフ(と王様)役の蟹江一平さん、ヒロイン・フラビア女王(結婚したので「姫」から「女王」に変更)役の黒川芽以さんは、当然ながら前作と変更なし。
ルドルフについては、蟹江一平さんが前作と違って語りをしておらず心情が分かりづらいからか、前作より少し暗めの性格になった印象を受けました。
ただ考えてみると、何ら後ろめたいことのなかった前作冒頭のルドルフとは違い、本作開始時点のルドルフはフラビアとの関係に特別な思いをもっているわけで、敢えてそういう風に演じているのかも知れません。
また、フラビア役の黒川さんの演技は、最初は、相変わらずあまり作品世界にフィットしていない印象も受けました。
しかし、聴いているうちに、黒川さんのちょっと堅めの台詞回し自体が、このラジオドラマにおけるフラビアの味なのではないかという気もしてきました。

また、今回のラスボス役であるヘンツォ伯爵ことルパート役の内田健介さんも引き続き登場。
例によって「おいしいコーヒーのいれ方」のショーリとは全く違う、荒んだ嫌らしい雰囲気のルパートをいい感じに演じています。
前回の陰謀の原因がミヒャエル大公の野心であり政略的な側面があったのに対して、今回の事件の原因はルパートの個人的な欲望又は怨恨であることが、本作品がよりウェットなストーリーになっている一因だと思います。

さらに、前作から引き続きルドルフの味方となるサプト大佐役の有川博さんとフリッツ伯爵役の住田隆さんの、おじさんコンビも健在です。
本作品の冒頭でフリッツは大失態を演じてしまうのですが、本作品ではフリッツに限らず、今回有力な味方となるベルネンシュタイン(演:増田裕生さん)も大きな失敗をしています。
また、フラビア女王も勝手に居場所を変えるし、挙げ句の果てには頼りのサプト大佐までルドルフの運命に関する重大な決断を勝手にしてしまい、本作でのルドルフは味方に足を引っ張られている感じです。
そのサプト大佐の行動により(正確にはサプト大佐に限らず味方全員の希望により)、物語の終盤でルドルフは重大な決断を迫られます。
それについてルドルフがどのような決断を下すのか。
結末は、ちょっとずるい感じも受けるのですが、まあ、これしかないよな、という結末でもあります。
未聴の方はお楽しみに。

本作品のストーリーは、構成が分かりやすく素直な冒険物語であった前作品と比較すると、少し複雑でまどろっこしい感じを受けます。
また、ナレーションの高橋和也さん(「赤と黒」、「家守綺譚」や「ラジオ・キラー」に出演)の声はとても落ち着いていて聴きやすいのですが、個人的には専門のナレーターを多用する構成もあまり好きではありません。
でも、ラスボスとの対決など事件の主要な部分は第9話までで終わり、最後の1話をルドルフの結末だけに使う構成は、合計20回の及ぶこのシリーズの締めくくりとして相応しいものだったと思います。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ゼンダ城の虜 原作:アンソニー・ホープ(青春アドベンチャー)

作品:ゼンダ城の虜
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:活劇
初出:2008年3月17日~3月28日(10回)
原作:アンソニー・ホープ
脚色:棚瀬美幸
演出:江澤俊彦

19世紀末。
イギリス貴族のルドルフ・ラッセンディルは、新国王の戴冠式を見物するために、中央ヨーロッパの小国ルリタニアへと向かった。
実はルドルフには、わずかではあるが、ルリタニア王族の血が流れている。
しかし、今回の訪問は血縁関係とは関係なく純粋な興味によるものである。
ルドルフにしてみれば宮仕え前の最後の自由な一時を楽しむための旅でしかなかったのだ。
だが、ルリタニアに入り、ひょんなキッカケでルリタニアの新王と対面したルドルフは驚倒した。
ルリタニアの新王はルドルフと瓜二つだったのだ。
これにより、単なる観光旅行であったはずのルドルフの旅は、陰謀あり、活劇あり、恋ありの、一大冒険へと一変してしまうのだった。

―――――――――――――――――――

本作品「ゼンダ城の虜」の原作はイギリスの作家アンソニー・ホープの傑作冒険小説で、19世紀末に出版されたものです。
青春アドベンチャーでは2008年にラジオドラマ化され、2010年には続編の「ヘンツォ伯爵」も同様にラジオドラマ化されました。
物語の舞台となるのは中央ヨーロッパの架空の王国ルリタニア。
この現実と地続きの、でも現実には存在しない架空の王国を舞台とするジャンルの作品は、欧米では「ルリタニア・ロマンス」と呼ばれています。
また、青春アドベンチャーで多くの作品が取り上げられている日本の作家・田中芳樹さんは「ルリタニア・テーマ」とも呼んでいるようです。
このジャンルの作品は、例えば上記の田中芳樹さん自らが「アプフェルラント物語」を書いていますし、有名なルパン三世劇場映画第2作「ルパン三世・カリオストロの城」もこの線に沿った作品です。
「カリオストロの城」については、当時、「元ネタ」としてこの「ゼンダ城の虜」を取りあげている評論も読んだ覚えがあります。
確かに、「管を通ってお城に入る」、「お姫様を残して去っていく」など似たような要素もあり、ちょっとニヤッとしながら聴いてしまいました。
そういえば、青春アドベンチャーで2012年に放送された葉室麟さん原作の「蜩ノ記」も、豊後にある架空の小藩を舞台としています。
改めて考えると、大上段に「ルリタニア・テーマ」などと構えなくても時代小説では割と良くある設定手法だと思います。

さて、期せずしてルリタニアの王位継承争いに係わることになってしまったルドルフ。
新王に瓜二つであることから、王の側近であるヘプト大佐とフリッツ伯爵に請われて、王の身代わりを務めることになります。
前半は身代わりになったルドルフを巡って様々な駆け引きが展開されますが、後半はいよいよゼンダ城を舞台にしたアクション!
敵の黒幕は王弟のミヒャエル大公ですが、それ以上に曲者なのはルパートこと、ルパート・ヘンツォ、そう続編のタイトルにはもなっているヘンツォ伯爵その人です。
中盤に登場した時はそれほど重要人物には見えないルパートですが、終盤はかなり物語をかき回してくれます。
具体的にどうなるかは聴いてのお楽しみにしましょう。


出演は、主役のルドルフと国王の二役を俳優の蟹江一平さんが演じています。
青春アドベンチャーでは「なぞタクシーにのって...」にも出演されていました。
また、ヒロインのフラビア姫は女優の黒川芽以さん。
青春アドベンチャーでは「僕たちの戦争」や「珊瑚の島の夢」にもご出演されており、いずれも主役又はヒロインの役です。
個人的な感想ですが、本作品の少し時代がかった台詞に少し苦戦されているように感じられ、どちらかというと、現代劇である「僕たちの戦争」や「珊瑚の島の夢」の方が生き生きと演じられていた印象があります。
その他、歌手の岩崎良美さん(アントワネット役)、おいしいコーヒーのいれ方シリーズでファンにはお馴染みの内田健介さん(ルパート役)、青春アドベンチャーの名バイプレーヤーである有川博さん(サプト大佐役)、関貴昭さん(ミヒャエル役)など、充実した出演陣です。
特に内田さんは、おいしいコーヒーのいれ方で演じる純朴な青年ショーリとは全く違った演技で聴き応えがありました。

しかし、全体的に、特に前半は、聴いていて何となくちぐはぐな感じを受けました。
長い物語を無理矢理圧縮しているためか、展開が唐突で、登場人物達の感情表現にも今一つ共感できません。
これに輪をかけているのが、大仰で、やや文語調(又は翻訳調)の台詞。
大変失礼ながら、スタッフもキャストも、この時代がかった展開と台詞にジャストフィットできておらず、少しもてあましているような印象を受けました。
しかし、さすがに終盤はアクション中心のスピーディーな展開であり、楽しく聴くことができる冒険物語になっていると思います。

なお、冒頭に書いたように、本作品は単独で完結したストーリーではありますが、続編もあります。
続編の記事はこちらです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad