青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

光の島 原作:尾瀬あきら(青春アドベンチャー)

作品:光の島
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:少年
初出:2003年7月21日~8月1日(全10回)
原作:尾瀬あきら
原案:森口豁(かつ)「子乞い 沖縄 孤島の歳月」
脚色:原田裕文
演出:松本順、真銅健嗣
主演:上村祐翔

照屋光(てるや・ひかる)は東京に住む海が大好きな男の子。
小学校への入学を間近に控えた光のもとに、ある日、唄美島(うたみじま)に住む伯父の洋平が尋ねてきた。
父の故郷でもある唄美島は、沖縄本島の南、八重山諸島の西表島からさらに南にある南国の孤島で、近年、急速に過疎化が進んだ結果、島の人口は40人しかいない。
しかも、島でたった一人の小学生が転校することになり、島の小学校は廃校の危機にあった。
光のもとを訪れた洋平は海の大好きな光に唄美島への移住を熱心に誘う。
もちろん光の両親は大反対したが、最終的には子供を「島の宝」として待ち望む島の人々の強い思いと、なにより光自身の希望を受け入れて、唄美島に渡ることを認める。
青い海と島の独特の文化、温かい島の大人達、そしてたった一人のクラスメートとともに過ごす光の唄美島での日々が始まった。

------------------

漫画家・尾瀬あきらさんの原作のラジオドラマです。
尾瀬あきらさんに関しては、この「光の島」を紹介する前に「青春アドベンチャー化して欲しい作品」として「とべ!人類」の紹介をしています。
その記事で尾瀬さんの作品傾向などは既に紹介済みですので、そちらもご参照下さい。
今回の記事では、順序が逆になった気もしますが、改めて既に青春アドベンチャー化している、この「光の島」を紹介します。

さて、上記の粗筋のとおり、本作品は小学1年生の少年が主人公であり、特別な大冒険に巻き込まれるようなストーリーでもありません。
小学生が主人公の青春アドベンチャーの作品としては2013年放送の「」があります(そういえばタイトルも似ていますね)。
」も少しだけ昔の日本の田舎を舞台にした日常生活を描く作品でしたが、終盤にある事件が発生するなど、小学生なりの大冒険が繰り広げられます。
しかし、本作品は離島への移住という点を除けば本当に日常の物語だけの内容です。
まさに「青春」でも「アドベンチャー」でもない作品であり、素直に見てNHK-FMのもうひとつのラジオドラマ枠であるFMシアターこそが向いている作品です。
ただ、青春アドベンチャーが取り上げる作品ジャンルは多彩であり、中にはこのようなものもあっても良いと思います。
とはいえ、このような作品ばかりになってしまうと私の趣味・趣向からはちょっと困るのも確かではあります(私の趣味に合わないにも関わらず、意外と気に入ったその他の作品はこちら)。

さて、本作品の内容は、NHKらしい、また尾瀬さんらしい、メッセージ性の強いものです。
孤島の村の過疎化と地域文化の継承の危機、都会暮らしと田舎暮らしのどちらが幸せなのか、といった問題が作品のバックボーンにあります。
しかし、この記事を書くにあたって調べてみると、本ラジオドラマは主に原作全8巻のうちの3巻までの部分から構成されており、原作でも社会派の色が濃くなるのは4巻以降らしく、本作品はその色は薄いようです(ちなみに本ラジオドラマ放送時点での最新刊は5巻でした)。
このラジオドラマ版ではどちらかというと、光を島に呼ばざるをえなくなった大人達の葛藤と、島での光の成長を通して、家族との絆や島の人たちとの絆を描いており、素直でちょっとセンチメンタルなストーリーになっています。
物語の最後には、たっぷり時間を使って27歳になった約20年後の光の様子を描いており、作品を感動的にまとめ上げる良いエピローグになっています。
原作を確認していないのですが、このラジオドラマの制作時期を考えると、このエンディングはラジオドラマ版のオリジナルなのではないかと思います。
やはり物語のエンディングは読後(視聴後)感へ大きな影響を与えますね。

ただし、聴いていてどうしても気になったのが、光の周りの大人達の考え方、やり方。
洋平は結局、小学校を存続させることが出来れば島に連れてくる子供は誰でも良かったわけです。
それは洋平の言動を見れば一目瞭然で、島を守るという発言ばかりで、光の幸せのためにどうしたらよいかという発言が全くありません。
これは洋平だけではなく島の大人はすべてそういう描かれ方をしています。
本作品では、光自身も島に行くことを望んでいますし、結果として、島での生活が光の一生を豊かにしたことは間違いありませんが、それは結果論。
もちろん、洋平なりに甥っ子の光のことを気に掛けてはいるのですが、それ以上に島の存続が大事で、それを恬淡として恥じるところがありません。
終盤で、大人達の思惑が絡み合った結果として、光が精神的に追い詰められてしまう場面がありますが、その状況をつくった原因は大人達にあるハズなのに、その大人達が悲しくなってみんなで泣いちゃうのってどうなんだろうと思います。
特に、本作品では登場する子供達がこれがまた素直ないい子ばかりで、大人達の身勝手っぷりが際だってしまいます。
これはもう価値観の違いとしかいえないのかも知れませんが、都会暮らしに染まってしまって地域共同体への帰属意識が薄い私としてはどうしても違和感を禁じ得ませんでした。
ちなみにこの件について考えていたときにふと思いついたのは、有名なテレビドラマの「北の国から」。
名作ドラマですが、個人的には「我が儘な中年男に従って北海道に移住させられ苦しい生活を余儀なくされる子供達」が気の毒に見えて仕方がありませんでした。
それに比べると本作品の大人達の行動は感情的には共感しかねる部分があるものの、理性的にはある程度、理解はできますし、「北の国から」と違って?光が幸せだったのも確かだと思います。

本作品のスタッフは脚色が原田裕文さん、演出が松本順さんと真銅健嗣さん。
冒頭に書いたように本ラジオドラマは原作の一部をクローズアップして作った作品です。
以前、別の記事で「じんのひろあき」さんの脚本(「北壁の死闘」など)に関連して書いたように、集中して聴いていないと聞き逃してしまうというラジオドラマの特性を考えると、ラジオドラマの脚本は詰め込みすぎないことがとても大切だと考えます。
原作の3巻までに集中(この時点ではここまでだった?)したうえで、そこまでの間の物語についても原作の登場人物、エピソードなどをかなり切り捨てているようです。
このような思い切った構成を取ったことによってこの作品は成功していると思います。
脚本の原田さんは青春アドベンチャーでは4作品程度しか担当していないのですが、上記で比較した「」も原田さんの脚色でなかなか好感のもてる展開した。
演出も、ベテランの松本さんと多くの癖のある作品を担当している真銅さんで万全の体制。
その他、効果音や音楽もとても効果的です。
第41回ギャラクシー賞(※)の優秀賞受賞というのも納得です。
エンターテイメント性が高い青春アドベンチャーの番組がギャラクシー賞を受賞するのは異例で、他には第36回の「少年漂流伝」(優秀賞)、第34回の「イッセー尾形のたゆたう人々」(奨励賞)くらいでしょうか(ちゃんと調べてないので漏れがあるかも知れません)。

(※)放送批評懇談会からテレビ・ラジオに関連した番組・個人・団体に与えられる賞ででwikipediaによれば「事実上、日本国内のテレビ番組作りの最高の栄誉」とのこと。

出演は主役の光役は劇団ひまわり所属の上村祐翔さん。
放送当時は9歳でしたので、実際の光(6歳)より少しだけ年上でした。
ちなみに上村さんはこの作品の10年後の20歳の時に別の青春アドベンチャー作品である「僕たちの宇宙船」でも主演されています。
また、光の島でのただ一人のクラスメートになる小学二年生のヒロイン?大浜由美役の三村ゆうなさんも放送時点で13歳でした。
NHKらしくプロの女性声優を使うのではなく、役の実際の年齢に近い子役を使った配役です。
ちなみに三村さんは本作の約4年後に青春アドベンチャーの別作品「一瞬の風になれ」にも出演されており、こちらでは高校生(16歳)の役を演じています。
子供の成長は早いものです。
その他、光の両親を演じる新納敏正(にいろうとしまさ)さんと「きゃんひとみ」さん、光の伯父で島での親代わりの洋平を演じる藤木勇人さんなど主要キャストが沖縄出身者で固められています。
本気で沖縄言葉や島言葉で話されたら、我々ヤマトンチュ(大和人)には意味が通じないと思うので、手加減しながらの演技だとは思うのですが、さすがに本場の人が話すと雰囲気が出ます。
ちなみに光の両親及び伯父夫婦の4人の中で、伯母役の吉村実子さんだけが沖縄出身ではないのですが、違和感を感じさせないのはさすがベテラン女優といったところでしょう。
そして、本作の語りであり、かつ27歳になった光を演じるのは中島陽典さん。
この人、1960年生まれ?本当?
落ち着いた声ではありますが、十分20台の声でした。びっくり。

なお、この作品、ノンフェクションである「子乞い 沖縄 孤島の歳月」が原案とされています。
同じ作品を原作としてつくられたテレビドラマが「瑠璃の島」(日本テレビ系列、2005年)です。
私は見ていないのですが、成海璃子さん、竹野内豊さん、緒方拳さんなどが出演していたドラマだったようです。
同じ原案から出発した両作品ですが、それぞれ違うアレンジがなされ、特に「光の島」はラジオドラマ化で再度アレンジがなされているため、ラジオドラマとテレビドラマはかなり雰囲気が違っているようです。
機会があればテレビドラマも見てみたいものです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

神々の山嶺 原作:夢枕獏(青春アドベンチャー/FMシアター)

作品:神々の山嶺
番組:青春アドベンチャー・FMシアター(特集オーディオドラマ)
格付:AA-
分類:冒険(山岳海洋)
初出:1998年4月29日~5月2日(全4回)
原作:夢枕獏
脚色:高谷信之
演出:江澤俊彦
主演:永島敏行

チベットではサガルマータ、ネパールではチョモランマ、そして英語名はエベレスト。
1993年6月、この神々の名前を持つ山の頂を目指した日本の登山隊を待っていたのは、2名の死者をだしたうえので敗退という最悪の結果であった。
登山隊に参加したカメラマン深町誠は、失意の中、それでも支払わなければならない登山の借金の返済のため、カトマンズに残って写真を撮り続けていた。
そして現地人の店先で売られていた、ある古いカメラに気がつく。
それは1924年に、初のエベレスト登頂を目指して帰らなかった名登山家ジョージ・マロリーが、エベレストに持って行ったものと同形式のカメラであった。
それが本物のマロリーのカメラであれば、エベレスト登山史上最大の謎 -マロリーはエベレスト初登頂に成功していたのか- が判明するかもしれない。
興奮してカメラを持ち帰った深町だが、彼の目の前に羽生丈二(はぶ・じょうじ)が現れることによってミステリーは一層深まっていく。
羽生丈二。
かつて日本のトップクライマーでありながら日本山岳界から忽然と姿を消した異端の登山家。
マロリーはエベレストに登頂していたのか、そして、羽生丈二はこのカメラとどういう関係があるのか。
ふたつのミステリーを追う深町の旅が始まった。

―――――――――――――――――――

夢枕獏さん原作の山岳ミステリーを原作とするラジオドラマです。
夢枕さんといえば伝奇小説や格闘小説などのケレンミのある娯楽小説で有名です。
でも、作家になる前に山小屋で働いていた経験もあるそうで、本格的な山岳冒険小説を書くのもごく自然な流れです。
この「神々の山嶺(いただき)」の原作は、近年の山岳小説の傑作として知られており、写実的な作風で有名な谷口ジローさんの画で漫画化もされています。
さて、青春アドベンチャー系の番組で、クライミングや登山が重要な要素となる作品としては、既に「脱獄山脈」、「北壁の死闘」、「垂直の記憶」を紹介済みです。
そのほか、ふたりの部屋時代には「ザイルのふたり」なんて作品もあったようですが、残念ながら、私は聴いたことがありませんし、今となっては聴くことはほとんど不可能に近いと思います。
一方、ラジオドラマ以外のジャンルをみると、まず小説の世界では、本作の原作のほか、古典とも言える井上靖さんの「氷壁」、谷甲州さんの「遙かなり神々の座」、新田次郎さんの「孤高の人」、真保裕一さんの「ホワイト・アウト」など、ちょっと記憶を辿っただけでも多くの名作が思い出されます。
また、漫画についても、最近完結した作品だけを見ても、時代設定を大胆に現在に移した坂本眞一さんの「孤高の人」や、毎回のように人が死ぬのに荒んだ雰囲気がまったくない石塚真一さんの「岳 みんなの山」など、多くの良作が生み出されています。

「垂直の記憶」の記事でも書きましたが、私は全くクライミングの経験がなく、そもそもそんな根性は持ち合わせていないのですが、どういう訳かこのジャンルの作品を鑑賞するのは大好きです。
上に書いたものはどの作品も、胸が熱くなる良作だと思います。
山岳冒険ものを未体験の皆様、是非、聴いてみて(読んでみて)下さい。

さて、本作品は、冒頭で紹介したふたつのミステリーを解き明かすために、深町が日本とネパールを旅することにより進んでいきます。
途中、回想シーンなどで登山のシーンが挟まりますが、本格的な登山シーンは、第4回の放送を待たなくてはいけません。
深町が、そして羽生が、どのような冒険に臨むのか、全てを超えた二人がどこに辿り着くのか、それは聴いてのお楽しみと言うことにしましょう。
ただ、本作品は羽生の変質的なまでの山への情熱(そこに山があるからではない、オレがここにいるからだ!)と、極限状態で精神的に追い詰められていく様子が、やや原作より弱いと感じました。
羽生の山での精神状態は最後のメモでは描かれていますが、それ以前のシーンでは今ひとつです。
もう少し江守さんの変質的な演技で独白するようなシーンが多くても良かった気がします。
とはいえ、この辺はラジオドラマとしてのボリューム上の限界もあると思いし、それほど大きなマイナスではありませんでした。
また、ちょっと残念なのは物語のラスト。
実は、本作品が放送された翌年、何と現実世界においてマロリーの遺体が発見されました(ただしカメラは見つからず)。
それを受けて、原作の文庫版では現実と整合するようにほんの少しだけラストが変更されています。
また漫画版はラストにやや長めのおまけがついたようです。
本作品のラストも良いのですが、その後まで描いている漫画版のラストもなかなかのようです(後日読みました。追記をご参照ください)。
本作品の放送タイミングからはあり得ないのですが、漫画版のラストのバージョンも聴きたいなあと思います。


本作品の出演は、主役の深町役が永島敏行さん、そして羽生役が江守徹さんです。
永島敏行さんと江守徹さんですよ!
NHKのこの作品に対する気合いが窺えます。
槍ヶ岳、北岳、富士山等に登山経験のある野村真美さんがヒロインの岸涼子を演じているのも意図的なのかも知れません。
また、気合いと言えばこの作品は放送形態も独特でした。
本作品は「特集オーディオドラマ」と銘打って放送されています。
このような名称が付く場合、通常、本来FMシアターが放送される土曜日の枠を使って(多くの場合は時間を拡大して)放送されるのですが、本作品はそうではありません。
水曜日から土曜日の4日間連続で各40分で放送されているのです。
主として平日の夜に帯ドラマとして放送されている点からいえば、青春アドベンチャーの変形とも考えられます。
実際、実質的に帯ドラマでありながら通常放送用の番組名を使用しなかった作品(「いつか猫になる日まで」や「サラマンダー殲滅」)もたくさんありますし、なかには「アルジャーノンに花束を」のように30分枠で放送された作品もあります。
では青春アドベンチャー系の特番かというとそうでもありません。
実は、本作品が放送されている期間中、青春アドベンチャーもFMシアターを休止されず、並行して放送されていたのです。
4月29日から5月1日の3日間は青春アドベンチャーの「天使のリール」が、5月2日はFMシアターの「野原の小道」が通常どおり放送され、その後の時間帯である23時15分から別にこの作品が放送されていたのです。
今となってはなかなか考えられない充実したラジオドラマの放送ラインナップです。
当時が羨ましいです。


本作品のスタッフは、脚色が高谷信之さんで、演出が江澤俊彦さんです。
高谷さんと言えば「摩天楼の身代金」、「長く孤独な狙撃」、「サラマンダー殲滅」等のハード作品が多い印象です。
江澤さんも「最後の惑星」、「着陸拒否」、「鬼の橋」、「魔術師」などハードな作品が多いイメージがあります。
本作品はそのお二人が組むに相応しい作品ではありますが、実はもうひと作品、このお二人が組んだ作品を見つけてしまいました。
これが何と花井愛子さんの「夢の旅」。
花井愛子さんと言えばティーンエイジャーの少女向けの小説で有名な方であり、「夢の旅」も、かなりあま―いお話しでった記憶があります。
意外ですね。

さてさて、イモトアヤコさんのマナスル登頂プロジェクトにかこつけて、登山系の作品を2作品連続で紹介しました。
何はともあれ、イモトさんには無事に帰ってきて欲しいものです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad