青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

あでやかな落日 原作:逢坂剛(青春アドベンチャー)

作品:あでやかな落日
番組:青春アドベンチャー
格付:AA
分類:活劇
初出:2006年5月22日~6月02日(全10回)
原作:逢坂剛
脚色:ふたくちつよし
演出:小林武
主演:磯部勉

何でも屋「現代調査研究所」を主宰する中年男・岡坂は、ある日、ふとしたきっかけで無名の天才ギターリスト・香華(こうげ)ハルナを知る。
その直後、大手広告代理店・セントラル広告の佐竹部長から、大手電機メーカー「アウロラ電機」が新製品のキャンペーンガールを捜していることを聞いた岡坂は、ハルナをそのキャンペーンガールに推薦する。
アウロラ電機の担当者・岸岡美帆子も乗り気で、順調に進むかと思えたその矢先、極秘であるはずの新製品のキャンペーン情報が業界紙にすっぱ抜かれる。
情報漏洩の疑いを掛けられた岡坂は、事の真相を調べるために動き始めるが...

―――――――――――――――――――

逢坂剛さんのハードボイルド小説を原作としたラジオドラマです。
それにしてもこのラジオドラマは一体どういう背景があった存在し得たのでしょうか。
80年代、番組がまだ「アドベンチャーロード」と呼ばれていた時代(番組名の変遷についてはこちらの記事をご覧下さい)ならいざ知らず、対象年齢の低年齢化が著しい近年の青春アドベンチャーの中では明らかに異色な作品チョイス。
青春アドベンチャーでパッと思いつくハードボイルド作品は「新宿鮫・氷舞」や「レディ・スティンガー」くらいでしょうか。
いや、アドベンチャーロード時代ですらコテコテのハードボイルドはそんなに多くありません。
私が聴いたことがあるものでは、「サテンのマーメイド」(島田荘司さん原作)や「檻」(北方謙三さん原作)、「夜のオデッセイア」(船戸与一さん原作)くらいです。
作品一覧を見ると他にも何作かありそうですが。
同じ逢坂作品としては「カディスの赤い星」もありましたね。
それにしても、この辺の作品、今となっては聴くことは困難です。
どこかで聴けないものですかね。

さて、それはともかく、改めてみてみると、この作品が放送された2006年の新作ラインナップが全般的に異色です。
本作品同様に「中年アドベンチャー」の趣のある「プラハの春」と「ベルリンの秋」。
青春アドベンチャーでは数少ないハードSF「太陽の簒奪者」。
クライミングを扱った名作ノンフェクションを原作とする「垂直の記憶」。
奇抜な設定と特異なキャラクター造形が強烈な印象を残す「金春屋ゴメス」。
その他にも「死神の精度」など大人向けの作品が目白押しです。
一方で、「風神秘抄」、「精霊の守り人」、おいコーシリーズ最後の3作の一挙放送(「優しい秘密」、「聞きたい言葉」、「夢のあとさき」)など、若者向けの作品も怠りない。
まるでアドベンチャーロード時代が戻ってきたかのような充実したラインナップで、私にとっては「黄金の2006年」とでも呼ぶべき素晴らしい年です。
実はこの直前の2004年と2005年は青春アドベンチャーの新作の放送数が極端に少なかった年です。
私は、2006年は番組に「てこ入れ」がなされた結果、低迷期を脱した記念の年という認識でおりました。
しかしよく見ると前で述べたように作品チョイスも独特ですし、その他にも夕方の再放送がなくなったり(これは痛い)、年末恒例だったが藤井青銅さんの1年を振り返るオリジナルドラマがなかったり(1時間の特番として放送。翌年より青春アドベンチャー枠に復活)、色々なことが起こっていたようです。
制作側が新しい路線を模索していた時期なのかも知れません。

さて、本作品の内容は広告業界を舞台としたハードボイルド風の作品です。
ビジネスがテーマの言ってみれば企業小説ですが、何と言っても逢坂作品。
例えば「海に降る」のような、若者が仕事を通じて自己実現を図るような青臭い作品ではなく、一匹狼の中年男である主人公を通して業界の内幕を描く大人向けの渋い作品です。
ハードボイルドなので一応本ブログでの分類は「活劇」にしていますが、全編がピアノの旋律で彩られ、裏取引あり、暴力あり、女ありの展開で、サスペンス的な展開が続きます。
現代東京の狭い地域、狭い世界で物語は進行します。
フィクションなのでもちろんドラマチックに脚色されているのでしょうが、逢坂さんご自身が広告代理店の出身と聴くと、何だかリアリティが増す気がします。
広告代理店出身者による業界もの、といえば喜多嶋隆さんのCFギャングシリーズ(CF愚連隊ロンリー・ランナー)も同じパターン。
また、自らもTVアニメ草創期のスタッフだった福本和也さん原作の「魔の視聴率」にも通ずるものがあります。
なお、喜多嶋さんのCFギャングシリーズが、湘南、グアム、カリフォルニアといった明るい舞台のもとでの陽性なストーリーであるのに対して、本作品はバーやライブハウスといった夜の街が舞台です。
好対照な両作品ですが、いずれも甲乙付けがたい出来です。

なお、上記ではハードボイルドと書きましたが、岡坂自身は積極的に暴力をふるうタイプではなく、崩れたような雰囲気もあまりありません。
一方、岡坂と対になる、もう一人の主役である浜西薫はヤクザ(正確には企業舎弟?)なので暴力も辞さないのですが、どこかフェアで憎めない性格になっています。
また、どういう訳か岡坂は作中の女性達にモテモテな訳ですが、大人どうしのシーンもあまり濃厚ではなく、ハードボイルドが苦手な人にも受け入れやすい作品だと思います。
それにしても岡坂さん、無防備すぎです。
一応警戒はしているようですが、秘密がばれちゃいけない時期はもうちょっと慎重に行動した方が良いと思います...


主人公の岡坂を演じるのは俳優の磯部勉さん。
声優としては洋画の吹き替えの方で有名です。
ラジオドラマでは、アドベンチャーロード時代の「さらばアフリカの女王」が印象的ですが、青春アドベンチャーになってからも多くの作品に出演されおり、最近では2011年の「魔岩伝説」に出演されています。
本作品は、主人公の独白のような形でナレーションも磯部さんが務められています。
少しナレーションが多めの脚本ですが、磯部さんの声のせいか、あまり気にならず、むしろハードボイルドっぽい雰囲気がでて良かったと思います。

また、準主役級の浜西は「謀殺の弾丸特急」の及川役も印象的な大橋吾郎さんが演じています。
少ししゃがれた渋い声の方で、荒事も平気でこなす、汚れたヤクザでありながら、どこか純情な部分がある岡坂という男を巧みに演じていると感じました。
女性陣は、ハルナ役の馬渕英俚可さんのほか、岸岡美帆子役の魏(ぎ)涼子さん、謎の女・藻塩(もしお)さぎりの麻生侑里さんも準ヒロイン級の扱い。
大人の女性3人が代わる代わる登場することが、特別なシーンがあまりあるわけではなくとも、作品が大人ぽい雰囲気になる役割を果たしています。
ちなみに、第8話では、女性陣の間で狼狽えてオタオタする磯部さんの、とてもカワイイ?演技が聞くことができます。お楽しみに。
その他、岡坂の味方(というほど頼りにならないが)のセントラル広告の佐竹部長を演じているベテランの勝部演之さんについても一言書きたいところですが、あまり長くなってもいけないので、ここは最後にもう一人だけ言及しておきます。
皆さんご存知の有名俳優の綿引勝彦さん。
本作品ではアウロラ電機の阿藤宣伝部長という役回りで出演されています。
いかにもぴったりの役で、私の頭の中では綿引さんの顔で映像が再生されています。
綿引さんは「闘う女。」にも出演されています。


スタッフは脚色がふたくちつよしさんで、演出が小林武さんです。
このスタッフも特殊なお二人で、まず、ふたくちさんについては青春アドベンチャーではこの1作しかご担当されていないようです。
様々な劇団に脚本を書いているベテランの脚本家さんのようですが、どういう経緯があってこの1作だけ青春アドベンチャーの担当をされたのでしょうか。
そして小林さんも青春アドベンチャーで5作品しか担当されていない演出家さんです。
本作品と同じ2006年に放送された「プラハの春」・「ベルリンの秋」の他、「不思議屋不動産」と「闘う女。」。
とても個性的な作品群です。
以下のブログによれば2009年6月にNHK本体を退職されているそうです。
小林さんのお名前で検索すると「利家とまつ」や「毛利元就」などの大河ドラマがでてきますので、主にTVドラマの演出を担当されていた方なのかも知れません。

http://mishibach.exblog.jp/11410252(外部リンク)

最後にスタッフ紹介の仕方なのですが、もちろん原作者・脚本家は毎回名前が出るのですが、それ以外のスタッフは第1週の最後(第5話の最後)と最終話の最後しか紹介されません。
最近の青春アドベンチャーでは毎回スタッフ紹介をするのが通例ですが、少し昔にはこのようなスタイルが普通でした。
更に遡って「ふたりの部屋」の頃などは、結局、番組中で1回もスタッフ紹介がない作品もありました(例えば「グリーン・レクイエム」)。
昔のように控えめの方が良かったというつもりはないのですが、この作品、なぜかこの辺もちょっと昔っぽいつくりです。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

オペレーション太陽(ソル) 原作:小池潤(青春アドベンチャー)

作品:オペレーション太陽(ソル)
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:SF(日本)
初出:1998年4月13日~4月24日(10回)
原作:小池潤
脚色:富永智紀
演出:保科義久

飛行船・太陽号。
全長250m、太陽光により動力を得て地磁気を利用して推進するその巨大飛行船は、大勢の見物人に見守られて、世界平和をアピールする世界一周旅行に旅立った。
ふとした偶然から太陽号に乗りあわせた少年・時夫は、乗組員の一員としてフライトに同行することとなる。
しかし太陽号のフライトには「オペレーション・ソル」と呼ばれている真の計画が隠されていた。
「オペレーション・ソル」を実施しようとする飛行船の人々とそれを力尽くでも阻止しようとする人々の戦いが始まった。

―――――――――――――――――――

小池潤さんの小説を原作とするラジオドラマです。
原作は1994年に理論社の「ファンタジーの冒険」というシリーズから発刊されており、一応、児童文学の範疇に入る作品だと思います。
1994年というとアスキー・メディアワークスが電撃文庫を創刊してから1年後の時期であり、いわゆるライトノベルの草創期にあたります。
本作品も、少年が主人公であること、SF的な要素が意外と濃厚であること、後半に結構激しい戦闘シーンがあるなど、ライトノベル的な要素もあります。
特に中盤、ラヴェルの名曲・ボレロに乗せて、いってみれば「精神攻撃」を仕掛けるシーンはなかなかの迫力です。
しかし、ライトノベルというには、いかんせんテーマが真面目(説教臭いともいいますが)過ぎます。
また、帰国子女で日本の学校に馴染めずにいた時夫が、最後には自ら行動を起こすようなっていく、という本作品の顛末は、児童文学の王道ストーリーだと思います

さて、本作品の内容についてですが、どうしても気になったのが、やはり「オペレーション・ソル」の扱い。
「オペレーション・ソル」を実行しようとする主人公側の人たちに対して、作中でも「ファシスト」や「テロリスト」などの指摘があるのですが、やっぱりあれって立派にテロ行為ではないでしょうかね。
もちろん、戦争を自分達の欲望を達成するための手段として利用しようとしている敵対組織側の論理は論外だと思いますし、作中で語られている飛行船の人たちの動機も最もだと思います。
しかし、目の前の平和を長引かせるための地道な努力を放棄して、短絡的に人に恐怖感を与えることによって自らの意思を強制するという行為は、例えそれが物理的な暴力でなかったとしても、立派なテロ行為だと思います。
テロ行為は問題解決のための地道な努力を投げ捨てるということであり、結局、投げたらいかん、ということにつきるのだと思うのですよ。
そういえば昔、近鉄の鈴木啓示投手がACのTV広告(いじめ問題でしたでしょうか)で、「投げたらアカン!」って言っていましたね。
それを見るたび「貴方は投げるのが仕事でしょう!」と子供心に突っ込んでいたのを思い出しました。
...訳の分からない話になってしまったので、ちょっとだけ話を戻しますと、実は作中でも堀博士は自分の矛盾に気がついており、内心、忸怩たる思い持ちながら計画を実行したのではないかと感じます。
つまり作者自身もわかっていながら児童文学という性格上、あくまで単純化した正義を示したのではないかと感じました。
ちなみに、青春アドベンチャー系の作品で、過激な環境保護団体が登場する作品としては他に「遠い海から来たCOO」や「氷山の南」があります。
彼らの主張の当否は聴いた方がそれぞれ判断することだと思いますが、個人的には何となく胡散臭さを感じざるを得ません。

さて話しは変わりまして、本作の出演陣についてです。
主役の少年・時夫役を演じるのは西翔平さん...なのですが、この方がどんな方か今ひとつわかりません。
俳優(当時は子役?)の方のようなのですが...
青春アドベンチャーでは子供の役は、女性の声優さんではなく実際に子供である俳優さん(子役)が演じることが多いのです。
しかし、子役で有名な方は限られているので、その後、その子役さんが俳優としてよほど大成しないと、どのような方なのか、さっぱりわからなくなってしまいます。
以前紹介した作品だと「ミヨリの森」もそんな感じでした。

その他、本作品の出演者で特筆すべきは日下(くさか)武史さん(堀博士役)と矢島正明さん(ナレーション)の大ベテランコンビでしょう。
実質的な主人公である堀博士役を演じる日下さんは1931年生まれで、劇団四季の創設者の一人である俳優さん。
洋画吹き替えの声優やナレーションでも有名で、「アマデウス」のサリオリの吹き替えが有名なようです。
ちなみに青春アドベンチャーでサリオリといえば、「マドモアゼル・モーツァルト」の磯部勉さん。こちらもなかなかでした。

一方の矢島正明さんは1932年生まれで、専業声優の草分けのような方です。
やはり洋画の吹き替えやナレーションで活躍された方です。
ちなみに2013年現在、日下さんも矢島さんもご存命のようです。
矢島さんの吹き替えでは「スタートレック」のカーク船長が有名ですが、一般的にはクイズタイムショックの出題担当、といった方がわかりやすいでしょうか。
何とタイムショックの出題担当を40年以上続けていらっしゃいます。
あくまで記憶のある範囲なのですが、声が全然、劣化していない気がします。凄い。
しかし個人的に矢島さんの声で一番印象的なのは、何と言っても「木曜スペシャル・矢追純一UFOシリーズ」のナレーション!
当時を覚えておいでの方なら言うまでもないことですが、流行ったんですよ、矢追純一。
毎回、「今回こそ衝撃の真実が分かった!」という勢いで番組はスタートするのですが、引っ張って引っ張った末に、最後はいつも「~なのかもしれない」という曖昧な結論で終わるというのが、黄金のマンネリパターンでした。
幼いながらちょっと胡散臭く思ってはいましたが、それでも子供心にすり込まれた印象は強烈で、今でも「米軍は実は墜落したUFOをどこかに隠しているのではないか」と心のどこかで思っているような気がします。
少なくとも「ロズウェル事件」とか「マジェスティック12(トゥエルブ)」とかの胡散臭い用語は一生忘れないでしょう。
その記憶があるからこそ石垣ゆうきさんの漫画「MMRマガジンミステリー調査班」なども楽しめたのだと思います。
そういえば青春アドベンチャーでも「ロズウェルなんか知らない」という作品がありましたね。
この作品の原作者の篠田さんも矢追純一UFOシリーズに頭をやられてしまった世代なのでしょうか。
公共の電波や雑誌でUFOのようなインチキ番組をやるな、という意見もあるでしょうが、スピリチュアルとか、パワースポットとかの胡散臭い番組に比べたら、UFO番組の方がずっと娯楽性が高かったと思います。
それにしても、テレビ局の方々、スピリチュアル番組とかをゴールデンタイムで放送して、本当に信じちゃう人がいたらどうするんでしょうね。
UFOを信じさせちゃうことよりずっと罪なことのような気がするのですが。

...だいぶ脱線しましたが、そういう訳で私は矢島さんのナレーションを聴くだけでドキドキしてしまう、パブロフの犬状態なのです。
でも、そういった事情を除くとしても、ベテランの矢島さんのナレーションがこの作品に独特の雰囲気を与えているのは確かだと思います。

出演者に関して最後のもうひとつ。
出演者に丸尾聡さんのお名前があるのですが、これは脚本家の丸尾さんなのでしょうか。
丸尾さんは青春アドベンチャーでは「バッテリー」、「精霊の守り人」、「闇の守り人」、「世界でたったひとりの子」など多くの作品を脚色されており、この番組と縁があるのは確かです。
そもそも劇作家ご自身が役者として舞台に立たれることも往々にしてあることのようですので、同一人物と言うことも大いにあり得ると思います。
ちょっと気になります。
(追記:丸尾聡さんに関してコメントを頂きました。コメント欄もご参照ください。)

【保科義久さん演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
名作、迷作、様々取りそろっています。
こちらを是非、ご覧ください。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad