青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

【特集】100作品紹介記念③:原作の種類

【特集】100作品紹介記念③:原作の種類

これまでに紹介したラジオドラマ100作品を総括する、この特集。
第3回目(第1回第2回もご覧下さい)の今回は「原作の種類」による分類です。

NHK-FMのラジオドラマ番組である青春アドベンチャーで放送されている作品の大部分には原作があります。
原作は多くの場合、小説ですが、漫画やノンフェクションが原作の場合もあります。
また、小説についても、現代日本の流行作家の小説から、海外作家によるもの、児童文学、さらにはいわゆる古典まで、様々な素材が取り上げられています。
これらについては一度、何でもベストテン(第1回はこちら)で特集してみたいと思っていました。
しかし、私自身、大部分の作品の原作がどのようなものかを知りませんし、改めて調べるにも青春アドベンチャーの作品数は膨大すぎます。
というのも青春アドベンチャーだけで作品数は300以上にのぼり、関連の番組まで含めると800作品以上になるためです。
そのため今までこの特集は諦めていたのですが、既に紹介ずみの100作品であれば分類が可能と考え、整理してみた次第です。
この集計が青春アドベンチャー全体の傾向を示すとは限りませんが、一応の目安にはなるかと思います。
分類にあたっては、私が各作品に勝手に付いている格付けの状況も併せて整理しました。
格付けは平均を取るために各格付けに点数を付けて集計しています(詳しくは第2回をご覧下さい)。
なお、原作の種類は、小説、海外小説、オリジナル、漫画、ライトノベル、NF(ノンフェクション)、古典、童話の9分類としています。
それではまずは集計結果をご覧下さい。

4.jpg

最も多いのはやはり「小説」でした。
ここでいう小説は現代日本の小説のみが該当します。
全体の約半分がこの分類に属します。
私がこの分類の作品に付けている格付けは非常にバラツキがあり(標準偏差が最も大きい)、"AAA"から"C"まで散らばっています。
しかし、小説に分類されている作品の格付けの平均点が2.99と丁度真ん中であること、12作品と一番多い格付けが”A”であることからバランスは取れていると思います。
ちなみにAAAの作品は「ジャガーになった男」(佐藤賢一さん原作)、「ピエタ」(大島真寿美さん原作)、「ふたり」(赤川次郎さん原作)、「銀河番外地、運び屋サム」(高千穂遥さん原作)、「DIVE!!」(森絵都さん原作)の5作品です。
こうしてみるとライトノベルに分類しても良い作品が目立ちます。
小説に分類するかライトノベルに分類するかは、私の感覚で「ラノベ臭い」かどうかで分類してしまっています。
同じ高千穂遥さん作のスペースオペラでも「クラッシャー・ジョウ」であれば「ライトノベル」に分類したと思うのですが、「銀河番外地、運び屋サム」はやさぐれたアウトローが主人公なので、こちらにしました。
ファジーな分類なのはご了承下さい。

続いて多いのは「海外小説」と「オリジナル」です。
まず海外小説についてですが、ここでいう「海外小説」は海外作家によるフィクションのうち、主として大人向けの作品を指しています。
このジャンルは非常に平均点が高いのが特徴。
平均4.28ですので、平均して"AA+"程度の格付けを付けていることになります。
また、よく見ると"A"以下がひとつもないことに気がつきます。
いかに私がこのジャンルを偏愛しているかに改めて気づかされました...
自分では、「穴(HOLES)」や「海辺の王国」など海外作家の作品にも結構辛めの評価をつけている印象があったのですが、今回それらの作品は児童文学に分類してしまったようです。
海外小説は"AAA-"が多いのが特徴。
ジュラシック・パーク」・「スフィア」(ともにマイクル・クライトン原作)と「ラジオ・キラー」(セバスチャン・フィツェック原作)が該当します。
"AAA-"が多いことは、辛口に言うと、面白いけど微妙に何かが足りない作品が多いのかも知れません。
でも、AAAの2作品「北壁の死闘」(ボブ・ラングレー原作)、「最後の惑星」(ユルゲン・ローデマン原作)は文句なく面白い作品です。
「最後の惑星」は作者が青少年に読んで欲しいという思いを込めて書いているようですので、そういう意味では児童文学なのかも知れませんが、意外とハードSF的な内容なので海外小説としました。

2番目に多いもうひとつの分類はオリジナル作品。
実は所属する作品数は多いのですが平均点は下から3番目であまり良くありません。
私があまり望んでいない「短編集」の多くがここに含まれてしまっていることが大きな原因だと思います。
オリジナル作品の中で特に高評価としたのが、"AA-"の「泥の子と狭い家の物語~魔女と私の七〇日間戦争」(オカモト國ヒコさん作)と"A"の「ロスト・タイム」(佃典彦さん作)です。
その他、オリジナル作品全般の状況についてはこちらの記事をご参照下さい。

4番目に多いのが漫画原作の作品。
全9作品ですので全体の1割に満たない数です。
こちらに少し書いたように私は漫画はラジオドラマの原作にはあまり向かないと考えています。
しかし現在のわが国において、漫画は最も競争が激しく最もクリエイターが集まっている分野の一つであると思います。
漫画原作は色々な意味で困難な面があると思いますが、是非、積極的にチャレンジして頂きたいものです。
ちなみに漫画原作で高格付けとしたのは、"AA+"の「エデン2185」(竹宮恵子さん原作)と"AA"の「わたしは真悟」(楳図かずおさん原作)です。

5番目が児童文学。
個人的に常日頃「児童文学が原作の作品、割と多いなあ」と思っていたのでこの分類を作りました。
ライトノベルとの違いは、ライトノベルより低年齢(概ね小学生くらい?)向きであることと、ライトノベルより”教育的な色彩”が強いこと。
ちなみに、主人公が小学生であっても大人の目線から作品が作られている「」(道尾秀介さん原作)は児童文学ではなく小説としています。
個人的な考えですが、夜10時45分から放送している番組に、児童文学が原作の作品はあまり合わないのではないかと思っています。
そもそも青少年にとって読書やラジオドラマを聴くという行為は大人になる過程の背伸びをする行為であり、教育的な目的をもつのであればあるこそ、多少高い年齢向きのものを受け止めてこそ意味があると思います。
その考えを反映してか、私の勝手格付けの平均点も実質的に一番低い分類になっています。
とはいえどのジャンルであっても良いものは良い、というの事実であり、良い作品であれば積極的にラジオドラマ化にチャレンジして頂きたいという気持ちでは他のジャンルと異なるものではありません。
なお、児童文学原作で最も高い評価を付けたのは、"AA"の「バッテリー」(あさのあつこさん原作)。
ちなみに同じ学生のスポーツを描いた「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子さん原作)と「DIVE!!」は「小説」枠で集計しています。
この辺も微妙なところです。

6番目の作品数なのは「ライトノベル」。
青春アドベンチャーはNHKらしくない柔らかい原作選択で有名な番組ですが、改めて集計してみて感じたのは、典型的なライトノベルはほとんど原作として使われていないという事実です。
ライトノベルの一般的なイメージは、若年層向きのSF作品・ファンタジー作品、学園を舞台にしたちょっとファンタジックな作品だと思います。
以前であれば「ジュブナイル」、「ヤングアダルト」などと呼ばれていた作品群が、近年、「ライトノベル」と呼ばれるようになったと認識していますが、ライトノベルという用語が一般的になって以降の作品はほとんど取り上げられていません。
ライトノベルに分類している5作品は、「当時、ライトノベルというジャンル分けがあったならば恐らくそう分類されていたであろう、少し昔の作品」が中心です。
これはどういうことなのでしょうか。
最近のNHKのスタッフがライトノベル的な作品を取り上げるのを躊躇しているのか。
それともメディアミックス前提で世に送り出され商業化が著しいライトノベルには手を出す余地がない状況なのか。
何はともあれ少し意外な集計結果でした。
ちなみに5作品のうち2作品が"AAA"格付けのため、平均評価がとても高く、海外小説に次ぐ点数となっています。
"AAA"の2作品は「妖精作戦」(笹本祐一さん原作)と「西風の戦記」(田中芳樹さん原作)。
両作とも個人的に思い入れのある作品ですが、いささか古くやはり典型的な意味では「ライトノベル」とはいえないかも知れません。
ちなみに田中芳樹さんの作品は「月蝕島の魔物」シリーズなど「小説」に分類している作品もあります。
他にも新井素子さんの作品も「二分割幽霊綺譚」のようにライトノベルに分類している作品、「グリーン・レクイエム」のように小説に分類している作品の双方があります。

7番目に多いのは「ノンフェクション」。
所属する作品数が4作品と少ないので統計的な意味はないのですが、実は密かな高評価ジャンルです。
特に"B"以下の格付けの作品がないのは特徴的だと思います。
ちなみに、青春アドベンチャーは基本的にラジオ「ドラマ」の番組ですので、原作がノンフェクションであっても、ドラマとして再構成されて放送されることが通常です。
この分類で高評価を付けているのは"AA+"の「世紀の大冒険レース~アムンゼンとスコット」(本田勝一、チェリー・ガラード原作)、"AA-"の「1985年のクラッシュ・ギャルズ」(柳澤健さん原作)の2作品になります。

その他、「古典」と「童話」に分類した作品がいくつかあります。
古典は「ロスト・ワールド」(コナン・ドイル原作)と「失われた地平線」(ジェームズ・ヒルトン)です。
これらは海外小説との仕分けが難しいところですが、古典は概ね19世紀まで又は遅くとも第二次世界大戦前までに発表され、小説としてのジャンルを飛び越えて古典として世界的に認知されている作品に限って選定しています。
ちなみに江戸川乱歩さんの明智小五郎シリーズ(「魔術師」)や、ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」などは、そのジャンルでは古典ともいえる作品ですが、比較的ジャンルが狭かったり発表時期が新しかったりするため古典とはしていません、
今後の紹介予定としては「赤と黒」(スタンダール原作)や「封神演義」などが古典になると考えています。
また、童話に分類したのはアンデルセンの「雪の女王」だけ。
さすがに本格的な童話(幼児から小学校低学年向き)はほとんど青春アドベンチャーでは取り上げられていません。
あまりに数が少ないので「児童文学」に入れても良いのですが、関連番組である「ふたりの部屋」などでは実は童話が取り上げられるのはそれほど珍しくはなかったことから敢えて別立てしました。

文中でも書きましたが、柔らかい素材を取り上げるという印象の強い青春アドベンチャーですが、漫画とライトノベルを併せても全体の14%しかないというのは少し意外でした。
私は短編集作品や日常系の作品をあまり積極的に記事にしていませんので、番組全体の割合はもっと低いかも知れません。
とても長い期間続いている番組ですので、放送時期ごとの違いもありそうですが、全般的な傾向としては「一般の小説の中から比較的柔らかめの素材を選ぶ」というのが青春アドベンチャーの原作選定の大まかな傾向なのかも知れません。

さて次回は、こちらもいつか特集しようと思っていたメディアミックスの状況について100作品を対象にまとめてみたいと思います。

-----------------------
【特集】「100作品紹介記念①:放送時期」はこちら
【特集】「100作品紹介記念②:ジャンルと格付け」はこちら
-----------------------

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【特集】100作品紹介記念②:ジャンルと格付け

【特集】100作品紹介記念②:ジャンルと格付け

------------------------------------
本記事は、2013.9.20に実施したジャンルの追加(伝奇系・恋愛系)前に
作成した記事です。
ジャンル追加時点で、過去に紹介した作品も遡ってジャンルを修正している
ため、現時点で集計しなおした場合、多少結果が異なることをご了承ください。
------------------------------------

当ブログが紹介してきたラジオドラマ100作品を振り返るこの企画。
第1弾は100作品の初放送時期についてでしたが、今回は各作品のジャンルと、私が勝手につけている"格付け"との関係について自己分析してみたいと思います。
ジャンルの記事で記したように、私は自分の評価は海外原作作品やSFに甘く、日常を描いた作品やファンタジックな作品に辛いのではないかと疑っています。
100作品を評価して見てこの仮説は正しかったのか、確認して見たいと思います。

ちなみに、当ブログで採用している作品ジャンルは、この記事で書いている11分類です。
ブログを始めた当初はもっと少ない分類だったのですが、紹介する作品の傾向を見ながら適宜追加して11分類になりました。
よって全く体系的な分類ではありませんが、一応、青春アドベンチャーの作品傾向に併せた分類にはなっていると思います。
また、"格付け"については、この記事で書いているとおり"C"から"AAA"までの5段階です。
こちらも当初は単純な5段階だったのですが、途中から必要に応じて各段階に"+"または"-"を付けることを始めたため、実質的に13段階(AAA+とc-はないため)になっています。
こちらも全く私個人の恣意的な判断です。

さて、早速ですがいきなりジャンルごとの評価を整理した表を載せます。

100作修正-2

ジャンルとして最も多かったのは「幻想系」でした。
意外な結論ですが、「ちょっと不思議」な内容の作品で他に特徴がないと本ブログの分類において「幻想系」に入ってしまうため、「幻想系」は「ノンセクション」的な位置づけにあります。
その後に「冒険系」、「日常系」、「SF系」が続き、これらの4分類だけで全体の70%の作品を占めます。
一方、「サスペンス系」、「タイムスリップ系」、「ホラー系」、「推理系」の作品は少なく、それぞれ3作品ずつしかありません。
このうち「ホラー系」と「推理系」はオーソドックスな分類だと思うのですが、このジャンルの作品が青春アドベンチャーに少ないのは意外でした。
「タイムスリップ系」は逆にとてもニッチなジャンル設定ですが、青春アドベンチャーには意外とタイムスリップ系の作品が多いことを見越しての設定です。
きっと今後、このジャンルに入る紹介作品が増えると思います。
「サスペンス系」はどのジャンルにも入らない作品のために作ったジャンルで、「幻想系」とは違った意味で「ノンセクション」的な位置づけにあります。
実は、当ブログでは「何でもベストテン」(第1回はこちらです)という特集を時々やっています。
その一環としてどのジャンルの作品が多いのかを特集で記事にしようと思ったことがあるのですが、青春アドベンチャー全体を見るとあまりの作品量が多い(青春アドベンチャーだけで300作品以上)ことから断念していました。
上記の表は私が紹介した100作品に限った整理であり、SF系が多いことなど必ずしも青春アドベンチャー全体の傾向ではないと思います。
しかし、青春アドベンチャー全体の概ね作品傾向は示しているのではないでしょうか。

さて、話を本題に戻して、格付けの傾向を見ていきますと、まず全体的にはAAAに属する作品が13%、AAに属する作品が23%、Aに属する作品が26%、Bに属する作品が23%、Cに属する作品が15%となりました(それぞれ"+"と"ー"を含む)。
格付けの記事で書いたように、ブログ開始時点でなるべくこの格付けが分散するようにメリハリを付けて、評価したてきたつもりです。
しかし、やはりAAAとCはどうしても付けるのに心理的な抵抗があり、少なくなってしまいました。
でもAAからBについては、思った以上にきちんと分散しており、我ながら目標どおりでした。
次にAAAからCをそれぞれ5点から1点の点数を割り付けて("+"と"-"はそれぞれプラスマイナス0.3点)各ジャンルの平均得点及び標準偏差を出して見ました。
それぞれ上位にはオレンジ色、下位には水色をつけています。
平均的な評価が高かったのは「サスペンス系」、「SF系」、「スポーツ系」の3つでした。
「サスペンス系」が高いのはちょっと意外な結果です。
AAA-の評価をつけている「ラジオ・キラー」(セバスチャン・フィツェック原作)が引っ張っていますが、当ジャンルに分類されている作品は3作品しかなく、また、"-"なしの純粋なAAAが一つもないことから、あくまで暫定1位といったところでしょうか。
SF系が高順位なのは予想どおり。
やはり私はSF系をえこひいきしていますね...
"-"なしのAAAが「銀河番外地、運び屋サム」(高千穂遥さん原作)、「妖精作戦」(笹本祐一さん原作)、「最後の惑星」(ユルゲン・ローデマン原作)の3作もあるのが特徴ですが、これ全部、アドベンチャーロード時代(番組の歴史はこの記事を参照)の作品じゃないですか...
最近のご担当者の皆様にもSF系の作品をもっと作って欲しいものです。
また「スポーツ系」もなかなかの平均点。
「スポーツ系」の特徴は6作品すべてがA-以上の評価であること。
「スポーツ系」の中では最も低い評価とした「闘う女。」も実際には結構面白い作品です。
まさに「青春アドベンチャーのスポーツモノにハズレなし」です。

逆に平均点が下位になったジャンルは「幻想系」、「仮想世界系」、「日常系」の3ジャンル。
特に「幻想系」の平均点の低さは際立っています。(※追記参照)
やはり私の評価は不平等です...
このジャンルが不利なのは、私があまり好きではない「短編集」がこのジャンルに含まれることが多いこと。
既に紹介した短編集作品6作品のうち「ごくらくちんみ」と「ごくらくちんみ(第2期)」以外の4作品がこのジャンルに入り、そのうち「カラー・ライフ」(B-)以外のすべてが(「不思議屋料理店」「ボディ・ライフ」「新・動物園物語」)が"C"または"C+"という状況。
短編集好きな方であれば評価は全く違ってくるはずです。
ただしそれだけではなく上位の格付けの作品も少ないという特徴もあります。
21作品も属していながら最も評価が高い作品がAA-の「死神の精度」(伊坂幸太郎さん原作)。
これでは平均点は伸びません。
次に平均点が低いのは「仮想世界系」。
このブログ独特のちょっと特殊なジャンルで、AAAを付けた「西風の戦記」(田中芳樹さん原作)からC+の「小惑星美術館」(寮美千子さん原作)まで、少ない作品数ながら評価はばらけています。
このジャンルはその作品の世界に入り込めるか否か(すなわち趣味)で大きく評価が分かれてしまう分野なのだと思います。
平均点で下から3番目なのは「日常系」。(※:追記参照)
これはある程度、事前の予想どおりですが、私としては思っていたよりは健闘していると感じます。
"-"なしのAAAが二作品もあるというのは「SF系」に次ぐ多さです。
ちなみにこの二作品というのは「ふたり」(赤川次郎さん原作)と「ピエタ」(大島真寿美さん原作)です。
今思えば「ふたり」は「幻想系」に入れても良い作品だと感じます、
これも分類しなおすとちょっと結果は変わってくるかもしれません。

一方、標準偏差をみると最もばらつきが少ないのが「タイムスリップ系」。
なんと「タイムスリップ系」の3作品すべてが"A"です。
可もなく不可もないという作品ばかりだったということでしょうか。
一方最もばらけているのが「冒険系」。
全部で18作品と「幻想系」に次ぐ多さで、AA-が4作品(「遠い海から来たCOO」(景山民夫さん原作)、「怪人二十面相・伝」(北村想さん原作)、「ロスト・ワールド」(コナン・ドイル原作)、「金春屋ゴメス」(西條奈加さん原作))と多いものの、AAAの「北壁の死闘」(ボブ・ラングレー原作)からCの「穴(HOLES)」まで見事にばらけています。

以上、大まかな傾向は当初予想していたとおりでした。
ただし、「日常系」から分離してできた「スポーツ系」が健闘しているなど当初予想できなかったこともあります。
今後も良い意味で期待を裏切る作品を聞かせていただきたいものです。

さて次回は、実は今まで何度か試みようとして挫折していた「原作の種類」(小説・漫画など)別の分析を、今回の100作を対象にしてやって見たいと思います。

-----------------------
【特集】100作品紹介記念①:放送時期」はこちら
-----------------------

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。 続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad