青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ミヨリの森 原作:小田ひで次(青春アドベンチャー)

作品:ミヨリの森
番組:青春アドベンチャー
格付:B+
分類:幻想(日本)
初出:2004年11月15日~11月26日(10回)
原作:小田ひで次
脚色:黒沼美佳子
演出:真銅健嗣

ミヨリは小学6年生の女の子。
母親が愛人を作って家を出てしまったために、山奥にある父親の実家に引っ越すこととなった。
住み慣れた東京から引きはがされ、母親のみならず父親からも捨てられたと感じるミヨリ。
しかし、祖母に勧められて新しい家の近くの森へと行ったミヨリは、自分が森の精霊達の声を聞き、姿を見ることができることに気がつく。
そして、森で精霊達と過ごし、ミヨリを暖かく向かい入れてくれた人たちと交流するなかで、次第にミヨリの心も解きほぐされていく。
やがて祖母はミヨリを自分の後継者と認め、祖母の森はミヨリの森へとなっていく...

------------------

漫画家・小田ひで次さん原作の作品です。
小田さんといえばやはり「拡散」。
私は拡散を掲載されていた頃の月刊アフタヌーンは隅から隅まで読んでおり拡散も読んだ覚えがあるのですが、正直、小田さんの印象へは芸術性の高い難しい作品を書く人だなあという程度のものでした。
当時のアフタヌーンは拡散のような実験的な作品が多く、「良質な同人誌」などという褒めているのか何だか分からない呼ばれ方をされていた記憶があります。

さて本作品は、生意気でひねくれた小学生が、不思議な世界と交流することにより再生していく話しで、奇妙な精霊達が多数登場することもあり、どちらかというとファンタジー調の作品です。
少年少女が主人公であること、全般的にノスタルジックな雰囲気が漂っていること、終盤にある事件が起こることなどは、既に紹介済みの「」(2013年放送)と少しだけ似ています。
ただし、「光」とは違って超常現象がベースの作品であること、ダム開発などの社会的な問題を取り扱っていることが本作の大きく相違点です。
ところで、本作のような日本を舞台にしたファンタジー調の作品は本ブログでは「幻想(日本)」というジャンル(ジャンル分けはこの記事を参照)に分類していますが、私は青春アドベンチャーでは一番苦手なジャンルです。
主人公が子供というのも苦手なパターン
傷ついた少女が自然の中で癒されていくというコテコテの展開もちょっと苦手。
さらに、本作は登場する大人にダメな人間が多いのも特徴。
特にミヨリの母親であるナナミと、彼女の愛人である塾講師がクズ過ぎて、聴いていて辛い部分も多くあります。
ちなみにナナミについては作品の終盤でゆがんだ人格となるのもやむを得ない事情があったことが明らかになりますが、それを聴いてもとても仕方がないとはとても思えない程のクズっぷり。
私の中ではナナミは「ぼくは勉強ができない」の母親(仁子)と並んで、「青春アドベンチャーに登場するどうしょうもない母親」の二大巨頭です(仁子のファンの皆様、気分を害されたらすみません)。
以上のとおり、私の趣味嗜好の面から見るとかなりの悪条件が重なっている本作。
しかし、意外ですが、結構楽しく聴くことができました。
その理由としては、原作の良さに加え、出演陣の熱演とスタッフの力が影響しているのではないかと感じました。

出演は主役のミヨリが星野聖良(せいら)さん。
少し斜に構えたミヨリの役に良くあっている声だと感じました。
ちなみに星野さん、ネットで検索しても該当しそうな方が見当たりません。
一応、同名の作家さんが出てきますが、別人でしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
そして本作に不思議なリアリティーを与えているのが精霊の役を担当している西村淳二さんや田の中勇さんといったベテランの出演陣の方々。
精霊なので当然ながら非日常的な台詞ばかりなのですが、なぜかあまり浮いた感じがありません。
田の中さんといえば「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉おやじ」役があまりにも有名。
本作の配役はそんな田の中さんにぴったりの配役です。
田の中さんは青春アドベンチャー系の他の作品でも「封神演義」の雲中子役、「妖精作戦」の真田佐助役など、強烈で個性的な役が多く演じています。
いずれも持ち味の甲高い声で熱演されていますが、特殊な声なのに作品に溶け込んでいるのが不思議です。
個人的な意見ですが、以前、書いたように(この記事をご参照ください)漫画のラジオドラマ化は難しく、青春アドベンチャーでも漫画原作の作品で傑作といえる作品は少ないと思います。
しかし、本作品で、ラジオドラマではどうしても欠けてしまう映像を補うくらいに芸達者な声優さんの演技を聞いていると、特徴のある声優さんの起用は漫画原作作品を傑作にするための突破口かもしれないとも感じました。
逆に「やけっぱちのマリア」のように滑っちゃうこともある(ファンの皆様ごめんなさい)と思うので諸刃の剣であることも確かなので、難しいところだとは思います。
なお、本作品は後に民放でテレビアニメにもなっているようですが、ネットで検索するとあまり評判が良くない様子。
特にアニメ版は出演陣の評判が...
その点、このラジオドラマ版は出演者には問題ありません。
やはり出演者はとてもとても大切ですね。

また、スタッフは脚色が黒沼美佳子さん、演出が真銅健嗣さんのコンビ。
黒沼さんは青春アドベンチャーで長編を脚色されたのは恐らく本作だけだと思います。
他には不思議屋不動産のうちの1作を担当されているくらいでどういう経歴の方か良くわかりませんでした。
一方の演出の真銅さんは個人的には作品によって極端に気に入るものとそうでないものに分かれる印象のある方。
真銅さんの担当作品には単純に明るく楽しいという作品は比較的少なく、「封神演義」「妖異金瓶梅」「赤と黒」「ドラマ古事記」「光の島」「蜩ノ記」など、超大作だったり、社会派の内容だったり、とんがった企画が目立ちます。
海辺の王国」や「ごくらくちんみ」などもあまり気分の良くない感じを受けましたが、聴かせる内容であったのも事実。
個人的には青春アドベンチャーの常連演出家の中で、今、一番楽しみにしている演出家さんです。
穴(HOLES)」だけはどうにも良さが理解できませんでしたが。

やはり幻想系だといって食わず嫌いは良くないと感じた作品でした。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ルパン三世出演者つながり

【特集:青アド・ポーカー①】ルパン三世出演者つながり

今回から始まったこのシリーズ。
NHK-FMで放送しているラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」の各作品の出演者や原作の緩やかな関係をご紹介しようというトリビア的なコーナーです。
思いついたのは「完璧な涙」の記事を書いているときでした。
記事を見て頂ければわかるのですが、「完璧な涙」にはTVアニメ「ルパン三世」の主要キャスト(正確には交代前)を担当されていた方が三人も出演されています。
そして同系列の番組のその他の作品を含めて考えると、ルパン三世の主要キャストの全ての方が何らか作品に出演されていることに気がつきました。
そもそもこのブログでは、「格付け」をカテゴリー機能で、「ジャンル」をタグ機能で分類しています。
その他、本文の一番最初の部分に、放送時期、原作者(作者)、脚本家及び演出家さんのお名前を定型で記載したり、何らかの類似する要素を持つ作品を順々に紹介したりして、各作品間の関連性をご紹介しています。
しかし、もう少し緩やかに、楽しく、作品間のつながりを紹介できたらと考えました。
例えば上記の「ルパン三世出演者つながり」のようなものや、「原作が○○賞を受賞しているつながり」、「NHK朝の連続テレビ小説主演つながり」などです(この例の記事が本当に実現可能かわかりませんが)。
過去の全作品を調べればこのようなものは比較的多く見つけられると思うのですが、一度に調べるのは大変です。
そこで、新しい作品を紹介した際にこのようなつながりが見つかった場合に、あたかもポーカーで役が完成するのに擬えて「青アド・ポーカー」と名付けてみました。

一応、最低「スリーカード」(3つ以上同じ要素が見つかった場合)以上の場合にご紹介するというルールにしたいと思いますが、もとより私が気がついた時に気ままにやる企画です。
その程度で気軽に読んで頂けたらと思っています。
もし面白い組み合わせに気がついたら教えて頂ければ幸いです。

さて、第1回である今回は上でも書いた「ルパン三世出演者つながり」です。
実がこの直前に「西遊妖猿伝」と「続・西遊妖猿伝」を紹介したのはこのつながりを完成させたかったからでもありました。
ルパン三世の主要キャストと言えば、ルパン三世とその相棒の二人。
そして「ある時は味方、ある時は敵」のヒロイン峰不二子。
さらに「とっつあん」こと、銭形警部。
既に本ブログで紹介済みの作品で、これらの役を担当された声優さんが出演されている作品は以下のとおりです。
なおこの5人以外にも一部の作品でルパンファミリーの役を担当された方がいるようですが、ここでは省略します。

●ルパン三世役「山田康雄」さん:「西遊妖猿伝」「続・西遊妖猿伝
ご存知、クリント・イーストウッドの吹き替えや「お笑い!!スター誕生」の司会でも有名だった山田さん。
山田さん逝去後のルパン三世役は、もともと山田さんの物まねをしていた栗田貫一さんが務めていますが、ルパン三世はリアルの山田さんと表裏一体の役で、やはり山田さんでないと締まりません。
残念ながら山田さんの他界されたのが1995年のため最近の作品への出演はありませんが、上記の作品の他にも1986年の「星へ行く船」(2013年8月4日紹介記事アップ)、「さっきまで優しかった人」などかなり前の作品にはいくつか出演されていたと思います。

●次元大介役「小林清志」さん:「完璧な涙」「ゲノム・ハザード
ルパン三世の一番の相棒にして銃の達人、次元大介役といえば小林清志さん。
「完璧な涙」の他にはアドベンチャーロード(青春アドベンチャーの前身番組の一つ)時代の「肥後の石工」のナレーションも印象深いです。
テレビでも良くナレーションをしているのを聴きますが、とても渋い、格好良い声です。

●石川五ェ門役「井上真樹夫」さん:「完璧な涙」「カラフル」「A-10奪還チーム出動せよ
斬鉄剣の使い手13代目石川五ェ門役をTV第二シリーズから担当されていたのは井上真樹夫さん。
こちらはやはりアドベンチャーロード時代の「サハラの涙」や「もしかして時代劇」でナレーションをされていました。
五ェ門役ではくぐもったような低い声で話されますが、ナレーションでは明るく明朗な声で話されるのが印象的です。
また、「カラフル」では陽気な天使ブラブラ役を怪演されています。
こちらも必聴です。
なお、ルパン三世第1シリーズで五ェ門を演じていた大塚周夫さんも「A-10奪還チーム出動せよ」「封神演義」などに出演されています。

●銭形警部役「納谷悟朗」さん:「ロスト・ワールド」「虹を操る少年」「完璧な涙」など
2013年に死去された名優です。
アニメでは宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長役などでも有名です。
ベテランですので青春アドベンチャーではちょい役で出演することが多いのですが、「ロスト・ワールド」などいくつかの作品では全編がっつりと出演されています。
古くは「長く孤独な狙撃」などアドベンチャーロード時代にも出演作があります。

●峰不二子役「増山江威子」さん:「永遠の森・博物館惑星」、「封神演義」など
ルパン三世ではスタイル満点の悪女・不二子を演じていたのが増山さん。
永遠の森・博物館惑星」では真面目でちょっと短気な学芸員の役でした。
その他、青春アドベンチャーでは超大作「封神演義」にも出演されていたと思います。
こちらでは峰不二子を彷彿とさせる悪女・妲己(実は千年の女狐)を演じていました。
他にも「A-10奪還チーム出動せよ」にもご出演です。
ルパン三世ではTVの第二シリーズからの不二子を担当。

これで「ルパン三世・ファイブカード」ないしは「ルパン三世・ストレートフラッシュ」の完成です。
でも、よく考えてみるともっと大きな役ができていることに気がつきました。

●クラリス役「島本須美」さん:「小惑星美術館」、「ブルータスは死なず」、「ソフィーの世界
島本須美さんといえば「めぞん一刻」の響子さんと「ルパン三世カリオストロの城」のクラリス。異論は認めません。
まあ「風の谷のナウシカ」のナウシカ役も有名ですが。
アドベンチャーロード期の「ブルータスは死なず」や青春アドベンチャーの「女王の百年密室」ではヒロインを務めていました。
なお、「めぞん一刻」の出演者を集めた特集はこちらです。

●カリオストロ伯爵役「石田太郎」さん:「有頂天家族」「西遊妖猿伝」「三匹のおっさん」ほか
非常に多くの青春アドベンチャー系の作品に出演されている石田さん。
刑事コロンボの2代目の吹き替えでも有名です。
2013年の「1985年のクラッシュギャルズ」にも出演されておりまだまだ現役です。(追記に注があります)
「ルパン三世カリオストロの城」ではの敵の首魁・カリオストロ伯爵でした。

●ジョドー役「永井一郎」さん:「夏の魔術」「窓辺には夜の歌」「不思議屋シリーズ」など
こちらも磯野波平役(サザエさん)で超有名なベテランの声優さんです。
「ルパン三世カリオストロの城」では意外と端役です。
アドベンチャーロード時代の「幽霊海戦」が印象深いです。

以上のとおり、劇場映画「ルパン三世 カリオストロの城」に限ると何とゲスト側の主要キャラもほぼ網羅しています。
青春アドベンチャー、そしてNHK恐るべしです。

****************************************
次の特集は「紹介100作品を振り返る」です。
****************************************



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad