青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

小惑星美術館 原作:寮美千子(青春アドベンチャー)

作品:小惑星美術館
番組:青春アドベンチャー
格付:C+
分類:異世界
初出:2000年2月14日~2月25日(全10回)
原作:寮美千子
脚色:富永智紀
演出:藤井靖
主演:高山みなみ

ユーリは天文台に勤める父を持つ12歳の少年。
母は既に他界しており、父も天体観測のためには家に帰らないこともしばしば。
でも、自分のことのようにユーリのことを心配してくれる友人もおり、あまり寂しい思いはしていなかった。
ある日のこと。
その日、ユーリは遠足に出かける予定であったが、校舎前にある通称「銀河盤」という黒曜石のオブジェに触れた途端、気を失ってしまう。
目覚めたユーリがいたのはもとの世界とよく似ていながらどこか違う「れんがの月」と呼ばれる世界だった。
「れんがの月」でも12歳の子供達は今日、遠足に行くことになっているという。
遠足で火星と木星の間にあるという「小惑星美術館」にいくことはこの世界では大切な儀式であるというのだ…

-------------------------

寮美千子さん原作の小説のラジオドラマ化作品です。
青春アドベンチャーでは本作とは別に「永遠の森・博物館惑星」(2001年)という作品もあります。
名前だけ見るとちょっと紛らわしいのですが、両作品は全く無関係です。
また、2014年には同じように「小惑星」という言葉から始まるタイトルの「小惑星2162DSの謎」が制作されましたが、こちらもハードSFであり、本作品とは全く雰囲気の異なる作品です。
ストーリーの面から見ると「少年がふとした切欠で別の世界に連れて行かれてしまう」「別の世界で友達そっくりの人たちに出会う」という点で、本作は「永遠の森・博物館惑星」や「小惑星2162DSの謎」よりも、むしろ2012年に放送された「二分間の冒険」に似ていると感じました。

さて、ファンの皆様には申し訳ないのですが、本作についての私の感想についても「二分間の冒険」と同じようなものになってしまいます。
本作では異世界から戻れなくなってしまったユーリが「一体何がどうなっているの」、「一体何なんだ、ここは」と叫びます。
ある意味、本作を聴いているときの私も同じ気持ちで、最後まで視聴してみても「結局、何だったんだろうか、この作品は」という感じがぬぐえないままでした。
というのも、本作では結局、もとの世界と異世界の関係もはっきりしませんし、12歳の子供が必要とされた意味も良くわかりません。
確かに出演陣の熱演と、適度なミステリー感で先を聴く気にはなるのですが、SFというほど凝ったギミックがあるわけではなく、異世界というほどわくわくする舞台でもなく、幻想的というほど不思議な話でもない。
とてもやさしい聴きやすい作品ですし、あまり難しいことは考えずに雰囲気を楽しんだほうが良かったのかも知れません。
その点では私の感受性が摩滅しているというのが真実なのかも知れません。
この作品も他の方が聞けばきっともっと違った感想もあろうかと思います。

なお、本作に対する感想というより一般論なのですが、どうも子供向けの作品を中心として「人間は自然には適わない」とか「物質文明ばかりをもてはやす人間はおろかだ」的な結論の作品が多すぎるように感じます。
確かに動物も植物も人間がコントロールできるものではないのにそれをしようとするのは人間の業だとは思います。
しかし、もはや人間は科学文明を捨てることはできません。
無理に押し通すのではなく、逆に安易に捨て去るのでもなく、逃げず、あきらめず、妥協点を探し続けることしかないと思います。
子供向けであっても何かを否定して終わり、というのはいささか安易な結論なのではないでしょうか。

...などと随分と偉そう(すみません)で、しかも堅い話はここまで。
本作には主にアニメを中心として活躍されている有名声優さんが多数出演されています。
この方々の演技を聞くだけでもこの作品を視聴する価値はあると思います。
主役のユーリを演じる高山みなみさんは、「名探偵コナン」のコナン役などで非常に有名な声優さんで、さすがの演技です。
また、ナレーションを担当している島本須美さんは、「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリス役「風の谷のナウシカ」のナウシカ役「めぞん一刻」の音無響子役などで個人的にとても思い出深い方です。
もう島本さんの声を聞けるだけで幸せでありますが、できればナレーションではなくてきちんとした役をやって欲しかったと思います。
青春アドベンチャー系の番組で他に島本さんが出演しているものとしてはアドベンチャーロード時代の小品「ブルータスは死なず」や特番として放送された「ソフィーの世界」が思い出されます。
ちなみに、この高山みなみさんと島本須美さんの組み合わせは、森博嗣さん原作の女王シリーズ(「女王の百年密室」・「迷宮百年の睡魔」)でも実現しています。
その他、玄田哲章さん(アーノルド・シュワルツネッガーの吹替え)、高木均さん(故人。「ムーミン」のムーミンパパ)、中尾隆聖さん(「アンパンマン」のバイキンマン。「渇きの海」主演。)など、聞き覚えのある声の方がズラリと出演されています。
青春アドベンチャーの出演者のバックボーンが多岐に亘ることはこちらの記事で紹介していますが、ひとつひとつの作品内の出演者をみると必ずしも多彩な顔ぶれではなく、一つの作品内では割とバックボーンを同じくする人たちで固まっていることが多いと感じます。
例えば舞台俳優さんばかりの作品も多いですし、宝塚出身の女優さんを集中的に出演している「五番目のサリー」などの例もあります。
結果論かも知れませんが、そういう意味では本作は専業声優さんで出演陣を固めた作品であり、このよう傾向の作品は本作のほかに「二分間の冒険」や「イカロスの誕生日」などがあります。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

海辺の王国 原作:ロバート・ウェストール(青春アドベンチャー)

作品:海辺の王国
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:少年
初出:2003年7月7日~7月18日(全10回)
原作:ロバート・ウェストール
脚色:ミラーカク子
演出:真銅健嗣
主演:内山昂輝

1942年、第2次世界大戦中のイギリスの海辺の町。
ドイツ軍による空襲はひどくなる一方だ。
その夜、12歳の少年ハリーは防空壕に逃げ込んでようやく難を逃れた。
しかし、一夜明けて救出されたハリーの目の前で世界は一変していた。
家が燃えている。
両親や妹も助からなかっただろう。
ショックを受けたハリーは、同じように焼け出された犬・ベンとともに大人たちの世界を離れ、海辺に沿って放浪の旅を始める。

------------------

」、「スーツケース・キッド」に続く「子供が主人公作品」シリーズ?の第3弾の記事です。
本作はイギリス児童文学作家ロバート・ウェストールの、多くの賞を受賞した代表作を原作としています。
しかし、私としては「戦争で両親を失った少年」が「もう一人(一匹)」と一緒に、「自分の住んでいた世界から」はみ出して「自分たちだけ」で生きていこうとする、というモチーフを聴いただけで、どうしてもあの映画を思い出してしまいます。
そう、野坂昭如さんの小説を原作とし、高畑勲さんが監督してスタジオジブリでアニメ化された「火垂るの墓」。
英国の映画雑誌「エンパイア」誌が発表した「落ち込む映画ベスト10」の第6位にランクインされたという、この伝説の?映画。
幼い子供を持つ親としては、ほとんどまともに見ることが出来ないほどキツい映画です。
どちらが先、という話はどうでも良い(念のためにいえばもちろん「火垂るの墓」の方が先)のですが、本「海辺の王国」も火垂るの墓と同じような展開になるのではないかと、かなりビクビクしながら聴いていました。
しかし、どうも雰囲気が違います。
まずハリーは、両親と妹の死体が埋もれていると確信している家から、死体を捜そうとする努力を何らせずに逃げ出してしまいます。
また、これといって嫌がる理由がなさそうな(あえて言えば避難所で死んだ両親の話をしなければいけないのが嫌?)避難所生活を徹底拒否し、苦しい一人暮らしを選択して、更に放浪の旅にまで出てしまう。
敗戦国日本と、空襲を受けているとはいえ家族で楽しくシチューを食べているようなイギリスでは、孤児の一人暮らしのし安さも相当違うのかもしれませんが、それにしても随分とファンタジーな放浪譚です。
漠然とした違和感を感じながら聴き続けたのですが、それでも途中までの展開はなかなか巧みでした。
ハリーは、旅の途中で、様々な心優しい大人たちと、それ以上のろくでもない大人たちと出会い、その過程で社会と自分とのかかわりを考えていきます。
どうもこの作品のテーマは「戦争の悲惨さ」でも「二人だけの閉じた世界の悲劇」でもなく、児童文学のお約束の少年の成長物語のようなのです。
つまり、戦争や家族の死はそのための小道具に過ぎず、この作品は一人になったハリーが直接、大人達と向き合うことにより成長していく姿をみせることにあるようです。
あるようなのですが...
最後にハリーは「彼」(ネタばれ防止)に出会うのです。
確かに、12歳の少年に対して「お前は逃げた」と罵倒してしまう「彼」も、大人としてはかなりクズな部類だと思います。
しかしそれにしても、どう見ても自分勝手な理由で旅に出た対してハリーが「僕は成長したんだ。この家に入り切らないほど大きくなってしまった。」といえるほどの成長をしたのか、どうにも釈然としませんでした。
先の展開が読めない、とても面白い作品だっただけに、最後のハリーの釈然としない発言と、「彼」の自制心を欠いた発言の後味悪さがどうもに気になってしまいました。
あくまで私の感想です。
本作のファンの皆様にはお気を悪くなさらないでくださいね。

主役のハリー役は内山昂輝さん。
劇団ひまわり所属で放送当時は12歳だったはずですが、上手いです。
ちなみに内山さんは、その後「機動戦士ガンダムUC」の主役バナージ・リンクス役など、声優として大成しているそうです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad