青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

失われた地平線 原作:ジェームズ・ヒルトン(青春アドベンチャー)

作品:失われた地平線
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:冒険(秘境漂流)
初出:2009年7月13日~7月24日(全10回)
原作:ジェームズ・ヒルトン
脚色:谷登志雄
演出:保科義久
主演:森田順平

1932年、私、ラザフォードは、上海事変で混乱する上海から客船で脱出を果たした。
そして船内でオックスフォード大学時代の大先輩ヒュー・コンウェイと出会った。
しかしインドで外交官をしていたはずのコンウェイはなぜか記憶を失い、なぜ自分が船に乗っているのかもわからない腑抜けた状態であった。
私はコンウェイ先輩の身を心配し世話を続けた。
すると、コンウェイ先輩は徐々に記憶を取り戻すとともに、驚くべき大冒険の思い出を話し出した。
飛行機の事故でチベット奥地に不時着した先輩は「シャングリラ」という不思議な土地にたどり着いたというのだ…

-------------------------

1933年にイギリスで出版されたジェームズ・ヒルトンの代表作を原作としたラジオドラマです。
青春アドベンチャーは現代の流行作家の作品を原作とすることが多く、ライトノベルや漫画といった「柔らかい」分野からも素材を集めていますが、一方で世界の古典から題材を持ってくることもあります。
これは前身番組であるサウンド夢工房、アドベンチャーロードの時代にはあまりなかった青春アドベンチャー独自の傾向です。
番組の性格上、ある程度「アドベンチャー」っぽい作品に限られるのですが、とはいえ、ジュール・ベルヌ(アドリア海の復讐)、アレクサンドル・デュマ(三銃士、モンテ・クリスト伯)、ブラム・ストーカー(吸血鬼ドラキュラ)、アーサー・コナン・ドイル(ロスト・ワールド)、スタンダール(赤と黒)など錚々たる古典が青春アドベンチャー化されています。
理想郷の代名詞として「シャングリラ」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、その元ネタはこの小説なのだそうで、本作の原作もれっきとした古典小説です。

冒頭の紹介文のとおり、本作はサンフランシスコへと向かう船上から始まり、時々そこに戻りながら、コンウェイのシャングリラへの旅とそこでの滞在、そしてシャングリラを出てから船にたどり着くまでの冒険譚が語られます。
そして船上で経緯を話し終えたコンウェイのその後の行動で物語は終わります。
コンウェイがシャングリラにたどり着くまでの行動は主体的な選択の結果というよりも、状況に流された側面が強く、冒険物語としての緊張感やコンウェイの人間的な魅力をあまり感じることができず、序盤の展開は少々退屈に感じました。
しかし、シャングリラに滞在し、シャングリラの正体とその存在理由が明らかになるあたりから、タイトルにもなっている本作品のメッセージ「人類はめざすべき地平線を見失っている」が明確になってきます。
そして、大僧正の思いとコンウェイの迷いという中心軸に加えて、各登場人物たちがそれぞれ異なる考え方を鮮明にしはじめ、一気に面白くなりました。
さらに終盤のシャングリラから出て以降は正統的な冒険物語になり、これも楽しめる内容でした。
結末はある程度予想された内容ではありましたが、さすがに古典らしく上手くまとまったエンディングです。

主人公のコンウェイ役は森田順平さん、後半ぐっと存在感が増す副領事のマリンソン役は寿大聡(じゅだいさとし)さん。
寿大さんは「蜩ノ記」でもちょっと似た役(血気にはやる若者)を演じています。
あとやはり特筆すべきなのは大僧正役の久米明さん。
久米さんといえば個人的には何といっても往年の名番組「野生の王国」のナレーターが思い浮かびます。
そういえば「野生の王国」の久米さんのナレーションは、北海道テレビの名物番組「水曜どうでしょう」内で大泉洋さんがよくマネをしていました。なかなかうまかった。
ラジオドラマではアドベンチャーロード時代の名作「妖精作戦」のジルベスター博士役が印象的です。
この「博士」役から20年以上。
今でもまだ現役なのは喜ばしい限りです。
また、「ブルボンの封印」、「ダブル・キャスト」などで青春アドベンチャーでは常連の、広瀬彩さんがヒロイン役を務めています。

本作品、翻訳と脚色はともに谷登志雄さんになっています。
原作小説を確認すると、新潮文庫版(翻訳:増野正衛)も河井文庫版(翻訳:池央耿)も訳者は谷さんではありません。
ひょっとして本青春アドベンチャー用に訳も起こしたのでしょうか?

【保科義久さん演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
名作、迷作、様々取りそろっています。
こちらを是非、ご覧ください。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

カラー・ライフ 作:吉田小夏ほか(青春アドベンチャー)

作品:カラー・ライフ
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2012年5月14日~5月25日(全10回)
作 :(下表参照)
演出:江澤俊彦
主演:大路恵美、内田健介

2003年から続く青春アドベンチャーの短編競作作品のシリーズである「ライフシリーズ」の1作です。
全10話がそれぞれ違う脚本家による一話完結のオリジナル短編作品で構成されています。
ちなみに今までのライフシリーズの作品は、「インテリア・ライフ」(2003年)、「アクア・ライフ」(2005年)、「ボディ・ライフ」(2007年)及び「ナンバー・ライフ」(2007年)の4作です(追記参照)。
なお、主演の内田健介さんのブログによれば、本作品「カラー・ライフ」は5作品続いたライフシリーズの最終作品だったようです。

(外部リンク)http://ameblo.jp/uchiken5/entry-11229851234.html

個人的に、私、このライフシリーズがあまり好みではないのですが、終わってしまうとやはり寂しいと思っていたところ、2015年に「フラワー・ライフ」で復活しました。
ちなみに青春アドベンチャーでは「不思議屋料理店」などの「不思議屋シリーズ」という、脚本家が競作する作品シリーズがもう一つあり、こちらは1999年から2007年にかけて8作品が制作されています。

本作は「カラー・ライフ」の名のとおり、全ての話に一色ずつ異なった「色」がモチーフとして設定されていますが、各話の間に内容の関連性は全くありません。
また、一応、色がモチーフとなっていますが、その色自体が作品のテーマに直結している作品は第6話の「灰の音」くらいで、基本的には作品に登場するアイテムの色として使われているくらいで、各脚本の担当の方々はかなり自由に作品をつくっています。
類似の企画として、青春アドベンチャーでは2001年に名古屋局が制作した「5drops」があります。
また、2012年に大阪のラジオ局6局が共同制作した「6COLORS」があり、これも色をテーマとした競作によるラジオドラマ番組(特番)でした。
こちらは小栗旬・蒼井優という当代きっての人気若手俳優コンビが主演していましたが、本記事の対象からは外れるので説明はまたいつか別の機会とさせて頂きます。

さて、本「カラー・ライフ」の各話の担当作家さんと、作品ジャンル及び内容についての一言は下表のとおりです。

話数 タイトル 作者 ジャンル 一言
1 一膳の赤 吉田小夏 日常 結婚を迫られて困る男の話
2 青空の彼方へ 鎌田順也 幻想(日本) 椎茸を食って空に浮いた男の話し
3 白い霧の家 フジノサツコ 日常(日常) 養子をもらった夫婦の苦悩
4 桃色迷路 工藤千夏 SF(日本) AV嬢のタイムスリップもの、ではなく...
5 茶色いカバン 蜂飼耳 幻想(日本) 引越しを控えた女性が出会った男の正体
6 灰の音(はいのね) 中津留章 日常 世界が滅亡するらしい世界での痴話喧嘩
7 黄身の声 大河内聡 幻想(日本) 余談ですが、子供は稼げるようになってからつくるべきだと思う
8 紫のハイヒール 日和聡子 幻想(日本) 小説家と登場人物との対話
9 黒髪の固まり 大橋秀和 職業 美容院を経営する女性とその夫の会話
10 緑の使者 和合亮一 幻想(日本) 男と球体の植物との震災を巡る会話

以前書いたとおり私は青春アドベンチャーでは1話完結の短編集よりも、10話で一つの作品となる長編の方を希望しており、このブログでは積極的に短編集の作品を取り上げるつもりはありません。
そのため、この作品も2012年初出作品の中で最後の紹介となりました。

作品内容は当然ながら1話ごとにそれぞれですが、基本的に主役の二人の会話を楽しむ「日常系」又は少しだけ不思議な要素が加わった「幻想系」の作品が主です。
各話の善し悪しは聞く人の趣味趣向によって様々だと思いますが、個人的には、大人の社会人の話である第9話「黒髪の固まり」と、震災後の捜索というとても重いテーマですが第10話「緑の使者」が印象的でした。

作品内容がバラバラであるのに対し、主演の男女二人は基本的にどの作品も同じ役者さんが演じていらっしゃいます。
女性が大路恵美さん、男性が内田健介さん。
内田さんといえば青春アドベンチャー有数の長編シリーズ・「おいしいコーヒーのいれ方」の主人公「勝利」役の役者さんとして青春アドベンチャーファンの間ではお馴染みの方です。
一方の大路さんは、福山雅治さん主演のTVドラマ「ひとつ屋根の下」で演じた次女・小梅の役が有名です。
この作品は基本的に「日常系」の話しばかりなので、同じ俳優とは思えないというほど極端な演じ分けをしているわけではないのでが、お二人とも各話ごとに性格が異なるキャラクターを巧みに演じていらっしゃいます。
なお、2015年に復活した「フラワー・ライフ」から、主演が佐藤みゆきさん、亀田佳明さんのコンビに変わりますので、本作品が大路さん・内山さんによるライフシリーズの最終作になります。

【ライフシリーズ作品一覧】
現在も継続して制作中のオリジナル脚本の短編作品集シリーズ、ライフシリーズの作品一覧はこちらです。
是非、他の作品の記事もご覧ください。

★本文内のリンクについて★。
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad