青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

レディ・パイレーツ 原作:セリア・リーズ(青春アドベンチャー)

作品:レディ・パイレーツ
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:歴史時代
初出:2012年1月9日~2月3日(20回)
原作:セリア・リーズ
脚色:入山さと子
演出:真銅健嗣

18世紀のイギリスで裕福な貿易商の娘として生まれたナンシー。
しかし父親が死に、父親の所有していたジャマイカのサトウキビ農園へ移り住んだときからナンシーの運命は変転を始める。
事件に巻き込まれたナンシーはジャマイカからも追われ、農園の奴隷の娘ミネルバとともに海賊船に乗り込むことになったのだ。
女ながら海賊船の一員として認められ、自分の居場所を見つけることができたナンシーとミネルバ。
しかし、海軍に入って敵対関係となってしまった初恋の人ウイリアムとはもう会うことは出来ない。
また、謎の男バルトロメは執拗にナンシーを追い続ける。
ナンシー達に如何なる運命が待ち構えているのか。

------------------

海外原作の海賊冒険ものです。
青春アドベンチャーで海賊ものといえば「海賊モア船長の遍歴」が有名のようですが、当作品も連続20回という例外的なボリュームでつくられた大作です。
別の記事で書くつもりですが、連続20回というのは青春アドベンチャーの長い歴史の中でもかなり例外的で、他の作品が連続10回(多くても15回)という枠の中で窮屈な作品づくりを余儀なくされていることを考えると、かなり幸運な作品といえます。
私などは大作を楽しめると言うだけで楽しくなってしまいます。
話しはナンシーの子ども時代の回想や海賊船に身を投じるまでの経緯をじっくり描いており、聞き応えがあります。
また、最後にもきちんとしたエピローグ(ちょっと甘すぎる感もありますが)でしっかり終わっていることも聞き終えた印象を良くしていると思います。
難点をいえば良くも悪くもどこか予定調和的であること。
主演の彼女たちに次々と事件が起こる訳ですが、どうにも乗り越えられないような雰囲気ではなく、思いもよらない意外な展開とは感じませんでした。
女海賊についてはアン・ボニーやメアリー・リードのような歴史上の実例もある訳ですが、実情はきれい事では済まない部分もあったんじゃないかなー、と思いつつ聞いていました。
終盤のバルトロメとの対決も予想していたよりあっさりしていて少し拍子抜けだったと思います。

出演は、主役のナンシーが渋谷はるかさん、準主役のミネルバ役が朴璐美さん。
渋谷さんは「フランケンシュタイン」や「ヘウレーカ」、朴さんは「イーシャの舟」、「太陽の簒奪者」などで青春アドベンチャーではお馴染の方です。
本作品でも、それぞれの役の性格にあった演技をされていたと感じました。
彼女たちの熱演と大作を楽しめたという満足感から、上記の評価しました。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

NHKラジオドラマにおける固有名詞の言い換え

NHKは公共放送であり、独自の番組基準(日本放送協会番組基準・国内番組基準はこちら(外部リンク))を持っています。
その第12章には以下のとおり書かれています。

第12項 広告
1 営業広告または売名的宣伝を目的とする放送は、いっさい行わない。
2 放送中に、特定の団体名または個人名あるいは職業、商号および商品名が含まれる場合は、それが、その放送の本質的要素であるかどうか、または演出上やむをえないものかどうかを公正に判断して、その取り扱いを決定する。

これに従って具体的な企業名・商品名などは一般名詞に置き換えて放送されることが多いようです。
昔、山口百恵さんが「プレイバックPart2」を歌う際に、「真っ赤なポルシェ」という歌詞を「真っ赤な車」と言い換えさせられていたというのは有名な話だと思います(wikipediaによれば後にOKになったらしい)。
最近のNHKでは具体的な企業名を耳にすることも多く、かなり緩和されているように感じるのですが、青春アドベンチャーでは商品名などで実名を避けている例が散見されます。
微妙に可笑しいので、気が付いたものは各作品の記事内でコメントしていたのですが、各作品の記事の中で書くと各作品の紹介には少し邪魔なので、まとめた記事にしてみました。

あくまで気が付いたものだけなので他にもあると思います。
ご指摘いただければ追加いたします(...というほどのこともないちょっとしたネタなんですけど)。

作品名 放送上の表現 具体的な商品名等
放課後はミステリーとともに 霧ヶ峰という「家電」 霧ヶ峰という「エアコン」
有頂天家族 赤玉ブドウ酒 赤玉ポートワイン
偽エレキブランデー 偽電気ブラン
偽チンチン電車 偽叡山鉄道
死神の精度 「あの映画」 ジャン=リュック・ゴダール「女と男のいる舗道」
私の彼はポアンカレー 青色の丸っこいあいつ ドラえもん
10万馬力の空飛ぶやつ 鉄腕アトム
金春屋ゴメス カロリーバランスゼリー ウイダーインゼリー?(未確認)
フルネルソン りっけい大学 立教大学
バードケージ 一億円を使い切れ 世界タリラン滞在記 世界ウルルン滞在記
ドドバシカメラ ヨドバシカメラ
絶句 R大学 立教大学
いつか猫になる日まで
カラフル ミセスドーナツ ミスタードーナツ
都立高校独立国 この局 フジテレビ(原作ではブジテレビ)
東京防衛軍 どこかのエステティックサロン(TBC) 東京ビューティーセンター(TBC)
東京ミッキーランド 東京ディズニーランド
さらば国分寺書店のオババ 東京法経大学 東京経済大学
神保町のH書店 (恐らく)神保町の芳賀書店
森村ケンイチ、小松右京、西杜夫、大星新一 森村誠一、小松左京、北杜夫、星新一
非凡社、中央結論、月並書店、へちま書房 平凡社、中央公論、岩波書店、?
平成トム・ソーヤー 早慶大学 早稲田大学、慶応大学(原作では「有名私大」)
杉並ゼミナール、駿河台予備校 代々木ゼミナール、駿台予備校
家族ホテル 浦安の遊園地 ディズニーランド
101便着艦せよ イギリスの珍記録ブック ギネスブック
タイガーにしなさい!(予定) ばくぎん、らばいち、やぎはん、めんようシティ銀行 拓銀、山一、ヤオハン、徳陽シティ銀行
笑う20世紀 パート2 ださひ新聞、読み捨て新聞 朝日新聞、読売新聞
青春離婚 エキナカのコーヒーショップ スターバックスコーヒー
笑う20世紀 パート5 ダンディーズ ムーディーズ

ちなみに映画の題名を言わないとストーリーが続かない「リプレイ」のような作品は、普通に固有名詞を出してしまっています。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad