青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

斜陽の国のルスダン 原作:並木陽(青春アドベンチャー)

作品:斜陽の国のルスダン
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:歴史時代
初出:2017年8月11日~8月25日(全5回)
原作:並木陽
脚色:山谷典子
音楽:日高哲英
演出:藤井靖
主演:花總まり

1223年。
ヨーロッパとアジアの中間、黒海とカスピ海に挟まれた位置にあるキリスト教国でひとりの女王が即位した。
周りをイスラム教国に囲まれるという地理的な不利を跳ね返し、その国が繁栄を極めたのはすでに過去のこと。
前王はモンゴルとの戦いで戦死し、国の存続すら危うい中、政治には無関心、無関係で育った女王にとって、唯一の味方は、隣国ルーム・セルジュークの王子であり幼馴染であった夫ディミトリだけであった。
これは国の運命を一身に背負った女王の物語。
最愛の男性と結ばれるという幸福と最愛の男性と離別するという悲しみを同時に受け止めた女王ルスダンの物語。

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「斜陽の国のルスダン」はもともと並木陽さんにより「同人小説」として書かれた作品をラジオドラマ化した作品だそうです。
そして、内容は中世を舞台にしたラブロマンス。
「同人小説」+「ラブロマンス」というと、「NHKさん、随分と思い切った選択をしたなあ」と思われてしまいがちですが、実はそうでもないのです。

NHKのお堅いイメージとは裏腹に、青春アドベンチャーは、その前身番組、前々身番組のころから、マイナーなジャンルの作品を積極的にラジオドラマにしてきた伝統があります。
SF小説や漫画は言うに及ばず、ライトノベルの元祖といわれる「妖精作戦」を取り上げたのは1980年代後半に放送されていた「アドベンチャーロード」でしたし、「サウンド夢工房」や「ふたりの部屋」、「カフェテラスのふたり」といった女性リスナーを意識した番組では花井愛子さん(「夢行き階段」など)、折原みとさん(「夢みるように愛したい」など)、氷村冴子さん(「なんて素敵なジャパネスク」)といった、いわゆる少女小説を原作にした作品も多くありました。
さらには原作(とされる作品)と全く違う内容にしてしまった「ドラゴンジェットファイター」や、自費出版された書籍をベースにした「スペインから」など、スタッフの柔軟さ、というか悪食さは、昔からなかなかのものです。
そういった原作選択の幅広さを踏まえると、本作品もまさにNHK-FMのエンターテイメント帯ドラマ枠のひとつの正当な系譜に連なる作品とも言えるでしょう。
ちなみに、並木陽さんのtwitterによれば並木さんご自身、若い頃は青春アドベンチャーのリスナーだったそうです。
自分が聴いていた番組に同人誌として発表した作品が採用される。
これは嬉しいだろうなあと思います。

さて、本作品は中世のグルジアを舞台にした作品です。
グルジアといえば、いつのまにか正式国名が「ジョージア」になってしまったことで有名?な国。
私もラグビーの国際試合を見ていて(意外ですがジョージアはラグビー強国なのです)、いつの間にか「ジョージア」なる新興勢力が現れたことに驚いていたのですが、何のことはない「グルジア」でした…
ちなみに「グルジア」も「ジョージア」も語源は同じで、「グルジア」がロシア語系の読み、「ジョージア」が英語系の読みなのだそうです。
旧ソ連の崩壊後に分離独立したジョージアには今でも反露感情が強く残っており、ジョージア政府の要請を受け日本政府も2015年から「ジョージア」に表記を変えたそうな…色々ありますなあ。
何はともあれ、そのジョージア=グルジアの出発点となったのが、中世に存在したグルジア王国。
11世紀末から13世紀にかけて黄金時代を迎えますが、その末期に王国を統治したのがルスダン女王でした。
作品タイトルどおり「斜陽の国」だったわけですが、モンゴルの侵攻という暴風を受けたにもかかわらず、王国は何とか命脈を保ち15世紀まで続くことになりますので、ルスダン女王の手腕もなかなかのものだったのかもしれません。
ただ本作品はそういったポリティカルサスペンス的なものが主軸にあるわけではなく、あくまでラブロマンス作品です。
王が王都と民衆を見捨てて逃げ出す、イスラム教への改宗を拒んだ10万人が殺される、といった悲劇も、歴史的・社会的・民族的な大事件という視点から語られるのではなく、あくまでルスダンとディミトリとの間の悲劇を彩るための個人的かつエモーショナルな出来事として描かれる。
ほぼ同じ立場ある「帝冠の恋」の主人公ゾフィーと比較すると、恋に迷いながらも強い自我で一貫して国母たらんとするゾフィーに比べて、ルスダンは行動の根本原理が愛情。
ディミトリを裁断したときの言動は「かわいさ余って」としかみえず、とても一国の指導者とは思えない軽率さです。
良くも悪くも結局ルスダンは「女の子」であり続けたように感じます。
また、ディミトリについても、10万人が死ぬことより、首都トビリシをルスダンの手に戻すことを重視する態度にはさすがに共感は持てません(単に王族ならではの無自覚・無関心なのかもしれないけど)。
この辺はさすがに大人の男性にはちょっと甘ったるすぎます。
また、青春アドベンチャーでも短めの15分×5回で歴史上の大事件を描いていることもあり、全般的にストーリーが駆け足なのも否めません。
歴史もの、それも日本人になじみがなく背景知識のない国の歴史ものをきちんと描くにはやはり5回は短すぎます。

…という訳でいくつか個人的な趣向にはあわない点もあったのですが、その割には本作品の視聴後感は悪くありませんでした。
というのも、まず、「モンゴル」や「キリスト教対イスラム教」という日本人でもわかりやすいファクターを突破口にして、知られざるグルジア史への興味がそそられたこと。
そして甘いラブロマンスであることについても、ルスダンを演じた花總まりさん(はなふさ・まり)さんとディミトリを演じた海宝直人(かいほう・なおと)さんの熱演により、華がありつつ嫌味度の少ない雰囲気に仕上がっていることも大きいと思います。
海宝さんは劇団四季の「ライオンキング」で主役シンバの子供時代と成長後の両方を務めたことのある唯一の俳優さんですが、青春アドベンチャーでは「DIVE!!」や「タランの白鳥」での主演経験があり、すっかりおなじみです。
また、花總さんは宝塚歌劇団宙組の元トップ娘役。
同じ元トップ娘役としては、秋篠美帆さん(「ベルサイユのばら・外伝」)、純名里沙さん(「小袖日記」)、野乃すみ花さん(「帝冠の恋」、「雨にもまけず粗茶一服」)の例もありますが、花總さんはトップ娘役に12年も君臨した伝説の存在なのだそうです。
女王の演技が似合っているのも納得です。
また、時間の短さかについても、1・2話をかなり駆け足にすることにより、3・4話にじっくり時間をかけて、全体が単なるダイジェストにならないようにしています。
また、第5話に第1話とほぼ同じシーンが登場します(正確に言えば第5話のクライマックスシーンの一部を第1話冒頭に流してから時間を遡って物語がスタートする)。
これは原作どおりではあるのですが、時間が極端にない中、冒頭の部分は省略してもよかったはずなのに、敢えて2回流したのは勇気ある決断だったと思います。
本作人の脚本の山谷典子さんは「晴れたらいいね」について2作品目ですが、できるだけのことはやっているように感じます。
また、雰囲気という点では日高哲英さんの音楽も効いています。
最近、藤井靖さん演出の作品でたくさん音楽を担当している日高さんですが、「タランの白鳥」と同様、異国風の音楽がとてもいい感じです。
実際のグルジア風に音楽なのかは判断が付きませんけど、


なお、この「斜陽の国のルスダン」からネットラジオ「らじるらじる」での聞き逃し配信が始まりました
ありがたいことです。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

BANANA・FISH パート2 原作:吉田秋生(青春アドベンチャー)

作品:BANANA・FISH パート2
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:活劇
初出:1995年6月12日~6月23日(全10回)
原作:吉田秋生
脚色:じんのひろあき
演出:川口泰典、芦田健
主演:古澤徹

謎の言葉「バナナ・フィッシュ(BANANA FISH)」を追っていたストリートキッズのリーダー、アッシュ・リンクスは、その正体 - 1970年代に3人の学生が作り出した激烈な幻覚剤 - を知ることと引き換えに囚われの身になってしまう。
ようやくそこから逃げ出したアッシュだが、彼に安息のときは訪れず、バナナ・フィッシュをめぐる争いは激化していく。
コルシカ・マフィア、チャイニーズ・マフィア、ニューヨーク市警、謎の国家機関・国立精神衛生センター、そしてアッシュをも上回る最強の戦闘能力を持つ男…
バナナ・フィッシュをめぐる争いはいかなる結末を迎えるのか。
そしてアッシュと、彼が心を許す唯一の友人・英二の運命は。

――――――――――――――――――――――――――

NHK-FM青春アドベンチャーによる、吉田秋生(よしだ・あきみ)さんの代表作「BANANA FISH」を原作とするラジオドラマの第2弾がこの「BANANA・FISH パート2」です。
第1弾の「BANANA・FISH」が放送されたのが1994年5月は、何と原作漫画が完結(「別冊少女コミック」1994年4月号)した直後でした。
NHK-FMのスタッフの目端が利くことがわかる、何とも素早い対応です。
そして、この続編が放送されたのはそのほぼ1年後。
しかも、この全10回の「パート2」が放送された翌週から、同様に全10回の「パ―ト3」が放送され、原作では19巻もある大作を一気にラストまで描ききっています。
この作品をラジオドラマにする選択を誰がしたのが、演出の川口さんか芦田さんか、あるいは脚色のじんのさんかはわかりませんが、これはもう「目端が利く」というレベルではなく、作品愛まで感じられます。

さて、本作品の最大の魅力として多くの人が指摘するのが、やはり主人公アッシュ・リンクスでしょう。

●札付きの不良で男娼あがり。
●SWATクラスのシューティング技術とIQ180の頭脳。
●五十男の分別と知識を持った17歳。
●チンピラではなく天才。
●外見はかわいい猫だが中身は獣。

以上のように、彼は作中でも様々な言葉で表現されているのですが、彼の魅力は、こういった言葉で表現されている美貌や戦闘能力だけではなく、その隠し持ったナイーヴさや、ショーターや英二に接したときに垣間見える弱さなのだと思います。
この弱さ、そしてアッシュと英二の精神的なつながりは、いわゆる「腐女子」の心をつかむに十分な要素。
英二がアッシュに向けて言う「君に僕の国を見せたい」なんて台詞、プロポーズで言われてもおかしくない言葉ですな。
前作の記事でも書いたのですが、そういった点で、アッシュを演じるのが古澤徹さんであるというのは、個人的には少し違和感のある配役でした。
どちらかといえば、本ラジオドラマでは英二を演じている井上和彦さんでよかったような…
もちろん「リプレイ」や「青の時間」、「星の感触」、ランドオーヴァーの34など多くの青春アドベンチャー作品に主演されている古澤さんの演技に不満があるのではないのですが、声質的にはむしろブランカが合いそう。
もちろんブランカを演じている古田新太さんもなかなか合っている配役なんですけどね。
ブランカといういえばこのパート2、ブランカが登場する終盤、急にストーリーが締まってきたように感じました。
もちろんこのパート2でもアッシュはピンチに告ぐピンチ。
シシリアン・マフィアのボス・ゴルツィネから相変わらず執着されているにとどまらず、ニューヨーク市警から追われ、国立精神衛生センターのマッドサイエンティスト・マナーハイムに人体実験の対象にされそうになり、チャイニーズの不良少年の新ボスであるシン・スウ・リンからも付け狙われています。
しかし、どんなピンチでも万能すぎるアッシュの能力を見せられると、「まあどうにかなるのではないか」と、どこか緊張感が欠けてしまいそうになる中、ガツンと登場するのがブランカ。
もとKGBでアッシュをも圧倒する戦闘能力を持つブランカがアッシュの敵として登場することで一気に物語は加速しそう…なところで物語はパート3へと続いていきます。

さて、改めて本作品のキャストを紹介しますと、主人公アッシュ・リンクスを演じたのが古澤徹さんで、その親友(?)である奥村英二を演じたのは井上和彦さん、そしてブランカを演じたのが古田新太さんであることは前記のとおり。
でも本作品の味のあるキャストはむしろ「悪役」側に多い。
まずはマフィアのボス、ディノ・ゴルチネを演じた川久保潔さん。
最初は老人声過ぎると思いましたが、慣れると、これはこれでなかなか。
また、チャイニーズ・マフィアを支配する家系の末弟であるユーシスを演じた舵一星さん(前作の大輝ゆうさんから交代)は元宝塚女優らしい中性的な演技で、いかにもユーシス。
また、「マッド」マナーハイムを演じた関根信昭さんは、川久保さんと同じ東京放送劇団の方で、FM]アドベンチャー時代・アドベンチャーロード時代の数々の実直な役(「渇きの海」、「暗殺のソロ」など)のイメージが強いのですが、こういったマッドで、気持ち悪い役もさすがの安定感です。

【じんのひろあき脚本の他の作品】
スピーディーな展開、的を絞った見せ場。
青春アドベンチャー初期の名脚色家・じんのひろあきさんの担当作品一覧はこちらです。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。こちらをご覧ください。傑作がたくさんありますよ。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。



□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad