青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

学問ノススメ-挫折編 原作:清水義範(サウンド夢工房)

作品:学問ノススメ-挫折編
番組:サウンド夢工房
格付:A+
分類:少年
初出:1990年4月2日~4月13日(全10回)
原作:清水義範
脚色:津川泉
演出:大沼悠哉
主演:松下一矢

「いいかぁ! これからの1年だ! この1年の過ごし方で、胸を張って生きていけるようになるか、敗北感を持って生きていかなきゃならんのかが決まる。お前等、こんなにやりがいがある時はない!」
壇上で予備校の教師が、がなりたてている。
何でこんなことになってしまったんだろう。
そう、キビオカ大学の入学試験で、あんな問題さえ出でなければ、今頃は楽しいキャンパスライフを満喫していたはずなのだ。
青春真っ盛りの時期なのに、1年間も浪人生なんていう憂鬱な立場で過ごさなければならないなんて。

――――――――――――――――――――――――――

清水義範さんは、1970年代から主にジュブナイル系のSFで作家生活をスタートした方です。
しかし、1980年代後半以降はパロディ小説、推理小説、青春小説などに活躍の場を広げ、「金鯱の夢」(歴史小説?)、「虚構市立不条理中学校」(不条理コメディ)、「柏木誠治の生活」(日常ユーモア小説)の3作品では直木賞の候補にもなりました。
NHK-FMのエンタメ系・帯ドラマ枠でも、本作品を含めて5作品がラジオドラマ化されています。
この5作品を時系列的に振り返ると、「怪事件が多すぎる」・「怪事件が多すぎるⅡ」(ファンタジー風ミステリー、アドベンチャーロード1987年)、「学問ノススメ-挫折編」(青春もの、本作品1990年)、「尾張春風伝」(歴史もの、青春アドベンチャー2007年)、「バードケージ 一億円を使い切れ!」(少年サスペンス、青春アドベンチャー2008年)と、清水さんの文筆経歴を網羅するような幅の広いジャンルです。

さて、上記のとおり、本作品「学問ノススメ-挫折編」は清水さんがジュブナイルから一般への活動の幅を広げた時期の作品です。
そのため、本作品にはSF要素や超常現象は一切なし。
浪人生日常を、あくまで浪人生の目線から、面白おかしく切り取っていきます。
といっても主人公・津吹淳一(つぶき・じゅんいち)は別段面白いことをしている意識はなく、浪人生のトホホな日常をモノローグを交えながら淡々と表現していきます。
とはいえ淳一の生活は灰色一色ではありません。
後半はいわば「恋愛編」というべき内容になっています。
「浪人生なのに恋愛編?いいのか?」
というご意見もあろうかと思います。
良いわけありません。
終盤はなかなかの修羅場です。
淳一君、それなりの屑人間な訳ですが、まあ聞いていると「仕方がないかな」とも思える流れにはなっています。
その辺は作劇上のうまさだと思います。
淳一を演じているのは俳優の松下一矢さんなのですが、松下さんは本作品の3か月前に放送された「最後の惑星」でも主役に準じる役を演じていらっしゃいます。
「最後の惑星」では主人公レーマンの息子役でいかにも子供風な演技だったのですが、本作品では立派な浪人生風。
調べてみると本作放送当時21歳でしたので、今回の淳一の方が実年齢に近く、やりやす役だったのではないかと思います。

また、この浪人生活を描いた作品がどことなく楽しげになっているのは、やはりキャラの立った浪人仲間の存在。
いかめしい名前とは正反対のおかま言葉で話す大道寺裕二や、気弱で「サド・ロリ」という強烈な趣味を持つ吉沢康伸がその典型なのですが、このふたりどうも小川裕之さんという一人の方が演じ分けているようです。
そして強烈と言えばやはり印象的なのは千葉繁さん。
千葉さんのメインの役は高校時代からの一番の友人・片山隆博なのですが、こちらは「アルバイト探偵」のナレーションや「これは王国のかぎ」の砂漠の行者役に近い抑えた演技。
むしろ予備校講師役の方で、TVアニメ「北斗の拳」の予告編を彷彿とさせる名調子(迷調子?)を朗々と披露してくれます。
本作品、現代の受験勉強、進学制度についての辛辣な目線が一つの味になっているのですが、それを戯画的に際立だせるために千葉さんの演技がとてもよくあっています。
でも、揶揄の対象とするために戯画的に描かれているはずの予備校講師の言葉に、一定の説得力を感じてしまうあたり、聴いていて我ながら年を取ったものだと思いました…

さて、本作品、アドベンチャーロードの後を受けて始まった新番組「サウンド夢工房」の一番最初の作品でした。
「サウンド夢工房」は前番組の「アドベンチャーロード」、後番組の「青春アドベンチャー」と違い、番組自体のテーマ曲(丸山みゆきさんの「涙ながすその前に」)があるという特徴がありました。
このテーマ曲を冒頭と最後に流すため、どうしてもドラマ自体の時間は短くなってしまっています。
本作品の場合、本編終了後に毎回、「学問ノススメ番外編 格言ノススメ」のミニコーナーがあるため、さらにドラマパートが短くなっています。
「格言ノススメ」で述べられた各界の格言は以下のとおりです。

第1回:「学問は尻から抜ける蛍かな」与謝蕪村
第2回:「お天道様には勝てない」はるまきとめさく
(↑出典がわかりません。もしかしてギャグ?ご存知の方はご教示を。)
第3回:「毎朝必ず良い考えをもって始めなさい。心配やため息で始めることだたけはしないことです。そうすればあなたは一日中、暗雲を突き破る日光をわずかなりとも持てるでしょう」ヒルティー
第4回:「問うていわく、苦を去って楽しみを求むる道はいかん。答えて云う、学問なり。」中江藤樹
第5回:「教育とは点数、卒業証書、就職、月給である。」エル・カウフマン
第6回:「我我の自己 欺瞞 ( ぎまん ) は一たび恋愛に陥ったが最後、最も完全に行われるのである。」(芥川龍之介)

第7回:「ラブなんていうもこはそんなに大騒ぎするようなもんではないんだね。つまり飯を食うようなもんさ。」島崎藤村
第8回:「辛いことをやるのも一生、楽なことをやるのも一生」林芙美子
第9回:「とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。」太宰治
第10回:「闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。」 小林多喜二
※第10回は他にも世阿弥、夏目漱石、三宅雪嶺の格言を紹介しています。

なお、この「学問ノススメ-挫折編」、原作は「奮闘編」、「自立編」と続いたようですが、ラジオドラマはこの「挫折編」まで。
ちょっと残念です。
また、2007年にTV朝日系列でテレビドラマ化もされています。
「土曜ナイトドラマ」枠全8回で津吹淳一役は俳優の中尾明慶さんだったようです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

UFOはもう来ない 原作:山本弘(青春アドベンチャー)

作品:UFOはもう来ない
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:SF(日本)
初出:2017年3月13日~3月24日(全10回)
原作:山本弘
脚色:山本雄史
演出:木村明広
主演:樋井明日香

「わたしのおじいちゃん  三年四組二番  木じま千里
わたしのおじいちゃんは、とてもえらい人だと思います。
おじいちゃんの開いているはく物かんは、せかいで一番ユーフォ―にくわしいんだよ、といつもわたしに自まんします。
わたしのおじいちゃんは、ユーフォーサイエンスミュージムのかん長です。
おおきくなったら、わたしもユーフォ―のけんきゅうかになって、おじいちゃんといっしょに、うちゅう人に会いたと思います。」

2015年12月20日。曇りのち雨。
祖父が死んだ。
祖父が死んだといってもあまり実感というものがない。
今も宇宙のどこかで生きているような気がする。
私も祖父の探していた宇宙人を探す。
私もUFO研究家になるのだ。

――――――――――――――――――――――――――

…いきなり微妙なパロディから入ってしまってスミマセン。
元ネタ、わかりましたでしょうか。
いえね、本作品の第4回を聴いていて、「先人の思いを継ぐ」という場面での連想から思いついてしまったんですよ。
「艦長=館長(かんちょう)」に気がついた段階で捨てられないネタになってしまいました…
SFであるという以外、共通点は全くないんですけどね。
関係者の皆さん、ご容赦ください。
また、わからない方には意味不明な文章ですよね、スミマセン。

さて、気を取り直して本作品ラジオドラマ版「UFOはもう来ない」の紹介を始めます。
本作品はSF作家・山本弘さんの小説を原作とするSF作品です。
ジャンルは「ファーストコンタクトもの」。
「ファーストコンタクトもの」とは、地球人が初めて宇宙人と接触する事件を中心に、異文明との接触や人類の進化などを語るSFのいちジャンルで、本作中でも言及されるアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」などが有名でしょうか。
青春アドベンチャーでファーストコンタクトものってあったかな?と思って考えてみたのですが、「スフィア」、「太陽の簒奪者」、「イーシャの舟」あたりにその要素がありましたし、アドベンチャーロード時代の「最後の惑星」も、ある意味、ファーストコンタクトものでした。
ただし、ど真ん中のファーストコンタクトものは初めてなんじゃないかと思います。

本作品、主人公は大阪弁を話す27歳の独身女性・木縞千里(きじま・ちさと)。
平日は印刷会社の事務員をしながら、土日はUFOミュージアムを運営しているというだけでも恰好な変わりものです。
加えて、大阪弁でまくしたてるUFO愛や、序盤でインチキ臭いTVディレクターとベッドインしてしまうという行動(肝心のシーンの描写はありません。いわゆる「朝チュン」です。)などなど、原作に比べると下品さはかなり抑えられているらしいのですが(原作者のブログ(外部サイト)参照)、結構濃い主人公です。
その他、千里のその相手役のTVプロデューサーがインチキ臭いUFO番組専門の中年オヤジだったかと思えば、突然、子供たちがクローズアップされて出現した宇宙人を匿ったり(「星虫」か?)
と思ったら、今度はなんとインチキ宗教の教祖が登場。
それ以外にも、「姿かたちはタコに似ているが、行動と会話がほとんど地球人と同じセンスの宇宙人」、「惑星規模のカタストロフの最終シークエンスの発動?」などなど、目を引く要素が山盛りすぎて、一体、この作品は誰を軸にして、どういう方向で話を進めるつもりなんだろう、さすがにUFOを利用した町おこしの話にはならないだろうけど、大丈夫か?、などと思って聞いていました。
しかし、第4回のファーストコンタクトシーンで、ようやくしっくりし始めました。
これですよ、これ。
肌に浮き出るパターンで会話するなんてSFチックで良いじゃないですか。
コミュケーション手段が全く異なる種族どうしが手探りで意思疎通をしていく様子は、ファーストコンタクトものの醍醐味のひとつ。
さすが、星雲賞(2011年「去年もいい年になるだろう」)も受賞しているプロのSF作家さんです。
そしてその後、しばらくはあまり盛り上がらないドタバタ劇が続くのですが、終盤2回で再びびしっとしたSF展開に戻ります。
やはり“人類の未来”や“文明のあるべき姿”といった、小難しい話を扱ってこそのSF。
「人類は救世主を待望する気持ちが強すぎる」など宇宙人に辛口に批評されちゃう辺り、堪りませんな。
ただ、最終2話で急に色々と変わったのは違和感を感じざるを得ませんでした。
例えば、千里は宇宙人を探すという常識外の行動に血道をあげている割には、行動原理が感傷的で道徳観念が常識的なのですが、ほんのちょっと宇宙人と話すだけであっさりと節をまげてしまいます。
宇宙人の言うことは至極まっとうで、当初反発した千里の方が考えが硬直的に感じられたのですが、それにしても考えをあっさり変えすぎです。
また、反応があまりにも“人間的”で宇宙人感に欠けるペイルブルーですが、終盤2話に急に宇宙人っぽい話し方になります。
一応、AI翻訳をしているという設定なのですが、最初からこのしゃべり方で良かったようにも感じました。
そういった細かい点のほか、宇宙人の誘拐と奪還の下りが冒険もの、アクションものとしてはいまいちで中だるみ感もあるなどの欠点もありましたが、インチキ宗教の登場もテーマとの関連でキチンと意味があったことなども含めて、SF的でなかなか好感触の作品でした。

さて、主人公の千里を演じるのは樋井明日香(ひのい・あすか)さん。
もともとは女性4人のダンス&ヴォーカルユニットHINOIチームのメンバーでしたが、今は女優メインで活動されている方のようです。
1991年1月生まれの26歳で、千里と1歳しか違わないのがリアルな配役です。
ちなみに樋井さんは大阪府河内長野市のご出身ですので、大阪弁はネイティブなものだと思われます。
その他、千里とコンビを組むTVディレクター・大迫役の野田晋市さん、タコ型宇宙人(でもよく見るとタコにはあまり似ていない)のペイルブルー役の久野麻子さん、そして、新興宗教DSIの教祖?龍彫(りゅうぼり)役の国木田かっぱさんあたりが主要なキャストです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad