青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

エヴリシング・フロウズ 原作:津村記久子(青春アドベンチャー)

作品:エヴリシング・フロウズ
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:少年
初出:2017年6月26日~7月7日(全10回)
原作:津村記久子
脚色:蔭岡翔
演出:小島史敬
主演:前田旺志郎

ヤマダヒロシは大阪市大正区に住む中学3年生。
両親は離婚していて、オカンとふたり暮らし。
絵を描くことだけは結構、自信があったけど、それも昨年の写生大会で、クラスの地味目な女子に完敗してからすっかりやる気がなくなってしまった。
やたらと高圧的な優等生、無口で悪い噂のあるでかい男、なぜか威圧してくる女子、そして例の絵のうまい女の子。
新しいクラスも苦手な奴ばっかりだ。
こんなことで、1年間を乗り切れるのだろうか。
自分は、運河と海に囲まれたこの埋め立て地から一生抜け出せないのではないだろうか。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「エヴリシング・フロウズ」は、2009年「ポトスライスの舟」で第140回芥川賞を受賞された津村記久子さん原作のラジオドラマです。
エンターテインメント色の強い番組である青春アドベンチャーでは、直木賞作家の作品を採用することが多く、直木賞受賞作自体を取り上げることも間々あります。
その一方で純文学の文学賞である芥川賞の受賞作家を取り上げることは少ないのですが、2016年に「雨にもまけず粗茶一服」で松村栄子さんを取り上げたのに続いて2年連続での芥川賞作家の起用になります。

さて、純文学の作家さんの作品らしく、本作品はまさに少年の日常を取り上げた作品です。
正直、私はこういった日常生活を描いたラジオドラマが苦手です。
「化学調味料」でもいいのでガツンとスパイスが効いた作品を聴きたいんですよ。
その点、本作品の主人公であるヒロシは平凡な中学生で、これといって特別な出来事は起きない。
あえて言えば、母親の再婚騒動くらい………といいたいところですが、実は結構、いろいろと起きます(笑)。
まず第1週(前半)は何だか謎めいた口下手な同級生・矢澤を巡る話が中心。
付き合っている彼女を妊娠させて捨てたという噂のある矢澤ですが、ヒロシにはどうしても矢澤がそんな人間には見えない。
かといって積極的に矢澤に真相を尋ねたり、噂を打ち消すために自主的に行動を始めるような行動力を持ち合わせていないのがヒロシの特徴。
うじうじとしているヒロシの前でついに「事件」が起きます。
正直、序盤のオカンの再婚騒動のあたりは、辟易しながら聞いていましたが、話の中心が矢澤に移ってからは、「学校もの」の範疇ながらも、それなりにスリリング。
そういえば、本作品の演出の小島史敬さんは「バスパニック」、「バードケージ 一億円を使い切れ!」、「ヤっさん」など、うじうじした青少年を描くのがうまいんだよなあ。
それに、近年の青春アドベンチャーでは、「屋上デモクラシー」、「アグリーガール」や「逢沢りく」など、「学校もの」に佳作が多いことも思い出しました。
そして、前半最後に起こるクラスメートの女生徒・大土居に金属バットで襲われる事件を経て、その後は大土井の家庭の問題へのえ展開。
後半は幼児虐待やDVがテーマで、まるで「FMシアター」(NHK-FMで土曜日に放送してる単発ドラマ枠で現在的な問題を圧逢った地味な作品が多い)のようですが、主人公たちがまだ人生の先が長い中学生であることが原因か、あるいは最後の場面がコテコテトいっていいほどの「卒業」を象徴するシーンだったからか、FMシアターの作品とはずいぶん違った爽やかな視聴後感でした。
やっぱりいいよね、中学生。
まあこれからいろいろ「漂って」いかないといけなんだけどさ。

さて、本作品の主役の「ヒロシ」を演じるのは、お笑いコンビ「まえだまえだ」のボケ担当、前田旺志郎さんです。
そう若干7歳の時にお笑い番組「エンタの神様」に初登場した、あの「まえだまえだ」の「弟の方」です。
現在は16歳。
しかし、弱冠16歳の、しかも「お笑いの人」とは思えない、この安定した演技は何だ?
母親(オカン)役は、女優としてはベテランといってよい元ファッションモデルの川原亜矢子さん(青春アドベンチャーでは「プリンセス・トヨトミ」にご出演)なのですが、ほとんど対等に演じています。
それもそのはずで、前田さんは3歳のころから松竹芸能のタレントスクールに通い、「エンタの神様」出演前から子役としてCMやドラマなどに出演されていたとか。
なるほど納得です。
その他、実はある世界でかなりの有名人物である矢澤(演:松島海斗さん)、ヒロシが淡い好意を寄せるソフトボール部の野末(演:守殿愛生さん)、乱暴でがさつと思いきやいろいろな事情を抱える大土居(演:大出菜々子さん)、万事控えめだけど必要な場面ではしっかり主張する増田(演:古妻朋瑛さん)、進学した私立中学が馴染めないながら逞しく今後のことを考えている古野(演:中瀬優乃さん)と、準主役5人組は全員中学生(原作では「フジワラ」も主要登場人物のようですが、ラジオドラマでは出番は少ない)。
そのため、演じている役者の皆様も、あまり過剰な演技で盛り上げることはできないと思うのですが、各人のキャラクターがエキセントリックにならない範囲で個性的であること、物語の中でそれぞれの役割がきちんと割り振られているなどから、自然と聞きやすい作品になっていると感じました。
ちなみに、ヒロシを含めた6人組のほとんどが関西出身で、比較的実年齢に近いのは、さすがにNHKらしいところです(年齢は違いますが川原亜矢子さんも大阪出身)。

○ 田旺志郎(まえだ・おうしろう)さん : 大阪府出身、16歳
○ 島海斗(まつしま・かいと)さん : 東京都、17歳
○ 殿愛生(もりどの・まなせ)さん : 大阪府出身、14歳
○ 出菜々子(おおでななこ)さん : 京都府出身、17歳
○ 古妻朋瑛(こつま・ともえ)さん : 不明(テアトルアカデミー大阪の所属なので恐らく関西)、16歳
○ 瀬優乃(なかせ・ゆうな)さん : 大阪府出身、16歳

しかしこの記事を作成するために検索してみると、女の子、みんなかわいいですな。

ちなみに、優しい音楽で作品の雰囲気づくりに多大な貢献をしている内山修作さんも大阪出身。
…って、内山修作さんって、あのゾンビゲームの名作「バイオハザード」の作曲家の内山修作さん
全然雰囲気の違う音楽やん。

何はともあれ、正直あまり期待していなかったのですが、意外と(?)おすすめの作品です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。



□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

あおなり道場始末 原作:葉室麟(青春アドベンチャー)

作品:あおなり道場始末
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:歴史時代
初出:2017年5月29日~6月9日(全10回)
原作:葉室麟
脚色:さわだみきお
演出:吉田努
主演:橋本淳

ついに米櫃の米が尽きてしまった。
それはそうだ、最後も門人も先日出て行ってしまったのだから。
このままでは父上の一周忌もできない。
それなのに道場主の兄上は「困ったなあ」と繰り返すばかり。
世間の人たちは、失礼にも兄上を「青瓢箪」と「うらなり」を掛けて「あおなり」などと呼ぶが、これでは評判どおりだ…
姉上は姉上で「こうなったら道場破りをするしかない」などと、脳筋ならではの暴言を吐く始末。
これでは姉上も「鬼姫」などと呼ばれるのも仕方がないではないか。
しかし…道場破り?
意外といいかもしれない。
兄上の得意なものといえば剣術だけなのだから。
こうなったら、この勘六、神童の誉れ高く「天神小僧」の異名をとる末弟様が軍師役を務めて、何とか道場破りを成功させるしかない。
それに道場破りを続ければ、兄上が言う父上の死の謎に迫れるかもしれないし。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「あおなり道場始末」は、「蜩ノ記」で直木賞を受賞した時代小説作家・葉室麟(はむろ・りん)さんの小説を原作とするラジオドラマです。
青春アドベンチャーでは、2012年に「蜩ノ記」もラジオドラマ化していますので、本作品は2作品目の採用作品ということになります。

それにしても、この「蜩ノ記」と「あおなり道場始末」の2作品、同じ江戸時代を舞台とした、同一の原作者による作品なのに、雰囲気が全く違うことに驚きます。
「蜩ノ記」は「時間を区切られた生」という極めて重いテーマを取り扱い、終始重苦しい雰囲気で進む作品です。
それに対して、この「あおなり道場始末」は、一応、仇討ちものではあるのですが、ぽややんとした性格の主人公と、「3回に1回しか成功しない必殺技」という笑える設定のせいで、どうにも緊張感に欠けるストーリー展開になっています。
極端な言い方をすれば、「この作品の原作ってひょっとしてラノベ?」、「これってアニメでも行けるのでは?」と思わせるような軽やかさです。
「蜩ノ記」の重厚さとの落差に驚いても無理からぬところでしょう。

さて、本作品の舞台は豊後国(ぶんごのくに。今の大分県)にある坪内藩(つぼうちはん)。
そこで「神妙活殺流」(しんみょうかっさつりゅう)なる流派の剣術道場を営む3人兄弟(兄・姉・弟)が主人公です。
経済事情からやむなく道場破りを始めた3人ですが、藩内の5つの道場をひとつずつ訪ねていくうちに、やがて1年前の父親の死の真相、そして坪内藩が抱えるお家の事情が見え隠れするようになります。
原作はもともと双葉社の「小説推理」に掲載された作品です。
なので、謎解き要素もあるのか、と思ってのですが、正直言って、この面ではあまり目を見張るような展開はありませんでした。
また、中盤に少しクローズアップされる「身分社会における武士の生き方」とか「藩命の重さ」といった内容も「蜩ノ記」のような深みのある結論にはつながらず。
本作品はあくまで爽やかな兄弟愛、親子愛、そして仇討ちの爽快感を楽しむべき作品なのでしょう。
爽快感といえば、本作品はナレーションの多さと必殺技(「神妙活殺」)のチープな交換音が、チャンバラシーンの爽快さをやや損なっているように感じました。
実写やアニメと違って絵がないラジオドラマは効果音がとても耳に付きます。
縦えば「人喰い大熊と火縄銃の少女」の戦闘シーンの太鼓の音などは今でも耳に残っています。
SF作品でピコピコした電子音を使ってしまうのはそろそろやめにして欲しいといつも思うのですが、本作品の「神妙活殺」の効果音も、もうひとひねり欲しかったと思います。
ただ終盤の対決シーンはなかなかの迫力でした。

話を出演者に移しますと、まず主人公の青鳴権平(あおなり・ごんべえ)を演じているのは、俳優の橋本淳(はしもと・あつし)さん。
2007年の朝ドラ「ちりとてちん」や大河ドラマ「軍師官兵衛」などに出演経歴がありますが、読売演劇大賞、岸田國士戯曲賞、紀伊國屋演劇賞、ハヤカワ悲劇喜劇賞、読売文学賞など数々の賞を受賞している舞台俳優さんでもあります。
ちなみに(当たり前ですが)、1990年代の川口泰典さん演出作品に多数出演された橋本潤(橋本じゅん)さんとは別人です。
また、姉(権平から見ると妹)の千草(ちぐさ)を木下あかりさんが、弟の勘六を土屋神葉(しんば)さんが演じています。
土屋神葉さんは、朝ドラに主演(「まれ」)され美人女優として名高い土屋太鳳(たお)さんの弟さんにあたります。
「たお」も「しんば」も本名らしいのですが、「しんば」はひょっとして「ライオンキング」由来なのか?などと考えてしまいます。
その他では、新当流・柿崎道場の道場主を演じている吉見一豊さんがうさん臭くてよい感じです。
青春アドベンチャーでは多くの作品にわき役として出演されている吉見さんですが、その剽軽な声で「スタープレイヤー」の“マキオ”以来の印象的な役になっています。 


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad