青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

8月21日にNHK-FMにて「迷宮 画のないアニメ館」放送予定

8月21日にNHK-FMにて「迷宮 画のないアニメ館」なる特集番組の放送が予定されているようです。

(外部リンク)http://www4.nhk.or.jp/fmanime/#

一種のラジオドラマ番組のようですが、セリフの一部に空白部分のある第1話の脚本を事前に公開し、その空白部分のセリフをリスナーから公募、その内容を踏まえて放送中に即興で第2話を作る番組とのこと。
ただし、一種のラジオドラマとは言っても、番組ホームページではオーディオドラマ、ラジオドラマという言葉は一切使用されておらず、「画のないアニメ」という言い方をしています。
また、NHK-FMのオーディオドラマのページから一切リンクが張られていなので、通常のオーディオドラマとは全く違う形で生まれた企画と推測されます。

出演者も、アニメ好きで知られる女優の足立梨花さん(第32回ホリプロスカウトキャラバングランプリ)がMCを務めるほか、置鮎龍太郎さん、村田太志さん、徳井青空さん、内田彩さんといった、普段アニメで活躍されている声優さんが登場する……らしいのですが、正直、最近の声優さんに疎いので、どの程度有名な方かはわかりません。
ただし、置鮎龍太郎さんこそ、2003年に「聖杯伝説」に主演した経験がおありですが、他の方々は青春アドベンチャーではお見かけしません。
青春アドベンチャーでも、保科義久さん(「タイムスリップ」シリーズなど)や木村明広さん(「いまはむかし~竹取異聞」など)は良くアニメ声優さんを使いますし(出演者の選び方はこちら)、声優さんの中にも坂本真綾さん(「白狐魔記」、「1492年のマリア」)など良く出演される方もいらっしゃるのですが、基本的に舞台俳優が主演を務める作品が多い状況。
脚本家の清水東さんもアニメの脚本を多く手掛けられている方で青春アドベンチャーの脚本家陣とはかなり色が違うようにも思います(青春アドベンチャーで「分身」など多くの脚本を手掛けられ、後に人気テレビアニメ「けいおん!」でシリーズ構成を担当された吉田玲子さんのような方もいらっしゃいますが)。
青春アドベンチャーやFMシアターとは全く趣の違った作品になるものと思います。

正直言って、第1回のタイトルが「ブンボーグ戦士 ケシザベスピーチ!」と聞いてしまうと、自分がお題投稿で参加しようという意欲は湧きづらいところではあります。
しかし、青春アドベンチャーも四半世紀続く番組ということからか、近年、あまり新鮮味のある企画が生まれていないというのも事実かと思います。
かつては、まだあまり日の当たっていなかったライトノベル(当時で言うとジュブナイル)を積極的に取り上げたり、全編パロディと替え歌ばかりの作品を制作したり、全60回という前代未聞の超大作を作ってみたり、ダミーヘッドという特殊な録音技術を積極的に導入したり、それなりのチャレンジはあったのですが、最近は少なくともエンターテイメント性を増すための工夫という面では、これといった冒険作を聴きません。
ラジオドラマという存在が退潮している中、しっかりとした作品を作り続けることも大切であり、今年2016年のここまでのラインナップは近年まれにみるすばらしいものだと思います。
しかし、以前、「ダーク・ウィザード~蘇りし闇の魔導士~」で、ゲーム原作でオムニバス形式の作品などを提案したこともありますが、新しいチャレンジも積極的にお願いしたいところでもあります。

そういう意味もあり、少々、気恥ずかしくはありますが、この番組もぜひ視聴してみたいと思います。

(放送日時)
8月21日(日)午後9時30分~10時30分

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

新日曜名作座「晩鐘」がNHKオンデマンドで配信開始

「新日曜名作座」は、NHKラジオ第一で日曜夜に放送しているラジオドラマ番組です。
前身は森繁久彌さんと加藤道子さんが演者だった「日曜名作座」。
何と51年間続いた長寿番組でした。

それが「新日曜名作座」にリニューアルされたのが、2008年。
最初の作品は宮部みゆきさん原作の「孤宿の人」でした。
以降は、西田敏行さんと竹下景子さんが演じつづけていらっしゃいます。
この番組は、いわゆる「朗読」ではなく、効果音の付いたラジオドラマですが、西田さんと竹下さんのおふたりの演者がすべての役を演じ分けますので、青春アドベンチャーやFMシアターと比べると、随分と地味でこじんまりした印象を受ける番組です。
ただ、演技巧者のお二人ですので全く違和感はなく、作品セレクトがなかなかうまいこともあって、上品で聴きやすい番組になっています。
放送ペースも、週1回30分で、概ね6回程度で一作品の場合が多いため、1作品終わるのにの1か月半程度かかります。
そのため、1年間に放送される作品数は10未満の年が多く、その点でも毎年、数十作品放送される「青春アドベンチャー」や「FMシアター」の作品数と比べるとかなりゆったりペースです。

さて、その新日曜名作座で今放送中の「晩鐘」(佐藤愛子さん原作)が、NHKオンデマンドで配信されることになりました。
ちなみに現在、第1話は無料のようです。
このまま全作品がオンデマンド化されることになるのか、それとも「晩鐘」だけなのか。
詳細は良くわかりませんが、是非、続けていただきたいものです。
ラジオドラマのNHKオンデマンドでの配信というと、以前は青春アドベンチャーで放送された田村ゆかりさん主演の「タイムスリップシリーズ」(「タイムスリップ明治維新」など)が配信されていましたが、いつの間にかなくなってしまいました。

本当は過去の名作を配信していただきたいのですが、著作権等の面で難しいのかもしれません。
せめてこれから制作する作品は、青春アドベンチャーやFMシアターの作品もどんどんオンデマンド配信して頂きたいものです。
NHKのみなさま、是非是非、よろしくお願い申し上げます。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad