青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

タイムライダーズ 原作:アレックス・スカロウ(青春アドベンチャー)

作品:タイムライダーズ
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:タイムスリップ
初出:2017年4月3日~4月21日(全15回)
原作:アレックス・スカロウ
脚色:小松與志子
演出:真銅健嗣
主演:吉永拓斗

1912年、沈みゆくタイタニック号Eデッキで老人の声が響き渡る。
「君の命は残り4分。答えろ、生き延びたいか。さあリアム、決断の時だ。私に付いてくるならこの手を掴め。」
2011年、ボストンから西海岸へ向かう旅客機の中で老人はマディに語り掛ける。
「数分後、この旅客機の乗客全員が死ぬ。だが、君だけ生き延びることを選択できる。さあ手を握り給え、早く。」

沈みゆく豪華客船から、墜落する旅客機から、ムンバイの業火の中から、メフィストフェレスの手にひかれて3人の若者が集められた。
彼らの新しい人生の舞台として用意されたのは2001年9月10日。
翌日に起きる「あの事件」があまりに人々の記憶に鮮烈に残ったために、逆に人々の記憶から抜け落ちてしまった、その前日。

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「タイムライダーズ」は、イギリスの作家アレックス・スカロウの少年少女向けのタイムトラベルファンタジー?を原作とする作品です。
原作小説は、日本語版だけでも「タイムライダーズ」、「タイムライダーズ 紀元前6500万年からの逆襲」、「タイムライダーズ 失われた暗号」の3作品が発表されていますが、母国イギリスでは合計9作品(完結)の長編シリーズなのだそうです。
昨年2016年末に「元禄の雪」で藤井靖さんの「白狐魔記」が完結したのですが、それに代わる真銅健嗣さんの新シリーズの始まり…だったらいいな。

さて、本作品は典型的なタイムトラベルSF、それも主人公たちがいわゆる「タイムパトロール」役になる古典的なSFです。
この種の作品は星の数ほどあるわけで、本作品の2作品前に制作された「つばき、時跳び」もタイムトラベルものでした
しかし、ごく狭い世界を舞台とした「つばき、時跳び」とは異なり、本作品は、有名な事件が再現されるわくわく感、歴史が改変され世界が変わってしまう緊張感、それに時間移動を利用したトリックなどを主体とした王道のタイムトラベルものです。
ただ、シリーズものの第1作という位置づけから、序盤を「タイムライダーズ」結成までのエピソードに割かざるを得ず、本編の冒険は中盤以降となります。
そのためか、冒険の舞台となるのは第2次世界大戦末期と比較的身近であり、スケール感はあまりありません。
ただ逆に身近であるが故の緊張感もあり、タイムパトロールものらしい緊張感にあふれた良作になっています。

演出面でも、小松與志子さんのナレーションが全くない脚本を、セリフと効果音だけでうまく表現していることが印象的です。
セリフについて出色なのは、「タイムライダーズ」を招集する謎の男、冒頭の紹介では「メフィストフェレス」と比ゆ的に表現しましたが、特に序盤はどうにも胡散臭いフォスターを演じる山崎たくみさんの声。
作品中でフォスターの容姿を説明するナレーションは一切ない(フォスター自身が「ただの老人だ」いうのが数少ないヒントでしょうか)のですが、この声だけで十分怪しい雰囲気が伝わってしまいます。
ナレーションが全くない以上、声質やしゃべり方でキャラクターを表現することは必須。
はっきりいってかなり過剰な演技ですが、この作品にはこれくらいでちょうどいいと思います。
それにしても山崎さんの声を聴いていてふと思ってしまったのは、「(若くして亡くなられた)塩沢兼人さん似ているなあ」ということ。
常に似ているわけではないのですが、時々、「すごく気取った声を出しているときの塩沢さん」とよく似た雰囲気の声になります。
調べてみると、山崎たくみさんは塩沢さんの死後、その持ち役の多くを引き継がれた方とか。
NHK-FMはアニメ畑の専業声優さんをあまり使わないのですが、塩沢さんは1980年代から1990年代までずいぶんとNHK-FMに重用されていました。
妖精作戦」、「サラマンダー殲滅」、「マージナル」、「オルガニスト」などなど懐かしい作品が目白押しです。
山崎たくみさんのお声を聴いていて何だかとても懐かしい気分になってしまいました…
懐かしいといえば、妙に脱力系のエンディングテーマもちょっと懐かしいように感じました。
アドベンチャーロード時代にはこういったちょっと軽い感じのエンディングテーマも多かったように記憶します。
本編とはちょっと雰囲気が違う曲を掛けることによってちょっとしたクールダウンの効果があったような気がしますね。
特に最終話は、最後の場面から出演者紹介にうまく音楽がつながっておりなかなか印象的でした。
本作品の音楽を担当している山本清香さんがそこまで意識していたかはわかりませんが。

さて、出演者の話に戻りますと、その他の出演者さんも、礼儀正しく責任感の強い元客室係リアム・オコナー少年役の吉永拓斗さん(青春アドベンチャー初主演!)、世慣れたプログラマー(趣味はハッキング)のマディ・ガーター役の占部房子さん(「泥の子と狭い家の物語」、「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」など)などキャラクターの色分けが見事。
特にまっすぐな性格で仲間思いでもあるリアムが主人公であることが、吉永さんの素直な声と相まって、この作品をとても気持ちの良いものにしていると思います。
強いて言えば、マディ役の占部さんと、インド人少女(2026年出身)サリーナ・ビクラムを演じる磯部莉菜子さんの声としゃべり方にもっとはっきりとした差を付けてよかったような気はします。
ただ、残念ながらこの「タイムライダーズ」の3人の中では、「実行役」で出番の多いリアムと、他のふたりの間にはかなりの差がありました。
キャラ付がはっきりしてくるのは第2作目以降なのかも知れないと思うと、次作を期待してしまうところです。
そして、マディとサリーナがいまひとつ印象が強くないのと対照的に、本作品で存在感が強いのは様々なオジサマ方。
先ほど述べたフォスターがまずそうなのですが、他にも、「ベルリンの秋」のシュタイナーや「封神演義」の聞仲が懐かしい大友龍三郎さんが演じた「支援ロボット・ボブ」が準主役といってもよい活躍だったことは「肯定」せざるえをえないところでしょう(笑)。
そのほか、これもおじさんである敵役コンビ、石橋徹郎さん(「晴れたらいいね」の佐治軍医、「獅子の城塞」の次郎左)が演じたクレイマー博士と、信太昌之さんが演じたカールのドラマも本作品のもうひとつの聴き所といってもよいと思います。
そういえば、実在の人物であるアドルフ・ヒットラーを演じた酒向芳さんも、「闇の守り人」のジグロ役で印象的な方でした。
この方面ではずいぶんと豪華な配役です。

それにしても全15話を聴き終わって残った最大の謎は、そもそも「タイムライダーズ」とは何なのかということ。
作中ではスポンサーや設立経緯などは全く明かされませんでした。
役割の重要さから言って、国家規模、あるいはそれ以上(全人類規模)のバックはあってもおかしくない割には小規模な?組織。
この辺は第2作目を聴けば明かされるのでしょうか。
やはりこれは2作目を期待せざるを得ないところです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

夏・風・ライダー 原作:高千穂遥(FMアドベンチャー)

作品:夏・風・ライダー
番組:FMアドベンチャー
格付:AA
分類:スポーツ
初出:1985年1月21日~2月1日(全10回)
原作:高千穂遙
脚色:倉内均
演出:千葉守、竹内豊
主演:草野大悟

奥脇と一緒にオクワキエンジニアリングを立ち上げたのは、バイクが、とくにエンジンがただただ大好きだったからだ。
オクワキエンジニアリングの元を去ったのは、奥脇がパーツの製造販売に血道をあげ、いつしかマフラーしか弄れない毎日になってしまったからだ。
あれから9年。
今でも辞めたのが正解だったのか考えることがある。
オクワキエンジニアリングは早々にレースに参加するようになり、今では日本を代表するプライベーターと呼ばれるまでになった。
それに引き替え、俺は未だにしがないバイク屋の親父だ。
しかし、それも終わりだ。
俺も今年からレースに参戦する。
チーム“ノブ”といえば聞こえはいいが、まあ言ってみれば「町内会チーム」だ。
それでもレースはレース。
時は来たのだ。
夏の「鈴鹿4時間耐久ロードレース」まで全力で突っ走るまでだ。

――――――――――――――――――――――――――

最近、読み返したんですよ!
何をって?
「ふたり鷹」ですよ、「ふたり鷹」。
人によっては「俺は『バリ伝』(=バリバリ伝説)の方が好きだった!」、「俺が印象的なのは『汚れた英雄』だ!」なんて人もいるかもしれないけど、いやーとにかく熱いですよね、ロードレースって。
同じモータースポーツでもカーレースとは、またひと味違った熱さ。
学生スポーツとか文化祭とか、そういったものに通じる熱さです。
金はかかるが4輪に比べれば何とか参加できてしまうという経済的な条件、そしてヘルメットとライダースーツだけで過酷な世界に飛び込んでいくという無防備さがロードレースものに「ギリギリ感」や「必死さ」を帯びさせているように感じます。
あまりロードレースにエモーショナルな期待をしても当事者には怒られてしまうかも知れませんが、やっぱり「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は「バイク乗りの甲子園」なんですよね。

さて、本作品はSF作家として有名な高千穂遙さんの小説を原作とするラジオドラマです。
高千穂遙さんは、「クラッシャージョウ」でスペースオペラ、「美獣」でヒロイック・ファンタジーという、2ジャンルで日本初の作品を生み出した方です。
少し大げさかもしれませんが、日本SF史上に残るエンターテイメント作家といえると思います。
NHK-FMのラジオドラマでも、アドベンチャーロード時代に「銀河番外地・運び屋サム」、「黄金のアポロ」の2作品がラジオドラマ化されています。
高千穂さんは今でこそ自転車愛好家として知られていますが、昔はバイク好きとしても有名でした。
つまり、本作品は高千穂さんの趣味全開の作品であり、作品を聞いていてもバイク及びバイク文化に対する愛情があふれていることが感じられる作品です、
というのも、本作品の主人公はライダーではなくチームのオーナー。
本業も単なるバイク屋の親父です。
「昔は実は凄かった」という、よくある設定があるのはご愛敬ではありますが、過去に大事なことをやり残してきた中年親父にも、バイクは青春を運んできてくれるのです。
チームの結成、ライバルの出現、不調、事故、トラブル、そしてレース当日。
こうしてみると、典型的なスポーツものの展開です。
スポーツといえば、耐久レースは1台のマシンを複数のライダーが交代で乗り継ぐ、いわばリレー競技でもあり、「一瞬の風になれ」(4×100mリレー)や「風が強く吹いている」(駅伝)と同様のドラマ性もあります。
まさに主人公は親父だけど、実質的には青春スポーツもの。
目標の鈴鹿4時間耐久ロードレースが(もちろんそれ自体有名なレースではあるものの)極言すると8耐(鈴鹿8時間耐久ロードレース)の前座レースに過ぎないという「一流未満感」も、ギリギリあり得そうな感じがして良い舞台設定です。
だからこそ「ふたり鷹」や「バリバリ伝説」でも描かれているのでしょう。
本作品を一言で表すと「たった4時間の夏に捧げるための半年間」。
何ともリリカルにまとめることができる話です。

それにしても改めて思ったのですが、モータースポーツってラジオドラマにあっています。
モータースポーツの魅力のひとつはやはり「音」。
エグゾーストノートが響き渡るだけで作品世界に入ることができます。
モータースポーツを取り上げたラジオドラマはあまり聞かないのですが、これは狙い目だと思います。

さて、主人公の山﨑を演じるのは俳優の草野大悟さん。
本ブログでも「世紀の大冒険レース~アムンゼンとスコット」、「脱獄山脈」などの出演作をご紹介済みです。
本作品のわずか6年後、51歳の若さで亡くなられたのはとても残念です。、
また、ヒロインのゆかりとナレーションを担当したのは無名塾5期生の女優・原陽子さん、らしいのですが、いまひとつわかりません。
その他、中西良太さん(「いつか猫になる日まで」の水原役ですな)、五代高之さんあたりが主なキャストです。

一方、スタッフは、脚色が倉内均さんで、演出が千葉守さんと竹内豊さん。
はっきりとはしないのですが、倉内さんが後年「佐賀のがばいばあちゃん」(2006年)、「日本のいちばん長い夏」(2007年)などの映画の監督をされた方だとすると、本作品は倉内さんがテレビマンユニオンから独立し、テレビ制作会社ネクサスの設立に参加される時期の作品と言うことになります。
一方の千葉守さんは後年まで多くのNHK-FMのラジオドラマを演出されることになる方です。
後年は「おいしいコーヒーのいれ方」や「都会島のミラージュ」、「少年H」、「P」など、少しリリカルな日常っぽい作品のイメージが強くなるのですが、本作品は少しイメージが違いますね。
そういえば千葉さん演出の「武蔵野蹴球団」は「町内会チーム」という面で本作とよく似ていますが、同じトンデモ展開でも「バイエルンミュンヘン」より「4耐」の方が熱く感じられるのはなんでなんでしょうね。
また、もう一人の演出の竹内豊さんの演出作品と言えば「妖精作戦」!
その他、「魔弾の射手」、「黄金海峡」など印象的なエンタテイメント作品を多く演出されています。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad