青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

天下城 原作:佐々木譲(青春アドベンチャー)

*****************************************
 本記事は、現在、放送中の作品について
 仮の記事をアップするものです。
 完結次第、正式な記事に修正します。
*****************************************

作品:天下城
番組:青春アドベンチャー
格付:(未格付け)
分類:歴史時代
初出:2017年11月13日~11月24日(全10回)
原作:佐々木譲
脚色:小林克彰
演出:藤井靖
主演:横田栄司

落城の光景が忘れられない。
もし城さえ落ちなければ、侵略者の武田に囚われて、奴隷のような毎日を送るようなこともなかったはずだ。
だから、虜囚の立場からようやく抜け出した私、戸波市郎太(となみ・いちろうた)がやりたいことと言ったら、城を作ることしかなかった。
それも決して落ちない「不落の城」をだ。
石積み職人になったのもそのためだ。
そして、目の前の傲岸な男はそれをやらせてくれるという。
「天下人となる意思を示す城」、すなわち「天下城」。
それは決して落ちない「不落の城」でなくてはならない、その男、織田信長はそういったのだ。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「天下城」は、戦国時代の石積み職人集団「穴太衆」(あのうしゅう)を題材とした佐々木譲さんの小説をラジオドラマ化した作品です。
本作品は2014年に同様に青春アドベンチャーでラジオドラマ化された「獅子の城塞」の前日譚的な作品で、「天下城」の主人公である戸波市郎太(となみ・いちろうた)の息子が「獅子の城塞」の主人公である戸波次郎左(となみ・じろうざ)という関係にあります。
ただし、世代が一世代違うため登場人物はほとんど被りませんし、舞台がヨーロッパに広がる「獅子の城塞」と比較して、本作品「天下城」はあくまで戦国時代を舞台とした日本の歴史ものですので、基本的には別作品と考えてよいと思います。
それにしても「獅子の城塞」放送時に、「天下城もラジオドラマ化したら面白そう」と書いていた私としてはちょっと嬉しい作品チョイスだったりします。
佐々木譲さんは「廃墟に乞う」「笑う警官」「警官の血」などといった警察小説でも有名な方でもあります。
ちょうど少し前に「警官が主人公のラジオドラマ」という記事をアップしたところでもありますし、次は警察小説のラジオドラマ化なんかも期待したいところです。
アドベンチャーロード時代の「檻」(北方謙三さん原作)みたいなガチガチなハードボイルドもたまにはいいんじゃないでしょうか。

さて、話が脱線してしまいましたが、本作品は警察ものではなく歴史ものです。
舞台は戦国時代末期、いわゆる織豊時代。
近江で寺社の石垣を施工していた「穴太衆」(あのうしゅう)を取り上げた作品です。
戦国時代は戦乱が続いていた時代ですので、現代の我々からすると、さぞかし勇壮なお城がたくさんあったのだろうと想像しがちですが、実際は自然の地形を利用した山城や、塀や堀、土塁(土製の堤防)、城門などを設置した館の延長線上にある建物が、いわゆる「城」でした。
そのため手間のかかった石垣や巨大な天守閣といった、現代のわれわれが想像する城的な要素は少なかったのが、戦国時代までの城の常識であったようです。
その常識を覆したのが織田信長の「安土城」。
増加する一方の銃器対策、経済政策の重要性の増大、そして城主の権威付けの面から、以降の城はこのような形態が一般化していくわけですが、この安土城の石垣を施工して一躍、名を挙げたのが穴太衆というわけです。
本作品は、その穴太衆が活躍していく歴史を、戸波市郎太の個人史と重ね合わせることによって、ドラマチックなフィクションに仕立てた作品だと思います。

物語は少年時代の市郎太が、武田のもとから逃げ出すところから始まります。
この少年時代(青年時代?)の市郎太を演じたのは、平埜生成(ひらの・きなり)さん。
アミューズに所属する24歳の俳優さんで、舞台を中心に活動されている方のようです。
平埜さんの出番はおおむね第4回終盤までなのですが、wikipediaの平埜さんの項目を見ると終盤、別の役(想像できそうですが)で再登場がありそう。
楽しみです。
また、市太郎のいとこで、武田からともに逃げ出すものの、市太郎とは別の方法で過去に向きあうことを洗濯する中尾辰四郎を演じたのは大久保祥太郎さん(22歳)。
大久保祥太郎さんって、2006年に「精霊の守り人」でチャグムを演じた方じゃないですか。
「まあ、こんなに大きくなって…」と感慨もひとしおな反面、「守り人シリーズ続行は無理だなあ」とちょっと複雑な気持ちにもなったりします。

そして第4回終盤からはいよいよ大人の市太郎の登場。
すなわち主演の横田栄司さんの出番でもあります。
横田さんは文学座所属の46歳の舞台俳優さんで、顔は彫りの深い二枚目ですが、声は少し飄げた感じで、声だけのラジオドラマでも埋もれない個性のある声です。
横田さんの本番は20日からの後半戦。
織田信長に無茶振りされた、横田=市太郎がどうなっていくのか。
要注目です。
ちなみに、その織田信長を演じているのは、元劇団四季のミュージカル俳優の岡幸二郎さん。
なんと「白狐魔記 戦国の雲」(2015年)に次いで2度目の織田信長役です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

防潮門 原作:アリステア・マクリーン(アドベンチャーロード)

作品:防潮門
番組:アドベンチャーロード
格付:A-
分類:サスペンス
初出:1988年11月21日~12月2日(全10回)
原作:アリステア・マクリーン
脚色:田辺まもる
演出:伊藤豊英
主演:東野英心

それはひとつの英語のメッセージから始まった。
「我々はFFF(エフエフエフ)である。
我々は北海に臨む堤防の要衝を爆破する用意がある。
第一の目標はスキポール空港。
洪水は明日11時に起こることを予告する。」
テロリストはオランダという国全体を人質としようというのだ。
国土の3分の1が海抜ゼロ0m以下というオランダを。

――――――――――――――――――――――――――

「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」
本作品「防潮門」を聞いたときに最初に連想したのがこの言葉です。
誰が言い出したのか知りませんが、この言葉ほどオランダの国土を的確に表している表現はないでしょう。
そもそもオランダの正式名称である「Nederland」(ネーデルランド)自体が、「低地」という意味なのですが、それにしても国土の20%以上がオランダ人自らが干拓事業によって作り出した土地であり、30%以上が海面より低いということは驚くべき事実です。
また、オランダといえば風車が有名ですが、あの風車は小麦を製粉するためのものでも、ましては風力発電のためのものでもなく、単に水を汲みだすためのもの。
つまり、不断に水を汲みだし続けないとオランダという国は水没・消滅する運命にあるわけです。
いきなり脱線気味ですが、脱線ついでに言うと、ニューヨークの地下鉄も常に出水が続いており、ポンプアップを止めるとすぐに水没すると聞いたことがあります。
また、東京東部には広大な、いわゆる「0m地帯」が広がっているわけですが、これは水溶性の天然ガスを採取するために、地下水をくみ出しつづけた結果、地盤沈下したものだとのこと(東京東部の地下に日本最大のガス田「南関東ガス田」があるということは意外と知られていない)。
人間の欲求や生存本能というものは恐ろしいものです。

さて、この「オランダの存続にとって必要不可欠な堤防を人質にする」という一発ネタにすべてをかけた作品が、この「防潮門」です。
主人公はアムステルダム市警のエッフェン警部。
「警部」といっても彼は普通の警察官ではなく、テロリスト対策の特別捜査官。
その職業ゆえに過去、妻と子をテロリストに爆殺された過去を持っています。
彼はFFFの犯行を受け、即座に自ら潜入捜査を開始。
自分で自分の顔に火傷を付け、「指名手配の爆発専門家」に扮して犯人たちへの接触を図っていきます。
得意なのは推理ではなく行動、というタイプですので、ち密な計算はなくとも出たとこ勝負でどんどん進んでいきます。
警察官でありながらテロリストの信用を得るために王宮を爆破しちゃうあたり、「暗殺のソロ」のモーガン大佐に勝るとも劣らない暴走ぶりです。
この辺のストーリーの大雑把さ(一応、警官なのに…)は、本作品の魅力でもあり、逆にアラだともいえましょう。
このエッフェン警部の暴走ぶりにつられるように、上司である本部長のド・フラーフ大佐(演:柳生博さん)も、叫ぶ、愚痴る、狼狽する!
この辺も「暗殺のソロ」のファーガスン准将に似た感じです。
それにしてもこのド・フラーフ大佐、警察組織の人間なのに、なぜ「大佐」という軍事組織の階級なのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。

一方、ヒロインは女潜入捜査官でありながら実は財閥の令嬢という、属性盛り過ぎのアンネ・マリー。
オーバースペック気味の割には活躍の場は少ないアンネ・マリーですが、声はかわいらしく、いかにもヒロインっぽい感じです。
演じたのは女優の野口早苗さんなのですが、一方のエッフェン警部を演じるのが東野英心さんであるため、正直言って、カップルとしてつり合いが取れていません。
「美女と野獣」? というか「少女とおじさん」?
エッフェン警部、ひょっとしたら原作ではもう少し若いキャラクターなのかもしれません。
ただ、東野英心さんの声を聴くと、つい「あばれはっちゃく」の「父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」を思い出してしまう世代としては、エッフェン警部をアンネ・マリーの「白馬の王子さま」と呼ぶのは無理があると感じざるを得ません。
やっぱり東野さんは「CF愚連隊」の熊沢(=ギャンブル大好きおじさん)の方があっている感じがします。

スタッフは、脚色:田辺まもるさん、演出:伊藤豊英さんのコンビ。
再三引き合いに出した「暗殺のソロ」と同じコンビであり、実質的なこのドラマ枠の第1作である「無頼船長トラップ」のコンビでもあります。
なお、原作者のアリステア・マクリーンは冒険小説で知られた英国(スコットランド)の小説家で、「ナヴァロンの要塞」が有名です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad