青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

見習い魔女にご用心 ランドオーヴァーPart5 原作:テリー・ブルックス(青春アドベンチャー)

作品:見習い魔女にご用心 ランドオーヴァーPart5
番組:青春アドベンチャー
格付:AAA-
分類:異世界
初出:2001年4月16日~4月27日(全10回)
原作:テリー・ブルックス
脚色:高山なおき
演出:川口泰典
主演:松本保典

シカゴの弁護士ベン・ホリデイが異世界ランド・オーヴァーの王になってから4年。
多くの出来事があったが、ベンや仲間たちの奮闘もあり、2年前の「大魔王の逆襲」の事件以降は、王国も落ち着きを見せ始めていた。
ベンが最愛の精霊ウィロウとの間にもうけた愛娘ミスターヤも、もう2歳。
人間と精霊のハーフであるミスターヤは、もう6歳より下には見えないほど成長した。
全てが順風満帆、穏やかな日々が続くと思えたランド・オーヴァーだったが、またしても不吉な出来事が起き始める。
発端は「妖精の霧の外、マーンハル王国の国王リダル」と名乗る人物がベンを訪問してきたこと。
彼はなんと、いきなりベンに王国の引き渡しを求めてきたのだ。
しかし、問題はリダルだけではなかった。
事件を背後から操っていたのは、ある意外な人物だったのだ。

――――――――――――――――――――――――――

本作品は、アメリカのファンタジー作家テリー・ブルックスの異世界ファンタジーシリーズの第5弾「見習い魔女をご用心」を原作とするラジオドラマです。
青春アドベンチャーでは、1995年4月の「魔法の王国売ります」を皮切りに、本作品まで5作品がラジオドラマ化されました。
ちなみに第4弾「大魔王の逆襲」が放送されたのは1996年9月ですので、第1弾から第4弾までは1年半あまりの間に一気につくられたことになります。
一方、本作品の放送までには第4弾から約4年半のインターバルがありました。
この辺のタイミングはなかなか微妙で、実は本作品の原作が日本で出版されたのが1996年4月。
ラジオドラマ化が進行する中で当初ラジオドラマ化を想定していなかった第5弾が翻訳されたのではないかと思います。
なお、本作品は「北壁の死闘」、「ブラジルから来た少年」、「ジュラシック・パーク」など数多くの傑作を演出された川口泰典さんの青春アドベンチャーにおける最後の演出作品です。
1993から1996年にかけて異常な割合の作品を演出されていた川口さんですが、1996年9月の「大魔王の逆襲 ランドオーヴァーPart4」を最後に急激に演出作品が少なくなり、1999年は「狩人たち」のみ、2000年こそ「エデン2185」など4作品を演出したものの、2001年は本作品だけでした。
川口さんが最後の演出作品にこの作品を選んだのは、第5弾のみラジオドラマ化できていないという心残りがあったからかも知れません。

さて、作品の内容はいつもどおり。
またしてもランドオーヴァーに強大な敵が現れた…ように見えますが、実はこの「リダル」は今までの作品の敵役たちと比較すると、さして重要な役ではなく、実際、作中の登場時間も短めです。
しかし真の黒幕の策略に乗ってしまい、例によってベンの腹心である宮廷魔術師クエスター・スースと宮廷書記アバーナシーは、ベンから引き離されてしまいます。
しかも初登場のベンの娘・ミスターヤも誘拐されてしまう始末。
ただ今回は妻のウィロウが終始ベンと行動をともにするのが唯一の救いです。
このような窮地であっても、ベンには切り札である王家の守護者・パラディンがいるのですが、実はこのパラディンこそがベンの最大の悩みどころ。
パラディンの持つ強大な力と暴力衝動に取り込まれて自分の人格が狂暴化してしまうことをこそ、ベンは最も恐れているのです。
そのため切り札のパラディンを使用することすら、ためらわざるをえない状況。
事件解決のかぎは暴力で敵を排除することではなく、ベンが黒幕の存在に気づくことができるでもあるのです。
この点については、実はこのベン・ホリデイ、今までの作品では「シカゴの辣腕弁護士」という触れ込みの割には、あまり鋭いところが見えないキャラクターであったのですが、本作品の終盤ではなかなかの推理を示し、面目躍如。
ただ、真相に気が付くのが第8回の終盤というのはちょっと遅すぎではありますが…

また、面目躍如といえば、「魔術師の大失敗」での大活躍はあるものの、基本的に役に立たない魔法ばかりのトホホキャラであるクエスターも、今回、人間社会に飛ばされた後、なかなか冴えた推理でランドオーヴァー帰還へのきっかけをつかみます。
そのきっかけを現実のものとするアバーナシーの決断、そして常にベンをサポートし続けたウィロウも含めて、レギュラーキャラに万遍なく活躍の場を与えているのが、さすがに最終作と感じました。
人間世界でアバーナシーの友人となったエリザベスの視点から描かれる余韻のあるエンディングといい、全体的に好感の持てる作品でした。

ところで、青春アドベンチャー版ランドオーヴァーシリーズの「名物」といえば、一貫しないキャスト。
主人公ベンが松本保典さんから古澤徹さんに交代したことを初めとして、第4作目までの間にほとんど主要キャストが交代してきました。
しかし、本作品では更に意表を突くキャスト交代が起きました。
何とベンの担当が再び松本保典さんに戻ったのです。
古澤さんのベンもいいのですが、やっぱり1・2作でベンを演じた松本さんの印象が強く、「やっぱりこれだよなあ」という感はあるのですが、それにしてもなぜ今更?
しかも、本作にはポグワイドという端役で古澤さんも出演している。
???さっぱり訳が分かりません。

キャスト変更といえば、今まで一貫して海津義孝さんが演じてきたクエスター・スースの役は本作品では吉田鋼太郎さん。
最初は、「吉田鋼太郎さんといえばストラボだろ」、という気もしたのですが、途中で慣れました(本作ではストラボは登場しません)。
また、アバーナシーは初登場の八十田勇一さんに、ウィロウも初登場の詩乃優花さん(「美味しんぼ探偵局」参照)に交代。
宝塚女優でリレーしてきたナレーション(千紘あいさん→毬藻えりさん→森奈みはるさん→毬藻えりさん)は今回も宝塚女優の紘美雪さんが担当。
このキャスト変更、細かい変更までみるこんがらがってしまって全体像がさっぱりわけがわからないので、別記事で整理しましたので、詳しくはこちらをご覧ください。
なお、今回初登場のミスターヤを演じたのが飯塚雅弓(「フルネルソン」参照)さんであり、エリザベスやホルトウィッスル、大地の母といった様々な役を演じたのが佐久間レイさん(「沈黙とオルゴール」参照)。
お二人とも、アニメによく声を当てている声優さんで、飯塚さんはTVアニメ「ポケットモンスター」シリーズのカスミ役、佐久間さんは庵野秀明監督の「トップをねらえ!」の天野カズミ役などで有名です。
川口泰典さん演出作品のキャストは、男性は渡辺いっけいさん、海津義孝さん、松重豊さんなどの小劇場の俳優さんが、女性は前田悠衣さん、あずみれいかさんなど、宝塚出身の方が多い(なぜこのようにしているかはこちら)。
この最終演出作でなぜアニメ端の方を新規に登用したのかは謎…と思っていましたが、そもそも松本保典さんや井上和彦さんといったアニメ畑の方も多用していますので、特にイレギュラーなことではありませんでしね。

さて、最後の一つ。
実は、アメリカ本国ではその後の2009年にランドオーヴァーシリーズ第6弾"A Princess of Landover"が出版されているようです。
日本では未翻訳のようなので、仮にラジオドラマ化するとなると翻訳から始めなければならず、かなりハードルは高いと思います。
しかし、やはり続編は聴いてみたいもの。
高山なおきさん、脚本、何とかなりませんかね。
川口泰典さん、まだ宿題は残っていますよ。

【ランドオーヴァーシリーズ】
第1作 魔法の王国売ります
第2作 魔術師の大失敗
第3作 黒いユニコーン
第4作 大魔王の逆襲
第5作 見習い魔女にご用心【本作品】

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

オリガ・モリソヴナの反語法 原作:米原万里(青春アドベンチャー)

作品:オリガ・モリソヴナの反語法
番組:青春アドベンチャー
格付:AAA-
分類:サスペンス
初出:2016年7月18日~8月5日(全15回)
原作:米原万里
脚色:丸尾聡
演出:真銅健嗣
主演:西山水木

オリガ・モルソヴナと出会ったのは、1960年代のチャコの首都プラハにあったソビエト学校でのこと。
私、弘世志摩はこの学校に通う小学生だった。
オリガは、老齢ながらダンス教師として卓越した技術を持つと評判だった。
しかしそれ以上に彼女を有名にしていたのは、ただでさえ罵り言葉の宝庫と言われるロシア語を駆使し、罵詈雑言を浴びせかける天才だったこと。
その最も特徴的な表現方法は反語法。
彼女にかかると「美の極致!」という言葉さえも、圧倒的な皮肉へと変わるのだ。
しかし、オリガの過去に何か謎のようなものが見え隠れることが小学生であった私にも分かった。
そして1992年。
大人になった私はモスクワへと飛ぶ。
永年の疑問だったオリガの過去を知るために。
そこで待っていたのは、悲劇の現代史を生きた3人の女性の物語だった。

――――――――――――――――――――――――――

2006年に56歳で夭折されたロシア語同時通訳者にしてエッセイストの米原万里さんの処女小説「オリガ・モリソヴナの反語法」を原作とするラジオドラマです。
米原さんは1995年にエッセイ「不実な美女か貞淑な醜女か」で文壇にデビューし、2001年には「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
満を持して発表した本作ではBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞するなど小説家としても将来を嘱望されたわけですが、本作を書き上げた直後に卵巣がんが発覚。
3年後には死去されましたので、本作品は米原さんに取っては数少ない小説作品となりました。

さて、本作品の主人公の志摩(シーマチカ)は序盤の3回分以外は中年の女性です。
そして本作品のキーパーソンであるオリガ・モリソヴナは老女。
最近の青春アドベンチャーは対象年齢がかなり低い作品を採用することもあるのですが、本作品はびっくりするほど大人向きの作品です。
びりっかすの神さま」、「クラバート」など子ども向きでもなかなかの良作もあるのですが、やはり大人っぽい作品を聞きたい今日この頃。
この作品を作ったのは誰か?と演出の方の名前を見ると、やはり真銅健嗣さん。
真銅さんは、青春アドベンチャーきっての超大作封神演義」のほか、「精霊の守り人」、「ラジオキラー」のようなエンターテイメント作品の良作も担当されていますが、「赤と黒」、「蜩ノ記」といった大人向けの作品や、「妖異金瓶梅」や「穴(HOLES)」といった訳の分からない作品(褒めています)を多く担当されています。
本作品も真銅さんならではチョイスと言えましょう。

さてさて、本作品の内容は、志摩がベルリンの壁崩壊後のロシアを巡り、ロシア/ソ連の現代史の裏側を辿りながら、オリガの謎を解き明かしていく物語です。
物語のスタートはチェコのプラハですが、「プラハの春」のように民主化自体がテーマになることはなく、第3回に時間は約30年後に飛び、志摩の探索が始まります。
オリガ・モリソヴナと、もうひとりの不思議な教師エレオノーラとの関係は?
「シベリアのアラスカ」とは何か?
そして、やがて見えてくる「ふたりのオリガ・モリソヴナ」の真相は?

本作品、基本的に志摩とその親友のカーチャがロシアのいくつかの場所を巡り、人と話しながら、真相を探していくだけの地味な話です。
もちろんアクションシーンなどかけらもありませんし、男女の恋愛も……まあ、ありますが、それが作品の主題ではありませんし、明かされる真相も、強制収容所(ラーゲリ)や秘密警察(NKGB=エヌカーゲーベー)絡みのひたすら悲惨なものばかり。
しかし、後半から終盤にかけて一気に真相がわかっていく流れ、そして残った真実、つまり、心が壊れていると思われたエレオノーラが実は抱え込んでいた思い、作中最悪の人物として描かれているミハイロフスキーがわずかに見せる人間性、オリガが"あの"オリガになった理由、そしてオリガの反語法に秘められた権力や権威そしてどうしようもない運命に対する反骨心が明らかになる様は、とても感動的です。
まあ、冷静に考えると、オリガと特別な関係にあったジーナの行方に絞って最初から探していればすぐに真相にたどりついたのではないかという気もしますが…

ところで話は変わりますが、原作者の米原万里さんは、共産党の衆議院議員を父に持ち、自らもチェコのプラハでソビエト大使館付属学校に通っていた方です。
カール・マルクスの思想に共感を示していたそうですし、そういう意味ではソ連を擁護するような内容にしそうなものですが、本作品は徹頭徹尾、ソ連の悲惨で非人間的な裏面描いています。
考えてみると米原万里さん自身、偽悪的な悪口や下ネタが大好きだった方のようですので、元来が反体制・反権力であった(はずの)共産主義への信頼と、現実の体制(ソ連)への冷静な視線は特に矛盾することではないのかもしれません。

それにしても結局、「ソビエト社会主義人民共和国」とは何だったのか。
「共産主義」という美しい理想の下、人は、そして組織は、どうしてあそこまで堕落してしまうのか。
個人的な思いとしては、「みんな労働者の国」、つまり「みんな平等に貧しい国」などという理想が結局、聖人ならざる普通の人間には受け入れることはできないものだったのだと思います。
「アイツよりいい暮らしをしたい」、「アイツより権力をふるいたい」、「だって自分はアイツより少しだけかもしれないけど優秀なんだし、頑張ったのだから、差が付かないと納得できない。」
アメリカ合衆国の心理学者マズローの「欲求段階説」によれば、人間の欲求は、低次のものから順に、.「生理的欲求」 (Physiological needs)、「安全の欲求」 (Safety needs)、「社会的欲求又は所属と愛の欲求」(Social needs / Love and belonging)、「承認(尊重)の欲求」 (Esteem)、「自己実現の欲求 」(Self-actualization)の5段階に分けられ、最高位の「自己実現の欲求」に至ってやっと、自分や他人をありのままに受け入れられるようになるそうです。
先ほど書いたような思いを振り捨てて平等に邁進できるのは。それこそホー・チ・ミンやチェ・ゲバラのような本当に聖人(=変わり者)だけなのでしょう。
それは資本主義でも共産主義でも同じ。
結局は権力者の堕落をチェックする仕組みと権力者の交代を可能にする多様性のなさが悲劇につながったのだと思います。

…と、固い話はこのくらいにして、話は出演者に変わります。
本作品の主役を務めるのは西山水木さん。
青春アドベンチャーでは時々お名前をみかけるように思いますが、主演されるのは1997年の「顔に降りかかる雨」以来、およそ20年ぶりだと思います。
「20年ぶりの主演」
考えてみると青春アドベンチャーも凄い番組ですね。
また超重要人物のオリガ・モリソヴナを演じるのは銀粉蝶さん。
カフェテラスのふたり」時代の「10人のシンデレラ パートⅢ」で主演されていたのは1988年。
こっちは何と30年前です!
そのほか、カーチャ役の岡本易代さん、エレオノーラ役の大方斐紗子さんなど、とにかく中年、老年の女性のキャストが多い作品です。
あっ、例によって脚本の丸尾聡さんも出演されていますよ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad