青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

風の向こうへ駆け抜けろ 原作:古内一絵(青春アドベンチャー)

作品:風の向こうへ駆け抜けろ
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:職業
初出:2017年10月2日~10月13日(全10回)
原作:古内一絵
脚色:大河内聡
音楽:川崎良介
演出:吉田浩樹
主演:朝倉あき

「初めっから勝ち組は決まっているんだよ…」
淡々とした口調で先生が吐く言葉は、あるいは真実なのかもしれない。
「競馬の名門に生まれて技術もある。そんなやつには地方競馬出の雑草なんて、とても太刀打ちなんかできない。」
でも、でも…悔しい!
そう、私の中にある思いもまた真実だ。
「先生、教えてください。私、勝ちたいんです。」

――――――――――――――――――――――――――

冒頭の粗筋は、このラジオドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」第4回の終盤のセリフをベースに再構成したものです。
正直最初は、新人ジョッキー芦原瑞穂と調教師・緑川光司との、この部分のやり取りをそのまま載せてしまおうかとも思ったんですよ。
スローペースで始まったこの作品ですが、この第4回終盤の「熱さ」がとても印象的でしたので。
でも、激アツだからこそ、是非、ご自身で聞いてほしいなあという思いから敢えて一部だけの抜粋にとどめました。
となると、やはり聞き逃し配信はもう少し長めにやって欲しいという話になってきます。
少なくとも第二週を聴いて関心をもった方が最初から聴けるくらい(2~3週間くらい?)には。
この番組だけ聞き逃しの期間を延ばすのは難しいと思うのですが、2週間続くという番組の性格上、青春アドベンチャーは特例扱いでお願いしたいものです。

さて、本作品「風の向こうへ駆け抜けろ」で主人公・芦原瑞穂を演じている朝倉あきさんは、FMシアターや青春アドベンチャーではおなじみの女優さんで「幻想郵便局」、「放課後はミステリーとともに」、「想い出あずかります」など多くの作品に主演されています。
どの作品で演じたキャラクターからも、どこかほわほわしつつも、とても気持ちのいい独特の雰囲気を感じます。
本作品の瑞穂も、明るく、素直で、前向きのキャラクターなのですが、朝倉さんご自身はTVドラマ「トリック新作スペシャル3」で見せていただいたような「怪演」もできる女優さん。
冒頭紹介した第4回は後ろ向きのセリフが多い「鬱回」ですが、終盤に一気に盛り上がるのは女優・朝倉さんの迫力のある演技力あってです。
とはいえ、個人的に朝倉さんのとぼけたような「えーー!」というセリフ(なぜかどの作品でよくでてくる)も大好きなんですけどね。

また、その朝倉さんの演技を受ける、「やる気ゼロ調教師」緑川の東幹久さんの演技も、またぴったり。
いつも気だるげに話す緑川が、冒頭の会話の後に電話をかける場面は、この第四話までを締めるシーンとして秀逸です。
「安い馬だ!」には笑いましたが。
「締める」といえば、毎回ドラマの最中から流れているBGMがそのままエンディングテーマになってキャストやスタッフ紹介のバックにも流れる演出も秀逸。
私、これ、好きなんですよね。
80年代の秀作「A-10奪還チーム出動せよ」(笹原紀昭さん演出)などでも効果的に使われていました。

さて、いきなり濃い話になってしまってすみません。
改めて作品の概要を説明します。
本作品は競馬を扱った作品です。
青春アドベンチャーでは過去に馬がらみの作品としては、1999年放送の「名馬 風の王」と、「サウンド夢工房」時代の1990年に放送された「夢のたてがみ」があるのですが、本作の舞台は地方競馬。
広島にあるという設定の架空の地方競馬「鈴田競馬」が舞台です。
実際に広島には「福山競馬」という地方競馬があるわけですが、あえて全く聞いたことがない「鈴田競馬」という名称を使うことによって、一層の場末感が感じられます。
その地方競馬にスカウトされてきた新人ジョッキーの瑞穂ですが、やってきてすぐに鈴田競馬の実情に愕然。
どう酷いかは聞いてのお楽しみなのですが、特に酷いのが所属することになった厩舎。
「八百長」と陰口をたたかれやる気が全くない調教師。
失語症で話すことができない教務員(でもイケメン)。
瑞穂を敵視する老厩務員(「女になんか!」)。
そしてありえないほど年を取っている老競争馬などなど。
もちろん勝てません。
そんな中でもさらなる試練が…
というわけで冒頭のシーンにつながるわけです。
言ってみればコテコテの展開。
でもコテコテの演技と良質のBGM(作曲は「七帝柔道記」の川崎良介さん)、そして秀逸な演出で、とても聞きやすい作品になっています。
「演出」といえばこの作品、主人公のモノローグを除き、ほとんどナレーションがないんですよね。
ナレーションの使い方はラジオドラマの肝で、「妖精作戦」のようにナレーションなしでスピード感を演出する作品もありました。
本作品は内容上、競馬シーンという、どうしても音だけでは表現が難しいシーンが入らざるを得ないのですが、ここを「競馬の実況」という形でごく自然にナレーションを入れられるという点で、この作品はそもそもラジオドラマ向きなのだと思います。
そうそう競馬の実況といえば、本作品で「鈴田競馬」の実況を担当するのはお笑いコンビ「ナイツ」(3年連続M-1グランプリ準優勝)のツッコミ担当・土屋伸之さん。
本来は「市役所の広報の大泉」という役どころなのですが、鈴田競馬活性化のために自ら実況を買って出た、という設定のもと、実況も担当します。
土田さんは馬や競馬が大好きで競馬番組にもご出演されているのは周知のとおり。
そして、競馬好きといえば調教師・緑川を演じる東幹久さんも大の競馬好き。
恐ろしく凝った配役ですね。
他にも、鈴田競馬以外の実況を小林雅巳アナ(敢えてNHKのアナではなく競馬専門チャンネルの専業アナに依頼するとは!)に担当させたり、競馬指導として実際の女性ジョッキー岩永千明さんを起用したり、さがけいばや船橋競馬に協力をしてもらったり、広島ことば指導を置いたり、そして何より、直前の放送作「また、桜の国で」同様に演出家・吉田浩樹さん(「ふたり」)ご自身が積極的な情報発信(外部サイト)をされたり、手が込んでいます。

さて、本作品は競馬という男性社会に戦いを挑む女性の話ではあるのですが、必ずしもそれが強調された作品ではありません。
そもそも朝倉さんの声質のおかげでジェンダー面で「戦いを挑む」という感じにはなりにくいというもありますが、個人的には強者に対する弱者、すなわち中央競馬に挑戦する地方競馬という位置づけを強化するために、あえてその中でもマイノリティーである女性を主人公にしているのだと思います(もちろん一番は原作者自身が女性であることが大きいでしょうか)。
つまり、戦っているのは瑞穂だけではない。
緑川をはじめする厩舎が一丸となって戦っていくのが本作品の魅力です。
この緑川厩舎の個性的な面々を演じた方々がやはり印象的。
厩務員・木崎誠を演じた永嶋柊吾(ながしま・しゅうご)さんは、第5回のモノローグ以外はほとんどうめき声程度しかださず、終盤までまともなセリフはほとんどないという、思い切った出演の仕方です。
また、広島出身の政岡泰志さんは、常に賞金に拘る厩務員・トクちゃんをネイティブの広島弁で楽しく演じ、先代から緑川厩舎を支える老厩務員・カニ爺は野村昇史がしっかりと演じています。
これらの緑川厩舎の面々に加え、緑川厩舎の馬たちのお母さんツバキオトメや、「見た目はちょっとアレ」だが非凡な才能を秘めた女傑フィッシュアイズが作り上げていくドラマが、最終回の「絶対に負けられない戦い」(報知杯フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)=GⅡ!)に向かった収束していくのはなかなか見事です。
なお、各回には以下のとおりのサブタイトルが付いています。

第1回 : 行け!新人ジョッキー
第2回 : いざ、デビュー戦
第3回 : ジョッキーブルース
第4回 : 藻屑の漂流先
第5回 : 本気の地方競馬
第6回 : 人馬一体
第7回 : つかめ、初勝利
第8回 : めざせ、GⅠ
第9回 : 死力を尽くす権利
第10回 : たったひとつのマイロード

正直、全10回で収まりきれる話ではなく、特に後半は少しあっさりと進み過ぎるきらいはあります。
間、間できっと色々とあったであろうことは、脳内で補完しつつ(あるいは原作小説を読みつつ)聴くのがよかろうと思います。

さて、本作品の原作には続編があります。
「蒼のファンファーレ」(2017年6月・小学館)。
「風の向こうへ駆け抜けろ」の翌年を描いているとのこと。
こうなったら続編もラジオドラマ化してほしいものです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

青春アドベンチャー版「ラジオな日々」「ラジオにもほどがある」を藤井青銅さんに書き下ろしてもらうのはいかがでしょう。

【特集:お勧め作品14】藤井青銅「ラジオな日々 -80's RADIO DAYS」&「ラジオにもほどがある」

前から不思議に思っていたんです、我ながら。
何の話しかというと、このブログで1話完結のオムニバス形式の作品の感想を書くと、つい「オチ」を重視して書いてしまう。
オムニバス形式の作品だって必ずしもオチる必要はない。余韻を楽しむ作品だってあるはず。
改めて数えてみると、不思議屋シリーズ6作品(この記事作成時点で未紹介だった「不思議屋百貨店」と「不思議屋不動産」を除く)で、「オチ」という言葉を書いたのは1作品あたり平均1.8回ですので、単語として多用している訳ではないのですが、「一言感想」を読むとオチを期待しているのが自分でもよくわかります。
この自然とオチを求めてしまう性格はどこに原因があるのだろう、と思っていたのですが、この藤井青銅さんの「ラジオな日々」を読んでいてハタと気づきました。
そうか星新一か。
放送作家になる前の藤井青銅さんがそうだったように、私も星新一さんの熱心なファンだったという訳ではありません。
でも幼い頃に家にあったんですよね。
父親の本だったか、あるいは年上の従兄弟からもらった本だったのか。
もう内容も全く覚えていませんが、それこそすり切れるまで読みました。
その過程で短編小説にはオチがあるべきだ、ということがすり刷り込まれてしまったのでしょうね。
そういえば筒井康隆さんや小林信彦さんの短編集もあったような気が…

…という話しはさておいて、今回紹介する「ラジオドラマにしたら面白いのではないか」という作品は、藤井青銅さんの自伝的ノンフェクション「ラジオな日々 -80’s RADIO DAYS」と「ラジオにもほどがある」です。
丁度、今年の10月に藤井さんが久しぶりのNHK-FMのラジオドラマの脚本を書かれた(「ファイティング40、ママはチャンピオン」)こともあり、取り上げてみることにしたのですが、実は他にも訳はあります。
それについてはまた後で。

さて、ご存知かと思いますが、藤井青銅さんは、原作小説とオリジナル脚本を併せ、最も多くの作品を青春アドベンチャーに提供している作家さんです。
ラジオドラマに限らず広く放送作家、構成作家として多くのラジオ番組に関わられた藤井青銅さんですが、そのキャリアのスタートは第一回星新一ショートショート・コンテストの入選及びニッポン放送のラジオドラマ番組「夜のドラマハウス」の脚本応募でした。
その藤井青銅さんの、ラジオまみれの青春の日々を綴ったのが、この2作です。
「夜のドラマハウス」への参加から様々な番組を経て「夜のドラマハウス」の終了まで、主に1980年代をつづったのが「ラジオな日々」。
その後の、ウッチャンナンチャン、伊集院光(私は当時オペラ歌手だと信じていました)、いっこく堂、オードリーなどと仕事をした1990年代の活動をまとめたのが「ラジオにもほどがある」です。
NHK-FMのラジオドラマファンとしては、オールナイトニッポンスペシャルで「宇宙戦艦ヤマト」のラジオドラマをつくったという話しを読むと、サウンド夢工房「愛と青春のサンバイマン」で藤井さんが宇宙戦艦ヤマトのパロディを披露した源流はこんなところにあったのかと思ったりします。
また、干支シリーズで毎年、政治風刺をやっていた藤井さんですが「政治風刺は作りやすい」などという言葉を見ると、プロとして笑い取るために確信犯的にやっていたのだと気づかされたりします(もちろん偽悪的に書いている面もあるのでしょうけど)。
そして何より、「ラジオにもほどがある」の「3 モーツァルトと合作したり、T部長に見学されたり…」の章では、そのものずばり、青春アドベンチャーの前番組であるサウンド夢工房の「斎藤晴彦の試験によく出るモーツァルト」の制作裏話が公開されていたりして、NHK-FMのラジオドラマのファンには何かと楽しい本になっています。

そこで考えたんですよ。
実は青春アドベンチャーはこの2017年4月で丸25周年の節目を迎えるのです。
25周年といえば四半世紀。
生半可な長さではありません。
折角ですので、記念に「青春アドベンチャーを題材にした作品」があっても良いのではないかと思うのです。
いわば「青春アドベンチャー版“ラジオな日々”」。
実際の「ラジオにもほどがある」はサウンド夢工房時代しか描かれていないのですが、もちろん藤井さんはその後の青春アドベンチャーにも大きく関わられている。
その藤井さん自身の筆により、初期青春アドベンチャーの制作現場をドラマ仕立て、あるいはドキュメンタリー仕立てで作品にする。
2015年に放送された「今日は一日ラジオドラマ三昧」の中で、青春アドベンチャー初期の名演出家・川口泰典さんが出演されました。
それを聞いていると真面目な裏話だけでも十分楽しめます。
しかし、折角なら笑いあふれるコメディ風にしてしまったり、洋画の予告編のようなムダに荘厳な音楽を付けてドラマタッチにしてしまっても面白い。
例えば、第1話のタイトルは「ラジオドラマの黄昏」。
かつて2系列あった帯ドラマ枠が削減され、アドベンチャーロードも終了し、危機感を覚える関係者。
第2話のタイトルは「夢工房がつくったもの」くらいにして、そんな中始まった「サウンド夢工房」も、じんのひろあきさん持ち込み企画の「わたしは真悟」など、多くの実験的な試みを残しつつ聴取率を残せず終了(←想像であり根拠はありません)。
そして第3話から青春アドベンチャー編に突入。
川口泰典さんの異常な数の海外原作ドラマの連発、10年掛けてシリーズを紡いだ千葉守さんの「おいしいコーヒーのいれ方」、真銅健嗣さんの実験作「封神演義」、そして藤井青銅さんの干支シリーズなど、実際の放送音源を織り交ぜつつ制作。
少年漂流伝」などの妙ちくりんな作品にもなんかエピソードがありそうです。
もちろん出演者はスタッフもキャストも全員本人!
渡辺いっけいさんも上川隆也さんも松重豊さんも前田悠衣さんもみんな本人に出演して頂きましょう!
もちろん藤井さんもですよ。
伊藤守恵さんは無理か…
そうそう本人と言えば、もともとラジオドラマファンだった山西惇さんや内田健介さんが役者になり青春アドベンチャーに出演していく姿を横軸にしても良し!

…と、まあふざけて書いてしまったわけなのですが、別にまじめな企画でもいいのです。
例えば枠を2週間、15分だけ拡大してもらって、厳選した10作品の中から1話分だけ放送して、毎日15分のフリートークを付けるいかがでしょうか。
例えば「バッテリー」の第1話を放送した後に、今では人気声優になった主演の宮野真守さん(恐らく子役時代の演技に照れるでしょうが)と、大河ドラマのチーフプロデューサーになった演出の岡本幸江さんの対談を放送するとか。
15分間延々と、売れなかった時代の苦労話を松重豊さんにして頂くとか。
10作品はリスナー投票で選んでもいいでしょうし、NHK側でこれと思う作品を選んでもいい。
制作側からみて「あまりリスナー受けは良くなかったんだけど頑張ったんだよ」という作品を自己満足で選んでいいではないでしょうか。

いずれにしろ楽屋落ちに過ぎないといえばそれまでなのですが、四半世紀続いたご褒美としてこんなものもあってはよいのではないかと思って書いてみました。
実現するとは思えないですけどねえ。

あっ!気が付いたら藤井青銅さんとは何の関係もない記事になってしまった…
すみません…

【過去のお勧め作品シリーズ】
お勧め作品①:小川一水「天涯の砦」「疾走!千マイル急行」
お勧め作品②:小川一水(その他)
お勧め作品③:佐藤賢一「カエサルを撃て」
お勧め作品④:佐藤賢一(その他)
お勧め作品⑤:梅原克文「二重螺旋の悪魔」
お勧め作品⑥:笹本祐一「妖精作戦」シリーズ
お勧め作品⑦:尾瀬あきら「とべ!人類」「とべ!人類Ⅱ」
お勧め作品⑧:田中芳樹「マヴァール年代記」
お勧め作品⑨:山田正紀「神狩り」
お勧め作品⑩:小室孝太郎「ワースト」
お勧め作品11:2015年・リスナーが選んだ「青春アドベンチャーにして欲しい作品」
お勧め作品12:村上真裕「チキン」
お勧め作品13:戸田幸宏・中祥人「暴力の都」




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad