青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

また、桜の国で 原作:須賀しのぶ(青春アドベンチャー)

作品:また、桜の国で
番組:青春アドベンチャー
格付:AAA-
分類:歴史時代
初出:2017年8月28日~9月1日(全15回)
原作:須賀しのぶ
脚色:藤井香織
音楽:山下康介
演出:藤井靖
主演:井上芳雄

中学を卒業後に外務省の留学生試験に合格してから早10年。
1938年、日本の外務書記生・棚倉慎(たなくら・まこと)はベルリンからワルシャワへと向かう列車の車上にいた。
先の大戦で傷つき、疲れ果てた欧州。
欧州中のすべての人々が平和を渇望しているはずだった。
しかしこのポーランドを覆う暗い影は何なのだ。
歴史上幾度も他国に侵略され国土を失ってきたポーランドはまた何かに怯えているかのようだ。
何かとは?
それは領土的な野心を隠そうとしない隣国・ナチスドイツなのか。
それとも平和のためなら小国の滅亡にすら目をつぶろうという大国の無関心なのか。
いくつもの価値観の間で押しつぶされるポーランドの人々。
自身、日本とロシアという二つのアイデンティティの狭間に立つ慎は、この踏みにじられ、引き裂かれた国で何を目にするのか。

――――――――――――――――――――――――――

…というわけで、例によってまずは「また、桜の国で」のストーリー紹介から初めてみたのですが…
ダメですねえ。
どうにも作品の雰囲気が伝わりません。
公式ホームページのキャッチコピー「たとえ憎悪と暴力が世界を覆いつくしても、この想いは消えない。」の詩情の豊かさには到底敵いませんね。
それにしても、この1行コピー、どなたが考えていらっしゃるのでしょう。
私もtwitterでブログ更新を告知する際に簡単な作品紹介文を考えるのですが、なかなかうまくいきません。
見習いたいものです。

さて、話が逸れましたが、今回の紹介作品は須賀しのぶさん原作の「また、桜の国で」(第156回直木賞候補作)です。
須賀しのぶさんといえば、本作品と同じ2017年の1月に初めて「帝冠の恋」が取り上げられたばかりの方。
それからわずか半年で2作品目です。
青春アドベンチャーで、今まで取り上げられていなかった作家が急に連続して取り上げられることには前例があり、1993年のマイクル・クライトン(「ジュラシック・パーク」と「スフィア」)や2007年の荻原浩さん(「僕たちの戦争」と「押入れのちよ」)がそれに該当します。
しかし、イレギュラーな事態であることは確かです。
スタッフを見ると、「帝冠の恋」と「また、桜の国で」は藤井靖さん演出、山下康介さん音楽など、かなり類似しており、制作統括を兼ねる藤井靖さんの強い「推し」が感じられます。
ちなみに「山下康介さん音楽の作品に外れなし」というのは私の持論です。
本作品の音楽も、決して自己主張の強い音楽ではありませんが、作品に寄り添う良い劇伴だと思います。

さて、主人公はロシア系の日本人である若手外交官・棚倉慎(たなくら・まこと)。
NHK-FMの外交官を主人公にしたラジオドラマとしては「プラハの春」(青春アドベンチャー)や「東の国よ!」(FMシアター)があります。
考えてみると、「異国の文化を理解し共感を持たずには外交官として生きていけない。しかし自国の権益のために異国と一線を引かなければ外交官である資格はない。」(レイモンド・チャンドラー風に書いてみました(笑))訳で、その葛藤はドラマの宝庫となりえる条件を備えています(まあ、前者の特に続編の「ベルリンの秋」は別の意味でドラマチックでしたが。)。
慎にも激動の時代と大きな葛藤が待っているわけです。
そう、彼が外交官として赴任したワルシャワはすでに第二次世界大戦前夜の状況にあるのです。
歴史を俯瞰してみることができるわれわれからすると、この後の悲劇的な展開はすでに周知の事実であるのですが、彼はまだそれを知りません。
彼はその出自のなせるわざか、偏狭な民族主義に一定の距離を置き、悲劇の歴史を続けるポーランド国民に寄り添い、この大戦に向き合うことを決めます。
日本の在ワルシャワ大使館もまた戦争回避のために全力を尽くすのですが、時代は否応なしに動き始めてしまいます。
物語では、まずこの日本大使館の面々がなかなかに魅力的。
大使館の主で、あくまで誠実に平和を追い求める酒匂大使を演じたのは鈴木壮麻さん。
「帝冠の恋」の宰相メッテルヒニが強烈過ぎましたが、今回は口調がメッテルニヒとはかなり違い、誠実さが喋りからにじみ出ているのが見事。
情熱的な後藤副領事を演じた栗原英雄さんもナイペルク伯役でしたので、この二人は「帝冠の恋」コンビですね。
そして粟野史浩さん演じる慎の同僚の織田寅之助や、坂本真綾さんが演じるヒロイン・マジェナ(フルネームはマジェナ・レバンドスカヤ)を含め、とても良い一体感がでています。

しかし、物語が進むににつれ、この大使館関係者の多くがフェードアウト。
代わりにクローズアップされていくるのが、慎に準じる主人公格ともいえる3人の男性。

まず、慎に自分のアイデンティティを考えさせることになるユダヤ系の青年ヤンを演じたのは亀田佳明さん。
すでに「フラワー・ライフ」で主演経験があります。
ヤンは途中で徴兵され行方不明になったり、強制収容所に送られたりして、意外と登場シーンは少ないのですが、終盤の重要な段階で再登場。
慎を含めた4人の中でも最も過酷な人生をたどるヤンの鬱屈したしゃべり方を亀田さんが巧みに演じています。

そして、シカゴプレスの記者であるアメリカ人・レイ(レイモンド・パーカー)。
独特の陽気なしゃべり方や気障ったらしい口笛は、恐らく演出上のもの(ポーランド人でも日本人でもないという状況をしゃべり方であらわしているのでしょう)でしょうが、中川晃教さんによる、その微妙にうさん臭い演技がなかなかイイ感じです。
「誰よりも早く正確に真実が知りたい。」
「イデオロギーや国のご都合で歪められたものではなく、本物が見たい。そういうとき底辺に突き落とされた連中のもとに降りていくの一番いいってことさ。」
軽薄そうに見えるレイですが、彼の言葉にはリスナーに訴えかける力があります。
「(ポーランド人は)プライドばかりが高い。現実を見ることができないヤツばかり。」
ポーランドに対しても結構辛辣です。
後半に、レイのモチベーションの源泉である、ある意外な事実が判明し、実は結構ウェットな理由で彼が動いていたことがわかるのですが、彼はやはり感情だけで動く人間ではない。
「俺は、この目で見て、この耳で聞いたことしか信じない。」
ぶれない言動はさすがです。
中川さんも「1492年のマリア」で主演経験があるほか、「髑髏城の花嫁」にも出演経験がありますが、役の良さもあり、このレイが今までの青春アドベンチャーにおけるベストアクトなのではないでしょうか。

さらにレジスタンス組織「イエジキ部隊」の指揮官として強烈な存在感を示すのが豊田茂さん演じたイエジ。
なんと彼は実在の人物で、戦後に来日もしているようです(参考:外部サイト)。
本作品のクライマックスは1944年の、いわゆる「ワルシャワ蜂起」ですので、終盤、イエジは大活躍です。
「ワルシャワ蜂起」とは第二次世界大戦末期、ポーランドの開放を目指してAK(ポーランド国内軍)を中心とする勢力が起こした武力蜂起ですが、最終的にはドイツ軍の反撃とソ連軍の見殺しにより、軍民20万人以上のポーランド人が死亡して鎮圧されました。
よって、「大活躍」が「大勝利」も結びつくわけではないのですが。

そして、何より、彼ら過去の青春アドベンチャー主演クラスの曲者と絡む肝心の主人公・慎を演じた「ミュージカル界のプリンス」こと井上芳雄さんの演技が素晴らしい。
井上さんは、東京芸術大学在学中にミュージカル「エリザベート」のルドルフ役でデビューして以降、端正な容姿と高い歌唱力で多くのミュージカルで話題になったミュージカルスターです。
実は当ブログで昨年実施したアンケート「青春アドベンチャーに出演してほしい役者さん」でも名前も挙がっていました。
当ブログの推薦で出演が決まった…というわけでは全くなく、この作品に限らず、近年の藤井靖さん演出作品ではミュージカル(宝塚歌劇含む)経験者を多用する傾向にあるので、その流れで、なのでしょう。
最近の藤井靖さんは90年代の川口泰典さんに匹敵するくらい、たくさんの青春アドベンチャー作品を送り出しているのですが、キャスティングにおいても小劇団出身者と宝塚女優を多用した川口さんに匹敵するご自分の「色」がでているように感じます。
なお、藤井さんご自身による収録リポート(外部サイト)でも触れられていましたが、これだけ歌えるメンバーをそろえているのに歌うシーンがないというのも、なかなか面白いところです。
ちなみに、この収録レポート、全5回にも亘っており、ファン必見です。
というか、この収録レポートを読めば、こんなのブログなんか読まなくてもよいのではないか、とすら思えます(笑)

さて、現実の歴史的事件を下敷きにしたこの作品。
オリガ・モリソヴナの反語法」に続く、藤井靖さん演出による東欧もの第2弾といってもよい位置づけの作品だと思いますが、オリガ・モリソヴナと同様に一般の日本人は通り一遍の知識しかない国・時代が舞台。
しかし、「アウシュビッツ強制収容所」、「カティンの森事件」、「杉原千畝」といった有名なキーワードを織り交ぜつつ、全15回を掛けて丁寧に描いているおかげで違和感なく聴き進めることができました。
中盤までは残虐性は抑えた展開で、適度に客観的であるのも好感が持てます。
実際の第二次世界大戦の開戦日(ポーランド侵攻:1939年9月1日)にぴったりあせて放送するスケジュールにはびっくりしました。
個人的には、結末に爽快感のあった「オリガ・モリソヴナの反語法」と比較して、エピローグに時間を割いている割に余韻に物足りなさは残りましたが、菅生隆之さんの渋い声で締めるのもこれはこれでよいと思います。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

東の国よ! 作:福田義之(FMシアター)

作品:東の国よ!
番組:FMシアター
格付:AA-
分類:歴史時代
初出:2013年9月21日・9月28日(全2回)
作 :福田善之
音楽:日高哲英
主演:成河

1929年、日本の女性研究者は、イギリスの片田舎でようやくアーノルド・モロウを探し当てた。
アーノルド・モロウ。
文久2年に通訳として日本に来て以来、類まれな語学力と未知の世界に対する強い好奇心、そしてあくなき情熱で、明治維新の時代を日本人とともに駆け抜けた男。
彼の残した回顧録「いちヨーロッパ人の見た明治日本の変革」は、明治維新前後の日本を知るための第一級の資料とされている。
しかし、彼の回顧録には、ある重大な欠落がある。
鳥羽伏見の戦い前後の記録が混乱し、間違いも散見されるのだ。
これはモロウが意識的に行ったことではないか。
記録に残せない、あるいは残したくない、何かがあったのではないか。
すっかり年老いて反応も薄くなっているモロウの前で、研究者は自らが知る当時の時代背景を語り始める。
彼の証言を得るために。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「東の国よ!」は、NHK-FMのFMシアターで放送されたオリジナル脚本のラジオドラマです。
FMシアターは通常、土曜日の午後10時から50分程度の枠で、毎回1回完結のラジオドラマを放送する番組です。
本記事をアップする1か月ほど前の2017年7月22日・29日に前後編2回で「異人たちとの夏」が放送されていましたが、これはかなりレアなケースです。
「異人たちとの夏」の以前に2回連続で放送された作品を探してみると、実は2013年初出の、この「東の国よ!」まで遡ります。

さて、本作品は明治維新前後の日本に滞在していて日本びいきの架空の外交官アーノルド・モロウを主人公とする作品です。
「架空の」と書きましたが、このモロウには公式ホームページでも明示されているモデルとなった実在の人物がいます。
その人の名はアーネスト・サトウ。
ドイツ人の父とイギリス人の母を持ちロンドンで生まれた彼は、モロウと全く同じ文久2年にイギリスの駐日公使館の通訳生として来日しています。
ちなみには、私、「サトウ」という名字から、ずっと日系人(例えば漂流民の子孫とか)だと思っていたのですが、実はスラブ系の希少姓“Satow”で、「佐藤」とは基本的に無関係なのだそうです。
本記事を書くにあたって知った時にはちょっとした驚きでした。
なお、あくまで後付けですが、彼は日本では「佐藤」や「薩道」などの日本名を名乗っていたそうです。

とにかく、そのサトウの行動をベースに、彼の心情などをフィクションとしてミックスしたのが「モロウ」なのでしょう。
そのモロウと、北村有起哉さん演じる医師のウィリアム・ウォレス(通称「ビリー」または「BB(ビッグビリー)で、実在の人物としては「ウィリアム・ウィリス」。)のふたりを中心に物語は進んて行きます。
モローもビリーも、日本に極めて好意的でかつヒューマニズムあふれるコスモポモリタンです(当初のビリーの言動はそうでもありませんが)。
しかし、彼らはあくまでエトランゼ(異邦人)。
日本人と日本の美しさ、愚かさに関心を寄せ、深く関与しつつも、日本人の精神性に完全には共感することができず、精神的にも立場的にもどうしても日本の「内側」には入れないまま時代は過ぎ去っていきます……???って、どこかで聞いたような?
あっ、そういえば、「人間という不思議な存在に興味をひかれつつ、武士の愚かさに絶望することを繰り返す化け狐の話」があったような(笑)。
そういえば主演も同じ成河(ソンハ)さんじゃないですか。
私は例のシリーズを全部聞き終えてから、聴き洩らしていたこの「東の国へ!」を聴いたため、どこかで聞いていたような感じを受けてしまったわけですね。
改めて考えると「元禄赤穂事件」で終わっている「例のシリーズ」ですが、思いもよらない形で成河さんの語る「武士の時代の終焉」を聴くことができたと思うと、不思議な感慨があります。
まあ、単純な娯楽作品の「例のシリーズ」とは全然違って、本作品はいたってまじめな作品なんですけどね。

さてさて、物語は鳥羽伏見の戦いから会津戦争までをクライマックスとして、その後の経緯はばっさりと省略されています。
特に中心となるのは平田広明さん演じる「シロー」。
官軍の先鋒隊を率いて東山道を鎮撫して回りながら、最終的には官軍に切り捨てられ処刑されてしまう悲劇の人物ですが、これにも明確なモデルがいます。
先鋒隊はいわゆる「赤報隊」。
シローのモデルはその隊長であった相良総三でしょう。
漫画「るろうに剣心」にも主要登場人物である相良左之助の縁者として登場する相良総三ですが、最近の研究では総三自身にも相当の後ろ暗いところはあったようで、単なる悲劇とも言い切れないようです。
本作品の脚本を書かれたのは、本作品公開時点で81歳の大御所脚本家・福田善之さんですが、この辺のシローの扱い、そしてシローとモロウとの深い関わりが現実とかけ離れていることから、名称を変えてのフィクションになったのではないかと推測します。

いずれにせよ、この歴史改変?により物語のドラマ性は大いに増しており、日高哲英さんのあくまで落ち着いていながらスケール感のある音楽と相まって、大河ドラマ的なエンターテイメント性とテーマ性を両立させた作品になっています。
演出面でも、幕府役人の堅苦しい答弁を、あえて女性の松金よね子さんに演じさせたり(「女のように高い声で話す」とはモロウによる日本人役人に対する感想)、役人のモブを音楽劇的に拍子を付けたせりふ回しで表現してみたりしています。
個人的には、作品最後の「演劇が終わった際のような拍手で終わるメタ演出」(なのか?)は、制作側の自己満足のように感じてしまいましたが、全般的に、飽きの来ない凝った演出で素直に楽しめる作品でした。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。



□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad