青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

あおなり道場始末 原作:葉室麟(青春アドベンチャー)

作品:あおなり道場始末
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:歴史時代
初出:2017年5月29日~6月9日(全10回)
原作:葉室麟
脚色:さわだみきお
演出:吉田努
主演:橋本淳

ついに米櫃の米が尽きてしまった。
それはそうだ、最後も門人も先日出て行ってしまったのだから。
このままでは父上の一周忌もできない。
それなのに道場主の兄上は「困ったなあ」と繰り返すばかり。
世間の人たちは、失礼にも兄上を「青瓢箪」と「うらなり」を掛けて「あおなり」などと呼ぶが、これでは評判どおりだ…
姉上は姉上で「こうなったら道場破りをするしかない」などと、脳筋ならではの暴言を吐く始末。
これでは姉上も「鬼姫」などと呼ばれるのも仕方がないではないか。
しかし…道場破り?
意外といいかもしれない。
兄上の得意なものといえば剣術だけなのだから。
こうなったら、この勘六、神童の誉れ高く「天神小僧」の異名をとる末弟様が軍師役を務めて、何とか道場破りを成功させるしかない。
それに道場破りを続ければ、兄上が言う父上の死の謎に迫れるかもしれないし。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「あおなり道場始末」は、「蜩ノ記」で直木賞を受賞した時代小説作家・葉室麟(はむろ・りん)さんの小説を原作とするラジオドラマです。
青春アドベンチャーでは、2012年に「蜩ノ記」もラジオドラマ化していますので、本作品は2作品目の採用作品ということになります。

それにしても、この「蜩ノ記」と「あおなり道場始末」の2作品、同じ江戸時代を舞台とした、同一の原作者による作品なのに、雰囲気が全く違うことに驚きます。
「蜩ノ記」は「時間を区切られた生」という極めて重いテーマを取り扱い、終始重苦しい雰囲気で進む作品です。
それに対して、この「あおなり道場始末」は、一応、仇討ちものではあるのですが、ぽややんとした性格の主人公と、「3回に1回しか成功しない必殺技」という笑える設定のせいで、どうにも緊張感に欠けるストーリー展開になっています。
極端な言い方をすれば、「この作品の原作ってひょっとしてラノベ?」、「これってアニメでも行けるのでは?」と思わせるような軽やかさです。
「蜩ノ記」の重厚さとの落差に驚いても無理からぬところでしょう。

さて、本作品の舞台は豊後国(ぶんごのくに。今の大分県)にある坪内藩(つぼうちはん)。
そこで「神妙活殺流」(しんみょうかっさつりゅう)なる流派の剣術道場を営む3人兄弟(兄・姉・弟)が主人公です。
経済事情からやむなく道場破りを始めた3人ですが、藩内の5つの道場をひとつずつ訪ねていくうちに、やがて1年前の父親の死の真相、そして坪内藩が抱えるお家の事情が見え隠れするようになります。
原作はもともと双葉社の「小説推理」に掲載された作品です。
なので、謎解き要素もあるのか、と思ってのですが、正直言って、この面ではあまり目を見張るような展開はありませんでした。
また、中盤に少しクローズアップされる「身分社会における武士の生き方」とか「藩命の重さ」といった内容も「蜩ノ記」のような深みのある結論にはつながらず。
本作品はあくまで爽やかな兄弟愛、親子愛、そして仇討ちの爽快感を楽しむべき作品なのでしょう。
爽快感といえば、本作品はナレーションの多さと必殺技(「神妙活殺」)のチープな交換音が、チャンバラシーンの爽快さをやや損なっているように感じました。
実写やアニメと違って絵がないラジオドラマは効果音がとても耳に付きます。
縦えば「人喰い大熊と火縄銃の少女」の戦闘シーンの太鼓の音などは今でも耳に残っています。
SF作品でピコピコした電子音を使ってしまうのはそろそろやめにして欲しいといつも思うのですが、本作品の「神妙活殺」の効果音も、もうひとひねり欲しかったと思います。
ただ終盤の対決シーンはなかなかの迫力でした。

話を出演者に移しますと、まず主人公の青鳴権平(あおなり・ごんべえ)を演じているのは、俳優の橋本淳(はしもと・あつし)さん。
2007年の朝ドラ「ちりとてちん」や大河ドラマ「軍師官兵衛」などに出演経歴がありますが、読売演劇大賞、岸田國士戯曲賞、紀伊國屋演劇賞、ハヤカワ悲劇喜劇賞、読売文学賞など数々の賞を受賞している舞台俳優さんでもあります。
ちなみに(当たり前ですが)、1990年代の川口泰典さん演出作品に多数出演された橋本潤(橋本じゅん)さんとは別人です。
また、姉(権平から見ると妹)の千草(ちぐさ)を木下あかりさんが、弟の勘六を土屋神葉(しんば)さんが演じています。
土屋神葉さんは、朝ドラに主演(「まれ」)され美人女優として名高い土屋太鳳(たお)さんの弟さんにあたります。
「たお」も「しんば」も本名らしいのですが、「しんば」はひょっとして「ライオンキング」由来なのか?などと考えてしまいます。
その他では、新当流・柿崎道場の道場主を演じている吉見一豊さんがうさん臭くてよい感じです。
青春アドベンチャーでは多くの作品にわき役として出演されている吉見さんですが、その剽軽な声で「スタープレイヤー」の“マキオ”以来の印象的な役になっています。 


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

きりしたん算用記 原作:遠藤寛子(青春アドベンチャー)

作品:きりしたん算用記
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:歴史・時代
初出:2017年5月8日~5月12日(全5回)
原作:遠藤寛子
脚色:今井雅子
演出:藤井靖
主演:大塚千弘

大坂冬の陣から3年。
京の都を、汚い身なりの女の子が歩いていた。
彼女の名は小菊(こぎく)。
年齢は10ばかりだが、大坂の陣で両親を亡くしていた小菊は、奉公していた商家でも盗みの疑いをかけられ戻るところがない。
それなのに、また道端で泥棒との言いがかりをつけられてしまった。
そんな小菊の身を案じる人間が二人だけいた。
「だいうす町」に住む美しいきりしたんの女性ルチア。
そして、京でも豪商・角倉家の一族で、和算を学ぶ吉田与七(よしち)。
小菊とルチア、そして与七が出会うとにより、運命の歯車は回り始める。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「きりしたん算用記」は、2015年にはアニメ化もされた「算法少女」で有名な遠藤寛子さんの小説を原作とするラジオドラマです。
「算法少女」と同様、「和算」(江戸時代に日本国内で独自に発達した数学)をテーマとしていますが、少女小説・児童文学とされ、主人公が少女である「算法少女」と比較し、PHP研究所から小説として発刊された本作品は、やや大人向けの作品のようです。
そのためか公式ホームページにおけるキャストの並び順は、ルチアを演じる大塚千弘さんがトップになっているのですが、聴いてみての感想としては、渡邉このみさんが演じる小菊が主人公といってもよい作品です。

さて、本作品は江戸時代初期の京都を舞台とした作品です。
青春アドベンチャーで江戸時代を舞台とした作品は「しゃばけ」や「魔岩伝説」などファンタジー要素が強い作品が多いのですが、本作品はそういった要素は一切なし。
風になった男」や「尾張春風伝」と同様、舞台が江戸でないという点で、ちょっと「外した」作品選択ではありますが、基本的にはごくまじめでハッタリ要素の少ない作品です。
ちなみに本作品の演出の藤井靖さんは「1492年のマリア」や「白狐魔記 天草の霧」で、キリスト教がらみの作品を採用しています・
しかし、とにかく終盤に近付くにつれ陰惨な転換になっていった「1492年のマリア」や、キリシタンの首魁・天草四郎を相当に胡散臭く描いた「白狐魔記 天草の霧」に対する反動からか、本作品におけるキリシタンは弱者をいたわるひたすら心優しい人々として描かれています。
ちなみにキリシタンというと私は西国のイメージしかありませんでした。
しかし、考えてみるとフランシスコ・ザビエルが布教のためにまず向かったのが京都。
その後、仏教勢力への対抗の意図もありキリスト教を保護した織田信長が勢力を持っていたのも畿内でした。
その後の弾圧のおひざ元でもあったわけですが、浸透具合からすると隠れキリシタンの集落が残っていても不思議ではありませんね。
しかし、時代背景を考えると、物語は悲劇的な方向へ向かわざるを得ません。
その辺が本作品のメインテーマなのですが…
本作品、全5回とショートサイズの作品です。
ストーリーについてこれ以上書くとほぼネタバレになってしまいますので、この辺でご容赦ください。
ただ、個人的には、この全5回というサイズ、やはり短すぎたのではないかと思います。
物語の縦糸が「キリシタン」だとすると、横糸が「和算」。
ただしストーリーが短すぎてどちらの要素も中途半端に終わったように感じました。
全5回の作品はスケールの大きい作品、構成要素が多い作品には向きません。
タランの白鳥」なども担当されている日高哲英さんの音楽など良い雰囲気もあったのですが…
ちょっと残念です。

さて、出演者についてはまず主役?のルチア(日本名:かよ)を演じたのは大塚千弘さん。
青春アドベンチャー初主演の「海に降る」や出演2作目の「恋愛映画は選ばない」でのやや活発な役どころと違って、本作品のルチアはあくまで穏やか。
どちらかというと「チョウたちの時間」に近いでしょうか。
また、真の(?)主役といってよい小菊は2006年生まれの子役・渡邉このみさんが演じています。
この渡邉このみさん若干10歳ですが、2012年に「八日目の蝉」で史上最年少の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞(!)しているほか、2015年の「まれ」・2016年の「べっぴんさん」で2年連続して、朝ドラヒロインの幼少期を演じているとか。
本年1月にはNHK-FMのもうひとつのラジオドラマ枠「FMシアター」にも「きみを待つピアノ」で出演済み。
末恐ろしいですね。
一方、江戸時代のロンセラー算用書「塵劫記」(じんこうき)の著者として歴史に名を遺した吉田光由(みつよし)は辻本祐樹さんが演じています。
実在の人物という点では大儒学者・林羅山や名奉行として知られる京都所司代・板倉勝重(「天草の霧」で登場する板倉重昌の父親です)、も登場しているのですが、セリフが多くなく出演者紹介でも出てこないので、どなたが演じているのか確認できませんでした。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。



□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad