青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

もう一度、夫婦で 作:中澤香織(FMシアター)

作品:もう一度、夫婦で
番組:FMシアター
格付:C
分類:日常
初出:2015年2月14日(全1回)
作 :中澤香織
演出:北野拓
主演:あがた森魚

40年前はバスだった…
あの頃、宮崎は新婚旅行先として空前のブームの最中だった。
しかし、66歳になった仁史が妻の裕子と降り立った宮崎ブーゲンビリア空港は、すっかりくすんで見えた。
いや、くすんでしまったのは自分たち夫婦なのかもしれない。
今回の旅を企画したのは私だ。
もう一度、夫婦として生きていくことはできるのだろうか。

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「もう一度、夫婦で」は2015年にFMシアターで放送された作品です。
脚本を書かれたのは、当ブログ主催の「2016年FMシアター・特集オーディオドラマ人気投票」で見事に第1位となった「ミラーボール」を書かれたの中澤香織さん。
ちなみに、「ミラーボール」は一種のコメディでしたが、本作品はFMシアターお得意の人情もの?です。

さて、本作品を制作したのは、作品の舞台からもわかるとおりNHKの宮崎局であり、本作品はいわばご当地ものです。
出演者は、あがた森魚さん、市毛良枝さん、城戸愛莉さん、崎本大海さんの4人のみ。
このうち、城戸愛莉さんが宮崎県出身であるほか、あがた森魚さんの母親が宮崎県高鍋町出身、崎本大海さんは宮崎県が舞台となったNHKの連続テレビ小説「わかば」にご出演歴があるなど、キャスト面でも宮崎色が強い作品です。
ただし、市毛さん(「謀殺の弾丸特急」の頃は若かった)だけは宮崎とは縁がないようではありますが。

なお、この4人は二組の夫婦を演じており、あがた森魚さん(68歳)と市毛良枝さん(66歳)が40年ぶりに宮崎に旅行に来た老夫婦(仁史・裕子)を、城戸愛莉さん(23歳)と崎本大海さん(31歳)が宮崎在住の若夫婦(夏海・源)を演じています。
物語は、仁史が老後の夫婦のあり方を模索するために企画した旅の途中で、離婚の危機にある若夫婦に出会い、自分たちの今後についても見つめ直す、という、まあ、ありがちな話しではあります。
ただ、この作品を聞いた後に残る微妙に不快感は何なのでしょう。
私が男性だからかも知れませんが、まず、若夫婦のうち、妻の夏海の言動に何となく苛ついてしまう。
一見、低姿勢でイノセントなのですが、言っていることはチグハグ。
「変わりたい」と言っている夫に対して「あなたには変わって欲しくない」といいつつ、「自分も変われない」といって、結局は自分の主張を丸呑みすることしか相手に許さない傲慢さ。
自己憐憫と自己陶酔。
源さん、分かれた方が正解ではないか?
何より作中で、夏海には別の男がいると仄めかされているのに、そのことはうやむやにしたまま終わってしまう展開も微妙に納得できません。
また、チグハグといえば「あなたの言葉であなたの話をして」といいつつ、仁史の言葉を聞こうとしない裕子もなんだかチグハグ。
仁史の奮闘も報われません。
そして、この仁史が最後に主催する「離婚式」の風景も何だか寒気がします。
こんなことやらないといけないのか。
無理矢理参加させられた源がいい迷惑にしか見えませんでした。
まあ、源もキレるのがちょっと早すぎだとは思いますが。

という訳で登場人物4人が全員微妙に気色が悪いこの作品。
もしかしてわざとやっているのか。
改めて考えると、この作品の脚本を書いた中澤香織さんは、2016年の青春アドベンチャー「あなたに似た自画像」の中の1編「あの人のカナリア」で、素晴らしく気持ちの悪い(褒めいています!)作品を書かれた方。
登場人物たちに、敢えてリスナーの胸がざわざわするような言動をさせているのかも知れないとも感じました。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

遥かなり、ニュータウン 作:伊佐治弥生(FMシアター)

作品:遙かなり、ニュータウン
番組:FMシアター
格付:B-
分類:日常
初出:2016年10月8日(全1回)
作 :伊佐治弥生
演出:佐藤謙
主演:奥田瑛二

妻の七回忌に、42歳になる息子がわが家に帰ってきた。
子どもたちと足並みを揃えるように成長していった夢の街。
しかし今、この街に子どもたちの声はなく、戻ってきた息子もしょぼくれたおじさんになっていた…
40年前、昭和40年代にニュータウンの一角に建てられたわが家で、父と息子の共同生活が始まる。

――――――――――――――――――――――――――

ニュータウンとは、一般に郊外に建設された新しい市街地のことを言い、わが国においては戦後の昭和30年代以降、急速な人口増加と生活水準の向上に対応するために、新住宅市街地開発法や土地区画整理法等を活用して大量の整備されました。
典型的なイメージとしては、駅から離れた丘陵部に切り開かれた、大規模で区画整然とした街区に公団住宅や戸建て住宅が建ち並んでいる街、でしょうか。
具体的には首都圏では「多摩ニュータウン」や「千葉ニュータウン」、関西圏では「千里ニュータウン」などが有名です。
本作品「遙かなり、ニュータウン」はNHK名古屋局の制作です。
作中では、作品の舞台は名古屋の近郊であること以外は明らかにされていませんが、番組ホームページをみると愛知県春日井市にある「高蔵寺ニュータウン」と明示されています。
私は知らなかったのですが、この「高蔵寺ニュータウン」は、多摩や千里と並ぶ黎明期の代表的なニュータウンなのだそうで、中京圏に暮らす方にとってはとても有名な街なのだと思います。
恐らく作中に登場する「駅へ行く道の途中にある長い滑り台」も実在するのではないでしょうか。

さて、本作品「遙かなり、ニュータウン」はそんなニュータウンを舞台とした父と子の蹉跌と再生の物語です。
高度成長期には夢の象徴であったニュータウンですが、街自体と住民双方の高齢化が進み、今やその扱いが社会問題となりつつあることは皆さんご承知のとおりです。
本作品はそんなニュータウンの現状と、ニュータウンで家庭を育んだ家族の現状を重ね合わせて描いていく作品です。
そのため、基本的に爽快感などとは無縁な展開。
歳を取った人がやたらとゴミ(良く言ってガラクタ)をため込んでいる姿は、現実でもよく見かけるのですが、これは思い出があって捨てられないのか、捨てる決断をする気力がなくなっているからか。
とにかく、男やもめの父親「田村コウジ」が管理する家は、少なくとも内部はゴミ屋敷状態です。
一方の息子「田村ケンイチ」も会社が倒産する憂き目に遭ってからは職を転々。
すっかり荒んだ性格になっており、久しぶりのわが家で吐く言葉も、とても不惑の男性のものとは思えません。
このふたりがぶつかり合いながら、かつて見た夢の行く末を探していくことになります。
コウジを演じる奥田瑛二さんの円熟の演技と、「シュレミールと小さな潜水艦」、「know~知っている」などで青春アドベンチャーではおなじみ、ケンイチを演じる加藤虎ノ介さん(本作品が放送された約2週間後にケンイチと同じ42歳に。)の若々しい?演技ぶりが本作品の聴き所でしょうか。
本作品、「オーバー・ザ・ハポン」、「珊瑚の島の夢」など幻想的な作品が多い伊佐治弥生さんの脚本であることもあり、ミシンやワープロ、カメラがしゃべり出すという浮き世離れした要素もあります。
また、「あの」名古屋局の作品ですので、全般に幻想的でアンニョイな雰囲気を持っていることも事実です。
しかし、作品の主題は、極めて現代的な家族の問題であり、そのためこのブログでのジャンルは「日常」とさせて頂きました。

さて、その極めて現代的の問題を取り上げているという面で、少し食い足りないと感じたのがニュータウンの扱い。
冒頭からニュータウンのイメージを強烈にリフレインさせるのですが、途中からの展開はニュータウンが舞台であることの必然性があまりないように感じました。
昨今、確かにニュータウンは人口減少に伴う負の側面が描かれ方がされることが多いのですが、例えば首都圏で大規模ニュータウンがドーナツ状に存在する、国道16号沿いをひとつの文化圏として捉え再評価する動きもあります。
そういえば、NHKのドキュメント番組「72時間」にも「オン・ザ・ロード 国道16号の“幸福論”」という回がありましたね。
多摩学を提唱する評論家の寺島実郎さん(日本総合研究所会長・多摩大学学長)は、この地域(特に多摩から神奈川に掛けて)をどうするかが日本の将来に直結するとまで言っています。
作品名に「ニュータウン」と入っている以上、是非、その辺まで踏みこんだニュータウン論を展開して頂きたかったところです。

最後に出演者についてひとこと。
奥田瑛二さんが主演するなど、相変わらずFMシアターは青春アドベンチャーより出演者が豪華です。
でもやっぱり一番気に入ったのは、三重県出身の女優・地主芽生(じぬし・めい)さん。
カモメに飛ぶことを教えた猫」のフォルトゥナータ役がとてもキュートだった地主芽生さん。
本作品では若かりし日の母親も演じているのですが、1999年生まれなのでまだ17歳なのだということが驚きです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad