青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

夕凪の街 桜の国 原作:こうの史代(FMシアター)

作品:夕凪の街 桜の国
番組:FMシアター
格付:AA+
分類:日常
初出:2006年8月5日(全1回)
原作:こうの史代
脚色:原田裕文
演出:真銅健嗣
主演:夏八木勲

ぜんたい この街の人は不自然だ
誰もあの事を言わない
いまだにわけがわかないのだ
わかっているのは「死ねばいい」と誰かに思われたということ
思われたのに生き延びているということ
そしていちばん怖いのは
あれ以来
本当にそう思われても仕方のない人間に自分がなってしまったことに
自分で時々気づいてしまうことだ

(すみません、ここはいつも自分なりのあらすじを書くのですが、本作品では原作から引いた上記以上の文章を思いつきませんでした。今回は原作「夕凪の街 桜の国」16ページからの引用でご容赦ください)

――――――――――――――――――――――――――

「選んだ素材の勝利」。
このラジオドラマを聴いた際の偽らざる印象です。
もともと私は、こうの史代さんの原作漫画「夕凪の街 桜の国」を先に読んでおり、その漫画としての出来の良さにとても感銘を受けていました。
「漫画としての出来の良さ」と書きましたが、この原作漫画は原爆を扱った作品であり、とかくその角度から評価を受けることの多い作品です。
しかし、個人的には、「夕凪の街」「桜の国(一)」「桜の国(二)」の3部構成を時代と登場人物を複雑に組み合わせながら全体として破綻なく語りつくす構成力や、深刻な内容と時々織り交ざる気の抜けたギャグを嫌味なく調和させる独特の雰囲気作りにも着目すべきだと思っています。
そういったこうの史代さんの漫画家としての力が、この難しいテーマの作品を、漫画というエンターテイメントの媒体上で成立させている最大の要因だと思います。

さて、という訳で原作ファンの私がこのラジオドラマの感想を書くと、どうしても原作と比較したものにならざるをえないことをご容赦いただきたいと思います。
ここで、まず最初に述べるべきは、FMシアターの全50分という枠の問題。
薄めであっても、小説や漫画の丸1冊をラジオドラマにするには、いかんせん短すぎる枠です。
以前、記事を書いた「レインツリーの国」もかなり的を絞った脚色をしていましたが、本ラジオドラマでも原作の「桜の国(一)」(1987年時点)をばっさりとカットして、「夕凪の街」(1955年時点)と「桜の国(二)」(2004年時点)に絞っています。
このうち前半約25分を占める「夕凪の街」部分はセリフや流れが概ね原作準拠。
ただ、ボーイフレンドの打越(うちこし)や(原作の)主人公の皆実(みなみ)をはじめ全般に登場人物の演技がハキハキしていることと、ラジオドラマの性質上音がそのまま表現されてしまうという媒体の違いからか、幾分生々しい表現になっており、原作の持つ「淡々とした悲しみ」というのとは少しだけ違った雰囲気になっています。
もともと救いのない結末ではありますが、一層、きついというか…
クライマックスにおける皆実の「嬉しい」が原作とは違った使い方をされているのは、脚本家の方がその分を多少なりとも緩めようと思ったからかも知れません。
そして演出面では、後半に旭(あさひ)役を演じる夏八木勲さんが前半のナレーションを担当しており、そのまま「私」という形で後半へと移行していきます。
そう、このラジオドラマ、全体の主役が旭なんです。
原作では「夕凪の街」の主人公が皆実、「桜の国」の主人公がその姪の七波(ななみ)なのですが、両方の時代をつなぐ人物として旭をナレーション兼主人公に据えたのは、コンパクトに作品をまとめるなかなか良い工夫だと思います。

そして後半の「桜の国(二)」はかなり脚色により変更されている部分が多くなっています。
年を取った打越さんにセリフがあるのは良いのですが、正直オリジナルのセリフやフレーズ(「呪い」とか)にピンとこないものが多いのに加え、前半以上に(原作上の)主人公・七波(ななみ)とその友人・東子(とうこ)の演技が感傷的で大げさなため(原作でも七波は衝動的な人物ではありますが)、原作の持つ独特の「軽さ」がうまく表現できていないように感じました。
これは「桜の国(一)」が省略されたことにより、七波の弟・凪生(なぎお)と東子(とうこ)の関係が掘り下げられなかったことに象徴されるのですが、やはり全般に尺が足りず細かい部分、特にギャグが織り込めなかったことが原因にように感じます。
あとタイトルが「夕凪の街」と「桜の国」だからといって、無理矢理に「夕凪」や「桜」に特別な意味付けをしなくてもよかったのでは?
原作でもそんなに無理にタイトルにつなげようとはしていなかったと思います。
少し野暮に感じました。

……などとかなり否定的なことも書いてしまいましたが、誤解なきように書きますと、このラジオドラマも十分、良作です。
もう前半の皆実のセリフや、後半の(回想部分で出てくる)京花のセリフを聴いているだけで泣けてきそうです。
ただ原作が傑作すぎますので…
残念になった最大の原因と思われる尺の都合についても、「夕凪の街」だけに絞ることもできたはずで、実際、連作形式の作品で(恐らく)尺を考えて途中までに絞った「青春離婚」のような成功例もあります。
しかし、この「夕凪の街 桜の国」は、直接的な「原爆漫画」ではなく、「被ばく漫画」あるいは「被ばく差別漫画」であり、原爆直後の惨禍ではなく、原爆後の50年間の日常を描くことで間接的にテーマを伝える作品だと思います(そのため、このブログでのジャンルは敢えて「日常」にしました)。
その点で窮屈ながらも全体を含んだこの構成で正解だったと思います。
ただ、惜しむらくは登場人物たちにもう少しのんびり話して欲しかったなあ…

さて、最後に出演者について紹介ますと、ラジオドラマ版の主役たる石川旭を演じたのは夏八木勲(なつやぎ・いさお)さん。
アクションドラマや時代劇(特に忍者の役が多かった。個人的には「真田太平記」かな。)で随分とお見かけした夏八木さんですが、惜しくも2013年に73歳で亡くなられています。
また、前半の実質主役の平野皆実を演じたのは斉藤とも子さんで、後半の実質主役の石川七波を演じたのは鈴木佳由(かゆ)さん。
その他、打越役の阿南健治さん、旭の母(ラジオドラマ版では名前は出ないが原作では平野フジミ)役の小林トシ江さん、利根東子役の矢沢心さん、石川凪生役の大和田悠太さん、太田京花役の三村ゆうなさんあたりが主なキャスト。
押入れのちよ」や「バスパニック」もそうなのですが、ちょっとのんびりした女の子をやらせると三村ゆうなさんは絶品ですな。
三村さんに「うちねえ、赤ちゃんの時、ピカの毒に当たったん…ほいで足らんことなってしもうたんと。」などどいわれると、もう全力で「そんなことない!」って言いたくなってしまいます。
特殊な(どういう?)趣味があるわけでないですよ、念のため。
また、大和田悠太さんは「封神演義に出演されている大和田伸也さんの息子さん
名探偵なんか怖くない」に出演されている大和田獏さんは、いうまでもなく叔父さんです。

最近同じ「こうの文代」さん原作のアニメ映画「この世界の片隅に」がヒットしているようです。
映画をクラウドファンディングで成功させた稀有な例という意味でも注目されているのだと思いますが、それ以前に原作・アニメとも丁寧な作りがヒットの最大原因だと思います。
ただ、個人的にはこうのさんの作品をひとつ選ぶならやはりこの「夕凪の街 桜の国」かな。
是非、ラジオドラマを聴かれた方は原作にも手を出してみてください。
おすすめです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

韓国・鉄道・グルメの旅 原作:辻真先(カフェテラスのふたり)

作品:韓国・鉄道・グルメの旅
番組:カフェテラスのふたり
格付:B
分類:日常
初出:1987年11月9日~11月13日(全回)
原作:辻真先
脚色:斉藤紀美子
演出:(不明)
主演:増岡弘

僕は何としても韓国に行きたい!
韓国に行ってセマウル号に乗るのが永年の憧れだったんだ。
なに?セマウル号が何かを知らないって?
セマウル号といえば韓国の超特急だよ。
日本で言えば新幹線。
なに?鉄道についての書き下ろしを一冊と、グルメと温泉の本、さらにトラベルミステリーを1編書くなら、出版社が旅費を出してくれるって?
乗った!
よーし、こうなったら韓国の鉄道を乗りまくるぞ!

――――――――――――――――――――――――――

本作品「韓国・鉄道・グルメの旅 ~辻 真先(『韓国を乗る、韓国を食べる』より」は、その名のとおり、作家の辻真先さんによるトラベルエッセイを原作としたラジオドラマです。
辻真先さんといえば、「名犬ルパン」シリーズなどのライトなミステリーで有名な作家さんですが、SFも書かれますし、アニメの脚本も執筆するなど多芸な方。
本ブログでも既に辻さんが原作を書かれた「時はそよ風、時はつむじ風」を紹介済みです。
そんな辻さんですが、実は鉄道好きなのだそうで、本作品もその辻さんの鉄道マニアぶりが前面に出た作品です。

本作品が放送された「カフェテラスのふたり」は、朗読番組ではなく、一応、ラジオドラマっぽい作品作りをする枠でしたので、本作品についてもエッセイである原作をドラマっぽく再構成しています。
その中で、「主人公の作家」と「同行する女編集者」は、声優の増岡弘さんと加藤みどりさんがあくまでドラマとしてちゃんと「演じて」います。
しかし、どう考えても言動は辻先生ご自身のもの。
同行する女性編集者曰く、「恐怖の鉄道大好き人間」、「ド変人」。
初めて乗る韓国の電車に興奮し、電車内を行ったり来たりするさまは、多少の誇張はあれ、現実そのままだったものと思われます。
一方、その女性編集者もかなり個性的。
気軽な旅にしたいために同行する編集者に男性を希望していた辻さんの意向を完全に無視して勝手についてきたうえで、「私、気楽なタイプの女なんです」と宣言。
パスポートを紛失(あれ?直前に紹介した「スペインから」でも同じような展開があったような…)したと大騒ぎしたくせに手元から出てきたら「済んだこと、済んだこと!」。
なかなかのタマです。

そんなふたりの鉄道珍道中を、グルメを交えて描いているのがこの作品です。
全5回の小品ですが、各回には以下のタイトルが付いています。

第1回:「旅は道連れ女連れ」
第2回:「ローカル線に赤い血は散るか」
第3回:「殺したい子に旅をさせろ」
第4回:「締め切りがいっぱい」
第5回:「釜山に寄って幕が下りる」

紹介する鉄道は、地下鉄2号線、セマウル号などさまざま。
グルメは、参鶏湯(サムゲタン)、へジャンク、焼き肉とサンチュ、冷麺(ネンミョン)といったところ。
韓国料理はその後、日本でも随分一般的になったので、今となってはあまりエキセントリックなラインナップには見えませんね。
「その後」という意味では、本作品がソウルオリンピック(1988年)の前年に制作された作品であったことも注目ポイントです。
2002年のサッカー日韓ワールドカップ(2002年)、2003年の「冬のソナタ」の日本放送などの後、多くの交流と摩擦を経て、今日の日韓関係はある訳ですが、本作品はその前、日本にとって韓国が牧歌的な興味の対象であった時代の作品と言うことになります。

さて、先ほども書きましたが本作品に出演した「ふたり」は、増岡弘さんと加藤みどりさん。
そう、日本の国民的アニメ「サザエさん」で主人公夫婦である「フグ田サザエ」と「フグ田マスオ」を演じているコンビです。
加藤みどりさんはアニメ開始時からずっと、増岡弘さんは1978年からずっと、「サザエさん」に出演されていますので、サザエとマスオの声といえば、日本国民誰しもがお二人の声を思い出す状況にあると思います。
本作品も、男性が女性に押され気味という点で「サザエさん」に似ていることもあり、なかなかのはまり役になっています。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad