青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ネオ・ファウスト 原作:手塚治虫(ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ)

作品:ネオ・ファウスト
番組:FMシアター(特集「ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ」)
格付:B-
分類:幻想(日本)
初出:2000年12月28日~12月29日(全2回)
原作:手塚治虫
脚色:富永智紀
演出:吉田努
主演:林泰文

本ラジオドラマ「ネオ・ファウスト」は、2000年の年末にNHK-FMにて90分ずつ二晩にわたって放送された特番「ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ」内で放送されたラジオドラマです。
この「ガラスの地球を救え」という番組は、俳優の中井貴一さんをナビゲーターに手塚治虫さんの生前の肉声で構成されたパートと、手塚治虫さん原作のラジオドラマ「ネオ・ファウスト」のパートに分かれていたようです。
今回紹介するラジオドラマはこのうち後者の部分であり、この2日間、それぞれ90分の放送時間のうち約50分を使って放送されました。
なお、後日、2002年には「特集オーディオドラマ」の枠で90分×1回で再放送しています。
ちなみに、私は前者を聞いたことがないのですが、勝田久さん(「鉄腕アトム」のお茶の水博士役で有名)や大塚明夫さん(1993年以降ブラック・ジャック役を一貫して担当)も出演されていたようです。
どのような内容だったか興味深いですね。

さて、手塚治虫さんについては今更、解説する必要はないでしょう。
「マンガの神様」にして「テレビアニメーションの父」。
異常な情熱と仕事量で漫画とアニメを作り続けた手塚さんは、その後進への影響力も含めて、「現代日本のカタチ」を作った一人であるというのは間違いないところでしょう。
まさに手塚の前に手塚なく、手塚の後に手塚なし。
その手塚さんの最後の漫画が、「グリンゴ」と「ルートヴィヒ・B」、そしてこの「ネオ・ファウスト」です(いずれも未完の絶筆)。
ちなみに、同様に執筆途中で他界され、未完に終わった随筆集のタイトルが「ガラスの地球を救え」。
本作品はこの随筆集と同じタイトルを持つ特番の中で放送された絶筆の作品のラジオドラマ化ということになります。
作品のモチーフはタイトルどおり、文豪ゲーテの「ファウスト」。
手塚さんにとって「ファウスト」は特別の意味を持つ作品だったようで、生涯に3回も翻案の作品を作っています。
ちなみに手塚さんは免許を持つ医者であったことでも知られていますが、本作品は生命の根源や遺伝子工学などが重要な要素になっている作品です。
「プラスミド」(細胞内で複製され娘細胞に分配される染色体以外のDNAの総称)などという言葉が自然と出てくるあたりも手塚さんらしい作品といえると思います。

さてファウストの話に戻しますと、「ファウスト」と「ネオ・ファウスト」は、作品の舞台や登場人物は全く異なりますが、「悪魔との契約」、「快楽の追求」、「愛した女性による子殺し」など様々な要素が「ファウスト」第1部からの翻案です。
主人公は大学教授である「一ノ関」。
彼がメフィストフェレス(作中では「メフィスト」と略されることが多い)と契約し、宇宙の真理と生命の根源を追求し、ついでに快楽を極めるために1969年に時を遡るところから物語がスタートします。
時間遡行をした先で若い体を手に入れた一ノ関教授ですが、その際にすべての記憶を失ってしまいます(記憶を失うことをちゃんと一ノ関に伝えていないのはメフィストの悪意なのか?)。
そして、その時代で出会った成金・坂根第造(さかね・だいぞう)に気に入られた一ノ関は、「坂根第一」(さかね・だいいち)という名をもらい、新しい人生を生き始めるのですが…
これ以上は、やはり原作またはラジオドラマを聴いていただく方がよいと思います。
原作が絶筆であるだけあって、残念ながらこの作品も中途半端なところで終わります。
一応、「ガラスの地球を救え」という番組にあわせて環境問題とのつながりを終盤に持ってきてはいるのですが、「ネオ・ファウスト」の最大のテーマが環境問題だったとも思えず、「手塚治虫のラストメッセージ」として「ネオ・ファウスト」を持ってくるのは少し強引だったようにも感じました。
ただ、作家・長谷川つとむさんによれば、手塚さんの構想ではその後「ネオ・ファウスト」は地球環境に絡む大きな展開を見せる予定だったそうです。
確かに「ネオ・ファウスト」は第2部の序盤で途切れているのですが、「ファウスト」第2部と対になるのであれば、「ネオ・ファウスト」第2部はさらにおおきな展開を見せていたはずです。
この時点での絶筆は本当に残念です。

さて、主人公の「坂根第一」(若返った後)を演じたのは俳優の林泰文さん。
大林宣彦監督作品の常連出演者さんですね。
ちなみに、若返る前の「一ノ関教授」(老人)は明石良さんが演じています。
また、準主演といってよい女悪魔・メフィストを演じたのは女優の白島靖代さん。
この林・白島の組み合わせは本作品の約2年前に制作された青春アドベンチャー「蒲生邸事件」の主演コンビでもあります。
本作品での白島さんの演技は少し感情的に過ぎてメフィストの小物感が際立ってしまったように感じられ、個人的には「蒲生邸事件」の時の上品な役の方が好きではあります。
その他では、第一の恋人の高田まり子役の増田未亜さん(「ふたり」や「分身」など)、「よっしゃよっしゃ」が口癖(田中角栄か?)の坂根第造役の納谷悟朗さんあたりが主要キャストです。
そしてナレーションを担当したのは、「笑ゥセールスマン」の喪黒福造や、「ハクション大魔王」が懐かしい大御所声優・大平透さん。
この記事を書くにあたって確認したのですが、大平さんも2016年4月に亡くなられているんですね…

さてさて、大御所・手塚治虫さんの最後の作品を原作として制作されたこのドラマ。
50分×2回の長めの枠、「スピリット・リング」・「DIVE!!」など名作の多い吉田努さんの演出、劇伴に慣れた長谷部徹さんの音楽(青春アドベンチャーでは「夏の魔術」、「垂直の記憶」など)など有利な点はあるのですが…
正直、ラジオドラマとしての出来は平凡。
論評の難しい出来だった「やけっぱちのマリア」(やはり手塚治虫さん原作)といい、漫画のラジオドラマ化はなかなか難しいと思わざるを得ません。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ほかの誰でもないアヤコ 作:鈴江俊郎(FMシアター)

作品:ほかの誰でもないアヤコ
番組:FMシアター
格付:B
分類:幻想(日本)
初出:2016年9月17日(全1回)
作 :鈴江俊郎
演出:笠浦友愛
主演:イモトアヤコ

気が付くと、空中に自分がいた。
何というドジ。
階段から盛大に落っこちたのだ。
ヤバい…
しかし、目覚めたらお花畑にいた。
助かったのか?
いや、目の前にいる「死神のお使い」と自称する男によれば、まだ、生死の狭間にいるらしい。
しかも、この男に、自分が生きる値打ちのある人間であることを納得させられないと本当に死んでしまうらしい。
しかも45分の間に。
マジか…

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「ほかの誰でもないアヤコ」は、お笑い芸人イモトアヤコさんを主演に据えたラジオドラマです。
イモトアヤコさんといえば、日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」の「珍獣ハンターイモト」のコーナーで一躍お茶の間の人気者になったお笑い芸人さん。
幅広い出演者層をもつNHK-FMのラジオドラマでもお笑い芸人さんが主演する作品はなかなか珍しいのではないでしょうか。
ちなみにイモトさんは、イッテQでは「珍獣ハンター」だけではなく、「イッテQ登山部」などの活動もあり、番組のロケで世界中を飛び回る多忙な生活を何年も続けていますが、その中でも意外と精力的に女優としての活動も続けています。
TVドラマでは2010年の「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」が初出演で、2014年には「最高のおもてなし」で初主演。
合計6作品に出演されており、その他にも2016年には朗読劇「ラヴ・レターズ~2016 The Climax Special~」にも参加されています。

で、そのイモトさんの演技なのですが…結構悪くないです。
もともとイッテQでのイモトさんのコーナーって、バラエティとは言いつつ、珍獣や登山それ自体よりも、トラブルが起きた時のイモトさんのリアクションや喜怒哀楽の表現自体が見せ場になっています。
「水曜どうでしょう」や「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」と同じような作りですね。
本作品は、ロケでのイモトさんのリアクションをそのままラジオドラマにしたような作りの作品ですので、いつものイッテQのままのノリで演技されているのが良かったのかもしれません。
イッテQの番組中でも「自分には何にもない」と、突然ブレイクして勢いだけで続けてきたことに対する危機感を漏らす場面もあったりしました。
芸域を広げようと色々考えてのことだと思いますが、こんな地味なラジオドラマ番組のオファーまで受けるところをみると、意外と真剣に女優業に取り組んでいるのかもしれません。
実際、ロケの合間に台本を読んだりするのは大変でしょうね。

さて、作品の内容は冒頭に書いたとおり、アクシデントで死にそうになった普通のアラサー女子アヤコのもとに、「死神の使い」が現れ、彼女の半生を振り返るというものです。
彼女が生き続けるに値するかを45分以内に決めないといけない、という設定ですが、この45分はほぼラジオドラマの残り時間となっているという仕掛けです。
生死の決定権を死神(性格には「死神の使い」)が持っているという設定は「死神の精度」を思い出させられますが、本作では死神の使いとアヤコが正対して過去を巻き戻しながら二人で議論して結論に至るスタイルです。
ただ内容は…
どうなんでしょう、個人的には「二兎追うものは一兎も得ず」だったのではないかという印象を受けました。
本作品のアヤコはいわゆる「都合のいいオンナ」で、自己主張がない、と死神の使いに指摘を受けます。
本当にそうなのか、そうだとしても、だから生きる価値がないといえるのか。そうだとしたらこれからどう生きたらいいのか。
その辺についてのアヤコ自身の振り返りと気づきが本作品の最終テーマであると思うのですが、そこに導くのに「軍国主義」とか「憲法9条」とか必要でしょうか。
いえ「反戦」という要素を否定するつもりは全くないのですが、結局、アヤコの気づきは極めてプライベートなことであり、そこに社会問題を絡ませるのはいささか牽強付会。
確かに、眉間にしわを寄せてこわばった表情で叫ぶのばかりが正しい反戦ではないと思いますし、エンターテイメント性とテーマ性はやり方によっては十分両立できると思います。
しかし本作品の場合、せっかくのイモトさんの勢いのあるしゃべりを取り入れてエンタテイメント性を持たせているのに、反戦の持ち出し方があまりに唐突です。
晴れたらいいね」や「僕たちの戦争」、「走れ歌鉄!」のようにうまくエンターテイメント作品に昇華できている作品もあります。
もう少しうまくやれたらもっと良かったのにというのが正直なところです。

という訳で、個人的には(本作品のファンの皆様、ごめんなさい)いまいち釈然としないところが残った本作品。
しかし、結構、好評だったのか、10月10日に早くも再放送が決まったようです。
確かにイモトさんの元気の良い声を聴くだけでもファンには悪くない作品だと思います。
あとふと思ったのですが、演技をしているときのイモトさんの声って、同じイッテQに出演されている、いとうあさこさんにちょっと似ていると思いませんか?
思ったのは私だけ???

(補足)
谷口尚久さんが作曲された本作品の音楽が配信されています。
作品を聴いて気に入った方はこちらをご覧ください。
(外部リンク)https://itunes.apple.com/jp/album/nhk-fmshiata-hokano-shuidemonaiayako/id1156352705



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

続きを読む
□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad