青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

想い出あずかります 原作:吉野万理子(FMシアター)

作品:想い出あずかります
番組:FMシアター
格付:AA
分類:幻想(日本)
初出:2011年11月26日(全1回)
原作:吉野万理子
脚本:吉野万理子
音楽:森悠也
演出:小見山佳典
主演:鶴田真由

二十歳の誕生日を前に、海辺の街に帰省した里華(りか)。
親への挨拶もそこそこに出かけて行ったのは、波打ち際に建つ「想い出質屋」だった。
この店の店長は普通の人とは違う不思議な人。
この店は想い出を預かる代わりにお金を貸す不思議な店。
しかし、人は二十歳を過ぎると、この店に行けなくなってしまう。
最後のチャンスに店を訪れた里華は、中学3年生で初めて訪れてからのこの店の想い出を店長さんと語りあうのだった。

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「想い出あずかります」は、NHK-FMのラジオドラマ番組FMシアターで、全1回・50分で放送されたラジオドラマです。
原作は吉野万理子さんの同名の小説。
それを吉野さんご自身がラジオドラマ用に脚色されています。
これは「青春アドベンチャー」で放送された「恋愛映画は選ばない」(2013年)と同じパターンです。
吉野さんはもともと脚本家出身なのでお手の物なのかもしれませんが、さすがに原作者ご自身の脚色というだけあって、FMシアターの50分枠にぴったりとあった脚本になっています。
原作は読んだことはないのですが、本作品の良さの一つは、中だるみがなく、かつ、駆け足でもない、この脚色にあると感じました。

さて、本作品は冒頭の粗筋でわかるとおり、現代日本を舞台にしつつ、そこに不思議な要素を絡めたファンタジー作品です。
カッコよく言えば「マジックリアリズム」というジャンル名になるのでしょうか?
いずれにしろこのような「大人のおとぎ話」的な作品は、青春アドベンチャーでの「不思議屋シリーズ」や「家守綺譚」、「ウォーターマン」、最近では「金魚姫」や「予言村の転校生」の例を挙げるまでもなく、NHK-FMのラジオドラマの定番ジャンルです。
ただし、個人的な感想で恐縮ですが、正直、私、この手の作品があまり好きではありません。
評価する人が多い「家守綺譚」も個人的にはそこそこ程度。
本作品は「金魚姫」のような興味を惹かれる独特の暗さや毒はありませんし、「ウォーターマン」のようなストーリー展開上の仕掛けもない。
しかし、なぜか本作品は気持ちよく聴くことができました。
その理由の一つは先に述べたとおり原作者ご自身の手による、よくまとまった脚色。
これに良くマッチした森悠也さんの優しい音楽も外せません。
そしてやはり実質的な主演といえる朝倉あきさんの演技が大きいと思います。
この記事をアップした2017年10月の新作「風の向こうへ駆け抜けろ」にも主演されている朝倉さんですが、私、「幻想郵便局」(2012年)の記事で「朝倉さん、特に「上手い!」という感じではないのですが」などと失礼なことを書いてしまっています。
しかし、本作品では無機質な鶴田真由さんの演技との比較になるからか、十分に上手いと感じます。
そして作品内容についても「大人のおとぎ話」にありながら、「不思議な存在に優しく癒される」だけの作品ではない。
「想い出質屋」の店長は、想い出を預かることによって人の記憶を消去します。
お客が質屋に持ってくる想い出は、消去しても良いと考える想い出なので、基本的には嫌な想い出ばかりなのですが、店長は必ずしもお客を思いやって想い出を消去しているわけではない。
というのも、店長は「みんなが持っている当たり前の気持ち」を理解することができないのです。
その店長に対して初対面から「嫌な想い出も良い想い出もすべてがその人を形作っている。嫌な想い出でも捨てるべきではない」と主張する里華。
ありがたいな展開だと「人生はそんな単純なものではなく、時に忘れていいこともあるんだ~」、「それが癒しだ~」的なゆるい結論になりそうですが、そうはならない。
かといって、里華の主張を全面的に肯定して「人生は戦いだ~」「逃げちゃだめだ~」的なマッチョリズムを押し付けるわけでもない。
むしろ優しさに包まれて癒されたのは店長のほうではないか。
その辺がこの作品を私が好ましく感じた理由なのではないかと思います。

出演者については、上で書いたように、朝倉あきさんと鶴田真由さんのダブル主演といって良い作品だと思います。
鶴田真由さんについては、上で「無機質な」と書きましたが、この記事アップの2カ月ほど前に放送された「異人たちとの夏」(FMシアター)でもそうだったのですが、役柄上、あえて少し浮世離れした雰囲気作りをされているのだと思います。
その他、里華の友人・芽依(めい)役の山下真琴さん(「移動都市」など)、里華の彼氏・雪成(ゆきなり)役の佐藤ユウヤさんあたりが主要なキャストです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

不思議の国のヒロコの不思議 原作:谷山浩子(FMシアター)

作品:不思議の国のヒロコの不思議
番組:FMシアター
格付:B+
分類:幻想(日本)
初出:1987年1月17日(全1回)
原作:谷山浩子
脚色:湯本香樹実(脚色・構成)
音楽:谷山浩子
演出:松本順
主演:三田寛子

どうしてもあと1曲。あと1曲が出来ない!
新しいLPの録音まで、もう時間がない。
曲が出来なければ折角集まってもらったバンドメンバーと練習も出来ない。
もう逃げ出したい!
あれ?あんなところに大きな木の扉が?
あんなもの、あったかしら?
なんでもいい。
あの扉から逃げ出してしまおう。
扉の先にいたのは金髪の少女。
少女はこう言ったの。
「あなたは標本よ、あなたは死んで剥製になったの。ここは地球博物館だから。」

――――――――――――――――――――――――――

シンガーソングライター谷山浩子さんの不思議な物語を原作とするラジオドラマです。
谷山浩子さんの原作作品は、NHK-FMでは後年の1990年代に「サウンド夢工房」などで、多く作品がラジオドラマ化されることになりますが、その一番最初の作品が、この「不思議の国のヒロコの不思議」です。

一番最初の作品ではありますが、後の谷山さん原作ラジオドラマの典型的な要素がすでに盛り込まれています。
それは、①主人公が谷山さんの分身ともいえる若い女性であること、②何らかのトラブルに巻き込まれて現実世界とは全く別の不思議な世界に迷い込むという「不思議の国のアリス」的な展開であること、の2点です。
そういえば、「不思議の国のヒロコの不思議」という本作品のタイトルは、この二つの要素を見事に表していますね。
特に最初のラジオドラマである本作品と、次の作品である「サヨナラおもちゃ箱」の2作品は、これらの要素に加えて、③最終的に現実世界に向き合って現実世界をより良く生きるための糧とする、という共通要素も加わります。
しかし、新しい作品になるにつれ、これらの要素は少しずつ減っていきます。
例えば、(今のところ)最後の谷山浩子原作作品になる「悲しみの時計少女」(1992年初出)でいうと、①については男性が主人公、②については放浪するのは不思議な要素はあるがあくまで現実世界、③については生きていく役に立つという類いの話しではない、といった具合です。

なお、本作品の原作は「猫森集会」のようです。
実は「サウンド夢工房」時代の「ネムコとポトトと白い子馬」も、同じ猫森集会を原作としています。
ただ、両作品は「地球博物館」や「エイエン物語」といった共通するエピソードを使用してはいるのですが、全体のつくり、例えば主人公の名前や立場、ひとつながりのストーリーか1話完結のオムニバス形式か、などの点でかなり違う作品になっています。
amazonの索引紹介を見ると「ネムコとポトトと白い子馬」の方が原作に近いように感じます。
「不思議の国のヒロコの不思議」は1回60分の短い作品ですので、こちらでできなかった内容を捲土重来を期して、15分×10回のやや放送時間が長い「ネムコとポトトと白い子馬」で実現したのかもしれません(ディレクターは別の方ですが)。

さて、谷山浩子さん原作のラジオドラマといえば、谷山さんが原作のみならず、音楽や出演でもかかわることが多いのが特徴です。
本作品でもご本人の出演はありませんが、多くの歌を提供しています。
具体的には以下のとおりです。

1.「草の仮面」(オープニングテーマ曲で谷山浩子さんが歌唱。中盤で男性が歌うバージョンも流れる)
2.「時の回廊」(歌っているのは主演の三田寛子さん)
3.「さかなの言葉」(谷山浩子さんが歌唱)
4.「逃げる」(谷山浩子さんが歌唱)
5.「お人形畑」(谷山浩子さんが歌唱)
6.「MOON SONG」(エンディングテーマ曲で歌は三田寛子さん)

これらの曲はアルバム「透明なサーカス」に収録されているのですが、このアルバムが発売されたのは1987年9月。
すなわちこのラジオドラマの放送後であり、既存の楽曲をラジオドラマで使ったのではなく、このラジオドラマ用に作曲した曲を後でアルバムに収録したようです。
何と手の込んだラジオドラマなのでしょうか。

さてさて、本作品で主役の“ヒロコ”を演じたのは、今では、歌舞伎役者・八代目中村芝翫(なかむら・しかん。どちらかというと「橋之助」のイメージが強い人が多いかも)の奥さんとして、すっかり梨園の蔭の権力者(?)としての地位を確率しつつある三田寛子さん。
当時は女優というよりアイドルに近かった印象があります。
ちなみに(当時の)橋之助さんと結婚するのは本作品出演の約4年後ということになります。
当時、三田さんは舌足らずなしゃべり方をするという印象があったのですが、このラジオドラマの発声を聴く限り、意外と活舌ははっきり。
演技全般にも違和感がなく、はっきり言ってなかなかうまいです。
本作品では歌も披露しており、大車輪の活躍。
天然ボケはあくまで売るためのキャラだったのでしょうか?
そういえば本作品の「ヒロコ」は谷山浩子さんの分身だと決めつけていたのですが、改めて考えると主演の三田寛子さんも「ヒロコ」。
なかなか考えられた配役です。

ヒロコ以外では、ヒロコの「内にこもりたい心」を象徴すると思われる「アンテ」を演じた島本須美さん(ナウシカ音無響子役などで有名)が重要キャスト。
そのほかや、高間智子さん、伊沢弘さん、鷲尾真知子さん、金内喜久夫さんのほか、端役に近い千葉繁さんや高木均さんまでなかなか凝ったメンツです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad