青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

学問ノススメ-挫折編 原作:清水義範(サウンド夢工房)

作品:学問ノススメ-挫折編
番組:サウンド夢工房
格付:A+
分類:少年
初出:1990年4月2日~4月13日(全10回)
原作:清水義範
脚色:津川泉
演出:大沼悠哉
主演:松下一矢

「いいかぁ! これからの1年だ! この1年の過ごし方で、胸を張って生きていけるようになるか、敗北感を持って生きていかなきゃならんのかが決まる。お前等、こんなにやりがいがある時はない!」
壇上で予備校の教師が、がなりたてている。
何でこんなことになってしまったんだろう。
そう、キビオカ大学の入学試験で、あんな問題さえ出でなければ、今頃は楽しいキャンパスライフを満喫していたはずなのだ。
青春真っ盛りの時期なのに、1年間も浪人生なんていう憂鬱な立場で過ごさなければならないなんて。

――――――――――――――――――――――――――

清水義範さんは、1970年代から主にジュブナイル系のSFで作家生活をスタートした方です。
しかし、1980年代後半以降はパロディ小説、推理小説、青春小説などに活躍の場を広げ、「金鯱の夢」(歴史小説?)、「虚構市立不条理中学校」(不条理コメディ)、「柏木誠治の生活」(日常ユーモア小説)の3作品では直木賞の候補にもなりました。
NHK-FMのエンタメ系・帯ドラマ枠でも、本作品を含めて5作品がラジオドラマ化されています。
この5作品を時系列的に振り返ると、「怪事件が多すぎる」・「怪事件が多すぎるⅡ」(ファンタジー風ミステリー、アドベンチャーロード1987年)、「学問ノススメ-挫折編」(青春もの、本作品1990年)、「尾張春風伝」(歴史もの、青春アドベンチャー2007年)、「バードケージ 一億円を使い切れ!」(少年サスペンス、青春アドベンチャー2008年)と、清水さんの文筆経歴を網羅するような幅の広いジャンルです。

さて、上記のとおり、本作品「学問ノススメ-挫折編」は清水さんがジュブナイルから一般への活動の幅を広げた時期の作品です。
そのため、本作品にはSF要素や超常現象は一切なし。
浪人生日常を、あくまで浪人生の目線から、面白おかしく切り取っていきます。
といっても主人公・津吹淳一(つぶき・じゅんいち)は別段面白いことをしている意識はなく、浪人生のトホホな日常をモノローグを交えながら淡々と表現していきます。
とはいえ淳一の生活は灰色一色ではありません。
後半はいわば「恋愛編」というべき内容になっています。
「浪人生なのに恋愛編?いいのか?」
というご意見もあろうかと思います。
良いわけありません。
終盤はなかなかの修羅場です。
淳一君、それなりの屑人間な訳ですが、まあ聞いていると「仕方がないかな」とも思える流れにはなっています。
その辺は作劇上のうまさだと思います。
淳一を演じているのは俳優の松下一矢さんなのですが、松下さんは本作品の3か月前に放送された「最後の惑星」でも主役に準じる役を演じていらっしゃいます。
「最後の惑星」では主人公レーマンの息子役でいかにも子供風な演技だったのですが、本作品では立派な浪人生風。
調べてみると本作放送当時21歳でしたので、今回の淳一の方が実年齢に近く、やりやす役だったのではないかと思います。

また、この浪人生活を描いた作品がどことなく楽しげになっているのは、やはりキャラの立った浪人仲間の存在。
いかめしい名前とは正反対のおかま言葉で話す大道寺裕二や、気弱で「サド・ロリ」という強烈な趣味を持つ吉沢康伸がその典型なのですが、このふたりどうも小川裕之さんという一人の方が演じ分けているようです。
そして強烈と言えばやはり印象的なのは千葉繁さん。
千葉さんのメインの役は高校時代からの一番の友人・片山隆博なのですが、こちらは「アルバイト探偵」のナレーションや「これは王国のかぎ」の砂漠の行者役に近い抑えた演技。
むしろ予備校講師役の方で、TVアニメ「北斗の拳」の予告編を彷彿とさせる名調子(迷調子?)を朗々と披露してくれます。
本作品、現代の受験勉強、進学制度についての辛辣な目線が一つの味になっているのですが、それを戯画的に際立だせるために千葉さんの演技がとてもよくあっています。
でも、揶揄の対象とするために戯画的に描かれているはずの予備校講師の言葉に、一定の説得力を感じてしまうあたり、聴いていて我ながら年を取ったものだと思いました…

さて、本作品、アドベンチャーロードの後を受けて始まった新番組「サウンド夢工房」の一番最初の作品でした。
「サウンド夢工房」は前番組の「アドベンチャーロード」、後番組の「青春アドベンチャー」と違い、番組自体のテーマ曲(丸山みゆきさんの「涙ながすその前に」)があるという特徴がありました。
このテーマ曲を冒頭と最後に流すため、どうしてもドラマ自体の時間は短くなってしまっています。
本作品の場合、本編終了後に毎回、「学問ノススメ番外編 格言ノススメ」のミニコーナーがあるため、さらにドラマパートが短くなっています。
「格言ノススメ」で述べられた各界の格言は以下のとおりです。

第1回:「学問は尻から抜ける蛍かな」与謝蕪村
第2回:「お天道様には勝てない」はるまきとめさく
(↑出典がわかりません。もしかしてギャグ?ご存知の方はご教示を。)
第3回:「毎朝必ず良い考えをもって始めなさい。心配やため息で始めることだたけはしないことです。そうすればあなたは一日中、暗雲を突き破る日光をわずかなりとも持てるでしょう」ヒルティー
第4回:「問うていわく、苦を去って楽しみを求むる道はいかん。答えて云う、学問なり。」中江藤樹
第5回:「教育とは点数、卒業証書、就職、月給である。」エル・カウフマン
第6回:「我我の自己 欺瞞 ( ぎまん ) は一たび恋愛に陥ったが最後、最も完全に行われるのである。」(芥川龍之介)

第7回:「ラブなんていうもこはそんなに大騒ぎするようなもんではないんだね。つまり飯を食うようなもんさ。」島崎藤村
第8回:「辛いことをやるのも一生、楽なことをやるのも一生」林芙美子
第9回:「とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。」太宰治
第10回:「闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。」 小林多喜二
※第10回は他にも世阿弥、夏目漱石、三宅雪嶺の格言を紹介しています。

なお、この「学問ノススメ-挫折編」、原作は「奮闘編」、「自立編」と続いたようですが、ラジオドラマはこの「挫折編」まで。
ちょっと残念です。
また、2007年にTV朝日系列でテレビドラマ化もされています。
「土曜ナイトドラマ」枠全8回で津吹淳一役は俳優の中尾明慶さんだったようです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

泥棒をつかまえろ! 原作:オットー・シュタイガー(アドベンチャーロード)

作品:泥棒をつかまえろ!
番組:アドベンチャーロード
格付:AA
分類:少年
初出:1989年11月27日~12月1日(全10回)
原作:オットー・シュタイガー
脚色:石井信之
演出:笹原紀昭
主演:小磯勝弥

担任の先生と級友たちと一緒に行ったクラス・キャンプ。
天気にも恵まれ、途中まではなかなかご機嫌なキャンプだった。
しかしキャンプ費用の600フランがそっくり盗まれるという事件が発生して雲行きが怪しくなる。
当初はクラスメイトの誰かの犯行と思われたのだが、誰ひとりとして犯人だと名乗り出るものはいない。
重苦しい雰囲気の中、やってきた警官は思い掛けないことを言い出した。
曰く、「今、イタリア人の悪漢、カネヴァリという男が近くにやってきている。その男が犯人に違いない。」
曰く、「カネヴァリが潜伏している場所は大体わかっているが、警察は他の事件で忙しく、すぐには動くことが出来ない。」
曰く、「相手はひとりだ。自分たちでお金を取り返したらいいのではないか。上手くいったら大手柄だ。」

これは自分たちの金を取り返すための正当な行為だ。
彼らはカネヴァリの潜伏先へと乗り込むのだが…

――――――――――――――――――――――――――

「泥棒をつかまえろ!」
何というストレートなタイトルでしょうか。
そして何とつまらなさそうなタイトルでしょうか。
「この作品はタイトルで損をしているな」、正直、そのように感じます。

今回ご紹介するラジオドラマはスイス人の作家オットー・シュタイガーによる児童文学作品「泥棒をつかまえろ!」をNHK-FMが「アドベンチャーロード」という番組でラジオドラマ化した作品です。
本作品は、少年たちがクラスキャンプで遭遇した、ある事件を巡る作品です。
事件とはいっても、人ひとり死ぬわけでもありませんし、そもそも本作品は事件の謎や犯人の正体を見破るのが主題のミステリーではありません。
あまり書いてしまうと作品の魅力が台無しになってしまうので、書きづらいところではあるのですが、実際に作中で、ある無残な出来事は起きます。
しかし、その犯人を探したりすることは本作品の本質では全くなく、そこに至る少年たちの心の動きを通して語られる差別感情や集団心理の怖さなどが本作品のコアです。
舞台が少年たちの集団であること、伝えたい教訓が明確にあることなど、本作品はまさに児童文学ですが、それをエンターテイメント作品として上手く成立させているところに、外国の児童文学の懐の深さを感じます。
思えば「最後の惑星」や「クラバート」にも同じ種類の懐の深さを感じました。
説教くさいだけの作品なんて子どもは読みません。
読まれない教訓に何の意味もない。
エンターテイメント作品としてもきちんと成立させることは、児童文学として必須の要件だと思います。
思えば本作品も「最後の惑星」や「クラバート」もドイツ語圏の方の作品。
ドイツ系の人は、ナチスの教訓があるからかわかりませんが「こういうの上手いなあ」と思います。
日本でこういった「集団心理の闇」みたいな作品をつくると、どうしても猟奇的だったり過度に湿っぽい因縁話にしたり、センセーショナルな方向にもって行きがちなのですが、本作品はあくまで日常の延長線上で起きそうな範囲で描いている。
児童文革作品にこの感想は矛盾しているのかも知れませんが、「大人だなあ」と思います。

さて、ストーリーをあまり書けないのは上記のとおりなのですが、少しだけ書いてみますと、今回、私がこの作品に高い評価を付けたのは、放送当時というよりどちらかというと現代の時代背景を踏まえたものです。
正直、四半世紀前に初めて聴いたときはあまり良い印象の作品ではありませんでした(というか内容を忘れていた)。
時代が悪い方向に変化した部分、つまり権威・権力をバックに正義を口にしながら少数者をいたぶる言説が蔓延していく現代日本の世相に皮肉にも結果として合う内容になってしまったと思います。
権力はその行為を「命令」するわけではなく、「指摘」するだけ。
しかし、その「指摘」が、誰もが心の奥底に持っている差別感情や社会の持つ同調圧力と渾然一体に練り上げられると、権力者のほんのちょっとした扇動により、民衆側が勝手にそれを命令と捉え、命令だから仕方がないと思考停止をする。
そして、その命令を自分の正義感と一体化させることにより、どこまでも無慈悲に、冷酷になっていく。
「あのときはとても簡単で当然のことだった」(作中のペーターのセリフより)
恐ろしい話しですが、世界史において実際にあったことは皆さんご存知でしょうし、これからも起こりうることなのでしょう。
ただ、この作品はそういう民衆の行為を断罪しているのではなく、誰もがそういう主体になり得ることを警告している作品なのだと思います。
興奮状態の時に何が正しいかを正確に判断することは誰にとっても難しいことだと思います。
ただ、自分が権力者や権威の側と同じ事を言っているときは、十分に慎重になるべきなのではないでしょうか。
いかん、結構、説教くさいですね。
本作品のようにスマートに伝えるのは難しいですねえ。

さて、話しを出演者に移しますと、まず主人公のペーターを演じたのは俳優の小磯勝弥さんです。
本作品の4年前、NHK銀河テレビ小説「たけしくん、ハイ!」でビートたけしさんの少年時代を演じて注目されました。
本作品放送時点では17歳でしたので、実際の年齢より少し年少の役を演じた形だと思います。
作品のナレーション(モノローグ)役を兼任しセリフの多いペーターの役に、役より少し年上の役者を使うことにより、作品が安定したように感じました。
また、ヒロインのカーリーを演じたのは高橋かおりさん。
本作品の3年前に、連続時代劇「武蔵坊弁慶」で弁慶の娘・小玉虫を演じた姿が忘れられません。
しかし、私、「武蔵坊弁慶」もこの「泥棒をつかまえろ!」もリアルタイムで視聴したのですが、同じ高橋かおりさんだと、この記事を書くまで気がつきませんでした。
30年ぶりの真実の発見…
なお、高橋かおりさんは本作品から約20年後の2006年に、後継番組の青春アドベンチャーで放送された「ベルリンの秋」で、ドロドロの不倫関係を演じることになります。
…月日が経つのは早いものです。
そして本作品のキャストでどうしても触れておかなければいけないのは、やはり担任教師シュトラーサー先生を演じたラビット関根、ことコメディアンの関根勤さんでしょう。
多様な出演者を誇るNHK-FMのラジオドラマと言えどコメディアンの起用はあまり例がありません(最近イモトアヤコさんを起用したりはしましたが)。
本作品の主人公はあくまで小磯さんが演じるペーターであり、彼らの級友たちなのですが、シュトラーサー先生はセリフがとても多く準主役とも言っても良い位置付けだと思います。
ストーリー進行上も、シュトラーサー先生本人悪意はないとしても、主に嫌な方向へ物語をグイグイと引っ張っていきます。
この事件におけるシュトラーサー先生の責任は結構、重いと思います。
しかも、このシュトラーサー先生、最後に生徒たちに向かって「この事件で自分も君たちも多くのことを学んだ」と、しれっと言ってしまうのですが、関根勉さんの独特の「軽さ」のお陰で、まあ仕方ないなあと思ってしまうキャラクターになっています。
ギャグは一切ないんですけどね。
その他、古川登志夫さん(ドラゴンボールのピッコロ)、草尾毅さん(「迷宮百年の睡魔」「オルファクトグラム」など)といったベテラン声優さんが脇を固められているのも魅力です。
この作品の“良心”ジルビオを演じた草尾さんは抑えた演技ながらとても印象的ですし、お調子者で、いいかげんで、変節漢であり、この事件最大の責任者である「警官」を演じた古川さんの演技もいつものとおり絶好調です。
上で書いたこの作品の私の感想を読むと、さぞや重苦しい作品なのだろうと思ってしまうかもしれませんが、実際は全くそんな雰囲気はなく、気軽に聞ける作品です。
そうなった最大の功績は、やはり終始軽やかなノリの関根さんと古川さんの演技だと思います。


最後に本作品のスタッフを紹介しますと、この作品を演出されたのは笹原紀昭さん。
A-10奪還チーム出動せよ」を始めとしてアクションものが上手い印象が強いのですが、本作品や「青春デンデケデケデケ」(こちらにも古川さんが出演されていましたね)など日常生活に近い作品も意外と上手いと思います。
また、脚色は、倉本聰さん主宰の脚本家養成所・富良野塾に一期生であった石井信之さん。
本作品、原作小説の紹介を読むと「親の離婚」や「異性とのつきあい」などもテーマになっているようですが、このラジオドラマ版ではこの辺はバッサリとカットしています。
本作品はアドベンチャーロードの通常の枠(10回)の半分の5回と短い作品であり、この辺の脚色上の思い切りの良さが功を奏していると思います。

【笹原紀昭演出の他の作品】
アドベンチャーロード期を中心に多くの傑作アクション作品を演出された笹原紀昭さん。
演出作品はこちらに一覧を作っています。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad