青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

しゃばけ 原作:畠中恵(青春アドベンチャー)

作品:しゃばけ
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:伝奇
初出:2002年4月15日~4月26日(全回)
原作:畠中恵
脚色:佐藤ひろみ
演出:松本順
主演:金子貴俊

廻船問屋・長崎屋の若旦那・一太郎(いちたろう)は数えで17歳。
普通の人の目には見えない「妖」(あやかし)を見ることが出来る不思議な体質の持ち主だ。
一太郎は、なかなかの美男子だが、並外れてひ弱。
長崎屋が同時に経営している薬種問屋(薬屋)を任されてはいるものの、彼を溺愛する両親や手代の佐助・仁吉たちに甘やかされて育った。
生来、気が優しい一太郎は、周りの好意をありがたく受け止めているが、あまりに甘やかされることに少しだけ不満もある。
そんなある日、帰りが遅くなった一太郎は、道ばたで不審な人物に切りつけられる。
事件に人ならぬ物の蔭を感じ取る一太郎。
不審に思った彼は、仲の良い「妖」たちと共に事件の真相を探り始めるのだが、やがてそれは多くの薬種問屋を巻き込む事件に発展していくのだった。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「しゃばけ」は畠中恵さんの代表作であり、第13回の日本ファンタジーノベル大賞を受賞した小説を原作とするラジオドラマです。
この小説「しゃばけ」は大好評だったようで、その後シリーズ化され、2017年5月現在、合計13作品が刊行されています。
第1弾の「しゃばけ」及び第5弾の「うそうそ」は、2007年と2008年にTVドラマ化もされておりますので、それでご存知の方も多いかと思います。
青春アドベンチャーでは2002年にこの「しゃばけ」をラジオドラマ化したほか、2004年には、第2弾の「ぬしさまへ」(短編集)を「しゃばけ2」としてラジオドラマ化しました。
ちなみにTVドラマ版ではNEWSの手越祐也さん、青春アドベンチャー版では金子貴俊さんという、「世界の果てまでイッテQ」出演者がそれぞれ主人公の一太郎を演じています。
一太郎の「なかなかの美男子だが、並外れてひ弱」のうち、「美男子」という部分を重視したのがTVドラマ版のキャスティング、「ひ弱」という部分を暗くならないように少し剽軽に表現することを重視したのが青春アドベンチャー版のキャスティングである様に感じます。

さて、前置きはこのくらいにして、本作品の内容紹介に移ります。
本作品の舞台は江戸時代の江戸。
実は江戸時代の江戸を舞台にした作品は青春アドベンチャーでは稀少で、本作品及び続編の「しゃばけ2」の後は、2006年の「風になった男」(原作「始祖鳥記」)、2007年の「尾張春風伝」、2012年の「蜩ノ記」、2014年の「鷲の歌」など、江戸時代を描いた作品ではあるものの場所は江戸以外を主な舞台とする作品が続きました。
江戸を主な舞台にした作品は本シリーズのほかは、2016年の「エド魔女奇譚」・「白狐魔記 元禄の雪」くらいです。
不思議にも本作品を含めて江戸を主舞台にした3作品はすべて「歴史・時代もの」ではなく、超常要素アリの「伝奇もの」ばかり。
逆にベタベタの捕物帖なんかがあっても良い気もします。

話しを本作品に戻しますと、本作品のタイトル「しゃばけ」を漢字に直すと「娑婆気」。
何やらおどろおどろしい漢字ですが、栄誉や損得、快楽など俗世間における様々な欲望にとらわれる心のことだそうです。
作品中でも「人はみんな、娑婆気を抱えている」などと使われたりします。
本作品は人の血に狂った妖怪を退治する物語ではあるのですが、その背後にあるのは妖怪の邪悪さというより、しゃばけに囚われた人間の業。
江戸時代という身分制度が厳しい時代で、ままならぬ人生を送る人の情念こそが事件の真の原因なのでしょう。
…などと堅苦しく書きましたが、この作品の魅力はそんなところにありません。
一太郎のまわりの妖怪たちはどこか楽し気で魅力がいっぱい。
あくまで忠実で誠実な佐助(犬神)や仁吉(白沢)。
にぎやかでかわいい鳴家(やなり)たち。
どこか斜に構えた「屏風のぞき」。
それぞれが個性的で、一太郎が切り盛りする「薬種問屋・長崎屋」はまさに「不思議屋薬品店」状態(笑)。
青春アドベンチャーでは「封神演義」や「ミヨリの森」、「世界でたったひとりの子」など、人ならざる存在にアニメ中心の専業声優さんをあてることによってうまく雰囲気を出している作品も多いのですが、本作品では大竹周作さん、中村まことさん、頭師孝雄さん、江良潤さん、柳澤慎一さんといった俳優さんたちがなかなか良い雰囲気で演じられています。
また、子鬼の鳴家(やなり)達は、下山彩那さん、鈴木つばささん、石川由依さん、鈴木里彩さん、小川李子さんの5人で演じられているのですが、今思えば本作品がのちに「風神秘抄」(2006年)、「砂漠の歌姫」(2011年)、「月蝕島の魔物」(2012年)などで主役・ヒロインを演じられることになる石川由依さん(当時12歳で劇団ひまわり所属の子役)の青春アドベンチャーデビュー作だったのかもしれません。
そして、金子さんが演じる一太郎が、軽やかにあくまで飄々と彼らに付き合っていることも、独特の楽し気な世界観を構築するのに役立っていると思います。
TVドラマではこの妖怪たちはSFX(?)を使って描かれていたわけですが、本ラジオドラマ版ではわずかなBGMとSE、そしてせりふ回しだけで十分魅力的に描かれており、中途半端なSFXより人間の想像力の方がよほど効果的と感じました。
せりふといえば、本作品は、先年亡くなられた名声優・永井一郎さん(青春アドベンチャーでは「不思議屋」シリーズや「夏の魔術」でおなじみ)がナレーションを担当されているのも魅力です。
金子貴俊さんをはじめとする出演者、SE、BGMに、この永井さんのナレーションが加わり、オーディオドラマとして完成度の高いパッケージができていると感じます。

また、ストーリー面でも「家守奇譚」のような不思議な「場」の雰囲気を楽しむだけの作品ではなく、(あくまで超常現象が存在することを前提としたものではありますが)謎解き的な面白さもあり、「女王の百年密室」や「悲しみの時計少女」に似た楽しみ方もできる作品となっています。
なかなかの良作だと思います。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

白狐魔記 元禄の雪 原作:斉藤洋(青春アドベンチャー)

作品:白狐魔記 元禄の雪
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:伝奇
初出:2016年12月5日~12月16日(全10回)
原作:斉藤洋
脚色:藤井香織
演出:藤井靖
主演:成河

天草の乱から60年。
さすがに人間との付き合いに疲れた妖狐・白狐魔丸(しらこま・まる)は故郷の白駒山に引きこもり続けていた。
一方、師匠の仙人は何やらいそいそと江戸に出かけていく生活を続けている。
白狐魔丸が聞くと、江戸で最近はやりの歌舞伎などの芝居に夢中なのだそうだ。
「芝居はいい!」
とても隠者とは思えない仙人ののぼせぶりに呆れ気味の白狐魔丸。
しかし間もなく彼は、まさに芝居の中に紛れ込んでしまったような、ある数奇な事件に巻き込まれていくことになる。
彼らと出会ったのは、播州・赤穂。
そして事件の発端は、江戸城・松の廊下。

――――――――――――――――――――――――――

平安末期に生まれ、武士の時代に寄り添って生きてきた狐・白狐魔丸のラジオドラマもこれが第6弾。
これで原作すべてを消化してしまったので、一応の最終作になります。
人間の中でもとりわけ武士に強い興味を抱いてきた白狐魔丸ですので。ある意味、武士の生き方の完成形ともいえる元禄赤穂事件、いわゆる「忠臣蔵」を舞台に終わるというのはひとつの美しい姿なのかもしれません。

さて、本シリーズは作品ごとに時代が移り変わっていくため、主人公の白狐魔丸(演:成河さん)、もう一人(一匹?)の狐・ツネ姫(演:坂本真綾さん)、師匠の仙人(演:今井朋彦さん)、それにナレーション(坂口理恵さん)以外は、毎回登場人物も、それに合わせて出演者も入れ替えになります。
しかし、今回は、前作「天草の霧」における「白狐魔丸の友人ポジション」だった南蛮堂煙之丞が演者を武谷公雄さんそのままに序盤に再登場したり、「洛中の火」で楠木正成を演じた渡辺徹さんが正成とそっくりという設定の大石内蔵助役で再登場するなど、何となくシリーズ最終作であることを意識したつくりになっています。
一方、レギュラーキャラたちは今までの作品と比べて随分のびのびとしており、これもシリーズ最終作であることを感じさせます。
今まで散々、恨みつらみを巻き散らしてきたツネ姫も、憑き物が落ちたように(狐から憑き物が落ちるというのも妙な表現ですが)大らかになりました。
演じている坂本真綾さんも力が抜けたようないい演技です。
また、仙人も、劇中で歌舞伎役者を見て「我々も他人に化身しているではないか。(役者も狐も)似たようなものだ」などと、いつの間には随分ざっくりした性格になっています。
こんなセリフを本職の役者である今井朋彦さんに言わせるあたり、これは笑うべき場面だったのかもしれませんが、いずれにしろ長期シリーズを演じきったみなさんが何となくリラックスしているように感じられたのが不思議なところでした。
リラックスといえば、時代が生類憐みの令の綱吉治世下ですので、主人公の白狐魔丸も狐や犬の姿で出歩いても今までで一番安全であり、過ごしやすい時代になっています。
そのため、白狐魔丸もどことなくリラックスしているように感じます。

とはいえ、好奇心から事件に首を突っ込んでしまい、善意から人の運命を変えてしまうという白狐魔丸の癖は今までどおり。
今回の舞台は元禄赤穂事件、いわゆる「忠臣蔵」。
実際に吉良邸への討ち入りが行われた12月14日の放送で、作品中でも討ち入りを描くという神業のようなNHKスタッフのテクニックが披露されました。
それはさておき、今回は、忠臣蔵のターニングポイントに白狐魔丸が登場し、結果的に歴史を「討ち入り」へと導いてしまいます。
途中で「これはいつものパターンだ、やばい。」と思った白狐魔丸は介入を自制するようになりますが、時すでに遅し。
この「歴史上の有名な事件の背後には白狐魔丸がいた!」という構造が、私が何となくこのシリーズを好きになり切れない原因だった(と最近ふと気が付いた)のですが、今回は実際にあった事件とはいえ、どちからといえば半ば現実から遊離したフィクションとも言える「忠臣蔵」の事件であったため、あまり違和感は感じませんでした。
前作「天草の霧」は外連味溢れるB級アニメ的な内容で割と好きな作品でしたが、本作は現実の事件をベースとしつつ物語化された「忠臣蔵・外伝」的な作品であり、歴史から微妙に距離があることから少し引いて楽しく聴くことができました。

さて、この白狐魔記シリーズ、その性質上、多くの歴史上の有名人物が登場します。
本作では浅野内匠頭(演:大山真志さん)や大石内蔵助などが登場するのですが、各時代で白狐魔丸が特に仲良くなる人物は、歴史上の超有名人物の周囲にいる、ちょっとマイナーな人物という共通点があります。
これを先ほど「白狐魔丸の友人ポジション」と称したのですが、例えば「源平の風」では源義経ではなく佐藤忠信を中心に描かれていましたし、「蒙古の波」では竹崎季長が大活躍。
戦国の雲」の不動丸役や、「天草の霧」の南蛮堂煙之丞のように(恐らく)フィクションの人物が務めることもあります。
本作品「元禄の雪」でこのポジションにあるのは、村上新悟さんが演じる大高源吾。
原点である忠臣蔵でも登場する人物ですが、義士銘々伝(忠臣蔵の一部で、四十七士の一人一人のエピソードを追った「外伝」または「列伝」的な部分)での、俳人・宝井其角とのエピソードは有名なものの、一般の忠臣蔵ではあまりメインに据えられることのないキャラクターです。
本作品では村上新悟さんの渋い低音が効果的で、理知的で冷静な大高源吾がとても印象的な役になっています。

さて、冒頭に書いたように「忠臣蔵」で美しく終わった本シリーズですが、武士という存在の「発生から終焉までを描く」という観点からみれば、最後に武士という存在の消滅を描く幕末編もあってよかったような気もします。
かつて1990年代の青春アドベンチャーで放送された「ランドオーヴァーシリーズ」は、一旦原作をすべて(第1巻「魔法の王国売ります」~第4巻「大魔王の逆襲」)を消化しきったあとに、原作の続編が翻訳・刊行されました。
そして、その後、この第5弾「見習い魔女にご用心」も無事に追加でラジオドラマ化されるという経緯をたどりました(そのため第4弾放送と第5弾放送の間に4年半のインターバルがあります)。
本作品もいずれ原作の続編が出たら追加でラジオドラマ化されるかもしれませんね。
ただし、原作者の斉藤洋さんは、現在「アーサー王の世界」という別の長期シリーズをスタートさせているようです。
そのため、この白狐魔記シリーズの続編はもう出ないのかもしれません。

【白狐魔記シリーズ】
第1作 源平の風
第2作 蒙古の波
第3作 洛中の火
第4作 戦国の雲
第5作 天草の霧
第6作 元禄の雪(本作品)




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad