青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

白狐魔記 元禄の雪 原作:斉藤洋(青春アドベンチャー)

作品:白狐魔記 元禄の雪
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:伝奇
初出:2016年12月5日~12月16日(全10回)
原作:斉藤洋
脚色:藤井香織
演出:藤井靖
主演:成河

天草の乱から60年。
さすがに人間との付き合いに疲れた妖狐・白狐魔丸(しらこま・まる)は故郷の白駒山に引きこもり続けていた。
一方、師匠の仙人は何やらいそいそと江戸に出かけていく生活を続けている。
白狐魔丸が聞くと、江戸で最近はやりの歌舞伎などの芝居に夢中なのだそうだ。
「芝居はいい!」
とても隠者とは思えない仙人ののぼせぶりに呆れ気味の白狐魔丸。
しかし間もなく彼は、まさに芝居の中に紛れ込んでしまったような、ある数奇な事件に巻き込まれていくことになる。
彼らと出会ったのは、播州・赤穂。
そして事件の発端は、江戸城・松の廊下。

――――――――――――――――――――――――――

平安末期に生まれ、武士の時代に寄り添って生きてきた狐・白狐魔丸のラジオドラマもこれが第6弾。
これで原作すべてを消化してしまったので、一応の最終作になります。
人間の中でもとりわけ武士に強い興味を抱いてきた白狐魔丸ですので。ある意味、武士の生き方の完成形ともいえる元禄赤穂事件、いわゆる「忠臣蔵」を舞台に終わるというのはひとつの美しい姿なのかもしれません。

さて、本シリーズは作品ごとに時代が移り変わっていくため、主人公の白狐魔丸(演:成河さん)、もう一人(一匹?)の狐・ツネ姫(演:坂本真綾さん)、師匠の仙人(演:今井朋彦さん)、それにナレーション(坂口理恵さん)以外は、毎回登場人物も、それに合わせて出演者も入れ替えになります。
しかし、今回は、前作「天草の霧」における「白狐魔丸の友人ポジション」だった南蛮堂煙之丞が演者を武谷公雄さんそのままに序盤に再登場したり、「洛中の火」で楠木正成を演じた渡辺徹さんが正成とそっくりという設定の大石内蔵助役で再登場するなど、何となくシリーズ最終作であることを意識したつくりになっています。
一方、レギュラーキャラたちは今までの作品と比べて随分のびのびとしており、これもシリーズ最終作であることを感じさせます。
今まで散々、恨みつらみを巻き散らしてきたツネ姫も、憑き物が落ちたように(狐から憑き物が落ちるというのも妙な表現ですが)大らかになりました。
演じている坂本真綾さんも力が抜けたようないい演技です。
また、仙人も、劇中で歌舞伎役者を見て「我々も他人に化身しているではないか。(役者も狐も)似たようなものだ」などと、いつの間には随分ざっくりした性格になっています。
こんなセリフを本職の役者である今井朋彦さんに言わせるあたり、これは笑うべき場面だったのかもしれませんが、いずれにしろ長期シリーズを演じきったみなさんが何となくリラックスしているように感じられたのが不思議なところでした。
リラックスといえば、時代が生類憐みの令の綱吉治世下ですので、主人公の白狐魔丸も狐や犬の姿で出歩いても今までで一番安全であり、過ごしやすい時代になっています。
そのため、白狐魔丸もどことなくリラックスしているように感じます。

とはいえ、好奇心から事件に首を突っ込んでしまい、善意から人の運命を変えてしまうという白狐魔丸の癖は今までどおり。
今回の舞台は元禄赤穂事件、いわゆる「忠臣蔵」。
実際に吉良邸への討ち入りが行われた12月14日の放送で、作品中でも討ち入りを描くという神業のようなNHKスタッフのテクニックが披露されました。
それはさておき、今回は、忠臣蔵のターニングポイントに白狐魔丸が登場し、結果的に歴史を「討ち入り」へと導いてしまいます。
途中で「これはいつものパターンだ、やばい。」と思った白狐魔丸は介入を自制するようになりますが、時すでに遅し。
この「歴史上の有名な事件の背後には白狐魔丸がいた!」という構造が、私が何となくこのシリーズを好きになり切れない原因だった(と最近ふと気が付いた)のですが、今回は実際にあった事件とはいえ、どちからといえば半ば現実から遊離したフィクションとも言える「忠臣蔵」の事件であったため、あまり違和感は感じませんでした。
前作「天草の霧」は外連味溢れるB級アニメ的な内容で割と好きな作品でしたが、本作は現実の事件をベースとしつつ物語化された「忠臣蔵・外伝」的な作品であり、歴史から微妙に距離があることから少し引いて楽しく聴くことができました。

さて、この白狐魔記シリーズ、その性質上、多くの歴史上の有名人物が登場します。
本作では浅野内匠頭(演:大山真志さん)や大石内蔵助などが登場するのですが、各時代で白狐魔丸が特に仲良くなる人物は、歴史上の超有名人物の周囲にいる、ちょっとマイナーな人物という共通点があります。
これを先ほど「白狐魔丸の友人ポジション」と称したのですが、例えば「源平の風」では源義経ではなく佐藤忠信を中心に描かれていましたし、「蒙古の波」では竹崎季長が大活躍。
戦国の雲」の不動丸役や、「天草の霧」の南蛮堂煙之丞のように(恐らく)フィクションの人物が務めることもあります。
本作品「元禄の雪」でこのポジションにあるのは、村上新悟さんが演じる大高源吾。
原点である忠臣蔵でも登場する人物ですが、義士銘々伝(忠臣蔵の一部で、四十七士の一人一人のエピソードを追った「外伝」または「列伝」的な部分)での、俳人・宝井其角とのエピソードは有名なものの、一般の忠臣蔵ではあまりメインに据えられることのないキャラクターです。
本作品では村上新悟さんの渋い低音が効果的で、理知的で冷静な大高源吾がとても印象的な役になっています。

さて、冒頭に書いたように「忠臣蔵」で美しく終わった本シリーズですが、武士という存在の「発生から終焉までを描く」という観点からみれば、最後に武士という存在の消滅を描く幕末編もあってよかったような気もします。
かつて1990年代の青春アドベンチャーで放送された「ランドオーヴァーシリーズ」は、一旦原作をすべて(第1巻「魔法の王国売ります」~第4巻「大魔王の逆襲」)を消化しきったあとに、原作の続編が翻訳・刊行されました。
そして、その後、この第5弾「見習い魔女にご用心」も無事に追加でラジオドラマ化されるという経緯をたどりました(そのため第4弾放送と第5弾放送の間に4年半のインターバルがあります)。
本作品もいずれ原作の続編が出たら追加でラジオドラマ化されるかもしれませんね。
ただし、原作者の斉藤洋さんは、現在「アーサー王の世界」という別の長期シリーズをスタートさせているようです。
そのため、この白狐魔記シリーズの続編はもう出ないのかもしれません。

【白狐魔記シリーズ】
第1作 源平の風
第2作 蒙古の波
第3作 洛中の火
第4作 戦国の雲
第5作 天草の霧
第6作 元禄の雪(本作品)




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

文学少年と運命の書 原作:渡辺仙州(青春アドベンチャー)

作品:文学少年と運命の書
番組:青春アドベンチャー
格付:A
分類:伝奇
初出:2016年11月14日~11月25日(全10回)
原作:渡辺仙州
脚色:さわだみきお
演出:吉田努
主演:上村祐翔

今から約500年前、中国は明の時代。
中国最高の霊山・泰山の頂上に安置されていた金篋(きんきょう=金の容器)から、一冊の書物が盗み出された。
盗み出された書物の名は「玉策」(ぎょくさく)。
玉策には、古今東西、すべての人の生死が書かれているという。
盗賊は何のためにそのようなものを盗んだのか。
しかし、その後の玉策の行方は杳として知れない…

その頃、講談が大好き各地の講談本をまとめる仕事がしたいとで密かに考えている少年・阿恩(あおん)のもとに、一人の少女が現れる。
むしゃむしゃと本を食べる不思議な少女。
彼女は自らの名を「玉策」と名乗るのだが…

――――――――――――――――――――――――――

本作品「文学少年と運命の書」は、渡辺仙州さんの小説(児童文学)を原作とするラジオドラマです。
青春アドベンチャーでは、「封神演義」(1998~2000年)や「妖異金瓶梅」(2003年)の系譜に連なる「中華ファンタジー」です …ってアレ?「妖異金瓶梅」はファンタジーではないですね。
何はともあれ、舞台となっている時代は「妖異金瓶梅」と同じ中国の明代で、暗君として名高い正徳帝(在位1505年~1521年)治世下にあたります。
ちなみに、「妖異金瓶梅」の記事でも書きましたが、明代は庶民文学が花開いた時代として知られ、「封神演義」の成立もまた、明代とされています。
原作者の渡辺仙州さんは、母親が台湾人の方で、中国の大学で日本語の教師をされている方です。
「封神演義」「西遊記」「白蛇伝」「三国志」なども翻訳されているそうですので、渡辺さんにとってはお馴染みの「物語の故郷」ともいうべき時代を舞台に選んだ作品といえると思います。
ちなみに本作品の主人公の名は阿恩といいますが、「阿」は名前の前につけて親しみを現す言葉で、本名は呉承恩です。
この呉承恩は西遊記の作者とされている人物(異説あり)です。
それを踏まえて聴くとまた楽しみも増えるかと思います。

さて、本作品は、文系少年の阿恩と、不思議少女・玉策を中心とする物語です。
文系の少年の成長物語であり、彼が自分の運命(人生の方向性)を見つけるところで話が終わる点など、「いまはむかし~竹取異聞」と対といっても良いほど似た流れの作品です。
ただ、この作品の特徴は「文学少年」より、やはり「運命の書」の方。
ネタバレではありますが、冒頭の粗筋で書いたとおり、謎の少女・玉策の正体は書物。
萌え擬人化ブームの中、「軍艦」(艦隊これくしょん-艦これ-)や「国」(Axis powersヘタリア)、「海洋生物」(侵略!イカ娘)、「ロボットアニメ」(ロボットガールズZ)、果ては「終電」(終電ちゃん)、まで擬人化(主に女性化)させてしまった驚異の国、ニッポン。
ロボットといえば、そもそも「SDガンダム」も擬人化の一種ですな。うわー1980年代からやっていたんだ… すごいぞ、クールジャパン。
本作品中で阿恩が「本を食べる少女の講談を聞いたことがある」といっているので、中国の講談に元ネタがあるのかも知れませんが、一方で、明確に日本の萌え文化の伝統を受け継いだ作品とも言えるかも知れません。
いずれにせよ、少女の姿をした書物が様々な書籍をむしゃむしゃと食べる姿は何とも言えない迫力があります… って、改めて調べてみると、日本には、ヒロインが本や小説の原稿を食べる「文学少女」なる人気ライトノベルのシリーズがあるとか…
自由だな日本… 自由の国、万歳…

いかんですねえ。
何だか今回は本作品の紹介をしようとすればするほど脱線して他の作品の話ばかりなっていきます。
「いまはむかし~竹取異聞」同様、本作品も少年の成長物語として、なかなか好印象の作品になっており、その辺を上手く説明したいところではあるのですが…
ただ、今日はどうもストーリーを追っても脱線ばかりしていきそうなので、少し切り口を変えることとして、出演者の紹介に移りましょう。
まず、主人公の阿恩を演じているのは、2016年は「クラバート」に次いで2作品目の主演となる上村祐翔さん。
青春アドベンチャーには恐らく2002年の「アクアリウムの夜」が初出演。
翌年の「光の島」で主演されており、この頃はまだ子役でしたが、「僕たちの宇宙船」で久しぶりに主演されたときは20歳になっていらっしゃいました。
成長途上の少年の繊細さを表現させたらピカイチの上村さん。
主演された4作品(「光の島」、「僕たちの宇宙船」、「クラバート」、本作品)のディレクター(演出家)が全て異なるのは、上村さんのスタッフの間で評価の高さを示しているように感じます。
また、ヒロイン?の玉策を演じたのは女優の高木珠里さん。
本作品と同じ吉田努さん演出の「スピリット・リング」では主演されていました。
その他、美貌の暗殺者で棍の達人・白華(はくか)を演じる小林愛さんは「仮想の騎士」、腕自慢の山賊・常坤(じょうこん)を演じる東地宏樹さんは「スピリット・リング」という、それぞれ海外伝奇もので主役級を演じた方を脇に据えています。
そして銀河万丈さんのナレーションも安心感があります。
銀河万丈さんは「ごくらくちんみ」、「スペース・マシン」、「七帝柔道記」など、青春アドベンチャーでのナレーション実績は十分なのですが、この安心感はそれだけではなく、銀河さんが「開運!なんでも鑑定団」で、中華調の音楽に乗ってナレーションをしていることとも無縁ではない気がします。
細かいところまで狙っているな、青春アドベンチャースタッフ。
なお、銀河万丈さんと言えば、昨年の人気投票で「銀河万丈さんの『スペース・マシン』のナレーションが忘れられない」との声がありましたが、これには全くの同感です。

なお、私の勝手な認識かもしれませんが、最近の青春アドベンチャーでは、「(AのB)と(CのD)」というパターン(及びその類似パターン)で、しかも必ず少年又は少女を示す言葉が入っているタイトルの作品が多いように感じます。
泥の子と狭い家の物語」(2013年)、「砂漠の王子とタンムズの樹」(2014年)、「人喰い大熊と火縄銃の少女」(2015年)、「文学少年と運命の書」(本作品)。
偶然か意図的は分かりませんが、いずれにも外れはなかった印象です。
良いジンクスが今後も続くことを祈っています。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad