青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

異人たちとの夏 原作:山田太一(FMシアター)

作品:異人たちとの夏
番組:FMシアター
格付:AA+
分類:ホラー
初出:2017年7月22日・7月29日(全2回)
原作:山田太一
脚色:入山さと子
音楽:谷川賢作
演出:小見山佳典
主演:国広富之

昭和62年の夏始めに離婚した私は、自宅を妻に渡し、仕事部屋として使っていたマンションで生活を始めた。
生活に不便はないが、都心部に位置するこのマンションはほとんどが事務所として利用されており、離婚直後の自分には夜が静かすぎる。
そんな夜に、突然部屋を訪ねて来た同じマンションに住む年若い女性と関係を持ってしまうことはごく自然なことだといえるだろう。
そして、久しぶりに訪れた故郷・浅草で出会った、死んだ両親そっくりの夫婦と交流を持つことも、何らとがめ立てを受けるいわれはないことのハズだ。
しかし、私は、この、すでにこの世にいないはずの「異人」と交流を始めた頃から、日々やつれていくようになったらしいのだ…

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「異人たちとの夏」は、「男たちの旅路」、「岸辺のアルバム」、「ふぞろいの林檎たち」など数々の名作TVドラマの脚本で知られる人気シナリオライター山田太一さん原作の小説をラジオドラマ化した作品で、NHK-FMのFMシアターで前編・後編の2回(50分×2回)で放送されました。
FMシアターで2回連続で制作された作品は2013年9月の「東の国よ!」以来、ほぼ4年ぶりになります。

さて、この「異人たちとの夏」は、山本周五郎賞を受賞した「小説家としての山田太一さんの代表作」ですし、1988年に大林宣彦さん監督、風間杜夫さん主演で映画化された他、何度も舞台化もされていますので、ご存知の方も多いかと思います。
この名作を「今さら」ラジオドラマにするに当たって、NHK-FMが(というか恐らく演出の小見山佳典さんが)選んだキャストが、何とも豪華。
まず、主役の原田英雄を演じたのは国広富之さん。
原田は人気シナリオライターで、浅草出身という、山田太一さんの分身のようなキャラクターです(さすがに幼少期に両親が事故死、というのはフィクションでしょうけど)。
国広さんについては、個人的には1988年に主演された「遙かなる虎跡」が懐かしいところですが、2014年の「あなたがいる場所」の頃から、再び多くのラジオドラマに出演するようになりました。
国広さん、「あなたがいる場所」では「幼い子どもを亡くした父親」という役でリスナーを泣かせてくれましたが、本作品では「幼くして両親を亡くした中年男」という役どころ。
ちょっとずるいほど泣かせる役だった「幼い子どもを亡くした父親」と比較すると、今回はちょっと違う、と言いたいところだったのですが…
個人的な感想ですが、思っていた以上にエモーショナルな気分になってしまいました。
ひょっとして自分は自分が思っている以上に誰かに(恐らく両親に)褒められたいと思っていたのかも知れませんね…

さて、話を出演者に戻します。
謎の女性・藤野桂(ふじの・かつら=けい)を演じたのは女優の鶴田真由さんで、英雄の両親である英吉と房子を演じたのは松田洋治さんと雛形あきこさん。
鶴田真由さんは、「想い出あずかります」などと同様、いつもどおりのどこか浮き世離れした涼しげな演技ですが、終盤すっかり雰囲気の違う演技をされる場面が聴き所でしょうか。
また、べらんめい調の松田洋治さんと、気っぷのいい雛形あきこさんの演技が、昭和の下町の夫婦風でいい感じです。
雛形さんはこういう庶民的な演技をさせると一品ですね。
昭和と言えば、本作品の原作は昭和62年の作品なのですが、「30代半ばであまり若くない」(今では30代で結婚していなくて普通)とか「7月半ばなのに5日続けて30度を超える」(今では連日、夏日)とか色々と時代を感じます。
それにしても松田さんの声が昔と変わらないのがある意味、怖い。
今でも「シュナの旅」(1987年)の声が当てられそうです。

怖いといえば、本作品、このブログでは一応ジャンルを「ホラー」としています。
散文的に言えば本作品は「幽霊に怖がらせられる話し」ですので「ホラー」といっても間違いではないとは思いますが、「夏の魔術」の表現でいう「感情の激動を目的とするもの」(=怖がらせること自体を目的とする作品)ではありません。
終盤の一部以外は、谷川賢作さん(詩人・谷川俊太郎さんの息子さんです)の優しい音楽が象徴するように、とても詩的なファンタジーですので、その意味では「幻想(日本)」などに分類した方が良いのかも知れません。
ただ、このブログで「ホラー」に分類される作品が極端に少ないことから、今回はホラーに入れさせて頂きました。
本作品は夏のお盆前の時期を選んで放送された作品だと思います。
同時期に青春アドベンチャーで放送された「金魚姫」もホラー風味の作品でしたが、夏はもっともっとホラー作品を放送しても良いのではないかと思います。
まあ、ラジオで本当に怖がらせようとする作品は耳元でささやくような音響効果を入れたりして結構怖いのですけどね。

…と、ここまで書いてきて何かだ地名ことを書き忘れているような気が?
!!そうだ!!篠田三郎さんのことを書き忘れていました!
プロデューサーであり英雄の友人でもある間宮一郎を演じた篠田三郎さんですが、落ち着いた低音で作品をとても上品にしています。
人喰い大熊と火縄銃の少女」の、節がついた独特の抑揚のあるナレーションもいいですが、本作のような普通の大人の演技もさすがです。

最後に映画版と、このラジオドラマ版の主教キャストの対比表を載せておきます(敬称略)。
いずれ劣らぬメンバーですね。
ちなみに、この表には載せていませんが、松田洋治さんは「番組台本読み現場のキャスト、スタッフ」として映画にも出演されており、唯一、両作品に出演されています。


役名 映画版 ラジオドラマ版
原田英雄 風間杜夫 国広富之
原田英吉 片岡鶴太郎 松田洋治
原田房子 秋吉久美子 雛形あきこ
藤野桂 名取裕子 鶴田真由
間宮一郎 永島敏行 篠田三郎


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドールズ~闇から来た少女 原作;高橋克彦(アドベンチャーロード)

作品:ドールズ~闇から来た少女
番組:アドベンチャーロード
格付:B
分類:ホラー
初出:1988年10月17日~10月28日(全10回)
原作:高橋克彦
脚色:久保田圭司
音楽:天上昇
演出:上野友夫
主演:木下秀雄

盛岡市で喫茶店「ドールズ」を経営する結城恒一郎は、小学生の娘・怜(れい)が交通事故にあったと聞き、慌てて病院に駆け付けた。
幸いにも、怜は骨折だけで命に別条はなかったが、どことなく様子がおかしい。
言葉を一切話さないし、食べ物の好みも急に変わったようだ。
詳しく検査したところ、心臓の肥大、重度の動脈硬化といった老人化とも思える症状もあることがわかってきた。
更に調べると、怜の様子がおかしくなったのは実は事故よりも前、仙台に在住する人形作家・小夜島香雪(さよじま・かゆき)を訪問してからだったことがわかってくる。
一体、怜の身に何が起きているのであろうか。

―――――――――――――――――――

伝奇小説、歴史小説、ホラー、ミステリーなど、様々なジャンルの小説を書かれている直木賞作家・高橋克彦さんの原作小説「ドールズ-闇から来た少女」を原作とするラジオドラマです。
高橋さんは「炎立つ」と「北条時宗」で2回、NHK大河ドラマの原作を担当していますが、「炎立つ」からも想像できるとおり、盛岡在住の方であり、本作品は高橋さんの地元を舞台にした作品です。
また、高橋さんは大学卒業後、浮世絵の研究者であった時期もあり、江戸文化をテーマとしている点でも、本作品は高橋さんのホームグラウンドの作品といえると思います。

さて、この「江戸文化」ですが、あまり書くとネタバレになってしまうのですが、本作において、江戸時代末期の人形細工が重要な要素として登場します。
どのような登場の仕方かは、それこそ聴いての(読んでの)お楽しみなのですが、敢えて言うなら、青春アドベンチャーでいえば、これこれより、これに近い作品といえるでしょう(←クリックするとかなりネタバレです。ご留意ください)。
一つだけ言っておくと、SFやサスペンスというよりホラー寄りの作品といってよいと思います。

ただ、ホラーとして本格的に怖い作品かというと…
そうなっている最大の原因は、やはり菩提樹さんの歌う本作品のテーマ曲でしょうか。
このテーマ曲、歌詞の内容からすると恐らく本作品のためにつくられたオリジナル曲と思われますが、メロディラインはそれなりに不気味な感じになってはいるものの、あまりにベタな歌詞と牧歌的な演奏のお蔭で、どことなくコミカルになってしまっています。
本作の音楽を担当しているのは、上野友夫さん演出の作品ではおなじみだった天上昇さんであり、良くも悪くもいつもどおりの上野作品に仕上がっています。
そういえば「モヒカン族の最後」も似たようなパターン(良くも悪くも印象的なオリジナルテーマ曲)でした。
脚色の久保田圭司さんも、この「モヒカン族の最後」のほか、「地の涯、幻の湖」、「ラバウルの秘宝」などでも上野友夫さんとコンビを組んでいます。
大野哲郎さんと組んだ少年探偵団シリーズ(「妖怪博士と少年探偵団」など)や、松本守正さんと組んだ開化殺人帖シリーズ(「帝都誘拐団」など)と併せて、上野友夫さん演出の作品は、1980年代後半のアドベンチャーロードという番組において一定のシェアで放送されていました。
そして、その独特のクラシカルさ、定番さ、あるいは大いなるマンネリ具合は、激しい作品の多かったアドベンチャーロードにおいて、安心して聴ける一服の清涼剤又は箸休めになっていたように思います。
でも良く聴くと、本作品、男女の不倫なども扱っていたりして結構どろどろしており、清涼剤とは言い難いかもしれませんけど。

さて、本作品の主人公・結城恒一郎を演じるのは東京放送劇団所属だった木下秀雄さん。
ご存知のとおり東京放送劇団はNHKの放送専属劇団で、この頃のNHK-FMのラジオドラマでは東京放送劇団所属の多くの俳優さんが、色々な作品で脇を固めていました。
しかし、主役を演じられることは比較的少なく、上野さんが本作品や「にごりえ殺人事件」などで木下秀雄さんを主役に起用したのは例外的な扱いだったと思います。
また、ヒロインの小夜島香雪を演じる松坂隆子さんも「少年探偵団シリーズ」で明智文代を演じている方であり、スタッフも含め完全に上野友夫一家の作品という印象です。
娘の怜を演じた岩崎恵(いわさき・けい)さんだけはよくわかりませんが、恐らく子役の方なのでしょう。
なかなかはきはきしていて好印象です。

最後にちょっとだけネタばれにつながりかねない話を。
本作品、最後にきちんと大団円を迎えるのですが、この記事を作成するにあたり調べたところ、原作小説には続編が、しかも「ドールズ 闇から覗く顔」、「ドールズ 闇から招く声」、「ドールズ 月下天使」、「ドールズ 最終章 夜の誘い」と4作品もあるようです。
しかも、amazonに記載されている続編の粗筋を読むと、本ラジオドラマの最後でいなくなったはずの***(ネタバレ防止伏字)が、探偵役として活躍するらしい。
ところが、本ラジオドラマは続編が続くような終わり方ではなかったように思います。
もともと本ラジオドラマは、原作では恒一郎の姪であった怜を娘にするなどの改変が行われているようなのですが、結末も改変されていたのでしょうか?
うーん、原作を読みたいような読みたくないような…



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad