青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ドールズ~闇から来た少女 原作;高橋克彦(アドベンチャーロード)

作品:ドールズ~闇から来た少女
番組:アドベンチャーロード
格付:B
分類:ホラー
初出:1988年10月17日~10月28日(全10回)
原作:高橋克彦
脚色:久保田圭司
演出:上野友夫
主演:木下秀雄

盛岡市で喫茶店「ドールズ」を経営する結城恒一郎は、小学生の娘・怜(れい)が交通事故にあったと聞き、慌てて病院に駆け付けた。
幸いにも、怜は骨折だけで命に別条はなかったが、どことなく様子がおかしい。
言葉を一切話さないし、食べ物の好みも急に変わったようだ。
詳しく検査したところ、心臓の肥大、重度の動脈硬化といった老人化とも思える症状もあることがわかってきた。
更に調べると、怜の様子がおかしくなったのは実は事故よりも前、仙台に在住する人形作家・小夜島香雪(さよじま・かゆき)を訪問してからだったことがわかってくる。
一体、怜の身に何が起きているのであろうか。

―――――――――――――――――――

伝奇小説、歴史小説、ホラー、ミステリーなど、様々なジャンルの小説を書かれている直木賞作家・高橋克彦さんの原作小説「ドールズ-闇から来た少女」を原作とするラジオドラマです。
高橋さんは「炎立つ」と「北条時宗」で2回、NHK大河ドラマの原作を担当していますが、「炎立つ」からも想像できるとおり、盛岡在住の方であり、本作品は高橋さんの地元を舞台にした作品です。
また、高橋さんは大学卒業後、浮世絵の研究者であった時期もあり、江戸文化をテーマとしている点でも、本作品は高橋さんのホームグラウンドの作品といえると思います。

さて、この「江戸文化」ですが、あまり書くとネタバレになってしまうのですが、本作において、江戸時代末期の人形細工が重要な要素として登場します。
どのような登場の仕方かは、それこそ聴いての(読んでの)お楽しみなのですが、敢えて言うなら、青春アドベンチャーでいえば、これこれより、これに近い作品といえるでしょう(←クリックするとかなりネタバレです。ご留意ください)。
一つだけ言っておくと、SFやサスペンスというよりホラー寄りの作品といってよいと思います。

ただ、ホラーとして本格的に怖い作品かというと…
そうなっている最大の原因は、やはり菩提樹さんの歌う本作品のテーマ曲でしょうか。
このテーマ曲、歌詞の内容からすると恐らく本作品のためにつくられたオリジナル曲と思われますが、メロディラインはそれなりに不気味な感じになってはいるものの、あまりにベタな歌詞と牧歌的な演奏のお蔭で、どことなくコミカルになってしまっています。
本作の音楽を担当しているのは、上野友夫さん演出の作品ではおなじみだった天上昇さんであり、良くも悪くもいつもどおりの上野作品に仕上がっています。
そういえば「モヒカン族の最後」も似たようなパターン(良くも悪くも印象的なオリジナルテーマ曲)でした。
脚色の久保田圭司さんも、この「モヒカン族の最後」のほか、「地の涯、幻の湖」、「ラバウルの秘宝」などでも上野友夫さんとコンビを組んでいます。
大野哲郎さんと組んだ少年探偵団シリーズ(「妖怪博士と少年探偵団」など)や、松本守正さんと組んだ開化殺人帖シリーズ(「帝都誘拐団」など)と併せて、上野友夫さん演出の作品は、1980年代後半のアドベンチャーロードという番組において一定のシェアで放送されていました。
そして、その独特のクラシカルさ、定番さ、あるいは大いなるマンネリ具合は、激しい作品の多かったアドベンチャーロードにおいて、安心して聴ける一服の清涼剤又は箸休めになっていたように思います。
でも良く聴くと、本作品、男女の不倫なども扱っていたりして結構どろどろしており、清涼剤とは言い難いかもしれませんけど。

さて、本作品の主人公・結城恒一郎を演じるのは東京放送劇団所属だった木下秀雄さん。
ご存知のとおり東京放送劇団はNHKの放送専属劇団で、この頃のNHK-FMのラジオドラマでは東京放送劇団所属の多くの俳優さんが、色々な作品で脇を固めていました。
しかし、主役を演じられることは比較的少なく、上野さんが本作品や「にごりえ殺人事件」などで木下秀雄さんを主役に起用したのは例外的な扱いだったと思います。
また、ヒロインの小夜島香雪を演じる松坂隆子さんも「少年探偵団シリーズ」で明智文代を演じている方であり、スタッフも含め完全に上野友夫一家の作品という印象です。
娘の怜を演じた岩崎恵(いわさき・けい)さんだけはよくわかりませんが、恐らく子役の方なのでしょう。
なかなかはきはきしていて好印象です。

最後にちょっとだけネタばれにつながりかねない話を。
本作品、最後にきちんと大団円を迎えるのですが、この記事を作成するにあたり調べたところ、原作小説には続編が、しかも「ドールズ 闇から覗く顔」、「ドールズ 闇から招く声」、「ドールズ 月下天使」、「ドールズ 最終章 夜の誘い」と4作品もあるようです。
しかも、amazonに記載されている続編の粗筋を読むと、本ラジオドラマの最後でいなくなったはずの***(ネタバレ防止伏字)が、探偵役として活躍するらしい。
ところが、本ラジオドラマは続編が続くような終わり方ではなかったように思います。
もともと本ラジオドラマは、原作では恒一郎の姪であった怜を娘にするなどの改変が行われているようなのですが、結末も改変されていたのでしょうか?
うーん、原作を読みたいような読みたくないような…



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ブラックホール 作:宮崎由香・綾瀬麦彦(青春アドベンチャー)

作品:ブラックホール
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:ホラー
初出:1992年7月6日~7月17日(全10回)
作 :宮崎由香、綾瀬麦彦
演出:笹原紀昭、千葉守
主演:松下一矢ほか

本作品「ブラックホール」は1992年7月にNHK-FMにて「特集のダミーヘッドの青春アドベンチャー」として放送されたラジオドラマ作品です。
青春アドベンチャーはこの年の4月にスタートしたばかりの番組であり、本作品は作品順で7番目、青春アドベンチャーでは最初期の作品と言えます。
本作品は、①一話完結形式のショートドラマ10本の構成、②脚本家によるオリジナル脚本、という特徴があり、これはそれ以前の「サウンド夢工房」や「アドベンチャーロード」、「FMアドベンチャー」にはほとんど類例のなかった形式です。
青春アドベンチャーではその後、「不思議屋シリーズ」、「ライフシリーズ」、「10人作家シリーズ(名古屋脚本家競作シリーズ)」などの、脚本家競作のオリジナル短編集作品が頻繁につくられることになるのですが、この作品はその先駆けだったと言えるかも知れません。
ただし、本作品は後に作られる上記のシリーズとは、①担当する脚本家が2人だけでそれぞれ5話ずつ担当、②どの作品も概ねホラー系、③全話を通じてメインキャストとして出演する明確な主演がいない、という3点に特徴があります。
ちなみに、脚色は前半5話が宮崎由香さん、後半5話が綾瀬麦彦さんで分担されているのですが、演出も前半5話が笹原紀昭さん、後半5話が千葉守さんと分業されています。
その他、技術や音響効果のスタッフも前半後半で別れており、いわば前半は宮崎+笹原チーム、後半が綾瀬+千葉チームという2チームで作られているようです。
このスタッフの違いに併せて、主演も前半と後半では採用パターンが異なっており、前半が松下一矢さん(1・3・5話)と、冨永みーなさん(2・4話)が交互に主演する形式であるのに対して、後半は、長谷川歩さん、塩沢兼人さん、野間太郎さん、香月弥生さん、三谷昇さんが1話ずつ主演しています。
ちなみに、これらの方々のうち前半後半ともに出演されているのは塩沢兼人さんだけです。
冨永さん(めぞん一刻特集参照)と塩沢さん(機動戦士ガンダム特集参照)はアニメでも活躍された声優さんですが、その他にも、前半2~4話に出演される坂本千夏さんもアニメ系の声優さんです。
また、前半第4話のみですが、「ルパン三世」の峰不二子役で有名な増山江威子さんが出演されています。
ちょっとしたトリビアですね。
その他、出演者等の詳細については、以下のブログがとても良くまとまっていますので、そちらに譲りたいと思います。

(外部リンク)http://www.ipc-tokai.or.jp/~sugiyama/radiodorama/change_md_data_bh.htm

なお、各話の格付け、粗筋及び一言評価は以下のとおりです。

 
話数 タイトル 格付け 粗筋 一言
1 しつこい人 C 余りにしつこい新聞勧誘員を突き飛ばしてしまった。しかし翌日も彼は現れた… 塩沢さんのいやらしい演技があまり発揮されていないのが残念。あまり怖くもない。
2 目が覚めたら C 水曜日に寝て目が覚めたら土曜日だった。その後も記憶がない時間増えていくが。 結末がわからない。長い布団と枕って何だったのでしょう?線路と枕木?
3 のぞき B バルコニーから双眼鏡で200m先のマンションを除く。それが私の楽しみ。 不覚にもオチは読めなかったが、それでもあまり怖くはなかった。
4 交通事故 B- 浪人生の寬太が映画館を梯子して家に帰ったら葬式をしていた。死んだのは誰なのか? 誰が死んだのかすぐにわかり、意外な展開に。でも途中からはあまり意外性はない。
5 ビルの屋上 C+ 閉鎖した15階建てのビルの屋上。少女は自殺するためにやってきたが先約が二人いた。 きちんと結末はついているが、オチは少し唐突かも知れない。
6 きみの韋駄天 B 足が速くなりたければ、お百度参りすれば、韋駄天が叶えてくれると祖母は言ったが… 塩沢さんが耳元でささやく「君は韋駄天」が印象的。でもこの作品も怖くはない。
7 絞殺魔 A 連続殺人犯と疑われた息子を、母親は部屋の一室で匿うが…塩沢さんのキレ芸が炸裂!それだけで聴く価値あり。「絞めたい!絞め殺したい!」
8 賽銭泥棒 B かくれんぼ中にはぐれた幼い妹を連れに戻る兄。しかし二人で道に迷ってしまって。 陳腐な話しだが、昔話っぽいいい雰囲気は割とでていると思う。
9 訪ねて来た男 C+ 失業した女のもとに化粧品の訪問販売員の男がしつこく尋ねてくるのだが。 第1話と似たような話し。脚本家が違うので偶然だと思うが。
10 ベビー・シッター B 人類の大部分が滅びた世界。2台のロボットは奥様の命で赤ん坊の面倒を見るのだが… 終末もの。起きていることを理解できないまま行動を続けるのが怖いポイントか。

2週目の放送の冒頭で、本作品のことを「恐怖劇場」と称するのですが、実は怖い話はあまりありません。
「世にも奇妙な物語」風の、少しだけ不思議なあるいは不気味な話しが中心です。
個人的には綾瀬+千葉チームの担当した後半に、好みの作品が多かったように感じますが、いずれにしろどうせならもっとギトギトに怖い話しでも良いと思います。

【笹原紀昭演出の他の作品】
アドベンチャーロード期を中心に多くの傑作アクション作品を演出された笹原紀昭さん。
演出作品はこちらに一覧を作っています。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad