青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

タイムライダーズ 原作:アレックス・スカロウ(青春アドベンチャー)

作品:タイムライダーズ
番組:青春アドベンチャー
格付:AA+
分類:タイムスリップ
初出:2017年4月3日~4月21日(全15回)
原作:アレックス・スカロウ
脚色:小松與志子
音楽:山本清香
演出:真銅健嗣
主演:吉永拓斗

1912年、沈みゆくタイタニック号Eデッキで老人の声が響き渡る。
「君の命は残り4分。答えろ、生き延びたいか。さあリアム、決断の時だ。私に付いてくるならこの手を掴め。」
2011年、ボストンから西海岸へ向かう旅客機の中で老人はマディに語り掛ける。
「数分後、この旅客機の乗客全員が死ぬ。だが、君だけ生き延びることを選択できる。さあ手を握り給え、早く。」

沈みゆく豪華客船から、墜落する旅客機から、ムンバイの業火の中から、メフィストフェレスの手にひかれて3人の若者が集められた。
彼らの新しい人生の舞台として用意されたのは2001年9月10日。
翌日に起きる「あの事件」があまりに人々の記憶に鮮烈に残ったために、逆に人々の記憶から抜け落ちてしまった、その前日。

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「タイムライダーズ」は、イギリスの作家アレックス・スカロウの少年少女向けのタイムトラベルファンタジー?を原作とする作品です。
原作小説は、日本語版だけでも「タイムライダーズ」、「タイムライダーズ 紀元前6500万年からの逆襲」、「タイムライダーズ 失われた暗号」の3作品が発表されていますが、母国イギリスでは合計9作品(完結)の長編シリーズなのだそうです。
昨年2016年末に「元禄の雪」で藤井靖さんの「白狐魔記」が完結したのですが、それに代わる真銅健嗣さんの新シリーズの始まり…だったらいいな。

さて、本作品は典型的なタイムトラベルSF、それも主人公たちがいわゆる「タイムパトロール」役になる古典的なSFです。
この種の作品は星の数ほどあるわけで、本作品の2作品前に制作された「つばき、時跳び」もタイムトラベルものでした
しかし、ごく狭い世界を舞台とした「つばき、時跳び」とは異なり、本作品は、有名な事件が再現されるわくわく感、歴史が改変され世界が変わってしまう緊張感、それに時間移動を利用したトリックなどを主体とした王道のタイムトラベルものです。
ただ、シリーズものの第1作という位置づけから、序盤を「タイムライダーズ」結成までのエピソードに割かざるを得ず、本編の冒険は中盤以降となります。
そのためか、冒険の舞台となるのは第2次世界大戦末期と比較的身近であり、スケール感はあまりありません。
ただ逆に身近であるが故の緊張感もあり、タイムパトロールものらしい緊張感にあふれた良作になっています。

演出面でも、小松與志子さんのナレーションが全くない脚本を、セリフと効果音だけでうまく表現していることが印象的です。
セリフについて出色なのは、「タイムライダーズ」を招集する謎の男、冒頭の紹介では「メフィストフェレス」と比ゆ的に表現しましたが、特に序盤はどうにも胡散臭いフォスターを演じる山崎たくみさんの声。
作品中でフォスターの容姿を説明するナレーションは一切ない(フォスター自身が「ただの老人だ」いうのが数少ないヒントでしょうか)のですが、この声だけで十分怪しい雰囲気が伝わってしまいます。
ナレーションが全くない以上、声質やしゃべり方でキャラクターを表現することは必須。
はっきりいってかなり過剰な演技ですが、この作品にはこれくらいでちょうどいいと思います。
それにしても山崎さんの声を聴いていてふと思ってしまったのは、「(若くして亡くなられた)塩沢兼人さん似ているなあ」ということ。
常に似ているわけではないのですが、時々、「すごく気取った声を出しているときの塩沢さん」とよく似た雰囲気の声になります。
調べてみると、山崎たくみさんは塩沢さんの死後、その持ち役の多くを引き継がれた方とか。
NHK-FMはアニメ畑の専業声優さんをあまり使わないのですが、塩沢さんは1980年代から1990年代までずいぶんとNHK-FMに重用されていました。
妖精作戦」、「サラマンダー殲滅」、「マージナル」、「オルガニスト」などなど懐かしい作品が目白押しです。
山崎たくみさんのお声を聴いていて何だかとても懐かしい気分になってしまいました…
懐かしいといえば、妙に脱力系のエンディングテーマもちょっと懐かしいように感じました。
アドベンチャーロード時代にはこういったちょっと軽い感じのエンディングテーマも多かったように記憶します。
本編とはちょっと雰囲気が違う曲を掛けることによってちょっとしたクールダウンの効果があったような気がしますね。
特に最終話は、最後の場面から出演者紹介にうまく音楽がつながっておりなかなか印象的でした。
本作品の音楽を担当している山本清香さんがそこまで意識していたかはわかりませんが。

さて、出演者の話に戻りますと、その他の出演者さんも、礼儀正しく責任感の強い元客室係リアム・オコナー少年役の吉永拓斗さん(青春アドベンチャー初主演!)、世慣れたプログラマー(趣味はハッキング)のマディ・ガーター役の占部房子さん(「泥の子と狭い家の物語」、「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」など)などキャラクターの色分けが見事。
特にまっすぐな性格で仲間思いでもあるリアムが主人公であることが、吉永さんの素直な声と相まって、この作品をとても気持ちの良いものにしていると思います。
強いて言えば、マディ役の占部さんと、インド人少女(2026年出身)サリーナ・ビクラムを演じる磯部莉菜子さんの声としゃべり方にもっとはっきりとした差を付けてよかったような気はします。
ただ、残念ながらこの「タイムライダーズ」の3人の中では、「実行役」で出番の多いリアムと、他のふたりの間にはかなりの差がありました。
キャラ付がはっきりしてくるのは第2作目以降なのかも知れないと思うと、次作を期待してしまうところです。
そして、マディとサリーナがいまひとつ印象が強くないのと対照的に、本作品で存在感が強いのは様々なオジサマ方。
先ほど述べたフォスターがまずそうなのですが、他にも、「ベルリンの秋」のシュタイナーや「封神演義」の聞仲が懐かしい大友龍三郎さんが演じた「支援ロボット・ボブ」が準主役といってもよい活躍だったことは「肯定」せざるえをえないところでしょう(笑)。
そのほか、これもおじさんである敵役コンビ、石橋徹郎さん(「晴れたらいいね」の佐治軍医、「獅子の城塞」の次郎左)が演じたクレイマー博士と、信太昌之さんが演じたカールのドラマも本作品のもうひとつの聴き所といってもよいと思います。
そういえば、実在の人物であるアドルフ・ヒットラーを演じた酒向芳さんも、「闇の守り人」のジグロ役で印象的な方でした。
この方面ではずいぶんと豪華な配役です。

それにしても全15話を聴き終わって残った最大の謎は、そもそも「タイムライダーズ」とは何なのかということ。
作中ではスポンサーや設立経緯などは全く明かされませんでした。
役割の重要さから言って、国家規模、あるいはそれ以上(全人類規模)のバックはあってもおかしくない割には小規模な?組織。
この辺は第2作目を聴けば明かされるのでしょうか。
やはりこれは2作目を期待せざるを得ないところです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

つばき、時跳び 原作:梶尾真治(青春アドベンチャー)

作品:つばき、時跳び
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:タイムスリップ
初出:2017年2月27日~3月7日(全10回)
原作:梶尾真治
脚色:丸山智
音楽:川田瑠夏
演出:藤井靖
主演:美山加恋

趣味で書いた小説がコンテストの優秀作になったのを切っ掛けに、俺はサラリーマンを辞め、作家になった。
といっても、駆け出しの新人作家に生活力なんて、ある訳がない。
今は、死んだじいさんの使っていた家を親から借りてただで住まわせてもらっている。
戦後に廃屋同然だったのを買い取ったというだけあり、いつ建てられたのかも分からないほど古びたわが家。
しかし、庭に肥後椿が咲き誇るこの家で、ちゃぶ台に向かって原稿を打つ生活を、実は俺は結構気に入っている。
ただひとつ気になることがある。
先日、母が急に「その家には女の幽霊がでる」と言い出したのだ。
何でもその幽霊は女性にしか見えず、新しくこの家に嫁に来た代々の女性は、この幽霊を見てはじめて「あなたもこの家の嫁になったのねえ」などと言われるらしい。
そういうことは早く言って欲しい…
?そういえば、あそこに見えるのは何だ…

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「つばき、時跳び」はSF作家・梶尾真治さんによる同名の小説を原作とする作品です。
もともとは、2004年から2006年に「つばきは百椿庵に」のタイトルで連載されていた作品が、2010年に改題されて単行本として出版されたのだそうです。
実は作品内容的には「時跳び」(=タイムスリップ)が重要になるのは、ヒロインの「つばき」ではなく、むしろ○の方なんですけど…おっとネタバレになりそうなのでこの辺にしましょう。

さて、青春アドベンチャーで梶尾さん原作の作品が放送されるのは、1992年8月の「サラマンダー殲滅」以来、約25年ぶりの2度目。
1992年は青春アドベンチャーの始まった年ですので、それ以来ということなります。
もっともこの「サラマンダー殲滅」はもともとは番組名が「サウンド夢工房」だった時代の1991年に放送されたのが初出で、青春アドベンチャーでは再放送でしたので、青春アドベンチャーでの梶尾さん作品ははじめてと言っても良いかも知れません。

さて、原作者の梶尾さんは熊本市のご出身で、1970年代から様々なジャンルのSF作品を書き続けている古参のSF作家さんです。
1971年の「地球はプレイン・ヨーグルト」で第10回星雲賞、1991年には「サラマンダー殲滅」で第12回日本SF大賞を受賞しているほか、2016年にも「怨讐星域」で5回目の星雲賞を受賞しており、今も現役です。
一般的には2003年に草彅剛さん、竹内結子さん出演で映画化された「黄泉がえり」が有名でしょうか。
様々なジャンルと書きましたが、NHK-FMでラジオドラマ化された2作品を見ても、「サラマンダー殲滅」が復讐とその代償(そして塩沢兼人さんの演技)が強烈な印象を残すのに対して、本作品はタイムトラベルというSF要素はあるものの、基本的にはラブロマンス。
それもいわゆるジェットコースタードラマのような劇的な展開が続くわけではなく、概ね淡々とストーリーは進んでいきます。
タイムスリップの効果といった面で見ると、タイムスリップものでは定番の何度かの出会いと別れを繰り返して、最期には(一応の)ハッピーエンドに至るのですが、最後の惇の決断はそれなりに重いものではあるのですが、あくまで個人の話で、歴史に介入するといったたぐいのものではありません。
また、タイムスリップもの楽しみでもある「時間の行き来を利用したトリックの謎解き」といった面でも、「りょじんさん」の正体を明かすなど一応の展開はありますが、基本的には予想の範囲を超えるものではなく、また、そもそも最初につばきが現代に幽霊のような形で現れたのは何だったのかなど、よくわからない仕掛けも残りました。
全体的に薄味なつくりで、どちらかというとタイムスリップは味付け程度で、穏やかに流れる雰囲気を楽しむ作品だと思います。
雰囲気といえば、青春アドベンチャーで、「売れない文士」+「ぼろい家」+「幽霊」というと、梨木香歩さん原作の「家守綺譚」を思い出すのですが、全体の雰囲気も何となく似ています(作品ジャンルは違いますが)。
主人公の駆け出し小作家・井納惇(いのう・じゅん)の一人称で物語が語られるのも「家守綺譚」と似た雰囲気になっている理由のひとつかと思います。
…って、改めて公式ホームページを見てみると出演者の最初に書かれているのは、つばきを演じる美山加恋さんですね。
主役はつばきという扱いなのかな?
この美山加恋さん、青春アドベンチャーでは2015年の「シブちゃん」と2016年の「エド魔女奇譚」への出演歴がありますが、徐々に重要な役になり、今回、ついに初主演。
もともとは8歳の頃に出演したTVドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(草彅剛さん主演)で注目を浴びた子役さんで、同じく元人気子役の福原遥さんとともに、この2月からTVアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」で主役を演じています。
ちなみに美山さんが「キュアホイップ」で、福原さんが「キュアカスタード」とのこと。毎年よく考えるなあ。
美山さん、「シブちゃん」では「できた妹」、「エド魔女奇譚」では妖艶な魔女でしたが、本作品では、言葉遣いは丁寧だがしっかりした意見をもった美少女、とまた少し違った役どころを演じています。
いずれもしっかり演じわけられているあたり、さすが元天才子役です。
それにしても「蒲生邸事件」や「1492年のマリア」、「ピエタ」などもそうなのですが、くだけすぎた今の女性のしゃべり方に慣れていると、丁寧な敬語がとても新鮮です。

一方の事実上の主役である井納惇を演じる川口覚さんも、「人喰い大熊と火縄銃の少女」、「白狐魔記 源平の風」、「星を掘れ!」など(「星を掘れ!」のみ特集オーディオドラマ)でお馴染みの方です。
惇のしゃべり方がかなりくだけているのは、つばきのしゃべり方とのギャップを狙っているのかもしれませんが、惇は性格自体はとても素直なキャラクターですので、丁寧なしゃべり方をさせた方がつばきとの会話が気持ちのいいものになったのではないかと思い、その点では少し残念でした。

ところで、wikipediaによれば本作品の舞台となった「百椿庵」(ひゃくちんあん)は、原作者の梶尾さんの家がモデルなのだそうです。
でも作中の「百椿庵」はかなり古くて傷んだ設定の建物。
先日の熊本の地震は大丈夫だったのでしょうか?


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad