青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

防潮門 原作:アリステア・マクリーン(アドベンチャーロード)

作品:防潮門
番組:アドベンチャーロード
格付:A-
分類:サスペンス
初出:1988年11月21日~12月2日(全10回)
原作:アリステア・マクリーン
脚色:田辺まもる
演出:伊藤豊英
主演:東野英心

それはひとつの英語のメッセージから始まった。
「我々はFFF(エフエフエフ)である。
我々は北海に臨む堤防の要衝を爆破する用意がある。
第一の目標はスキポール空港。
洪水は明日11時に起こることを予告する。」
テロリストはオランダという国全体を人質としようというのだ。
国土の3分の1が海抜ゼロ0m以下というオランダを。

――――――――――――――――――――――――――

「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」
本作品「防潮門」を聞いたときに最初に連想したのがこの言葉です。
誰が言い出したのか知りませんが、この言葉ほどオランダの国土を的確に表している表現はないでしょう。
そもそもオランダの正式名称である「Nederland」(ネーデルランド)自体が、「低地」という意味なのですが、それにしても国土の20%以上がオランダ人自らが干拓事業によって作り出した土地であり、30%以上が海面より低いということは驚くべき事実です。
また、オランダといえば風車が有名ですが、あの風車は小麦を製粉するためのものでも、ましては風力発電のためのものでもなく、単に水を汲みだすためのもの。
つまり、不断に水を汲みだし続けないとオランダという国は水没・消滅する運命にあるわけです。
いきなり脱線気味ですが、脱線ついでに言うと、ニューヨークの地下鉄も常に出水が続いており、ポンプアップを止めるとすぐに水没すると聞いたことがあります。
また、東京東部には広大な、いわゆる「0m地帯」が広がっているわけですが、これは水溶性の天然ガスを採取するために、地下水をくみ出しつづけた結果、地盤沈下したものだとのこと(東京東部の地下に日本最大のガス田「南関東ガス田」があるということは意外と知られていない)。
人間の欲求や生存本能というものは恐ろしいものです。

さて、この「オランダの存続にとって必要不可欠な堤防を人質にする」という一発ネタにすべてをかけた作品が、この「防潮門」です。
主人公はアムステルダム市警のエッフェン警部。
「警部」といっても彼は普通の警察官ではなく、テロリスト対策の特別捜査官。
その職業ゆえに過去、妻と子をテロリストに爆殺された過去を持っています。
彼はFFFの犯行を受け、即座に自ら潜入捜査を開始。
自分で自分の顔に火傷を付け、「指名手配の爆発専門家」に扮して犯人たちへの接触を図っていきます。
得意なのは推理ではなく行動、というタイプですので、ち密な計算はなくとも出たとこ勝負でどんどん進んでいきます。
警察官でありながらテロリストの信用を得るために王宮を爆破しちゃうあたり、「暗殺のソロ」のモーガン大佐に勝るとも劣らない暴走ぶりです。
この辺のストーリーの大雑把さ(一応、警官なのに…)は、本作品の魅力でもあり、逆にアラだともいえましょう。
このエッフェン警部の暴走ぶりにつられるように、上司である本部長のド・フラーフ大佐(演:柳生博さん)も、叫ぶ、愚痴る、狼狽する!
この辺も「暗殺のソロ」のファーガスン准将に似た感じです。
それにしてもこのド・フラーフ大佐、警察組織の人間なのに、なぜ「大佐」という軍事組織の階級なのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。

一方、ヒロインは女潜入捜査官でありながら実は財閥の令嬢という、属性盛り過ぎのアンネ・マリー。
オーバースペック気味の割には活躍の場は少ないアンネ・マリーですが、声はかわいらしく、いかにもヒロインっぽい感じです。
演じたのは女優の野口早苗さんなのですが、一方のエッフェン警部を演じるのが東野英心さんであるため、正直言って、カップルとしてつり合いが取れていません。
「美女と野獣」? というか「少女とおじさん」?
エッフェン警部、ひょっとしたら原作ではもう少し若いキャラクターなのかもしれません。
ただ、東野英心さんの声を聴くと、つい「あばれはっちゃく」の「父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」を思い出してしまう世代としては、エッフェン警部をアンネ・マリーの「白馬の王子さま」と呼ぶのは無理があると感じざるを得ません。
やっぱり東野さんは「CF愚連隊」の熊沢(=ギャンブル大好きおじさん)の方があっている感じがします。

スタッフは、脚色:田辺まもるさん、演出:伊藤豊英さんのコンビ。
再三引き合いに出した「暗殺のソロ」と同じコンビであり、実質的なこのドラマ枠の第1作である「無頼船長トラップ」のコンビでもあります。
なお、原作者のアリステア・マクリーンは冒険小説で知られた英国(スコットランド)の小説家で、「ナヴァロンの要塞」が有名です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ペテルブルグから来た男 原作:ケン・フォレット(FMアドベンチャー)

作品:ペテルブルグから来た男
番組:FMアドベンチャー
格付:AA
分類:サスペンス
初出:1984年11月21日~11月30日(全10回)
原作:ケン・フォレット
脚色:田辺まもる
演出:伊藤豊英、松本順
主演:森本レオ

1914年晩秋、ロンドン郊外。
大英帝国とロシア帝国が手を結ぼうとしている。
このままでは世界大戦が始まってしまう。
両国を牛耳っている腐った貴族たちのせいで、何百万人ものロシアの無辜の人民が犠牲になる。
そんなことは何としても避けなければならない。
大丈夫。作戦は順調だ。
御者に化けて乗っ取ったこの馬車には、交渉の英国代表であるウォールデン伯爵と、ロシア帝国の特使アレクセイ・オルロフ公爵が乗っている。
英国領内でオルロフ公爵が死ねば、交渉はもちろん決裂だ。
…頃合いだ。馬車を止めよう。
そして力いっぱいに馬車の扉を引き開けて、この銃弾を撃ち込めばすべてが終わる!
「誰よ!何するの!!」
!!!
なぜだ、なぜ彼女がそこにいるのだ!

――――――――――――――――――――――――――

このラジオドラマ「ペテルブルグから来た男」は色々な意味で予想を裏切られた作品でした。
本作品が放送された「FMアドベンチャー」は1984年から1985年にかけて1年間だけ放送された番組であり、私は本作品を、最近、録音で初めて聞くことができました。
そのため先に聴いていた、似た名前の作品「ブラジルから来た少年」(原作:アイラ・レヴィン)の印象が強く、なぜか勝手に第2次世界大戦以降の時代を舞台にしたスパイものだと思い込んでしました。
そのため、作品の冒頭から「公爵」だの「伯爵」だのが登場する前世紀的な雰囲気にちょっと違和感を感じてしまいました。
ゼンダ城の虜」や「紅はこべ」、「皇帝の密使」などがそうなのですが、国際謀略ものに貴族が登場すると、ストーリーに妙なロマンチズムが混在してしまうために、あまり好きになれないんですよね。
やっぱり、民主国家どおしが「民衆のため」という同じ正義の名のもとに、汚い暴力に手を染め殺しあうという、殺伐としたやるせなさこそが謀略ものの魅力だと思うのです。
その点ではやはりジャック・ヒギンズのような、第2次大戦期かそれ以降を舞台とした作品の方が好みなのです。
特に本作品では時間の都合からか、英国がなぜロシアと手を結ぶのかの説明を省略しており、特権階級対共産主義者という安易な対比になっているのがちょっと残念です。
ただ、共産主義者が跋扈し始めた第1次世界大戦前という端境期を舞台としていること、権力者側に究極の現実主義者、ウインストン・チャーチルがいることで一定の「殺伐さ」は出ていると思います。

また、他に予想を裏切られた点といえば、「ペテルブルグから来た男」は誰かということ。
聴き始めた当初は、ロシアからの特使アレクセイ・オルロフ公爵かと思わせるのですが、実は潜伏先のジュネーブからやってくる主人公のテロリスト、フェリックス・クシェンスキーこそが「ペテルブルグから来た男」です。
なぜ「ペテルブルグから」なのか。
それは本作品における愛憎劇の要素の核心部分をなす部分ですので、詳しくは読んでの(聴いての)お楽しみに取っておきます。
なお、オルロフ公爵は序盤こそ出番が多いのですが、徐々に存在感が薄まり、中盤以降はかなり残念な扱いになってしまいます。
さらに、この物語のヒロインも当初は、ウォールデン伯爵令嬢で快活なシャーロットかと思わせるのですが、実はシャーロットは第2ヒロイン的な位置づけで、真のヒロインは彼女の母親でウォールデン伯爵夫人のリュディアです。
本作品は国際謀略ものであると同時に、このフェリックスとウォールデン伯爵一家との愛憎劇でもあることが味噌なのです。
後者の要素が、本作品を単なる謀略モノではなく人間ドラマへと昇華させているわけではありますが、冒頭に書いたとおりもっと殺伐としていて欲しいものではあります。
ただ聴き終えてみればそれも作品に深みを与える要素としてアリだったと思います。

さて、謀略の顛末(=フェリックスのテロ行為により戦争を回避できるのか)はすでに歴史が証明してしまっています。
また、愛憎劇の結末がどうなるかを書くのは野暮というものでしょう。
そこで、今回も登場人物とその演者を通じて作品を紹介したいと思います。
まず、主人公のフェリックスを演じたのは俳優の森本レオさん。
アドベンチャーロード時代の名作「摩天楼の身代金」(もう一度通しで聞きたいなあ)でも主演されていましたが、あの渋い声でフェリックスのような、小心でいじけた中年男性を演じさせたら天下一品ですね。
だいたい、たくさん人を殺しておいて「俺は生きたいのだ!」もないものです。
そういえばテロリストが主人公の作品って、アドベンチャーロード時代の「ジグが来る」と本作品くらいでしょうか。
聴いていてふと思ったのが、やはりアドベンチャーロード時代に放送された「暗殺のソロ」(原作:ジャック・ヒギンズ)との対比。
「暗殺のソロ」の主人公がテロリストを追う男であるのに対して、本作品の主人公は追われるテロリスト。
「暗殺のソロ」は「子供が事件に巻き込まれてしまった親」の話であるのに対して、本作品は「子供を事件に巻き込む親」の話し。
対照的です。
とはいえ「暗殺のソロ」のモーガン大佐もやっていることはほぼテロリストと変わりないのですが…
それにしても、テロリストがリアルになりすぎてしまった今のご時世ではなかなかテロリストを主人公にするのは難しい、本作品は一昔前ならでは…とも思ったのですが、本作品が発表された20〜30年前だってIRAやモサドによるテロ行為は普通にありました。
フィクションの世界に変なタブーを持ち込むのは良くないですね。
是非、新しいテロリストものをラジオドラマ化して欲しいものです。

一方の守備側の主役ともいえるのが、戸浦六宏さん演じるウォールデン伯爵。
いけすかない特権階級の貴族ですが、オルロフ公爵が最初に襲撃された際にはわが身を投げ出して爆弾からオルロフ公爵を守る(結果は不発で命拾い)など、わが身の安全を顧みず、とっさになすべき行動をすることができる、ノブレス・オブリージュを弁えた人物であることがうかがえます。
考えてみれば、少なくとも家族関係では彼は一方的な被害者であり、途中狼狽するシーンなどは同情を禁じえません。
クライマックスの火災のシーンでの行動もなかなか見事だと思います。
それにしても戸浦さんって1993年には亡くなられていたんですね。
もっと長くまで活躍されていた印象でしたが…

女性陣ではリュディアとシャーロットの母子を演じたのが、三田和代さんと斉藤とも子さん。
三田さんは「暗殺のソロ」や「霧隠れ雲隠れ」など、斉藤さんはFMシアターの「夕凪の街 桜の国」に出演されていますね。

その他、実在の名宰相チャーチルを演じたのは「奥様は魔女」のナレーションで有名な中村正さん。
中村さんは「皇帝の密使」で担当したナレーションが印象的なのですが、本作品ではナレーションをしておらず、本作品のナレーションはNHKアナウンサーの和田篤さんがされています。
和田さんのナレーションといえば、個人的に最も印象深いのはNHK新大型時代劇(TVドラマ)の「真田太平記」。
1985年の「真田太平記」で真田幸村を演じた草刈正雄さんが、昨年2016年の「真田丸」では父・真田昌幸を演じたことを考えると、この「ペテルブルグから来た男」の古さもわかろうというものです…ってほとんど本作品には関係ない脱線ですね。
すみません。

【伊藤豊英演出の他の作品】
多くの冒険ものの演出を手掛けられた伊藤豊英さんの演出作品の記事一覧は別の記事にまとめました。
詳しくはこちらをご参照ください。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad