青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

ザ・マンボスパイズ 作:マキノノゾミ(青春アドベンチャー)

作品:ザ・マンボスパイズ
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:コメディ
初出:1993年10月4日~10月8日(全5回)
作 :マキノノゾミ
演出:加藤択
主演:三上壱郎

大ヒット間違いなしとレコード会社に自分の曲を売り込みに行ったジロウ、サブ、ゲンの“マンボボーイズ”の3人。
しかし、レコードデビューはけんもほろろに断られた。
マンボは時代遅れなのか。
いや間違っているのはレコード会社の方だ。世間の方だ。
荒れる3人だが、自宅に戻り、届いていた小包を開けたときに状況は一変する。
実はジロウは3年前まで外務省の秘密諜報員だったのだ。
そして、人手不足の外務省は、ジロウとその仲間に、中南米サンチョ王国のお姫様を救出する密命を授けるという。
ジロウ以外の2名には何の受ける義理もない依頼。
しかし、報酬を聞いたとき、ふたりもこの提案に飛びつくことを決めた。
外務省の二階堂課長はいう「報酬は君たちのレコードデビューだ!」

――――――――――――――――――――――――――

本作品「ザ・マンボスパイズ」は、劇団M.O.Pを主催していた俳優・劇作家のマキノノゾミさんによるオリジナル脚本のラジオドラマです。
マキノさんは、ヒロインを宇宙飛行士にしてしまうという、歴代の朝ドラの中でも怪作として知られるの「まんてん」(2002年下期)の脚本を担当した方で、「悪戯の楽園」に主演されたキムラ緑子さんの旦那さんでもあります。
本作品も「マンボ」+「スパイ」という何とも突飛な組み合わせを題材とした作品です。
ちなみに、「マキノ」と聞いて思い出すのは、「浪人街」や「次郎長三国志」などの監督として知られる「日本映画の父」マキノ雅弘さんや、その甥で映画監督としては「マキノ雅彦」と名乗っている津川雅彦さんですが、これらの方とマキノノゾミさんは特に関係はないようです。

さて、本作品「ザ・マンボスパイズ」は、「スリル、スピード、サスペンスという3つのキーワードを売り物に、本格スパイドラマの幕が上がる!」などという口上とともにスタートしますが、冒頭のあらすじどおり中身はコメディ
「反体制派から王女を救い出す」というプロットが同じ作品として、アドベンチャーロード時代の「女王陛下のアルバイト探偵」がありますが、軽い調子ながらキチンと冒険サスペンスをしていた「女王陛下のアルバイト探偵」と異なり、本作品はあくまで笑い、それもトホホ感満載の会話が作品の中心であり、両作品は性格が全く違います。
大体、マンボを愛するバンド、というあたりからすでにダメダメ感満載ですよね(マンボ好きの皆さん、ごめんなさい)。

ただ、個人的な感想を言うと、本作品のギャグジーンは脱力系のそれが多く、蜃気楼のところなどちょっと笑えるシーンもあったものの、残念ながら腹を抱えて爆笑できる場面はあまりありませんでした。
折角のラジオオリジナルのドラマ脚本。
演劇風の高尚で薄味なユーモアもよいのですが、「ロスト・タイム」のしりとりシーン、「ゴーゴー!チキンズ」の「え~~」のシーンような、何も考えずに音だけ聞いて爆笑できるコテコテのシーンも作って欲しかったものです。
全5話と、青春アドベンチャーでは短い構成でありながら、実質的に第4話で冒険が終わってしまうこともあり、何となく食い足りない感覚が残ってしまった作品でした。

なお、本作品で主役の「ジロウ」を演じたのは、牧野さん主宰の劇団M.O.Pに所属されていた三上壱郎さん(オリジナル脚本なので、この「ジロウ」が次郎なのか二郎なのか、確認する手段がありません…)。
また、ヒロインの「カサチョフ王女」を演じた濱田万葉(はまだ・まは)さんは違いますが、「サブ」を演じた小市慢太郎さん(「電気女護島」、「蜩ノ記」など)も劇団M.O.Pに所属されていました。
本作品のように、脚本家と主要な出演者などをセットでひとつの劇団に任せた作品は、ひとむかし前の青春アドベンチャーでは時折見かけました。
具体的には、多少役割分担は異なりますが、青春アドベンチャー随一の怪作「少年漂流伝」(劇団維新派)、有名劇団の役者が共演した「サンタクロースが歌ってくれた」(演劇集団キャラメルボックス)、原作者自らが出演した「怪人二十面相・伝」(劇団プロジェクト・ナビ)などが該当します。
本作品の場合は、加藤拓さんという、もともとテレビ畑(「八重の桜」、「天花」、TV版「精霊の守り人」などの演出)で、青春アドベンチャーではこれ一作しか担当されていない演出家が演出された作品だったからこその、凝ったスタッフ・キャスト構成だったように感じます。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

笑う20世紀パート5 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

作品:笑う20世紀 パート5
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:コメディ
初出:1998年7月27日~7月31日(全5回)
作 :藤井青銅
演出:平位敦
主演:今井朋彦ほか(下表参照)

1994年から1998年まで毎年1作ずつ作られた「笑う20世紀」シリーズ
同じ藤井青銅さんの手による「年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズ」と並ぶ長期シリーズです。
このシリーズは、藤井青銅さん作の1話15分のショートドラマを、5夜又は10夜連続して放送するものです。
本作品「笑う20世紀 パート5」は、その第5弾で1998年に放送されたのですが、「パート2」と同様、少なめの5話ものでした。

さて、このパート5の各話のタイトル、格付け、粗筋及び一言を一覧にすると以下のとおりです。
パート4までは一部、「笑う20世紀」として書籍化されている作品も混じっていましたが、今回の5話はすべて書籍版(kindle版を含む)「笑う20世紀」には掲載されていないようです。
各話は基本的にシニカルなコメディで、まさに藤井青銅さんらしい内容です。
ただ、官官接待(1995年頃より話題に)、格付け機関(1997年のヤオハンなどの倒産)、フランスワールドカップ(1998年開催)、Vチップ(1999年スタート)、そしてミレニアムネタと、この作品に限っては時事ネタが多く、「干支シリーズ」に似た雰囲気です。

話数 タイトル 主演 格付け 粗筋 一言
1 最後の接待 郷田ほづみ C+ 度重なる不祥事についに官僚の重い腰が上がり、「接待禁止法」が制定されたのだが。 「官僚、官僚」と連呼する辺りで大体のオチは見えてしまった。
2 格付けの位置付け 小椋あずき B+ 学歴、会社、人間関係等すべてが格付けされる社会。彼女が思いついた新事業とは。 格付け対象は本来「業績」ではなく「信用」(=返済能力」)。言葉が足らない。
3 学習効果 小林美江 B+ 日韓W杯を成功に導くため、フランスW杯を調査した。参考になる事案はあったのか? 「つまるところ好景気とはインフレ」。少ない言葉も十分学問的。
4 Gチップ内蔵 橋本潤 B- 料理番組の視聴を制限するFチップ。意外な効果に類似品が流行するが。 Gチップはグルメチップかと思ったら…。第4弾の「ギャグ著作権」を思い出した。
5 100年の恋 今井朋彦 B 気になる同僚がいるが声を掛けられない。そうだ、この「100年の恋ツアー」に参加しよう。 「笑う20世紀」最後の回はミレニアムネタ。綺麗にシリーズが終わったと思いきや…

なお、「笑う20世紀」はこの作品が最後になりますが、世紀末を控えた翌1999年には「笑う世紀末探偵」というタイトルで実質的な続編が制作され、さらに翌々年の2000年以降も「踊る21世紀」というタイトルで暫く続いていくことになります。

ちなみに、上表のとおり本作品は全5話すべて主演している人が異なり、作品全体としての主演は定め難いのですが、NHKクロニクルにおけるキャストの並び順を参考に、本ブログでは一応、今井朋彦さんを全体の主演として表示しています。
また、上記の主演者の方が他の作品に脇役として出演されているほか、福山伸一さん、山本満太さん、布施絵理さんが出演されています。
テーマ曲は前作に引き続きPUFFYの「サーキットの娘」です。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad