青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

韓国・鉄道・グルメの旅 原作:辻真先(カフェテラスのふたり)

作品:韓国・鉄道・グルメの旅
番組:カフェテラスのふたり
格付:B
分類:日常
初出:1987年11月9日~11月13日(全回)
原作:辻真先
脚色:斉藤紀美子
演出:(不明)
主演:増岡弘

僕は何としても韓国に行きたい!
韓国に行ってセマウル号に乗るのが永年の憧れだったんだ。
なに?セマウル号が何かを知らないって?
セマウル号といえば韓国の超特急だよ。
日本で言えば新幹線。
なに?鉄道についての書き下ろしを一冊と、グルメと温泉の本、さらにトラベルミステリーを1編書くなら、出版社が旅費を出してくれるって?
乗った!
よーし、こうなったら韓国の鉄道を乗りまくるぞ!

――――――――――――――――――――――――――

本作品「韓国・鉄道・グルメの旅 ~辻 真先(『韓国を乗る、韓国を食べる』より」は、その名のとおり、作家の辻真先さんによるトラベルエッセイを原作としたラジオドラマです。
辻真先さんといえば、「名犬ルパン」シリーズなどのライトなミステリーで有名な作家さんですが、SFも書かれますし、アニメの脚本も執筆するなど多芸な方。
本ブログでも既に辻さんが原作を書かれた「時はそよ風、時はつむじ風」を紹介済みです。
そんな辻さんですが、実は鉄道好きなのだそうで、本作品もその辻さんの鉄道マニアぶりが前面に出た作品です。

本作品が放送された「カフェテラスのふたり」は、朗読番組ではなく、一応、ラジオドラマっぽい作品作りをする枠でしたので、本作品についてもエッセイである原作をドラマっぽく再構成しています。
その中で、「主人公の作家」と「同行する女編集者」は、声優の増岡弘さんと加藤みどりさんがあくまでドラマとしてちゃんと「演じて」います。
しかし、どう考えても言動は辻先生ご自身のもの。
同行する女性編集者曰く、「恐怖の鉄道大好き人間」、「ド変人」。
初めて乗る韓国の電車に興奮し、電車内を行ったり来たりするさまは、多少の誇張はあれ、現実そのままだったものと思われます。
一方、その女性編集者もかなり個性的。
気軽な旅にしたいために同行する編集者に男性を希望していた辻さんの意向を完全に無視して勝手についてきたうえで、「私、気楽なタイプの女なんです」と宣言。
パスポートを紛失(あれ?直前に紹介した「スペインから」でも同じような展開があったような…)したと大騒ぎしたくせに手元から出てきたら「済んだこと、済んだこと!」。
なかなかのタマです。

そんなふたりの鉄道珍道中を、グルメを交えて描いているのがこの作品です。
全5回の小品ですが、各回には以下のタイトルが付いています。

第1回:「旅は道連れ女連れ」
第2回:「ローカル線に赤い血は散るか」
第3回:「殺したい子に旅をさせろ」
第4回:「締め切りがいっぱい」
第5回:「釜山に寄って幕が下りる」

紹介する鉄道は、地下鉄2号線、セマウル号などさまざま。
グルメは、参鶏湯(サムゲタン)、へジャンク、焼き肉とサンチュ、冷麺(ネンミョン)といったところ。
韓国料理はその後、日本でも随分一般的になったので、今となってはあまりエキセントリックなラインナップには見えませんね。
「その後」という意味では、本作品がソウルオリンピック(1988年)の前年に制作された作品であったことも注目ポイントです。
2002年のサッカー日韓ワールドカップ(2002年)、2003年の「冬のソナタ」の日本放送などの後、多くの交流と摩擦を経て、今日の日韓関係はある訳ですが、本作品はその前、日本にとって韓国が牧歌的な興味の対象であった時代の作品と言うことになります。

さて、先ほども書きましたが本作品に出演した「ふたり」は、増岡弘さんと加藤みどりさん。
そう、日本の国民的アニメ「サザエさん」で主人公夫婦である「フグ田サザエ」と「フグ田マスオ」を演じているコンビです。
加藤みどりさんはアニメ開始時からずっと、増岡弘さんは1978年からずっと、「サザエさん」に出演されていますので、サザエとマスオの声といえば、日本国民誰しもがお二人の声を思い出す状況にあると思います。
本作品も、男性が女性に押され気味という点で「サザエさん」に似ていることもあり、なかなかのはまり役になっています。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

スペインから 原作:倉田美和子(ふたりの部屋)

作品:スペインから
番組:ふたりの部屋
格付:B
分類:日常
初出:1982年9月13日~9月17日(全5回)
原作:倉田美和子
脚色:鶉野昭彦
演出:(不明)
主演:倉田美和子

大学のスペイン語科に入学して二度目の春休み。
私は友人のさっちゃんと共に2カ月間のスペイン短期留学へと旅だった。
まず1カ月間は語学学校で研修して、その後の1カ月はスペイン各地を回るつもりだ。
1年掛けて綿密に準備した計画。
でも旅はトラブルの連続だった。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「スペインから」は、倉田美和子さんによるトラベルエッセイを原作とした作品です。
「ふたりの部屋」という番組は、この2作品前に放送された「『日本の川を旅する』から カヌー野郎のロンリーツアー」もそうだったように、エッセイを原作とする作品も多く制作された番組でした。
ところで、本作品の原作者である倉田美代子さんのお名前をインターネットで検索すると、中央公論社から発刊された「二十歳のエアメール―スペイン小さな旅」なる書籍が出てきます。
そのため「これが原作」と言いたいところなのですが、この書籍の発刊は1983年2月とのこと。
「スペインから」が放送されたのはその前年の1982年9月なので順序が合いません。
ラジオドラマが先ということも考えられなくもないですが、倉田さんはプロの脚本家ではなく、その可能性は低いと思います。
例えば「どこかの雑誌に掲載されたものが、単行本化を待たずにラジオドラマ化」、とか…
この辺の事情をご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。
(注:本件について書籍版をお持ちの方から回答をいただきました。是非、以下の本記事のコメントもご参照ください。)

さて、先ほど倉田さんについて「プロの脚本家ではない」と書きましたが、そもそも検索しても出てくる著作はこの1作のみ。
現在は株式会社イクスという広告やデザインを中心としたコンサルティングファーム?のコアメンバー(Executive Planner & Copy Writer)として、活動されているそうです。
そういう意味では、現在はドラマ制作の現場からは離れている方だと思われるのですが、なんと本作品では自ら主演もされています。
もちろん主人公の美和子役。
最初、「主演の女優さん、やけに流ちょうにスペイン語を話すなあ」と思ったのですが、ご本人だったんですね~
本作品、美和子のモノローグが多い作品なので、原作者が自ら朗読している作品とも言えます。
ちなみに「ふたりの部屋」という番組名どおり、出演者は、倉田美和子さんのほか、もう1名、「さっちゃん」役の「よしだいくえ」(吉田郁恵?)さんのみ。
正直、こちらの役者さんの方が上手い(というかプロっぽい)しゃべり方なので、吉田さんはプロの役者さんだと思われます。

さて、本作品の内容は、1980年頃にスペインへの留学を敢行した女学生ふたりの旅日記です。
当時はまだバブル景気前で、当然、留学も一般的なものではありませんでした。
北米経由でヨーロッパ入りするあたりに時代を感じます。
ドイツ、フランスを経由してスペインに入るのですが、スペインの雑踏、祭りのざわめきなどが雰囲気たっぷりに再現されており、当時の視聴者は随分と旅情をかき立てられたものと思います。
当時は2カ月程度の海外旅行でも大事件でした。
その初めての海外留学の緊張感とリリカルなフラメンコギターの調べがマッチしてとてもいい感じ雰囲気の作品になっています。
大事件と言えば、本作品、単なる留学の日常が続いていく作品だと思って聴いていたのですが、途中でいきなりクーデターが勃発して、非日常空間になったりもします。
聴いていて「マジ?」と思ったのですが、調べてみると、スペインでは1981年2月に軍事クーデター未遂事件(23-F)が起こっています。
これのことだったんですねえ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad